« 聖夜に思う事 | トップページ | にっぽんの現場 「秋葉原年の瀬物語」 »

未来の白地図

と言う訳で先週発売のマリみて新刊です。

まぁ内容は相変わらず遅遅たる歩みで、少しだけ妹問題前進という所でしょうか。

いやもう既に何度も言っていますが作者様は何気ない話を膨らませる天才、言い換えるとどうでもいいような事まで凄い事のように話す天才、だと思いますよ。

ファンとしては話がずっと続いて欲しいのは確かなんですがこうも歩みが遅いと逆にストレスを感じる。そう例えて言うならあだち充の漫画を読んでいる様(笑)です。

もう既に散々伏線は張り巡らしたと思うので次巻こそは妹問題が解決していることを願いたいです。

|

« 聖夜に思う事 | トップページ | にっぽんの現場 「秋葉原年の瀬物語」 »

コメント

個人的には今のずるずるは祥子様卒業でさくっと終わらせて、続編として、今の1年生が3年生になったあたりから新ストーリーを展開して欲しいような気がします。
現1年生以外のキャラクター総入れ替えできるし、今までの登場人物も出せないことは無く、話に幅が出来ると思うんだけどなぁー

投稿: なるるん | 2005/12/27 05:46

その展開もありですね、
でもやっぱり祐巳や由乃が薔薇さまになっている話が読みたい。
祐巳、由乃、志摩子の三薔薇さま揃い踏みが見たい!

ってあれ?生徒会選挙が行われるのは何時だ?
年が明けて直ぐだったかな?
一応それで祥子様が卒業前に薔薇さまにはなるのか。

投稿: だっくす | 2005/12/28 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/7856989

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の白地図:

« 聖夜に思う事 | トップページ | にっぽんの現場 「秋葉原年の瀬物語」 »