« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の11件の記事

フルーツバスケット23巻(最終巻)

ついに98年に連載が始まったフルーツバスケット、それから8年半が経ち23巻をもって完結しました!私は何時から読み始めたか覚えていないけど、結構初めの方か読んでいたと思う。

一週間遅れだけどずっと読み続けた作品なので最後に感想を書いておこうと思います。思いっきりネタバレがあると思うので未読かつ読む予定がある方は避けた方が良いかも・・・それと無駄に冗長な文章になっているので気になる人は無視して下さいませ。



さて最終巻、すべての呪いが解けて本家に全員集合からの開始。

紅葉と楽羅が良い味出しています、って言うかこの作品の中で最終的に一番不遇な扱いを受けているのがこの二人だと思う。二人にももっと素敵な結果を用意して上げれば良かったのに・・・

利津は相変わらずで楽しいです、着物姿の慊人に対して「まさか、私と同じ趣味に…っ」で大笑い!冷静な慊人の対応がまたよろしい。それにしても何時の間に利津と満さんの間に恋愛関係が生まれていたのか、そこが謎だ?

慊人と紫呉の関係はいまいちよく分からない、いや二人が分からないではなく紫呉が謎多すぎです。結局最後まで色々はぐらしたまま、性格が歪んだまま終わっているような気がする。慊人は憑き物が落ちてすっかり良い娘って感じ。

依鈴と潑春は色々あったけど、まぁそのまま突っ走れ!と言ったところかな?そのままボケと幸せを紡ぎだしてほしいものです(笑)

はとりは最後まで大人ですよね、繭と良い関係が作れそうな雰囲気で良いです。

紅野は呪い開放一番手と言う事もあって一度も変身シーンが出なかったですよね?(確か)何やかんやあったけどうおちゃんと上手くいっている感じ。

綾女と美音は最後まで大暴走で楽しい!結局由希御殿は一体どうなったのだろうか?(笑)それに最後の名(迷)言「大人は鬱陶しいほどの愛を込めて、ダンボールにカップメンだの靴下だのメイド服だの入れまくり、気持ちの代わりに届けるのさっ」がとっても良い!良いこと言っているのに凄く可笑しい。

杞紗と燈路はとにかく愛らしい!最初の頃の燈路のキャラはどうにも嫌だったけど、その後の成長は素晴らしい。そして杞紗ちゃんは最初から最後まで本当に可愛らしく、真っ直ぐで優しい素敵な存在でした。透くんとの掛け合いは最高に癒されました。

それに師匠…えっとはなちゃんがまかないさんとしてやって来たのだけど大丈夫なのか?(笑)何時の日かキョンがはなちゃんをお義母さんと呼ぶ日が来るのだろうか(苦笑)

由希に真知、この作品を通して一番成長したのがたぶんこの由希だと思う。最初の頃はてっきり由希が本田さんの本命では?とも思っていたけど、最後の方では真知と凄く良い関係を作れていましたね、少し意地悪な感じも出てきたし。それと最後の透くんとのお話も良かった。みんなを代表してお礼を述べる姿はこのフルバと言う作品を象徴しているのではないかと思う。ただお母さんはないだろう(苦笑)と言う気がしなくもないが…

そして大本命の透くんと夾。透くんは最初から最後まで変わりませんでしたね、当たり前の事だけど透くんがいないフルバはありえない、由希の所で書いたけど全ての幸せの基を作り上げた存在ですよね。何より夾にとっては何をおいても大事にしなければいけない存在となった最終話、素敵な関係だと思います。大人になった夾は由希とも良い関係を作れそうで、何時か後のエピソードが読みたいな!と思う。

最終話の最後の最後、いきなり二世代も後の話で締めくくるのはちょっと唐突過ぎると言うか、狙い過ぎて滑ったな~って感じるけど、素晴らしい大団円を迎えることが出来たと思う。もうフルバが続かないのはとっても寂しいけど、皆が幸せになれたその事に本当に「ありがとう!」と伝えたい。

・・・

と綺麗に纏めたいのだが最後に苦言。高屋先生曰くキャラの成長に合わせて外見も変化させたらしいのだけど、その試みは明らかに失敗だったと思う。過去にも書いたのだが成長と言うより間延びしたようにしか見えない・・・特に透くんと杞紗が間延びした時は最悪だった。この絵で次回作品が描かれない事を切に願います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日も今日とて

出勤日・・・_| ̄|○

いやもう毎度の事ですが、ご近所の日の丸を見ながら何時もより空いている道を走って会社に行くのはとっても悲しいです。本社は休みだと言うのに・・・

まぁ春分と言うことだから帰り道に牡丹餅を買って来た。牡丹餅大好き~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貴方が噛んだ

人差し指が痛い・・・

ダンスの時先生が愛犬、フレンチブルの2ヶ月の子犬を連れて来てた。

ケージをフロアの隅においてサークル

今日の種目はパソにジャイブ・・・え~と何時も以上にどんどん床を踏みしめるのですが、お犬様大丈夫?と心配していたけど結構平気だったみたい。

でサークルが終わってからケージに指を入れると甘噛み以上本気以下みたいな感じでかじられる。どうやら歯が生えてきたばかりで落ち着かないみたい。生えたての細く鋭い牙で噛まれると結構痛い、血が出る寸前と言う感じ(苦笑)

やっぱり犬は良いでね!久しぶりに犬分を補給しました!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

コスカ18号店

例年二月に行われていた冬のコスカですが今回は3月も中旬の今日と言うことで、毎度おなじみ都産貿浜松町館にに行って来ました。

先週までずっと暖冬で油断していたのだけど、今日は寒かった!手袋とかマフラーを持って行くべきだったな、と少し後悔。

で先ずは常磐線!今日はJRのダイヤ改正で駅のホームに着くと以前は4つ扉乗車口と3つ扉乗車口の両方が描いてあったのだけど、その3つ扉の方が消されていました。常磐線の全てがグリーン車付きのE531系に切り替わったからだそうな。

そんな訳で取手を境に交直が切り替わる特殊事情により、古い車両が走り続けた常磐線も一気に新型車両へと切り替わりました。新しい電車は暖房も良く効いてなかなか快適!これもある意味TX効果と言っていいのかな?

と鉄分を補給(爆)した所でコスカです。

開始から30分過ぎた頃に会場に着いたのですが二階に誰もいない・・・

何か間違ったのか?

と不安を感じつつ3階に行くと其処はコミケ三日目かサンクリ?

って感じで人はいるのだけど不安感が増える

そんな回り道をしつつ4階に到着。そこには何時もの懐かしい雰囲気が広がっていて、ようやく何時ものコスカにたどり着けた気分。早速お友達の所に挨拶回り。

わざわざパンフを見るまでもなく巨大な(笑)ディスプレイを発見!その裏にはレア制服の虫干し中!(驚)その次はカネコスカートのメイドさん!とっても愛らしい。

今回コスプレ広場がそれぞれ各階にありしかも少し広めになっていた所為か、レイヤーさん自体が減ったのか大分閑散としている雰囲気でした。特に2階が悲惨な状況、一体此処は何処の個撮の会場ですか?って状態でした。それでも知り合いレイヤーさんと結構色々お話出来きて楽しかった!

後は何時も通り適当に散策し、何時も通り無駄に暑い語りをしたりとまったりと過ごす。

イベント終了と同時に会場を後にして、友達と向かった先は六本木!六本木ヒルズでスイーツを食べるぞと言うオサレ企画でしたが、微妙に六本木ヒルズと言う街に嫌な感情をもって撤退(苦笑)いやちゃんと美味しいスイーツは頂いて来ましたがね・・・

その後は東京駅に移動してやっぱり居酒屋!なんて言うか落ち着きます(爆)2時間1000円の格安飲み放題のお陰で随分沢山食べて飲んだけどとってもリーズナブル。そしてここでもまた無駄に暑い語りを行ってしまい反省・・・

そんな感じで色々あった今日も終了、行きと同じ新型車両にて帰宅しました。お付き合いして下さった皆様、本当にありがとうございました!また是非遊んでやって下さいませ!

追記
次回のコスカ、5月末に夜のコスカを行うらしい、一体どんな感じになるのかな?行ってみたいが知り合いの皆様の参加は微妙な感じ。さてどうしよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月18日

少し前に久しぶりにふれあい道路を走ったらその沿道の変化に驚く。そしてその変化の分時間が経ったのだと改めて感じる。

有明の
つれなく見えし
別れより


| | コメント (0) | トラックバック (0)

実刑判決、即時抗告、保釈

面倒臭かったので書くつもりはなかったのだけど、相変わらずネット上の日記や偏向報道で保釈の意味を理解せず妬みや嫉妬心からくる脊髄反射で書かれた情けない記事を沢山見かけたので、自分の考えを書いてみる。

まず以前に保釈が決まった時堀江被告の保釈決定堀江被告の保釈を書いた。この時も脱力感をしみじみ感じたのだがあれからおよそ一年、やっぱり世間はそう簡単には変わりませんでしたね。

みんな推定無罪ってどう考えているのだろうか?大体保釈についてだって普通の知識として知っていて当たり前だと思うし、もし分からなければ検索でもすれば直ぐに意味は分かるだろうにどうして「地獄の沙汰も金次第」や「金持ちは刑を逃れられるのか!」みたいな的外れな意見を、堂々と公の場であるネット上で公開出来るのか信じられない。

私的には堀江被告はグレーだと思っている。決して白ではないけど黒でもない、なのでたたけば埃も出るだろうし、検察や弁護団の法廷闘争手腕、それに裁判官の心情一つで判決は微妙かな?と思っていた。

でこの弁護団と堀江被告、はっきり言って馬鹿みたいに低レベルな法廷戦術を繰り返すし、マスゴミと検察のネガティブキャンペーンもあって有罪判決は避けられないのかな?と感じていたが実刑判決は予想外、きっと落とし所としては執行猶予辺りだと思っていた。

そしてどうしても気になるのはつい先日上場継続が決まった日興コーディアルグループの組織ぐるみで大規模な粉飾決算とのライブドアとの違いについて。

あまりちゃんとニュースを追っかけていないので詳しい内容は理解出来ていなくて、他の方の日記等に頼ってしまう
(日興コーディアル粉飾事件)ライブドアより悪質 不公平な“罪と罰” (1)
日興コーディアル証券(グループ)の粉飾決算とライブドア
日興コーディアルグループは上場維持
等々やぱっぱりどうしてもその扱いの差には納得出来ないものを感じる。

金額やその不正度、そして公正な判断基準を適用するならライブドアの上場廃止を決め市場を大混乱に陥らせた東証は、日興の上場廃止も行うべきで再び市場を大混乱させるべきだったのでは?それをしないで一体何を公正と言うべきなのか・・・

ダブルスタンダードな判断を平気でする東証、それを平然と報道するマスゴミ、動きの鈍い検察を見ていると「ライブドアの行為が市場に影響を与え、我々に損害を与えた!」と恥ずかしい自己弁護を展開し損害賠償を求めている愚かな株主の方々は、堀江被告を訴えるのではなくて東証とマスゴミ、それに検察を訴えるべきだと感じる・・・


追補
個人的に堀江被告は好きじゃないですよ、むしろその言動はおかしいのでは?とも感じる。だけどその個人への感情と公平な裁判と言うシステムに対する期待は別問題です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

洋菓子店での風景

会社帰りに何度か行った事のある洋菓子店へ立ち寄る。

店内には男性ばかり4人ほど

・・・見慣れない風景にどうも落ち着かない(苦笑)

そう此処に居るのは多分ホワイトデー用にお返しのお菓子を物色しているであろう面々だ(笑)かく言う私もそのお仲間であるわけですが・・・

まぁ違いがあるとしたらそのお店のポイントカードを既に持っていることかな(爆)

折角なので自分用にマカロン購入。
Photo_3
買ったのは、バニラ、ショコラ、アールグレイの三点。

アールグレイが一番美味しかったです。
こんなことしているから似非ダイエッターなんだよな(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジQへ

アイススケートがしたいとの言葉から始まり、この週末富士急ハイランドに行ってきました!

こちらを7時頃出発し予測された首都高の渋滞と予想外の中央道の渋滞に阻まれ現地到着は11時過ぎ・・・入園券にするのか、フリーパスにするのか?と少し悩んだ後にまぁスケートがメインだしと言うことで入園券のみ購入。
070310_1
フジQのスケートリンクは広くて数があることで有名だけど三月に入ったこの時期、営業しているのは一つだけでした、それでも広さは他と比べようがない広さでした。それに形が面白いですしね。

さてスケート・・・一体何年ぶりだ?おっかなびっくり氷上へ



案の定挙動が怪しいですよ!そもそも昔だってまともに滑れた記憶がないのだから出来なくて当たり前だ。と自分で自分に言い聞かせていると妙に友達の滑りが滑らか・・・どうやら彼の策略に嵌ったみたい(苦笑)
070310_2
まぁそれでも久しぶりにスケートを楽しみました。富士山もとっても綺麗に見えたし、不恰好だけど良い感じ。

スケートの後園内をぶらぶら・・・
行ったことがある人なら分かると思うがこの富士急ハイランド、園内のあちこちにアホな看板が立っています。
070310_3
極寒の地で誓う喜劇って・・・
070310_4
ふじやま温泉は隣にある温泉だがネタにしか見えない(爆)
070310_5
真面目に探してしまいそう・・・
070310_6
070310_7
どっちのコースターも出来たら怖いです(苦笑)
と言う感じに色々看板を探してしまう。他にもネタ系満載でこれ読むだけでも十分楽しめます。

結局スケート以外は観覧車に乗った位で有名な絶叫系には何一つ乗らないでフジQを後にしました。

そして夕飯は直ぐ近くにある炉端焼きのお店山麓園
070310_8
もともとは飛騨の豪族の家(合掌造り)だったというこのお店、軍手をつけて、食材を自分で焼いて頂くと言う面白いスタイル。囲炉裏が素晴らしく立派でそこに良く焼けている炭が入ると、寒い外から入ってきた身に染みるような暖かさ。(夏はちょっと辛いかも)

一番安い飛騨コースでも虹鱒、うずらorイカ、とうもろこし、しそ田楽、だんご、厚揚げ、野菜串、牛串、ほうとう鍋と盛り沢山、十分にお腹いっぱいです。

後はゆっくりと帰宅、疲れたけど楽しい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記そして追記

朝家を出ると生暖かった・・・
日中オフィスが何か蒸し暑い、多分外の気温の所為で温調が上手くいっていない感じ
夜オフィスから出るとやっぱり生暖かい・・・

流石は今年の異常気象!春を通り越して初夏状態
こんな天候でちゃんと桜は咲くのでしょうか?

以下蔵王往復の追記

この記録的暖冬の最中、今回の旅行の為にスタッドレスに履き替える。多分必要もないだろうと思ったし、チェーンも持っているから夏タイヤで行こうか迷ったのだが、スタッドレスはスキーヤーの良心!という事で前日に履き替える(苦笑)

で実際はどうだったかと言うと・・・
温泉街に入ってから極一部のみで活躍しました!(爆)
本当に少しだけ道にも残っていて、それが結構な坂道の所だったから夏タイヤだと少し怖かったな。でもまぁその程度・・・

磐越道は以前より大分対面通行区間が減り快適になっていました。もう数年すればほぼ4車線化出来そうな感じ。ただ相変わらず対面通行区間でテレテレ走り後ろに大名行列を作っている車が、4車線区間に入ったとたんスピードを上げるのがイライラする。どうせ遅いなら4車線区間に入ったらよりスピードを落として皆を先に行かせれば良いのに・・・

蔵王は広くて良いのだが、相変わらず連絡が悪いスキー場でした。スキーですら移動が大変なのに良くボードで滑って(漕いで?)られるな?とクローチングで追い越しながら感心し心の中でエールを送る。

樹氷ライトアップの最終週でした。宿で行きますか?と聞かれたけどさすがにね・・・これに一人でいける程一人上手は極めていませんでした。でも何時か行きたいな~

夜の外湯巡り、蔵王の強酸性の風呂をハシゴするので洋服だと着たり脱いだりが面倒だったので宿の浴衣で行きました。ただ足元は普通の靴・・・足弱いんですよ~サンダルだと直ぐにサンダルズレが出来てしまう・・・でも浴衣に靴はやっぱりおかしかったかな?

二日目ICカードを換金しにゲレンデに行くとニューモデル試乗会をやっていた。少し後ろ髪を引かれる思いでゲレンデから去る。

帰りの常磐道でプリウスのサンデー(若しくは高速不慣れ)ドライバーが最低な走行をしていた。私がまったり第一走行車線(三車線の左)を走っているともっさりとしたプリウスが追い越し車線を走っていく、ただしその速度は殆ど第二走行車線(中央)を走っている車と同じ・・・その内プリウスの後ろに大名行列が出来るがプリウスは中々加速せずちんたら走る。

ようやく追越が終わって第二走行車線戻るプリウス。戻ったは良いが今度は第二走行車線を走るにも少し遅い状況。その内に何故か私が左から追い抜く格好になる(私は殆どずっと一定の速度で走っていたのに・・・)

2~300メートル位離れてバックミラーを見ると相変わらずプリウスが中央に居座り左右から車が追い越しをかけている・・・それ何て言うモーゼですか?

高速道路を走るたびに思うのだけど、めんどくさがらずにみんなちゃんと車線変更しようよ。絶対速度で話さないで相対速度で話そうよ。どんなに自分が速いって思っても周りに置いていかれるのは遅い証拠、逆に遅いつもりでも置いていくなら速い証拠。頼むから回りとの兼ね合いで走ってくれ・・・参考サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵王スキー 2日目

二日目の起床は7時半、およそ10時間強の睡眠時間でした(良く寝た!)

起きて早々お風呂に行く。お風呂は男女変わっていたけど広さ以外は特に差はなし、やっぱい誰も入っておらず一人でまったりつかる。

湯から上がり部屋に帰るのが面倒くさくなったのでそのまま朝食に向かう。朝食は和食をメインとしたバイキングスタイル。中々面白い感じだったけど美味しかったです。やっぱり食事の時一人というのは何とも言えない侘しさを醸し出すけど、それでもまぁ夜よりはマシかな。

食後部屋に戻り本日の予定を考える。折角来たのだから少し滑って行くか?それともスパッと切り替えて温泉街を歩くか



スキー断念!(苦笑)
流石に昨日考えなしに滑り過ぎました、一日経ってもただ歩くだけで足が痛い!それに前日滑り過ぎたお陰で満足度も十分。そんな言い訳を沢山しながらチェックアウトの時間まで少し朝寝を楽しむ(寝過ぎです)

チェックアウト後、車を宿に置いたまま温泉街の散策に行く。雪に埋まる温泉神社でたまに足を雪に突き刺しながら参拝し上の台ゲレンデ経由で高湯通りにでる。ここでつきたての餅を食べさせてくれる山口餅屋に行く。
070304_0
二色餅(単品餅の中から選択できる、今回はずんだ餅とくるみ餅を選択)を頂く(他にはきな粉やアズキ、お汁粉や雑煮もある)
070304_1
特にくるみが美味しかった!店内ではお婆ちゃん2人がせっせと胡桃を割って中身を取り出していて、何とも暖かい雰囲気を醸し出していて最高でした。

その後は樹氷通りへ移動、ここで蔵王(山形?)名物玉こんにゃくを買う。
070304_2
醤油で煮たこんにゃくにからしをつけて食べるとってもシンプルな食べ物だけど、これがとっても美味しい。特に冬の蔵王に来たからには絶対食べたい物なのです。

まだ午前中だと言うのにお餅にこんにゃくと食べすぎな状態のまま、日帰り温泉施設の新左衛門の湯に入る。ここは新しいので全体的に広くて綺麗。しかも内湯は温泉ではなく井戸水の沸かしなので蔵王温泉の泉質が合わない人にはありがたい施設かも、といっても私は温泉である露天風呂しかつかりませんでした(苦笑)

ここで露天風呂に少しつかり過ぎました、本当は二箇所くらい温泉を廻ろうと思っていたのだけど疲れきってしまい他に入る気力がなくなってしまいました。しょうがないので温泉は諦め、もってのほかでそばを食べて戻ることにした(まだ食べるのか)

おそばはとっても美味しく久しぶりに蕎麦湯まで堪能した気がする。宿に戻る途中でお土産としてゆべしと帰る途中のおやつと言うか食事代わりに名物の稲花餅を購入。似非ダイエッターの名に相応しい遠慮のない買い方である。

宿に戻ると午後1時過ぎ、後は家に帰るだけです。帰りは行きより平均時速で10~15km程度遅くして午後6時前には無事帰宅。

こんな感じ初めての一人お泊りスキー旅行も無事終了・・・二日目はスキーしていないから唯の温泉旅行ですがね(苦笑)それでも今年も何とかスキーに行きました!

でも去年も書いたけどダンスの威力(特にモダン)って凄いです。年に一回それも一日しか滑らないって悲惨な状況が続いているのに滑りが悪くなった気がしない・・・いやむしろよりスムースになっている気もする(あくまで自己評価)そんな訳で来年は出来たら久しぶりにしっかり二泊三日とかで滑りに行きたいなぁと思う旅行になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵王スキー 1日目

予定していた山形蔵王へのスキー旅行、同行者の仕事の都合上キャンセルになり、今シーズン一度もスキーに行けなくなりそうだと判明したのが先週の初め。日帰りで行くか?諦めるか?と色々考えた挙句



一人で行っちゃえ~!
と言う訳で一人で蔵王お泊りスキーに行ってきました(苦笑)。今までシーズン初めに日帰りで「突発的、金精峠が閉まる前に丸沼で初すべりツアー」を何度か一人で行ったことはあるが、泊りがけしかも蔵王温泉と言う素晴らしい組み合わせは初体験。何か最近どんどん一人上手(意味違うか?)になっていく気がする・・・

まぁそんな感じで土曜日早朝5時過ぎに自宅を出発。常磐・磐越・東北・山形道と言うコースでおよそ4時間弱の9時くらいに現地到着しました。車を宿の駐車場に停めて早々にゲレンデに向かう。

朝から素晴らしい青空が広がる絶好のスキー日和、こんな素晴らしい天気の日には山頂に行くしかないので、足慣らしもせずにおんぼろロープウェイに乗り山頂を目指す。
070303_1
そして途中で蔵王ロープウェイ山頂線へ乗り継ぐ、この山頂線以前はその名の通りロープウェイだったのだが、2003年12月からゴンドラ(通称「フニテル」)に変わった。昔は山頂に行く為には、一日分の乗車整理券が午前中と言うか11時頃にはなくなると言うプラチナチケット(笑)を求めて朝一で券を取りに行く必要があると言う酷い状況だったのだが、このゴンドラの導入により一気にその不便さが解消されたと言う代物です。

私はこのゴンドラに架け換わってから蔵王には行ったことがなかったので是非乗りたかったので、ある意味願いが叶いました(苦笑)で乗った感想は「でかいな~!」だって18人乗りですよ、さすがは複式単線と言うシステムを売りにするだけはあると言う立派なゴンドラでした。

そんなゴンドラを降りると目の前に地蔵山の山頂に続く風景が広がる
070303_2
空も山も樹氷もとにかく綺麗!素晴らしい景色が広がっていました。

記録的な暖冬で各地のスキー場でも雪不足が嘆かれていましたが蔵王は結構大丈夫でした。流石にスキー場の下の方は大分春スキーの粗目雪になっていたけど、上部はまだまだ良い感じでした。ちなみにお地蔵さんの所ではこんな感じ
070303_3
またここからは出羽三山も綺麗に見えました
070303_4
どれがどの山なんだか私は分からないんですがね(苦笑)周りに居た人達がそう言っていました・・・

景色を十分に満喫した後はスキーです。黒姫方面から順に滑ろうと思いまずはザンゲ坂から樹氷原コースへ、蔵王に行った事がある人なら分かると思いますが、このコース途中かなり長い緩斜面と言うか殆ど平らな所があり此処を乗り越えるためにかなり低い姿勢のクローチングを組んで一気にこの難所(笑)を乗り切ったのです。

乗り切ったのは良いのだけどいきなりかなりの距離をひたすらクローチングで滑ったので初っ端から太ももがガクガクになりました(;_;)普段ダンスを踊っているから少しくらいは筋肉もあると思っていたのだけど勘違いだったみたい。

その状態のまま黒姫のスーパージャイアントコースを(私にとっては)高速カーブで一気に滑り降りたからもう大変。リフトに乗るときには息は激しくゼーハーし、足は微妙に痙攣状態でした。そんな状態なのに一人スキーの悲しさ、休憩はリフトに乗るときだけ、一旦滑り出したらリフト乗り場までノンストップ!と言うアホみたいな事を繰り返す。

コースを黒姫から大森、横倉と移動。横倉の壁に挑むが斜度よりもコブに惨敗(コブ嫌い、誰かコブの滑り方教えて下さい)、ユートピアからパラダイスへ移動した頃にはもう訳が分からなくなっていました。

ふと気が付くと時間は1時、いい加減お腹も空いたし、足も限界だったのでこじんまりしたパノラマと言うレストハウスに入る。ここで鍋焼きうどんを頂いたのだがこれがとっても美味しい!
070303_5
注文を受けてから強力な火力で煮ているので出来上がった直後はグラグラと煮立っている、卵は出来る直前に入れるからちゃんと半熟、それに餅入り巾着、舞茸、カマボコ、海老天、鶏肉と具沢山。衣が多い海老天だってタヌキの天かすだと思えば良い風味。スキー場のうどんとは思えない逸品でした!

お腹もいっぱい、30分程の休憩となりました。その後はやはり滑りはノンストップで中央、ダイヤモンド、国体、サンライズ、中森と移動しながら滑り続け、途中なんちゃってクロス(あまりにもなんちゃって過ぎて面白くなかった)やウェーブコース、(かなり角度のゆるい)テーブルトップ(飛んだ後スキーのトップを下げられず不恰好な着地になる)で遊んだりもしていました。
070303_6
短いリフト休憩(苦笑)の合間空を見上げると飛行機雲が良く見えました。空が飛行機雲が出来やすい状態だったのか、この日は良く飛行機雲を見かけた。あまりに綺麗だったので何とかリフトから撮影、飛行機の形も結構分かる写真が撮れて少し嬉しい。

そんな事をしながら本当にもうどうにも足が動かなくなりかけた午後4時前、何とか無事宿にたどり着く。いやもうブーツを脱いで普通に歩くだけで足が震える状況。夜は温泉三昧にする予定だったので後の事は全く考えずに足を酷使しました(馬鹿)

チェックイン後夕食前に温泉(内湯)に行く。湯船につかると・・・シミルシミル!流石は強酸性の温泉、疲れきった体を容赦なく刺激します(笑)私が入る時に丁度一人上がりその後はずっと私一人、誰も居ないのをこれ幸いと風呂場で色々ストレッチやらマッサージを繰り返す。あがる頃になって何処かの団体様が入ってくる。

風呂から上がると夕食、夕食は5時半から。一人旅の悲しい時はまさにこの食事の瞬間です。特にスキーとなればどのテーブルも最低限2人、どっかの団体様だと10人以上だったりもする。その辺は流石に宿の人も考慮(?)してくれたのか隅っこのあまり目立たない席を取っといてくれた。
070303_7_1
食事は和懐石みたいな感じ
070303_8
上品な味付けでとても美味しかったです。量は似非ダイエッターの私が食べて少し多いかな(満腹以上食べ過ぎ未満)と言う感じだったので一部男性には不満があるかもって所。

食後は外湯巡り、どうしても蔵王に来たかった理由の一つがこの外湯巡り、野沢でも草津でも私はこの外湯めぐりが大好きで必ずします。まずは川原湯からスタート。行ってみると誰も居ない・・・7時は早すぎたのか結局最後まで誰も入ってこなかった。川原湯は下がすのこになっていて下からお湯が湧き出るとても楽しいお風呂。お湯は確かに刺激的だけどこんな感じだったかな?と少し疑問に思うマイルドさ。

次に上湯に向かうとこちらは熱い!そしてかなり刺激的!そうこれが蔵王の外湯だ!こちらも入った時は誰も居なかったけど直ぐに2人ほど入ってきました。

当初予定では二箇所位にしておこうかと思ったのだが湯がかなり違ったので、これは同じ条件で確認しなければと言うことで下湯にも行くことにした(馬鹿)下湯には2人ほど先客が居て、入った瞬間は上湯≧下湯かな?とも感じたのだが先客が出て少しすると刺激がきつくなる。

結果は
上湯≒下湯>川原湯
と言う感じでした。

そんなお馬鹿な満足感を得て宿に帰ると8時半過ぎ・・・おかしい何でこんなに時間が経っているのだろうか?予定では8時前には戻ってくるつもりだったのに(つかり過ぎ)

宿に戻ってからはあっという間に沈没、9時過ぎには就寝。朝から長く非常に疲れた一日も夜は日頃の寝不足に耐えられずとっても早かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »