« 今日のコミック | トップページ | 流行の最先端 »

今日のコミック その2

金曜日に入手できなかったとりぱん2巻無事ゲットしてきました、ついでに最終巻が出ているのを理解していなかったハチミツとクローバー10巻もゲット。

とりぱんは最高ですよ、帯に書いてある「身の丈ワイルドライフ」と言う言葉が本当にピッタシ、四季折々の自然の姿を素敵な表現と笑いの成分たっぷりに教えてくれます。だんだんネタが厳しくなっていくと思うけどこれからもずっと続いて欲しい作品です。

ハチミツとクローバーは9巻の終わり方からは全く想像できない方向に一気に話が進んで終わりを迎えました。自分的には竹本君、山田さん、野宮の辺りは非常に納得のいく終わり方。真山、森田さん、理花さんの辺りはまぁそうなのかな?って感じだが、出来るなら後日談でフォローが欲しいなぁ。

何よりも驚きが花本先生!え~そうきますか!?ちょっと限りなく反則に近いのでは?と言う微妙な気分です。確かにこれはありなのかも知れないがモヤモヤがいっぱい。特に63話の終わりには何とも言えない気分になります。

サプライズを除けば素晴らしく甘酸っぱい気持ちにさせられる、まさにこれがハチミツとクローバーなんだなって感じる終わり方でした。

それにしても長野県警捜査一課課長の反応がどうだったのかすっごく気になる(笑)

|

« 今日のコミック | トップページ | 流行の最先端 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/12029598

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のコミック その2:

« 今日のコミック | トップページ | 流行の最先端 »