« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の11件の記事

少女漫画経験値

今まで意識的に避けてきたバトンですが、プティスールのしおりさんの所(mixi日記)にてかなり惹かれるネタを見つける。さてどうしようかと考えながら読み進めると投げたい相手に私の名前・・・ならばと言うことでバトン初体験です!

少女漫画好きとは言え多分偏った結果になりそうな予感がプンプン(苦笑)

mixi見られない人(そもそもこのブログを見る人が少ないか)には意味不明かも知れないけど、その辺は華麗にスルーしてくださいませ。それでは初挑戦!

+++

■基本的に小学館/集英社/講談社/白泉社で書いてる人
■読んだことない人には×、借り読み立ち読みは△、購入で○をつける
■100人居ます、暇なときどうぞ。

雑誌を買ってた、ならかなりあるんだよなあ。というわけで
☆買ってた雑誌で読んだ:○
☆コミックス買って読んだ:◎にしてます。

<あ>
相原美貴   ×
青池保子   ×
赤石路代   ×
秋里和国   ×
秋元奈美   ×
あさぎり夕  △「なな色マジック」
あらいきよこ △「Dr.リンにきいてみて!」をちらっと読んだかな?
安野モヨコ  △ 何処かで何かを読んだような・・・
池沢理美   ×
池野恋    △「ときめきトゥナイト」妹のを読んだなぁ、アニメも見たな
一条ゆかり  △ 何処かで何かを読んだような・・・
いくえみ綾  ×
樹なつみ   ◎「獣王星」「OZ」辺りが好きですね
上田美和   ×
上田倫子   ×
内田春菊   △「シーラカンスOL」が好きだった〜ってこれ少女漫画じゃないよな(笑)
絵夢羅    ◎「七色の神話」
逢坂みえこ  △ ビッグコミックオリジナルで読んだからこれも少女漫画ではないね
おおや和美  × 
岡田あーみん ×
岡野史佳   ◎ 何と言っても「フルーツ果汁100%」!女の子が可愛くて最高!
尾崎南    ×
小沢真理   ×
小畑友紀   ×
小花美穂   ◎「こどものおもちゃ」

<か>
神尾葉子   △ 少しだけ読んだ記憶が
河惣益巳   △ 確かにすげえ絵だと思う(笑)
神谷悠    ×
河原和音   ×
北川みゆき  ×
きら     △ 少しだけ読んだ記憶が
くさなぎ俊祈 ×
CLAMP     ◎ 何はともあれ「カードキャプターさくら」さくらちゃんが可愛い!
くりた陸   △ 妹のを読んだ様な記憶が・・・

<さ>
さいとうちほ △「少女革命ウテナ」を少し読んだな
さくらももこ △ あまりちゃんと読んだ記憶がない
佐々木倫子  ◎ チョビ〜♪ハスキーブームに獣医学部の倍率を上げた不朽の名作「動物のお医者さん」スナネズミも飼いたくなる
椎名あゆみ  ×
篠原千絵   △ 読んだ記憶はある
清水玲子   ○「輝夜姫」は何か話がドロドロ
新條まゆ   ×
すぎ恵美子  ×
鈴木由美子  △ 何処で読んだかなぁ?
惣領冬実   ×

<た>
高尾滋    ◎ 「ディア マイン」とっても好きな作品、「てるてる×少年」は途中でよく分からなくなった
高屋奈月   ◎ マイフェバレット「フルーツバスケット」ですよ!フィナーレに向かい好評連載中、他の作品も大好きです
武内直子   △「美少女戦士セーラームーン」ですな
竹宮恵子   ×
立野真琴   ○「カードの王様」
多田かおる  ×「愛してナイト」のアニメは見た記憶がある
立川 恵    △「怪盗セイントテール」
谷川史子   ×
種村有菜   △ 読んだ記憶はある
田村由美   ×
津田雅美   ◎ 売れたカレカノより「天使の棲む部屋」とか初期作品の方が好き。あと背景が白いです(苦笑)
紡木たく   ×
富永裕美   ×

<な>
中条比紗也  ○「花ざかりの君たちへ」
なかじ有紀  ◎「小山荘のきらわれ者」「ハッスルで行こう」が私の中で双璧、最近はちょっと・・・
永田正実   ×
中原アヤ   ×
那洲雪絵   ◎ 何と言っても「ここはグリーンウッド」あんな楽しい寮生活はありえない
成田美名子  ◎「ALEXANDRITE」アメリカ(バスケット,NY,他)と日本(弓道,能,他)と両極端に走る人(苦笑)
二ノ宮知子  ◎ クラッシクを無性に聞きたくなる「のだめカンタービレ」
野間美由紀  ×

<は>
萩岩睦美   ×
柊あおい   △ あまりちゃんと読んだ記憶がない
ひかわきょうこ◎「彼方から」は素直に少女漫画だなぁって楽しめます(笑)
日高万里   ◎「ひつじの涙」
日渡早紀   △「ぼくの地球を守って」はちょっと読むのが辛いです
藤井みほな  ×
藤村真理   ×
本田恵子   ×

<ま>
槙村さとる  ×
松苗あけみ  ×
マツモトトモ ○「キス」え〜男にはあの理想の大人像は辛いです(苦笑)
松本洋子   ×
美内すずえ  △「ガラスの仮面」一体何時まで続くのでしょうか?
三浦実子   ×
水沢めぐみ  △ 少しだけ読んだな
宮川匡代   ×
森生まさみ  ◎「夢限宇宙で恋をしよう」が好きだった、「聖はいぱあ警備隊」は途中までしか読んでないな

<や>
八木ちあき  ×
矢沢あい   △ 少しだけ読んだな
山口美由紀  ◎「タッジー・マッジー」
やまざき貴子 ◎「きょうはアラシ/晴れて、カラカ」が好き、「っポイ!」は一体何時になったら卒業できるのでしょうか?
山田南平   ◎「オトナになる方法」「紅茶王子」共に好きなんだが途中で飽きた
大和和紀   △「あさきゆめみし」高校の図書館で読んだなぁ〜(苦笑)
由貴香織里  ○ 多分はなゆめの何処かで読んでいる
吉住渉    △「ママレード・ボーイ」少しだけ読んだ記憶が
吉田秋生   ×
吉村明美   ×
吉原由紀   ×

<ら>
羅川真里茂  ◎「しゃにむにGO」は少女漫画の中のスポーツ物としては秀逸です、「いつでもお天気気分」の続きは出ないのかなぁ?

<わ>
わかつきめぐみ◎「So What?」を筆頭に素晴らしい世界観の作品のオンパレード!犬の名前「ササニシキ,コシヒカリ,コシジワセ」が最高!
早稲田ちえ  ×
和田尚子   ×
渡瀬悠宇   △「ふしぎ遊戯」
渡辺多恵子  ×

+++

つっ疲れた〜
それにしても予想通り偏ったな(苦笑)コメントがちゃんと入っているのは殆ど白泉社系ですね。まぁ私の場合殆どが高校以降に師匠から伝授されたのでこの様な感じになってしまいますね。多分一般的に言う少女漫画好きからは大きく外れていると思う。

それにしてもしおりさん、このバトン投げたい相手がいい年した男二人と言うのは如何なものでしょうか?(苦笑)いやまぁしっかり答えている訳ですが(爆)

まわす相手は特にないかな、私に少女漫画を伝道した師匠も同じ方向性のような気もするしね・・・気になる方がいたら適当に持って行って下さいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

トリプルブッキング?

昨日は既に書いた通りダンスのパーティーに参加していました。でも同じ日にコスカとワンフェスという私にとってかなり大きなイベントが重なっていました。

すべての始まりのコスカ、きっかけのワンフェス、そのどちらもとっても行きたかった。コスカは一週前になると思っていた、ワンフェスは一週後になると思っていた。その思い込みの結果ダンスに参加することになった・・・いやダンスも楽しいけど私にとって二つのイベントはとっても重要だった。

年が明けてから早二ヶ月近く、空元気も元気の内とちょこちょこ彼方此方に手を出してみた。でもそんな事すればするほど思いはぶり返し、思い出の世界に引き戻されてしまう。もう本当に情けない位色々後ろ向きに物事を見てしまう・・・そんな中イベントに行けないが何か悲しくなった。

どうして思い出の中での後悔をするのだろうか、幾らしたってどうになるものでもない事は良く分かっているはずなの、出口のない袋小路をひたすらぐるぐる歩き回る自分がいる。どうしたら出口が見えるのかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーティー?

今日は茨城県のダンス教師協会主催の始めてのパーティーと言うか競技みたいなイベントに参戦してきました。プロアマコンペ、アマチュアチームマッチ、アマチュアデモ、プロチームマッチ、プロデモと非常に盛り沢山で11時から始まって大体18時まで、なんと7時間の長丁場なイベントでした。

私はアマチュアチームマッチに参加しましたが、なんと最優秀チームに選ばれました〜って参加7チームですがね(苦笑)それでも一応は練習もしてきたので嬉しかった。久しぶりにダンスの為に燕尾服を着たしね(笑)

何より最後のプロデモは今まで見たことがない3組でのフォーメーションの要素を取り入れた感じの素敵なエンターテイメントになっていて驚きでした。

今回がはじめての試みと言うことでしたが、来年以降どんな風になっていくのか少し楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春のパンまつり

毎年恒例ヤマザキパンの春のパンまつりが昨日から始まった。対象商品についているシール25点分を集めたらもれなくお皿が貰えるというあれである。

私の朝食はここ十年近く殆ど全てブドウパン(レーズンバターロール)三つに野菜ジュースと固定されている(苦笑)ので大体普通に集めていればお皿は2枚くらい貰える。

ただ当たり前だがそんなに貰っても使い道があるでなく、貰ったままの物がちらほら・・・さて今年はどうしよう・・・今日とりあえず台紙に一枚目のシールを貼ったので集めるだけ集めてみよう。引き換えるかはその時の気分と言うことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙刑事な理論

今日発売のサンデー連載 「ハヤテのごとく!」第67話の冒頭の台詞


「『愛』って、何ですか?」

「むろん『ためらわない事』だ!!」


・・・吹き出しそうになったよ!(笑)
数々のネタが仕込まれている作品だが、今回のが一番ウケたかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ばれんたいん

「この行事はそもそも昭和21年の今日、進駐軍のバレンタイン少佐が子供たちにチョコレートを配ったという故事に由来しているのだ。2月14日に「ぎぶみーちょこれーと」ととなえると、なぜかチョコレートがもらえる」とは「究極超人あ〜る」の鳥坂先輩の御言葉

前の会社では外資だったからなのか、女性が社員の数パーセントしかいないからなのかそんなイベントは何処の世界の話だ?と言う感じだったのですが、今度の会社では女性は10パーセント強位しかいないけどオフィスにチョコレートが舞っていました。まぁみんなにまとめてドンと言う感じで配られていたのだけど今までそんな経験がなかったのでかなり不思議な感じがしました。社員食堂でもおまけでチョコレートが配られたのには更にびっくり。

バレンタインには何時か行いたい野望(という程の物ではないが)があるのだが今年も出来なかった、今年こそは出来るかと考えていたんだがなぁ・・・失ったものは余りに大きいです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAM2規格

全然知らなかったのだが、何時の間にやらDVD-RAMメディアで6、8、12、16倍速と言うRAM2規格が出来ていたんですね。RAM規格自体色々紆余曲折を経たと思うけど地道に進化しているなぁ、何か良い感じ。

でその規格の存在を知ったのがこのニュース
TSST、高速DVD-RAM使用で光学ドライブに問題
その起きうる問題の中の一つに「メディアが約1,600rpmで回転しながらイジェクトされる」があるそうな・・・いや約1,600rpmで回転しながらイジェクトって怖いですよ!でも見てみたい気もする(苦笑)誰かもし実際にその現象が起きたならネットで動画を公開してくれないかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宅配便

最近ネット通販がとっても便利になりちょくちょく利用する。その際に使われるのが宅配便(含ゆうパック)配送までの時間も短いし、配達の時間指定とかもあってかなり便利にはなっているのだが、それでも侘しき独り暮らしの人間には受け取るのが難しい事が多々ある。まぁ週に二回ダンスに行っているのもかなり影響しているのだが(苦笑)

そんな便利なはずの宅配便も再配達の希望をしようにも時間が合わなかったり、配達を待つ為にその他の都合が犠牲になったりといま一つ使用感が悪い。

そんな訳で結局直接営業所に取りに行く率がおよそ八割くらい・・・これは宅配便じゃないよなぁ(笑)まぁ大体何処の営業所も深夜なら車で15分程度で行ける範囲内にあり、何処へ行くにも直に車を使う田舎だからこそ使える技ですね。東京とかだとかえって身動き取れなさそう。

そんな感じの田舎の宅配便事情、うちから一番近い所に営業所があるのはネコなので、ネコで送ってもらえるのが一番有難いのだが最近はあまり使われない気がする、飛脚とか鳥率が結構高い。一時のネコ一人勝ち状態からは大分状況が変わったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警戒警報

会社の机の両隣の人が風邪をひいた。
はじめにひいたのが左の人、そして今日の夕方には右の人・・・明日は私の番でしょうか?何とかうつらないで欲しいものだ。有給ない身分なので・・・

夜ダンスが終わった後外に出るとそこは一面真っ白でした。
雪ではなくてかなり凄い濃霧!一番悪い所では視界20〜30メートル位でしょうか、ふと先月のガタケット帰りの関越道を思い出しました。あれは凄い雪でしたけどね。

取り合えず明日の朝にまで霧が残っていなければ良いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末の格言

某所で聞いた言葉、

「絶妙な間」と「微妙な間」の違いは紙一重

真理だ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車で地震、三度!

昨年の十月に生まれて始めて車の中で地震を認識し、その三日後に再び車内で地震を感じたのですが、今日三度車内で地震を感じましたよ。

今回は震度3と前回、前々回よりやや弱かったのだけど、やはり信号待ちの最中に変な揺れを感じて慌ててラジオをつけたら地震速報が流れていた。

本当にこの体感率の急上昇は一体何なのだろうか?最近地震が多すぎて震度4程度では全く驚かなくなってきたですよ。

でもそんな震度4だけど今回の地震では東京から横浜にかけてJRに随分影響が出たみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »