« ふと思い出した銀英伝 | トップページ | ナツ100をバトン風味で »

ダンス教室的日常

サークルが終わって、みなバラバラに練習したりお茶したりのんびりしている時、先生は何処か他所の教室の先生と電話中。少しして電話が終わると矢庭に「XXX!」と大声で呼び出す(XXXはうちのサークルの競技カップルのリーダー)彼が先生のもとに来ると開口一番「今度10月に競技会に出ろ!これは強制だ!」・・・

いやうちの先生はよく無茶を言うけどこれは最上級だ(苦笑)流石に言われた方も慌てて「一体何の話ですか?」と問いただす。どうやら先生が所属する教師連盟主催の競技会でアマチュアの上級クラスに人が全く集まらず開催の危機に瀕してるので、各先生の教室で競技選手の予定が空いているなら有無を言わさず参加させろとの連絡が回って来たようだ。

なんと言うか無茶苦茶だよなぁ・・・そのカップルは別の競技会に出る予定だったので難を逃れていたが、そんな騒ぎの中今更ながらに教室に来たもう一人の競技カップルのリーダーに矛先が転じて、また大騒ぎ。彼はその場でパートナーに連絡を取れとの命令(笑)に従っていたが結局どうなったのかな?

周りの人間は大笑いしながら見ていたけど、当事者になったらあれをかわすのは至難の技ですよ、くわばらくわばら。

|

« ふと思い出した銀英伝 | トップページ | ナツ100をバトン風味で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/11693935

この記事へのトラックバック一覧です: ダンス教室的日常:

« ふと思い出した銀英伝 | トップページ | ナツ100をバトン風味で »