« 祝☆赤福販売再開! | トップページ | 誤読誘導ニュース »

日帰り温泉

三連休初日、おもいっきり寝坊して当初予定していた事が出来なくなってからはひたすら引き篭もりな堕落した生活を送っていて、これではあまりにも三連休が勿体無い!という事で最終日の今日は日帰り温泉の旅に出て来ました。

行き先はかねてから行きたいと思っていたのだが中々行けなかった新野地温泉 相模屋旅館です。

早速ナビに目的地を設定してGo!と思ったところで問題発生、検索で目的地が出てくるのにナビがルートを設定してくれません!?なぜだろう?と少し考えている内に温泉の情報思い出した。旅館の前の県道30号線、一応名目上は冬季閉鎖らしい、ただ宿までは宿が独自に除雪を行って通れるようになっているらしい。そう言えばこのナビ12月に丸沼に行った時も、金精道路の冬季閉鎖情報を元に絶対にルート設定してくれなかった、クリスマスまでは通れる道なのに・・・確かに冬季閉鎖の道を勝手にルートに設定したら困るのだが、通れる場合もあるのだから、無理にでも設定出来る様にして欲しい、二度三度の確認画面が出ても良いからね。何も言わずに無条件に蹴られると理由が分からなくて困ってしまう!

閑話休題

まぁ適当に手前の国道を目的地として改めて出発!旅のお供はiPodに入れたニコニコ動画!(笑)

途中の磐越道も以前より対面通行区間が減っていてかなり快適に高速クルーズ、でもなるべく燃費良く。そんな感じで県道入り口までは全く道路上の雪の問題もなく到着、で県道に入った途端この素晴らしい圧雪路。
080211_1
対向車も殆どなく気持ちよくスノードライブを楽しんでいる内に旅館に到着、早速温泉に移動。日帰り客には男女それぞれ内湯1野天1の二つの温泉に入れる。まず内湯に行くのに少し長い廊下を下る。野天風呂はそこから外の木道を更に下る(女性は上る?)
080211_2
ここから源泉の噴気が二つ見え、かなりの勢いと音がしていて見た目も楽しめます。少し歩くと正面に簡単な丸見え脱衣所とお風呂が現れます。
080211_3_2
まさしく露天より野天と言う言葉が相応しい佇まいです!流石に吹雪とかだと入るのに躊躇われそうな造りですがね(苦笑)今日は天気が良かったのでまったく問題なしで早速湯につかります。
080211_4
泉質は単純硫黄化水素泉、近所の土湯温泉と同じ感じですね。非常にしっかりした硫黄臭と湯の花が温泉らしさを演出します。もちろん完全掛け流しなのでお湯への文句はなし、風景も素晴らしいです。だらだらと出たり入ったりを繰り返してから最後に内湯に移動。気分的にはそのまま裸で移動したいのだが、途中で女性とすれ違う可能性もあるし宿の人に怒られそうだからズボンだけはいて移動・・・おっさんや爺さん達は気にせず裸で移動していましたけどね(苦笑)
080211_5
内湯の外観はこんな感じ、見事に年季を感じさせる板張りの小屋である。
080211_6
中も実に質素な造りであちこちに隙間があって非常に風通しが良さそう。内湯とは言えここも吹雪の時には危険を感じそうな場所でした(苦笑)

気がつくと1時間半ほど経っていて日帰り客の時間を過ぎていました(汗!)

そんな感じで久しぶりにゆったり温泉で雪見風呂が出来てよい気分です、そして体は非常に硫黄臭いです(^_^;;

|

« 祝☆赤福販売再開! | トップページ | 誤読誘導ニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/40092503

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り温泉:

» 土湯温泉 [土湯温泉]
土湯温泉 [続きを読む]

受信: 2008/03/03 05:51

« 祝☆赤福販売再開! | トップページ | 誤読誘導ニュース »