« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の12件の記事

競技会応援

土曜日は15時間睡眠・・・_| ̄|○ いい加減にしたいな・・・

気を取り直して日曜日は地元で行われる社交ダンスの競技会にサークルの人が出場すると言うので応援に行ってきました。

今日は天気も良くて朝出かける際には久しぶりにひばりの声が聞こえ、帰りの夜はかえるの大合唱でした(笑)そんな穏かな一日、朝から晩まで応援やらビデオ撮影などしてました。

結果はラテンで二位と優勝、モダンで六位と二位とかなり立派な成績を残しました。やっぱり目的に向かってしっかり練習を積み重ねてきた人は上手くなりますね。見る度に自分もちゃんと練習しないといけないなぁと思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堀江被告の保釈

昨日の続きみたいな感じ。三日続けてのニュースネタだ~

結局準抗告はあっさりけられて無事保釈されたようですね、もうバカみたいにヘリを飛ばしての報道合戦。この加熱具合はあまりにも酷い状況だ。正式な裁判前のただの保釈でこれだけ騒ぐ意味ってあるのでしょうか?これだけ無駄に騒いでいると何か別に報道するべき事を隠してるのではないかなんて考えも出てきますよね。

昨日に引き続き彼方此方の日記を見ていると・・・拘置所ダイエットだの、健康的なダイエットだの、痩せた痩せたのオンパレード・・・良いのでしょうかこれで?まぁ個人の日記なんだからどうでもいいのかも知れないけど非常に気が抜けると言うか脱力感満載です。

それに未だにお金があれば何でも出来るとか、なんでこんな悪い人が出てこれるの?と言った明らかに保釈の意味を知らず感覚だけで怒っている方がちらほら、更には保釈金の三億円は何処から出てきたのか(個人資産以外に何かあると思っているのか)サラリーマンには払えないとか(大丈夫この金額は堀江被告だから設定された金額です)・・・こんなお粗末な状況で裁判員制度導入しても大丈夫なのか?

この無駄な報道の加熱具合、耐震強度偽装事件の関係者の身柄を東京地検送ったタイミング、そんな中国会では共謀罪の委員会採決が行われるようです・・・なんか気持ち悪いなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

堀江被告の保釈決定

珍しくニュース系の話が続きます、何となく書きたい事が続いたので。

ライブドア:堀江被告の保釈決定 地検準抗告で執行を停止
裁判所がようやく堀江被告の保釈を認めました、検察は意固地になっているようですが・・・

でこのニュースに対してネット上の日記等を見ると(ネット上と言っても殆どmixi内の日記だが)かなり感情的になって、それ文句の言い方間違っていないか?と思う書き込みが多数見られた。

確か保釈って法律で認められている正当な権利ではなかったのでしょうか?私もあまり自信がなかったのでWEBで検索したら幾つか引っかかった。
保釈~身柄拘束からの解放~

堀江被告の保釈申請却下

法律でちゃんと認められている権利を行使しただけなのに、金で自由を買ったとか、金持ちは犯罪を犯しても大丈夫なんだとか、明らかに釈放と勘違いして脊髄反射で書いている人達が多数いる。別にその日記を書いている人が直接堀江被告からなんらかの被害をこうむった訳ではないだろうにエキサイトしている人がいっぱい。

そりゃ三億円ポンと払ったと聞けば私も羨ましいなぁとか妬ましいなぁとは思うけど、その程度に愚痴るぐらいですよね。だって何と言われようと彼はちゃんと働いてそのお金を稼いだのだから、少なくとも起業してから洒落にならないくらい働いた筈だ、そうでなければ絶対会社は大きくならないし。

そもそも今回のライブドア問題、検察の強制捜査から、マネックス証券のいきなり担保価値ゼロ事件、東証の一方的上場廃止と本体の粉飾決算よりその後の数々の対応の方がはるかに問題があるのではと思う。堀江被告の容疑の中に風説の流布があったけど、どちらかと言うと検察やマネックス、東証に適用した方が良いのではと思う。

粉飾決算は確かに犯罪です、だけど同じレベルの犯罪は多分に日本の企業の何処を叩いてもボロボロ出てくるであろう、特に大企業であればあるほど。もし今後同様の事件が起きたなら検察は全ての企業のトップを即拘留するのだろうか、東証は市場へ影響など気にも留めずにさっさと上場廃止にするのだろうか?と言うか今回の対応が正当な行為だと主張するならば、今後も同じ対応をしなければ看板に偽りアリだ。

そもそも株価の上昇も粉飾決算だけど起きたわけではない筈、マネックスのアナリストだってきっと薦めた時があるはずだ、またマスコミだって散々持ち上げてヨイショしてきたと思うけど、いきなり手のひらを返して自分も被害者のように振舞う。

なにやら株主が損した分を返せとか集団で訴えるようですが、上にも書いたけど訴えるなら、ライブドア株を持ち上げていたマスコミや証券アナリストも一緒に訴えるべきなのでは?何より全体の相場を滅茶苦茶にしたマネックスこそ訴えるべきでは?と思ったりするけど、どっちにしても株で損したと言って、お金返せと言う事はとっても恥ずかしい行為に感じるのは間違いでしょうか・・・

今年になってすぐに起きた一連の騒動、マスコミの手の返しっぷりとか損した人達の無茶苦茶な要求等々ニュースを聞く度に非常に違和感や気持ち悪さを感じている。ライブドアと堀江被告達、粉飾決算の罪が本当ならその分の罰は受けるべきでしょう、でもそれ以上の罰は私罰=リンチみたい、何か明らかに変なベクトルの力が働いているのでは?などと穿った考え方をしてしまいます。

ライブドア関連の世間の反応はともかく、今回のニュースで一番驚いているのは、保釈されたら自由だと思っている人が沢山いた事だな。保釈って結構良く聞く言葉だと思っていたのだが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

脱線事故から一年

鉄道事故としては近年まれに見る大惨事となったJR福知山線で起きた脱線事故から早一年、この事故でお亡くなりなった方被害にあった方全てにお悔やみとお見舞いを申し上げます。

今日のニュースでは勿論トップ扱いでしたね、当時のJR西日本の安全に関する認識、利益至上の企業方針など問題点は山済みだったのでそれがどう改善されたのか、もしくは実は何も変わっていないのか、は非常に気になりますね。

ただ私がこの事故で一番記憶に残っているのはマスコミによる報道への姿勢の歪さでした。ボーリング大会に何人参加していただの、その内何人かは二次会に行っただの、今日はオーバーランが二件ありましただの、記者会見ではまるで自分の知り合いが殺されて半狂乱になっている様な感じでJR側を罵倒する記者、死んだ被害者の生前の行動の数々をひたすらお涙頂戴の為に根掘り葉掘りの取材を行って流す番組。

今ぱっと思い出すだけでもわらわら出てきますよ。元々芸能関係のゴシップとニュースをごちゃ混ぜにしている様なワイドショーならともかく(それだって良いとは思いませんが)通常のニュースでも上記のような報道がなされていた事実に眩暈がしました。当時のネット上では大分マスコミの報道が批判にさらされていたと思います。

この事件で以前から感じていたマスコミに対する不安や不信感は非常に高まった気がします。元々天災人災を問わず事故によって亡くなった方の生前の行為や行動を報じる意味が分からず疑問に思っていた。その人は良い人だから死んだのか?別の言い方をすればネタにならない生き方をしている人が死んでも報道する価値はないのだろうか?

誘拐や殺人なら本人の人となりも影響するだろうが事故は無関係に起こるはず。何よりも大事なのはどうしてその事故が起きたのか、どうしたら未然に防げたのか、だれがその責任を負うのか、今後この様な事が起きない為にはどうしたら良いのか等々を取材して報道すべきではないのか?

その結果が視聴者に痛みを強いる物ならそれはそのまま報道すべきなのでは・・・今回の事故で言えばどうして列車の本数が多くなったのか、どうして遅れが定常的に発生していたのか、そしてその遅れを何としてでも取り戻さなければいけなかったのか・・・JR西日本の利益至上主義が一番の原因なのは確かだが、電車の数を増やせ、スピードを上げろ、時間に遅れるなと要求していたのはJRを利用している客ではなかったのか?

私のお粗末な頭で考えても色々疑問が出てくる状況は異常だと思うし、頭の良さを自負する方々には分かりきっていることではないのだろうか?この事故から一年のニュースを聞いて本来の事故よりどうしてもそちらの対策の方が気になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜種梅雨

と言うには少し遅いでしょうか?最近どうにもはっきりしない愚図ついた天候が続きますね、今日も朝の内雨で午後から晴れると言っていたの、昼間一旦晴れた後また夜雨になっていました。今日はゴミ収集所の掃除当番なのに掃除出来なくて困っていますよ、明日はダンスで遅くなるだろうし・・・

転職した後は通勤路に田んぼが殆ど無いからいま一つ実感がないけどもうすぐGW、この辺では田植えのピークを迎える頃ですね。きっと以前の会社からは水を張った田圃の綺麗な風景が見られていることでしょう。ワカサギ虫も大量に発生しているかな?(苦笑)

そうGWと言えば五月三日憲法記念日、会社の出勤日となっております・・・ねぇなんで工場なのにGWの休みを削るのでしょうか?世間一般では工場系の職場はここぞとばかりに、休みと休みを繋いでまで長期休暇にするのでは?しかも本社は休みという腹立たしいこの事実、休みを逆に削ると言うのは本当に勘弁して欲しいものです(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末記

書き込みペースが明らかに落ている今日この頃、今週末も自堕落な日々を過ごしておりましたとさ・・・

まぁそれでも友達夫妻の長男が生まれたので、病院にお見舞い兼親バカぶりを拝見すると言う強制イベントが発生しました。

いや月日が過ぎるのは早いものでついこの間御懐妊の話を聞いたばかりだったと思ってたら、もう生まれましたの連絡・・・ふぅ本当に洒落にならない早さですよ。

病院に行ったら既に談話室で奥さんの母親とその親戚の方達との歓談中でした(そんな中に私が入っていいのか?と言う根本的な疑問もあったのだが・・・)。で友達は予想通りデジカメとビデオカメラを抱えて見事までの親バカっぷりを発揮しておりました。

で折角なので赤ちゃんを抱かさせていただいたのですが、ふと考えてみれば生まれてこの方赤ちゃんを抱いたのってこれが始めてだったと思います。なんか凄くちっちゃくて首が据わらないってのはこう言うことなのかと妙な感動をしておりました(苦笑)

それにしてもうちの赤ちゃん可愛いでしょう攻撃には参りました、まぁエコー写真を見せて可愛いでしょうと言う人達だったから予想はしていたのだけどね・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ながもちさくら

朝会社に行く途中あちらこちらで桜吹雪に遭遇する、会社についてからも窓の外に桜の花びらが沢山舞っている。

今年の桜は大分長持ちしましたね、途中雨の日もあったし、風の強い日も結構あったと思うけど随分頑張ったなぁ~見ごろが二週間近く続いてたよね!

流石に今日くらいで大体この辺の桜も全て散ってしまったかな?結局今年は中途半端な夜桜見物だけで、花見らしい花見は出来なかったなぁ・・・宴会したかった。

そんなこんなで今週末も絶賛引き篭もり中でした_| ̄|○

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゆりかもめ

ゆりかもめ:復旧は早くても17日 東京臨海新交通

う~んこの手の公共交通システムで天災等によるトラブルを除いてこんなに長時間運休するのって凄く珍しいですね。つい先月に豊洲まで延伸したばかりでこのトラブルは痛いですね。

私にとってゆりかもと言えば、もうイベント列車以外の何物でもないです(苦笑)料金は高いし遠回りするから時間も掛かるし、と普通の交通手段としては最低な部類だと思うけど、ビックサイトに新橋から行ける便利さには叶わない。まぁ新宿方面や千葉方面から来るならりんかい線の方が色々都合が良いでしょうけどね。

さてさて月曜日にはちゃんと復旧しているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春眠暁を覚えず

とは聞こえの良い言葉。だからと言って14時間睡眠の免罪符にはならないだろうなぁ・・・14時間はいくらなんでも寝すぎだよな・・・

そんな訳で先週に引き続き引きこもり状態が続いている情けない人間です。かろうじて洗濯と散髪は行ったけど、後はひたすら部屋でだらだら・・・脳内では色々しようと考えているのだけどいざとなると体がちっとも動かない。

強制イベントのフラグが欲しいです、そうでもしないと本当に何もしない人間失格になりそうな感じ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夜桜

会社の窓から見える桜、今日まさに満開で風が少しふくと花吹雪が舞うような状態でした。その風景に心奪われて会社帰りに少し遠回りして福岡堰の桜並木に夜桜を見に行った。
060406_0
まだこちらは満開ではなく7分~8分咲きくらいかな?思ったより、と言うか殆ど明かりが無くて良い写真は撮れなかった。目一杯増感したら空が不自然に明るくなった(苦笑)
060406_1
桜の木下に死体が埋まっているかどうかは分からないけど、桜には何か魔力がありますよね。何かが魂に触れると言うか、非常に感傷的になりました。まぁその感情は桜の木の所為だけではないでしょうけど・・・

今週末は晴れれば素晴らしい桜が見られるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FOMAデビュー

携帯を買い換えようと思い立ったのは去年の12月、会社に個人のネット環境が存在しないところから決意した。なので自動的にMOVAからFOMAへの移行は決定、機種を決めるだけになった・・・そう決めるだけだったはず・・・

最初は発表されたばかりのSo902iに惹かれた、今まで頑なにストレート端末を愛用してきた身としてはFOMA初のストレート端末は非常に魅力的でした、ちゃんと発売されていれば・・・実物を確認して良ければ直ぐに買おうと思いつつ年を越し(苦笑)

年が明けていい加減待ちくたびれたので諦めて折り畳み端末のP902iを買おうかと悩んでいると702シリーズの発表。D702iはストレート端末じゃないですか!それならばその実物を待ってみるかと再び待ちの体制へ。

そのD702iも他の702シリーズより3週間位遅れて(苦笑)ようやく発売、その次の週にはSo902iも今更ながらに発売(更に苦笑)いざ店頭でD702iを触るとスペック以上にごつく重たく感じ激しく購入意欲が減退する・・・で隣にあったSo902iを見ると流石にスタイリッシュ、D702iを持った後だと尚更。

でもよく考えてみるとネット環境が欲しいのにSo902iの今となっては小さ目の液晶はどうも厳しい感じがした。それに遅れに遅れた状況をみていると何か致命的なバグとか存在しそうで怖い。

結局全てを御破算にして改めてDOCOMOショップで端末を眺めているとD902iが目に入る。2.8inchの大型液晶、ストレートではないけどスライド式で使い勝手は良さそう。購入を決意してから4ヶ月も経ち、悩み続けた挙句に全く考えていなかったD902iを店頭見で決定して購入、一体あの4ヶ月は一体なんだったのだろうか?

そんなこんなでようやくFOMA使いの仲間入りです、私の携帯遍歴はD902iで4代目、
D207 : 携帯デビュー ストレート(フリップ式)
P502i : 初imode ストレート
F212i : 初カラー液晶 ストレート
D902i : 初FOMA ・初カメラ付き スライド式
となっています、今のところ必ず何かしらの新機能が追加された端末を購入していますね。更に過去の機種のサイズと重さをチェックしてみる
Foma_1
W x H x D(mm) 重さ(g)
D207 40 123 18 77
P502i 43 130 16 69
F212i 44 128 13 70
D902i 50 109 19.5 116
今までの3機種はあまり違和感なく使いつづけられたのだが今回は明らかに違う。サイズもそうだがなにより以前比1.66倍の重量は結構きます、特にポケットに入れておくとずっしりと。

それでもやはり2.8inchの大型液晶のインパクトは大きいです。iアプリのフルブラウザを入れてみてWEBを見ると横スクロールが鬱陶しいけど感動しましたよ。

恐ろしく多機能なので使いこなせるかはかなり疑問だけど折角の高級機(?)色々使い倒してみようと思う。それにしてもネットをうろうろしているとバッテリーの消耗が激しい、こんなので大丈夫なのだろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

くもりガラスの向こう側

は風の街、ではなくて3/31発売のマリア様がみてる最新刊です。適当にネタばれも含んでいますので未読の方はご注意下さい。

前巻の「未来の白地図」発売から三ヶ月、本当に矢継ぎ早に新刊が出ますね。内容はちょうど祐巳が瞳子ちゃんに振られた所から。ネットの前情報ではどうせ短編集だよと言う悲観論が多数出ていました(苦笑)が良い方に裏切られちゃんと話を進めていました。

まぁ進めたといっても正月ネタが半分くらい、前年の話と上手く絡めて話を持っていきましたね。そして清子小母さまのパワー全開姿が何とも楽しいです。双六は全部自分で作ったのだろうか?あと祥子様のお姉さまっぷりがとっても素敵でした、本当に祐巳と良い関係を築いたなぁって。

今回の話では祐巳の心の整理と確認、そしてこれからどうするのかを決める事がメインでしたね。内容がやはり薄めだし、何時もの引き伸ばし感もそこそこ感じるけど、ここ最近のお預け状態よりは話自体が楽しく読めて大分良かったと思います。何とか次の巻では話を進めて欲しいものですね。

それにしても巻末のあとがき・・・読者の中で「ルビーの指環」と「さざんかの宿」が分かる人って・・・沢山の大きなお友達が読んでいる事を良くお分かりで(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »