« 初夏の大阪、奈良、京都旅行 二日目(前半) | トップページ | 生存報告 »

初夏の大阪、奈良、京都旅行 二日目(中編)

だらだらと書きつつようやく二日目の中編です。

お昼は祇園の町家を改装した旬菜ふれんち 祇園 キャレドミューです。
080518_12
まず外観、本当に町家です、ここにフレンチレストランがあるなんて言われないと気がつきません、と言うか食べ終わってお店から出てきてもここで食べたのか疑問に思う程です(苦笑)

中に入ると外観からは想像できない内装に圧倒されます。一階のテーブルに案内されて先ずは飲み物のオーダー、しおりさんは白ワイン、私は何をとち迷ったのか梅酒・・・なんでフレンチの店で梅酒なんて頼んだのだろうか>自分

さてまずパンと前菜
080518_13
次が温冷スープ
080518_14
冷製パスタ
080518_15
メインは私はイベリコ豚(たしか・・・)のシチューを選択
080518_16
そして鯛茶漬け!www(これも選択)
080518_17_2
口直しのソルベ
080518_18
そして盛り沢山のデザート!!
080518_19
どれもこれもとても美味しかった!その中でも特に強く印象に残っているのは、鯛茶漬けとデザート・・・www

いや本当に鯛茶漬けが美味しかったんですよ、それにデザートは色々あって満足だったし何よりティラミスが凄かった!私は今まであまりティラミスを美味しいって思った事なかったんだけど、これは違った明らかに今まで私が食べたティラミスとは別物!どうやら私はティラミスと言うデザートと誤解していたようです。

この手のお店は一人では来られないのでしおりさんのチョイスに大感謝です。ネットとかで京都のお店を探すと結構フレンチのお店が多いんですよね。

さてお腹も満足した後は祇園界隈を少し歩きつつオリジナル文具のお店裏具へ向う
移動途中お祭りの行列を見かける
080518_20
何か普通のお祭りと違って神輿(?)を白装束の人が運んだり、裃を着た人達が続くし、
080518_21
神職を乗せた人力車が最後尾を締めるという何とも不思議な行列でした
080518_22_2
でどうやら京都ゑびす神社の例大祭並びに神幸祭だった様です。この日は本当に市内のあちこちでお祭りを見かけました、京都の街に根付いた歴史の深さを感じられる一コマでした。

この行列を眺めているとすぐ近くに舞妓のお仕込みさんがいました!あまりしっかり見る事は出来ませんでしたが(当たり前)とても可愛い子でした、辛い修行を乗り越えて素敵な舞妓になって欲しいものです。

さて目的地の裏具ですが、恐ろしく分かり難い立地です。
080518_23
表通りから狭い路地に入るので知らないと確実に迷います、と言うか知っていても迷いそうだし、何より元お茶屋だったと言うお店は、非常に入り難い雰囲気を醸し出していました。それでも買い物を終えてお店を出た所で、別のお客さんとすれ違ったし、これで商売が成り立つのだから京都って凄いですね。

いい加減写真が多すぎたので、ここらで中編終了です。

|

« 初夏の大阪、奈良、京都旅行 二日目(前半) | トップページ | 生存報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/41460104

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の大阪、奈良、京都旅行 二日目(中編):

« 初夏の大阪、奈良、京都旅行 二日目(前半) | トップページ | 生存報告 »