« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の14件の記事

ボーリング

会社の懇親会でボーリングに行ってきました。なにやら福利厚生費を今年度中に消化しないと予算が消えてしまうとかで、年度末も差し迫ったこんな時期に開催と相成ったそうです。ボーリングに行ったのは実に数年ぶりだったと思います、本当に久しぶりに球を投げてきました。

一ゲーム目は126と言う可も無く不可もなくといったスコアで大体過去のアベレージ位でした。そして二ゲーム目から悲惨でした。まず球質が普段の弱いナチュラルフックから完全な棒玉になり、ピンアクションが殆ど起こらず何処にあたってもまっすぐ後ろにピンが倒れてしまう状態になり、たったの2マークな上にカウントが悪く92と言うスコア。

三ゲーム目に至っては、一投目に決してヘッドピンに当たらない訳ではないのだが棒玉の所為でストライクは出ず、二投目になると微妙に狙いがずれてスプリットも取れず。一ゲーム中マークはたったの一回でスペア、しかも次のフレームで本日唯一のガターを出すと言う信じられないミス。結果86という近年稀に見るロースコアとなりました。

う~ん何か凄く悔しくて少しちゃんとボーリングをやりたいなんて考えたり・・・後以前からそうなんだけどボーリングをやると腕が疲れるより先に左足の腿の裏が凄い張ってくるんですよ。足はダンスでそこそこ鍛えているつもりなんだけどそんなに使う筋肉が違うのかなぁ?それとも何か変な力が入っているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

困惑の春

もうすぐ四月、桜の開花便りも聞こえ、今日の昼間などは春真っ盛りのポカポカ陽気でした、少し風は強かったけど。

そこで問題、今の会社にはネクタイをして行かなくてはいけないのだが、どうせ会社ではシャツの上にユニフォームのジャケットを着るので(日本の工場スタイル)冬の間は適当なスラックスにシャツの状態に直接コートを着て出社していた。まぁこれも車通勤だから出来る技ですがね。

ところが流石にこれだけ暖かくなってくると何時までもコートを着ている訳にはいかないのだが、今まで必要ではなかったのでスーツは殆ど持ってない・・・やっぱり買うしかないのかな。夏になったら上着すらなくても良いとは思うのだが・・・(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英雄伝説 空の軌跡 SC

日本ファルコムの最新PCゲーム、「英雄伝説 空の軌跡 SC」ようやっと終わらせました〜

このSC、セカンドチャプターの略と言うことでその意味する通り、前作の英雄伝説 空の軌跡が終わった所から物語が始まります。前作から一年半でようやくの発売でした。大体前作をプレイした時、それが完結してなくて話が続くなんてゲームを終わらせるまで知らなかったのでかなり驚きましたよ、そんなのアリなのか?って思ったし。まぁ色々思う所もありましたけど取り合えず一応完結編ということらしいです。

一年半も間が開いているので前の事覚えているか不安だったのだけど(何せ使用するマップが前作と全く同じ)結構覚えている物でした。あぁそういえばここで迷ったなぁとか、こんなイベントあったなぁとか、色々記憶が蘇ってきました。

中身は盛り沢山で色々楽しめました、何よりキャラクターの個性がそれぞれとってもいい感じで、サブストーリーなんかも含めてとても良く練りこんでいるなぁと言う感じでした。私はもっぱらクローゼとティータの二人を思いっきり贔屓していましたがね(苦笑)

で寝不足になりながらもちまちまと話を進めて無事今日エンディングを迎えたのですが・・・確かにハッピーエンドでそれなりに伏線も回収しているけど、どうにも根本的な疑問が多々残っている。結局結社って何だったの?盟主って一体?それに教会も何か色々裏がありそうだし、何よりもレンちゃんは一体何処に帰ったのだ?(苦笑)

この設定って何処かに引き継ぐのかなぁ?このままでは非常に消化不良な気がします。これだけ丁寧に時間をかけて作ったのだからその辺も考慮して欲しいなぁって思いました。その辺を除けばとても楽しい作品だったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悲劇・・・喜劇?

洗濯していて脱水槽(うちの洗濯機は25年選手の二層式)から洗濯物を取り出したら白い物が大量に付着している・・・うわっ、ティッシュペーパーの屑だ!?

一体何処に入っていたのかなぁ?それはもう悲惨な状況になっていましたよ・・・(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸能人社交ダンス部

何気にテレビをつけたらちょうど「春の4時間ダンス祭り」と言う番組が放送されていた。前半の二時間は既に同じみのウリナリ芸能人社交ダンス部ネタでした。

この番組のお陰で社交ダンスの知名度が上がると言う、大変に社交ダンス愛好家としては有難い番組です。

今回は新たな新人さんに1級戦にチャレンジさせるのと南原、勝俣、ゴルゴを全日本アマチュア社会人選手権大会と言う一見凄そうな(実は1級以下相当戦)にチャレンジするのが目標みたいでした(全体的にながら見だったので記憶が曖昧です)

まずは1級戦・・・板東英二66歳のラテンチャレンジは辛いでしょう(苦笑)女性陣は結構体が柔らかいのか練習の甲斐あって良い感じになってきていたけど男性陣はどうにもですね。それでもちらちら映っている周りを見るとこれ本当に1級戦かいな?思えるレベルに助けられたのか二組がワンツーフィニッシュ!流石芸能人というは魅せるという点では一般人の比ではないです、少しぐらい分けて欲しいものです。

社会人選手権、南原・杉本ペアはまぁ順当な所で7位でしたね。残りの勝俣・田嶋ペア、ゴルゴ・山田ペア・・・ひっ酷すぎる、練習の成果は認める認めるけどアレを準決勝までアップさせたのは大人の事情以外の何物でもないでしょう。審査員も完全にゼッケンを付けている男性だけを見て諸般の事情を考慮して点数をつけたのだろうな。明らかに周りから浮いていたと言うか邪魔していた。

今回はスタンダードにもチャレンジしてましたが、ラテンと違って派手な振り付けでごまかしが利かないので辛いですね。男性の固さが見え見えでどうにもギクシャクしている感じ。まだまだ優雅に踊ると言う所までは行けてませんね。

まぁ普段ダンスをしている人間から見ると自分の事は大棚に上げてついつい厳しい見方をしてしまうけど、短期間の集中練習でアレだけの事を行うと言うその事実は本当に素晴らしいと思います。また既に書いたけど魅せるという点において芸能人は本当に凄いです。その辺の所と社交ダンスの知名度を上げてくれると言う点で是非これからも続けて欲しいと思う番組です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに

上京して御茶ノ水から秋葉原、御徒町経由で上野まで歩いてきました。

まずは神保町で本屋に行く、特に買う予定は無かったのだが仕事の勉強用の本を二冊ほど購入、値段はとっても良いお値段・・・はぁそれなりに本も買ってはいるけど基本的な理論を理解出来ていないから本買うだけじゃ意味無いんだよな、本読むだけで賢くなれたら良いのに・・・

その後はすぐ隣のスポーツ用品店街でスキーウェアーを物色。今着ているウェア今年でちょうど十年目!流石にくたびれてきたのでちょうど今の季節ならシーズン終わりの処分で安売りしているのではと思い見て回ったのだが・・・う〜んどれもこれも昨今のボードブームと同じ様な感じでどうにも食指が動かない。明るい黄色と緑の組み合わせの今のウェアかなり気に入っているんですよね、色々なデザインや色があってこそのスキーウェアだと思うんだけどなぁ、私の感性はどうにも時代と合っていないらしい(何を今更)

結局スキーウェアは見送ってそのまま秋葉原に移動。秋葉原と言えば今月初めにグランドオープンした秋葉原クロスフィールド!と言ってもあまり私たちには関係が無いような気もしなくは無いけど、とっても立派なビルで根本的に今迄の秋葉原からは別物な感じを受けました。

そんな訳であっさりクロスフィールドはパスして何時も通りパーツ屋を眺めた後アニメイトでコミックスを大量購入(苦笑)その中から幾つか。

ぴよぷ〜玉手箱
うわ〜同人誌で買っていたのがそのまんま商業誌になってましたよ!なので半分くらいは読んだことある内容なのは御愛嬌(苦笑)

しゃにむにGO 22巻
フルーツバスケットと並んで今楽しみにしている白泉社コミックス。三年目の地区大会雑魚戦はあっさりスルー!潔くてとっても良い感じ、さらっと流しながらも物語が盛り上がっていて先がとっても楽しみ。

王様の仕立て屋 9巻
少年成年誌の中では今一押しなこの作品、相変わらず細かく挟まっているギャグが最高!基本的にはスーツの薀蓄漫画な筈なのにしっかりとしたストーリーとネタが良い具合に混ざり合って独特の世界観を構築しています。こちらもこれからの連載がとっても楽しみです。

その後はアメ横歩きながら上野まで戻ってから電車に乗る・・・え〜強風の為軒並み電車遅れていました・・・まぁそれでも何とか帰宅。久しぶりに良く歩いた一日でした、風が凄くて途中クロスフィールドの辺りで冗談抜きに吹き飛ばされそうになって驚いたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Happy Birthday!

忘れ得ぬ記憶
繰り返される後悔
届かぬ想い
消えぬ悲しみ

時が解決するとはよく聞く台詞
時とは一体どれ位の時間なのか
少しも時を経られない

堂々巡りの日々
足掻き続ける
何時までも何時までも・・・

自分勝手
自己満足
思い上がり
どれも当たっているのだろう
それでも溢れ出る言葉

Happy Birthday to You!!

|

マスゴミ

今朝会社に行く前の朝のニュースを見ていたら情報流失のニュースだった、でその内容・・・なんかオカシイ、とにかくWinnyが悪いって主張している、いや一応ウィルスに感染してと言う接頭語は付いているのだけどそれはおまけ。ちゃんと事実を知っている人間が見ればあまりにも的外れな情報を流している。大体国がそんな注意するのって明らかに変。

最近マスコミの報道しているニュースを聞いていると明らかにおかしいだろうと言う話が多い気がする。ライブドア関連もかなり酷い扱いだ。あんたらは検察の犬かと聞きたい。まぁフジテレビは親分がアレだからもうどうしようもないでしょうけど・・・それでも私怨で会社を動かすなよと言いたい。

他にも小泉君への記者のレポートとかインタビューも盛大に疑問を感じる。大体の場合彼何一つ質問に対して、的を射た答えを返していないのに何でそんなに簡単に流すの?貴方達の存在意義って一体何なの???

こんな酷い情報を流していて良く報道の自由だとか使命だとか言えるものだと思う。今の時代ネットを利用することによって一つの事実でも、あらゆる方向から見られる様になっているのにマスコミの視点は大体一方向、しかも大体偏っている・・・偏るのは各自の個人的意見だけで十分です。

まさにマスゴミの名前を欲しい侭にしている状況、ニュースを見ていても突っ込みたい気持ちが溢れ出してくる・・・まさかこれが新時代のニュースの楽しみ方なんて言い出すのではないだろうな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の演奏会

ダンス仲間の人が所属している吹奏楽団の演奏会があったので聴きに行ってきました。この楽団は春と秋の二度演奏会を行っていて春の演奏会は、分かり易いと言うか聞き易い曲がメインの誰でも楽しめるものです。

で今回は主にドラマやアニメ、映画等のOPやテーマソングを集めた物でした。でその中で気に入ったのは「ジャパニーズ・グラフティーX「時代劇絵巻」」!!(笑)

特にその中の大岡越前のテーマ内で吹かれたテナーサックスソロ、何と言うかラブロマンスな感じ(苦笑)白洲のイメージと甘いサックスの音色が混ざってもう何が何やら(苦笑)

吹奏楽は大好きなんだけどやっぱりクラッシック系の大曲を聴いているとどうしても眠くなってしまう欠点があるので、このような選曲のコンサートは大好きです。やっぱり管の音だけの吹奏楽は勢いのある曲が良いなぁって思います。

コンサートの後は駐車場からの脱出渋滞を避ける為に一緒に行った友達と紅茶の専門店でお茶をしていました。
060312
頼んだのはアフタヌーンティーセット!写真の通り見た目も楽しい、食べて美味しい、かなり好きなセットです。紅茶は春限定の桜ティー、桜の香りがとっても良いものです。ついつい長居をしてしまいました。

なかなか優雅な日曜の過ごし方が出来たかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種の運命とマーマレード

訳の分からないタイトルですね(苦笑)

ここ最近キッズステーションで日替わりで「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」と「ママレード・ボーイ」が連続で放映されていて両方ワンセットで何となく見続けています。

DESTINYは無印のガンダムSEEDすら見ていないからかなり話が分からない。その上見始めた時には既に三十数話で益々分かり難い。中々シンとキラとアスランの区別がつかなかった(苦笑)

それにしてもあのオープニングの曲は何とかならなかったのでしょうかねぇ〜って今更ですね。でも本当に何考えて曲を決めたんだか・・・るろ剣の時のそばかすを思い出しましたよ。CMで使うのはエンディングばかりだしね。

昨日はジェットストリームアタックが出てきて大爆笑!いや良い味出していますね!後はボックスプリーツのピンクのミニスカートの軍服ってどうよとか下らない事考えています(爆)

最近の流行かどうか知らないけど、やたらに登場人物が白目むき出しで狂ったような行動するのは何とかならないのでしょうかねぇ、見ていて非常に気持ちが悪いですよ、演出とはいえ本当に最近そんな感じのものが多い。

それでももう少しで最終回、どんな風になるのかちょっと気になっています。

ママレード・ボーイはちゃんと見るのは初めてですね、まぁ大雑把に知っていた通り少女漫画の王道のようなストーリーでこっぱずかしいやらでも羨ましいやらで楽しんでます。

この当時の女の子の格好や髪型は可愛いですよね、何と言うかほっとしますよ(どうも見方を間違っている気がしなくもない)

こちらはまだ18話、さてこれからどんな風に話が進んで行くのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢プリンスショッピングプラザ

温泉スキーヤーの二日目は取り合えず朝食後に朝風呂(苦笑)もうお年寄りなので滑りは一日だけで今日はゆったり帰るだけ。

でまっすぐ帰るのもなんなので軽井沢駅南口前に広がる一大ショッピングモール、軽井沢プリンスショピングプラザに行って来ました。話には聞いていたけど凄かった、とにかく広い、なんであんなにと言うくらい無駄に広い!その広い敷地に半端じゃない数のお店に、何処から来たのかと聞きたくなる程の人々、全てが驚きでした。

で特に予定もなかったのだけどYシャツと靴を購入。ちょうど前から買おうと思っていたので良い機会でした。でもスキーに来てシャツや靴を買うとは思いませんでしたよ(苦笑)

お店をふらふらしているとシャーリーテンプル発見。あ〜やっぱり可愛いですね癒されます。癒されるけど後に非常に空しく悲しくなった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉スキーヤー

去年は一回、今年は未だ行かず・・・このままでは趣味はスキーですとはとても言えないので突発的に週末スキーに出発です。行き先は日本で初めてリフトができた老舗スキー場としても有名な草津です。
060304_1
この日は朝から雲一つない青空が広がる素晴らしい天気、春スキーでピーカンと言うと暑くなる事が多いけどこの日は違った。太陽の光は素晴らしく穏かなのに、身が引き締まる感じがする程空気は冷たい。まさにスキーをするのにこれ以上の天候はない!と言い切れる天候でした。自分自身覚えている限り過去最高のスキー日和でした。
060304_2
さて滑りだけど、去年も一日、今年もこれが初めてと言う悲惨な状況な割には良く滑れているように感じる・・・いや良くどころか、以前より上手くなっている気がする。

思い当たる節としてはやはりダンス。特にモダンでは膝や足首の使い方、重心の動かし方などスキーに通じる部分が多々ある、それが功を奏しているのだと思う。本当に一日気持ちよく滑れました、これなら以前断念したSAJの2級に再チャレンジしてみようかな?何て甘い考えが出てきた(苦笑)

そして気持ちよく滑った後、一日の疲れを取るのは温泉。江戸時代の温泉番付では東の大関に挙げられ、日本三大名湯とも言われる由緒正しき温泉です。

宿の温泉は湯畑からひいていると言う源泉かけ流しで文句なし。食事前に入って疲れと垢を落す。食後に草津のシンボルとも言える湯畑を見に行く。
060304_3
とっても大きいですね、それに何というか風情があります、ライトアップもされていてとっても綺麗でした。折角中心部まで行ったので湯畑のすぐ隣にある共同浴場「白旗の湯」に入ってみる。この共同浴場、野沢や蔵王と同じで入ってすぐ脱衣所で仕切りもなくそのまま浴場と言う、純粋にお湯に浸かるための施設。

この温泉に浸かるだけと言うシンプルさがとっても好きです。そんな温泉に入るのは皆温泉好き、地元のおっちゃんが色々観光客にマナーを教えていたけど、皆素直に聞いて御礼を言うという素晴らしい光景が繰り広げられていました。私も色々話を聞きました。「普段はもっと湯量が多くて熱いのだけど、観光客が多い土曜日はぬるくなってしまうんだよね」とか。ちなみに普段は46度位らしい、平日に入れるかどうかはちょっと自信がない(苦笑)

そんなこんなでとっても充実した温泉スキーヤーの一日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ダンスネタ

最近のダンスはひたすら基本シリーズが多いです、火曜のラテンも水曜のモダンも。

でどちらでも言われるのは足をちゃんと使えと言う事。アバラから下を足だと思え、そしてその足でしっかり体を押し出せ、その上で足の動きとは反対の方向に上半身を使え(と言うか上半身は固めるな)と。

そうは言われても簡単に使えるなら苦労はしない・・・何かと言うと足が短いと言われる、いやまぁ確かに短いのですが(苦笑)

そんな訳で最近は普段歩く時に足を長くしっかり使うことを心がけている、特に会社で(笑)

駐車場からデスクまで結構距離があったり、デスクからクリーンルームに入るとこれまた廊下がとっても長いのでそこを歩く時を活用する。

ただ足をしっかり使うとどうしても早歩きになってしまったり、ヒップアクションがついてしまうので多分他の人からは怪しい感じに見える気が・・・そうShall We Dance?の竹中直人程、ではないがまぁあんな感じに(苦笑)

そのお陰か体重は順調に過去最大前後をうろうろしている中、脹脛や太腿は大分しまっている気がする。さてこの地道な練習の成果は発揮されるのであろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の雨

今日から三月、で一日中雨、しかも結構降った。

春の雨でしょうか?まだもう少し寒い日もあるだろうけど一日一日春になって行きますね。

春は色々芽吹く季節、この春少しでも良い事あれば良いなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »