« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の14件の記事

夏の京都、四十九日と納骨式 (後編 )

慌ててお店に電話しつつ京都駅に戻る。何とか十分遅れの18時30分に現着!話を聞くと今シーズン初めてのこのイベント、参加者は実は私一人でした・・・

本当は夕食を食べてから参加するつもりだったのだが、結局間髪を入れずに案内の方とマンツーマンのツアーに出発です。

このミステリーツアー、コース及び内容はその時々、参加されているお客を見て内容を決めるらしい、若しくは希望があればなるべくそれに添う形で行うらしい。

けど今回は今年初めて、客は私一人、という状況なのでガイドさんも色々確認しつつ回れるだけ回ってみようというスタイルみたい。

色々沢山話を聞いたけど、聞き過ぎて記憶から抜け落ちている部分もあるので回った所を箇条書き

東本願寺 京都の始まり、本願寺のいざこざ、鬼とは
高瀬川 秀吉について
六条河原 刑場跡
安井金比羅宮 縁切り寺 縁切り縁結び碑が凄い不気味
六道珍皇寺 鳥葬、葬送地、子育て幽霊
方広寺 再び秀吉について、かの有名な「国家安康・君臣豊楽 」の文字は本当に小さかった
鉄輪の井戸 丑の刻参りファイナル(私が貴船に行くと行った時から最後は此処!と考えていたそうな)

およそ2時間半じっくり回ってきました、まず自分じゃ行かない所ばかりだったので結構楽しい!ミステリーなのでそっちに話が偏るのはしょうがないけど。

これで予定の行動全て終了!本当に疲れた~ホテルにチェックインしてシャワーを浴びてバタンキューで夏の京都初日終了です。

二日目は本来の目的、祖母の四十九日の法要と納骨式

ゆったりとホテルで前日の暴飲暴飲を考慮して朝粥を頂き9時過ぎにチェックアウトしてお寺に向かう。今日も朝から強烈な日差しと蝉が煩いです。

10過ぎにお寺到着、既に両親も到着していました。法要は11時からなのでしばし親族歓談。

11時になって四十九日の法要が始まる。通夜葬式で見慣れたお経の本を持ちなるべく住職と一緒にお経を読む。

法要終了後いよいよ納骨。お墓に移動するとお墓の上にテントが張られて石屋さんが既に準備完了で我々を待っている。石屋が来ているので名前でも彫るのかと思ったのだが、手前の敷石を開けて袋に移したお骨を奥に入れてあっさり納骨終了。

一人一人お線香を上げて納骨式自体もあっさり終了。石屋さんは一体何の為にいたのだろうか?

一旦お寺に戻ってから、各自自家用車やタクシーを利用して会食を行う熊魚菴 たん熊北店 京都ハーヴェストホテル店へ移動。ゆったりとご飯を食べて全ての予定が終了。

会食終了後、両親と喫茶店にてお茶して、もう一泊する二人と別れ京都駅に向かい帰宅の徒に付く。

今回祖母が亡くなり久しく会わなくなっていた親族と再会し、改めて自分のルーツと言うか血の繋がりを理解し感じた。そして3回忌が終わる2年後まではこの間隔は維持されるだろう。しかし祖母という扇の要が無くなった今、3回忌を過ぎれば世代が一つ下にずれ親族間の繋がりも薄れる事でしょう。寂しくもあるがそれが自然な流れですね。

最後にあらためて大往生を遂げた祖母に数多の感謝の気持ちを捧げたいと思います。どうかゆっくりお休み下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の京都、四十九日と納骨式 (前編 )

祖母の四十九日の法要と納骨式に出る為にまた京都に行ってきました。先月は奈良での通夜、葬式で帰りに京都駅に寄っただけでしたが、それでも三ヶ月連続での京都です。

金曜日の夜発の夜行バスで移動、定刻通り7時過ぎに京都駅に到着。祇園祭もあと少しとなった夏本番の京都は朝から暑かった!それに蝉の大合唱が半端じゃなく喧しい!これは田舎であるはずの茨城より明らかに数が多く感じたのだが・・・

さて今日のメインは初挑戦レンタルサイクルによる京都観光!

以前から京都を観光するには自転車が一番便利だろうな~とは考えていたけど、それを実行するには至らなかった。今回ネットで宿を探している時にレンタルサイクル付きプランを見つけその存在を知り、検索の結果良さそうな感じだったので今回実行する事を決定!行く二日前くらいに(苦笑))

お店は9時開店なのでそれまでに朝食と風呂に入る事にする。

先ずは朝食。5月にしおりさんと行ったマエダコーヒーを再来訪。前回は前を歩くしおりさんについて行っただけだったので今一記憶が怪しい、案の定道を間違って遠回り・・・

本当は同じマエダコーヒーの明倫店に行きたいと思ったのだがこちらは10時開店と言う事で残念ながら無理でした。
080726_01
さて今回の朝食はクロックムッシュに前回と同じキャラメルティー、なんでコーヒー専門店で紅茶を頼んでしまうんだろうか?(苦笑)
080726_02
一旦蛸薬師通まで上がった訳ですが、風呂屋は六条なので蝉の大合唱の中少し下る。着いたのは白山湯六条店

普通の銭湯だけど土日祝日は朝7時からの営業。京都駅からは少し歩くが銭湯なので料金はタワーホテルの地下に比べてお得。

しっかり湯につかりたいところだが此処で体が温まったら全く汗が引かなくなるので殆どシャワーのみで済ませる。

汗が引いた所でサイクリングに向け服を着替える。やはり直射日光が洒落にならないので速乾性の長袖インナーをきてその上にTシャツ。借りる自転車がマウンテンバイクなのでサドルはスポーツ車用だろうと考え、パッドつきのインナーパンツを履いて七分丈のズボン、頭部の保護に水の揮発熱を利用して少し冷えると言う冷感バンダナ、後は塗り残しがない様に日焼け止めを塗りたくる。

準備万端になった所で再び京都駅に戻る。今回自転車を借りたのは京都サイクリングツアープロジェクト(KCTP)折角なので一番良い車種(MTB キャノンデールF400)を選んでみた。

この時点で行き先をちゃんと決めていなくて、暑いので涼しいと思われる北(嵯峨野方面、鞍馬貴船方面、大原方面)に行こうとだけぼんやりと考えていた。

お店の人と話しながら貴船まで上れますかね?と質問するとこの時間なら大丈夫ですよ!と体力的な質問をしたはずだが微妙にずれた答えが返ってくる。それでも色々話している内に何とか行けそうな気がしてきたので、行き先を鞍馬寺と貴船神社とした。

まずは鴨川に出てから北上開始!
080726_03
鴨川には一応サイクリングロードが設定されていたけど、殆どが石畳(?)と土を硬く踏み締めただけ。まぁMTBだったので一応問題ないけど今一な感じ。ロードバイクでは走る気にならない道ですね、ロードの場合堤防外の車道の方が快適でしょう。

強い日差しを浴びつつ、高野の分岐を過ぎ、上鴨神社への分岐で鴨川に別れを告げていよいよ山道です。

少し上った所で京都産業大学前を通過。何て言うかえらいところにありますね大学・・・駐輪場が大学の外にあったのだけど、バイクバイクバイク・・・大量の原付に単車。ここでは必需品みたい・・・

ここで早くもペットボトル一本目を消費したのでコンビニにて補給。中身を凍らせているのと普通のスポーツ飲料、それに一応補給食のカロリーメイトに塩分補給用の干し梅を。

準備万端になった所で再度アタック開始!

ギアに関しては流石はMTBと言う感じ、フロント22-32-44T、リア11-34Tはロー側にすればどんな坂でも簡単に登れます!歩くよりマシって位の早さですが・・・低い方が34Tまであるのは良いのだが、幅が広すぎてギア一段変更したときのギャップが激しくて一段変速しただけでいきなり足が空転しそうになることがしばしば、この辺はちょっと使い勝手が悪いですね、まぁ幅広いギアの選択とのトレードオフと言えばそれまでですが、もう少し抑えた方が良いな。

そんな感じでおよそ一時間で鞍馬到着、駅脇に自転車を止めて鞍馬寺参拝。
080726_08
道路から本殿までは九十九折参道の坂を歩くかケーブルカーを使うか。流石に自転車で此処まで上って来て更に歩く元気はなく、またケーブルカーにも乗りたかったので迷わずケーブルカーを待つ。

15分間隔で運行され、乗ってみると想像以上の急坂を一気に進みます。距離は短いけど一気に上っているのがよく分かる。これは乗って大正解!
080726_04_2
ケーブルカーを降りて最後の急階段を上りきるとそこに本殿金堂。
080726_05
参拝を済ませて下る途中、休憩所で冷しぜんざいを頂く。疲れた体に甘いものが染み渡わたる。
080726_06_2
下りは折角なので九十九折の道を歩いてみる・・・膝にとっては下りの方が良くないんですけどね。

駅まで戻って来た所で駅前にバンで移動販売していた洛北シューアイスを購入。何が特徴なのかは今一良く分からないけど美味しく頂きました。
080726_07
ここで一旦貴船口まで下り道、結構な坂なので全くこぐ必要なく進み、あっという間に貴船口到着。途中で出町柳行きの叡山電車を撮影。
080726_09
さて再び上り道です。貴船口の駅前には浴衣を来た若いカップルが沢山いました。何かイベントでもあるのだろうか?と思ったけど、単純に浴衣で貴船の川床を楽しみに来ているみたい。

鞍馬もそこそこ観光客がいましたが貴船の方が圧倒的に多い、特にカップルや若者のグループが沢山います。そんな人達も駅からえっちらおっちら歩いている脇を先ほどと同じく歩くよりは早い、と言うスピードで追い抜いていく。

川床のお店が見えたらもう直ぐ貴船神社です、ここら辺から自転車を止められる場所がないかな?と重いながら上っていくのですが、中々良いところが見つからない・・・結局奥宮まで行った所でバイク沢山止まっている端っこに駐輪、徒歩で神社まで下ります。
080726_14
時間は13時少し前、お店にも神社にも人が沢山。本殿のお参りに列が出来ていてびっくり!しかも綺麗に二列で列が作られみんなカップルか偶数のグループだったので、一人で並んだ私は微妙に居心地が悪かった・・・
080726_10
参拝を済ませたら貴船名物(?)水占い
080726_11
単に水に浸せば字が浮かび上がるだけですが、水の神様らしいと言えばらしい演出です。内容は肝心の恋愛の所が悲しいので即効結びつける、ついでに空いているペットボトルに御神水を汲んでおく

さて貴船は水の神様と並んで縁結びの神様でもあるので、切実な願いを結び文に書き記して結社に結ぶ
080726_12
まぁ縁結びと同時に丑の刻参りでも有名な所ですがね(苦笑)

さてお参りも済ませお昼をどうするかと思案する。折角この猛暑の中来たのだから川床で食事がしたい、でもどんなに安くても3500円位から、普通は6000円以上・・・偶の贅沢だから出来なくもないのだが、ふと一人で川床にいる姿を想像するに侘しさが溢れる。結局川床は何時の日かリベンジするとして歩きながら見つけたカフェ(貴船倶楽部)にて抹茶パフェを食べる(食事じゃなくなっているし・・・)
080726_16
貴船を15時くらいに出発、下り坂を車に追いつきながら気持ちよく一気に下る。涼しいと言われる鞍馬や貴船だがこの猛暑の中ちっとも涼しいとは思わなかった、しかし上賀茂辺りまで下ってきて地面からの照り返しの酷さに辟易する。山間が涼しいのではなく市街地が暑すぎるのだ!

ここで五月にしおりさんから教わった鎌餅の大黒屋さんに向かう。ついでに京都在住の友達にもいきなり電話してみる・・・留守電か、微妙だな

注文すると穏やかな御主人が丁寧に鎌餅を一つずつ詰めていく。
080726_15
会計を済ませるところで友達から電話、自宅に居るようです、お茶するくらい出来るそうです!という訳で友達の家の近所にて待ち合わせる事に。

鎌餅を手土産に二月振り(苦笑)の再会。何かえらく味のある喫茶店にてつらつらとお話、あっという間に18時。実はレンタルサイクルショップの企画で毎週土曜日の夜にガイド付き京都サイクリングツアー真夏の夜のミステリーツアーとか言うものがあって、朝の時点で申し込んでました。そしてその集合時刻が18時20分に京都駅、現在18時過ぎで場所は寺之内通大宮・・・流石に15分で京都駅に戻るのは無理がありました。

あまりにも長くなったので此処で前半終了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行ってきます!

日曜日に祖母の四十九日と納骨式があるので京都に行きます。

とりあえず明日の土曜日はレンタルサイクルを利用して灼熱の京都を散策してこようと思います。

では行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震!!

今結構洒落にならない揺れが来た!

速報では青森で震度6弱らしい
震源は少し遠そうだが茨城でこれだけ揺れたとなると規模は大きいのだろうか?

最近本当に地震が多いね・・・

追加

震源地は岩手県沿岸北部で震源の深さは約120km、地震の規模はM6.8
http://www.jma.go.jp/jp/quake/24003700384.html
震度も6強になっている。

いや震源120kmは深いね、道理で揺れが長く強く揺れた訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車に乗る為の小物達 その2

昨日のひざ周りの日焼け跡がまるでサポーターの様に見えます、そしてお風呂に入ると痛い・・・

さて買った物をひたすら並べる記事第二段です。今回は取り敢えず納車後結構直ぐに買い足した物達です。

ライト

納車日の夜早速試し乗り(会社帰りに引き取って来たので)した。ライトは以前に友達から貰ってほったらかしにされていた単三乾電池x4仕様のハロゲンライトを装着。そこそこ明るいがどうも照射距離、範囲とも今一、それにバッテリーの持ちも最低(3時間位)

そう自転車を買った時の日記には書き忘れていたが、今回の自転車購入にはメタボ対策のダイエット用と言う理由もかなりのウェイトを占めている(社交ダンスも最近は少しマンネリ気味&特定の相手と組んでいる訳ではないのであまり運動量が増えない)。そんな訳でなるべく週末だけではなく平日でも帰った後、夜乗れるようにしておきたかったので、取り敢えず自転車用LEDライトとして比較的流通している中で一番明るいと言われているキャットアイHL-EL520を購入、ライトについてはその後変動もあるのでまた別記事で。
El520

サイクルコンピューター

軽く近所を走ってみて最初に思ったのが、走行距離はどれ位だったのだろう?今のスピードは何kmだろうか?と言う事。やっぱりスポーツバイクに乗るからにはその辺の情報があった方が色々楽しい。それにダイエット目的ならば心拍数も計れたほうが良い、ケイデンス(自転車のペダルの回転数)も分かった方が色々便利!

と言う事で色々情報を調べていたのですが、帯に短したすきに長しって感じで今一良いのがない、そんな中ちょうどキャットアイから新製品が発売されていました。

CC-TR300TW V3、これは混信に強い2,.4GHzデジタル無線式でスピード、心拍数、ケイデンスのトリプルセンサー、お値段も今までの物に比べるとお得!と言う事で早速購入。
Tr300tw
ネット購入でしたがこの時既に最安値のお店では品切れ、他に探すと最安値程ではないけどそこそこ良いお値段で購入できました。数日後に見るとそこでも品切れ、それからはネット上で安値のお店では延々二月近く品切れが続いていた・・・ナイスタイミング!!

サドルバック

サドルの下につけるバックですが、通常パンク修理用品や工具類を入れておく為の必需品!(だと私は思う)

幾つか見て廻ったがサイズと形でTOPEAKウェッジパック Mを選択。実はこれにも幾つか問題があったのだが、まぁそれも別記事にて書ければ書きます。

携帯工具及び替えチューブとパンク修理用品

スポーツバイクは色々調整箇所があり、それらは大体アーレンキー(六角レンチ)で行うのでそれ用携帯工具。パンク時も先ずチューブ交換で済まして余裕がある時に修理を行うので替えのチューブとタイヤレバー等を購入。

ドリンクホルダーとボトル

自転車は良質な長時間の有酸素運動の為、定期的な水分補給は絶対必要!そんな訳でまぁ当たり障りのないMINOURAAB100-4.5ボトルケージに定番のPOLARの保冷ボトル(24oz)を購入。

取り敢えずこんな感じで走り始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

霞ヶ浦一周

CX900を購入したショップで定例の60km程度ののんびりライドがあったので、参加しようと申し込んだらショップの保険に入っていないと駄目で申し込み即契約とはならないので今回は無理との事。

なんか凄く悔しかったので霞ヶ浦一周の旅に出てまいりました(苦笑)

一応コースfunride7月号にあったのを参考にしたのですが、実際は結構行き当たりばったりで色々迷った(;^_^A

さて朝8時過ぎには出発するつもりだったのだが、案の定色々している内に時間は過ぎ結局9時20分スタートとなった。今日の朝時点での天気予報は晴れ!とにかく晴れ、真夏の陽射し!と脅かされたので、日焼け対策として長袖のアンダーシャツに半袖ジャージ、それ以外は日焼け止め塗りたくりとした。でも実際は素晴らしい曇天、そこそこ風が吹きかなりツーリング日和でした。

さて出発して直に霞ヶ浦名物(?)レンコン畑の脇を通過する。この季節の午前中は蓮の花がとても綺麗に咲いています。
080721_1
湖畔には釣り人が沢山いました、てっきりブラックバス釣りの人ばかりだろうって思っていたのだけど、それ以外にも鯉狙い(2、3本の置き竿は分かるが5、6本立ててる人がいて何だかなぁって感じ)やヘラ狙いの人も沢山居ました。それにタナゴ狙いと思われる方も結構いて新鮮な感じ、もしかしてブラックバス狙いは北浦の方に多いのかな?

途中小さい砂浜発見!
080721_2
一応砂浜もあるんですね・・・極少だけど

そんなのどかな湖畔を走っているといきなり砂利道突入!これがお役所仕事の成れの果て未整備区間ですね。少し進めば舗装に戻るかと思い直進して大失敗、全く戻る気配ないですorz

それでも一応は愛車CX900はシクロクロススタイル、32Cのタイヤで何とか進みます。少し進んだところでパンクしチューブ交換中のローディー発見。どうも初心者かつ初交換らしく難儀中、立ち止まり話かけたは良いが所詮私も初心者かつチューブ交換未経験。まったく役立たずであったが誰も通らない砂利道で話し相手兼相談相手を一時間強務めるも結局解決できずorz

携帯のGPS地図で確認する限り少し歩いて戻って街道筋に出れば何かしら店舗がありそうと伝えると、結局その方も諦めて歩いて移動してみるとの事でした。せめて私に経験があればもう少しマシな助言が出来ただろうに・・・

それにしてもこんな砂利道に突入するのは初心者のみらしく、一時間以上止まっていたのに全く他のロードバイクが通らなかったです。

さて無力感をかみ締めながらも再スタート。まだ砂利道は続くので湖畔は諦めて一般道路にて移動。ある程度進んで道が大丈夫そうになった所で再び湖畔へ。

さてそこへ再び砂利道突入・・・今度のも結構長く西浦右岸の基点地点ほんの少し手前まで砂利道が続きます。
080721_3
いい加減にしてもらいたいものだ。それでも何とか我が愛車はパンクもせず西浦右岸0km地点に到着
080721_4
ここで左岸に移動する。左岸に移動してからは特に問題はなく湖畔の道路を気持ちよく進む。たまつくりから霞ヶ浦大橋で左岸から中岸へ移動。本当に霞ヶ浦を一周したと言いたい場合多分ここで橋を渡ったら失格だろうな・・・

そして中岸を土浦駅に向かってどんどん進む、最後の最後でやはりいきなり道がなくなるトラップ発生!いい加減この辺を何とかして欲しいものです。

そんな感じで始めての霞ヶ浦一周、データは下記の通り

実走行距離 : 109.57km (一周+α)
実走行時間 : 4時間52分3秒
平均時速 : 22.5km/h
平均心拍数 : 142 (運動強度70%)
平均ケイデンス : 82
消費カロリー : 2101kcal

まだまだスピード足がないですね、そろそろビンディングペダルにしたいな~どれだけ効果あるのかな?それでもまぁCX900を買って二月ちょっと、初めて一日の走行距離が100kmを超えました!!!これから距離と時間何処まで狙えるようになるかな・・・

追記

夜になってびっくり!
長袖を着ていたのに結構日焼けをしている、更にその長袖の袖先とグローブの細い隙間が見事に日焼け、紐状に赤くなっていますorz

足もレーパンの下端から膝先まで帯状に真っ赤っか!どうやら膝周りは日焼け止めがしっかりついていなかったみたい。一日中曇天で3時頃に薄日が差しただけなのに・・・恐るべし夏の日差し、これで予想通り晴れ渡っていたらどれだけ被害が拡大したやら(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野から秋葉原

海に行くと言う予定があったのだが直近になってキャンセル・・・そんな訳で一日予定が空きました(正確に言うと前後の日も別に明確な予定は無いのだが、今日は予定があったためにダラダラ過ごさずにしっかり時間を確保していた)

そんな訳で久しぶりに秋葉原へ!ついでに御徒町の自転車屋でパーツやらウェアなども漁って来ました。

御徒町、アメ横で有名ですが自転車ショップが多いのでも有名らしいです。つくづく私はこの界隈に縁があるんだなぁ~って不思議な感じがします。意味不明ですか?それでは簡単に・・・

まず元々電子工作が好きで中学生の頃初めて行った秋葉原(電波会館、ラジオセンターラジオストアーラジオデバートラジオ会館には色々お世話になりました)、放送委員に入り今度は音響機器を買いに行った秋葉原(トモカ電気エフ商会、今は無きラオックス楽器館)、大学生になってパソコンを買いに行った秋葉原、漫画から大学で使う参考書社会人になってから必要になった専門書を買いに行った神保町、スキーに嵌った頃には御茶ノ水、コミケに行き出し同人誌を買うようになった頃に秋葉原はヲタクの街に変貌、社交ダンスを始めたらタキシードや燕尾服を秋葉原(岩本町の東京トリキン)で購入、その他西日暮里にショップが幾つか、そして自転車では御徒町。

いやもう本当にかたまっていますね、お陰でどうにも新宿やら渋谷それに恵比寿など一般的にお洒落な東急方面はさっぱりです。とことん縁が無いんでしょうかね・・・いや原宿には今は無きさだまさしのタレントショップ"A・WEEK"があったから一時期良く行っていたな(笑)

まぁ兎に角やたらに歩きなれた街です。御茶ノ水から神保町、秋葉原、御徒町、上野と歩くのは今でも大好きなコースですね。

今日は何時もとは逆に上野からスタートです。アメ横内のミリタリーショップで自転車用に使えそうなLEDライトを探したり、幾つか自転車を冷やかしつつ秋葉原へ。

で何時も通りまずアニメイトに行く(苦笑)とそこにはコミケカタログ・・・うぉ~すっかり忘れていました、もうそんな時期なんですねぇ~全くの予想外でビックリしました!!出ているからには買わない訳には行かず重いのは重々承知で購入。原稿に追われている知り合いの方々の健闘を祈ります(-∧-)合掌・・・

先程名前を出したラジオ会館、久しぶりに訪れたら更にヲタク化が進んでいました、そろそろ建物の名前を変えた方が良いかもしれませんね(苦笑)それに旧俺コンハウスの跡地に巨大なまんだらけが出来ていてビックリです。秋葉原は未だに変化を続けています。

久しぶりの秋葉原の〆はやはりとんかつ丸五!久しぶりの丸五は何時も通り美味しかった!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車に乗る為の小物達 その1

大きな買い物となった自転車な訳ですが、実は自転車本体と同じ位小物類(かなり大きい物もあるが・・・)にもかなりお金が掛かかっているのです・・・

そんな訳で初めてスポーツバイクを乗るに当たり色々用意した物についてつらつらと書いてみます。

まず自転車が納入されるまでに用意したもの(同時に買った物も含む)

ヘルメット
スピードが出るスポーツバイクに乗るからには必需品でしょう、ネットをうろうろしていると恥ずかしいから被らないとか言う人がいて信じられないです。安くてデカイ頭に会うのを探したらBELLのTRITONに決定、カラーはホワイト/シルバー。

グローブ
これも手の保護及び疲労低減の為にも必需品ですね、季節柄指が出るタイプで安くてパッドにある程度の厚みがあるのを探してPEARL iZUMiのメッシュ レーシング グローブに決定、カラーはブルー

フロアポンプ
スポーツバイクは空気を入れるバルブが一般的なママチャリの英式ではなく仏式な上に非常に高圧迄空気を入れる必要があるので専用のポンプを用意しないといけない。これはお店の人に薦められるがままにTOPEAKのジョーブロー スプリント

スタンド
スポーツバイクにスタンドを付けるのは大抵の人が嫌がりますが、街乗り仕様を考えるとやはりあった方が便利。ただ普通ロード向けには用意されていないから、クイックリリースに簡単に取り付け、外しが出来るBikeguyのQRスタンドを薦められる

潤滑剤
チェーンオイルですね、デリケートな外装ディレイラーのスポーツバイクではとても重要な消耗品。取り敢えず持ちの良さそうなスプレータイプで和光ケミカルのメンテルーブを選択

取り敢えず自転車が納車されて走り初めをした時に用意されていた物はこれぐらいでした。でも直ぐに色々必要になってどんどん追加されている・・・今なお現在進行形 (;^_^A

そんな訳で小物シリーズはまだまだ続きます(苦笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

上京

仕事で使用している測定装置メーカー主催の無料セミナーがあったので久しぶりに出張扱いで上京してきました!

目的地はホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

最寄り駅は浜松町、やたら見覚えのある都産貿を脇に見、ここをスーツ姿で通るのは凄い不思議な感じ(苦笑)等しょうもない事を考えつつ現地到着。

スーツで感じた事、クールビズってかなり普及しているんですね!電車で周りを見るとかなりの確率でノーネクタイ。田舎工場で車通勤しているとこの辺の感覚が全くおかしくなります。

セミナーは普段全く縁の無いような最新技術の話から、比較的自分の仕事に近い話までかなりしっかり時間をかけて行っていました。

会場のホテルは竹芝の直ぐ目の前、お台場を見渡す景色はとても素晴らしかった!必ずビッグサイトを確認してしまう悲しい性も確認・・・

さてセミナー終了後は折角東京に出てきたのだから、普段あまりあえない友達と食事でもしようかと連絡。品川勤務の友達と上野で待ち合わせる予定が、私が自転車ショップに寄り道したので御徒町に変更になり、適当にお店を探して何故か秋葉原に移動したりと変な行動をしつつようやくイタリアンレストレンで落ち着く。

久しぶりに会った彼はかなりお疲れ気味、色々情報交換しつつ23時過ぎに撤収、色々話せて良かったです。

そして上野駅に到着したのは終電20分前だったが、既に電車が入線していたので発車までまったり。定刻に出発した常磐線最終電車、取手到着直前に車内放送。終電が出る少し前に線路に人が立ち入ったとかで山手線及び京浜東北線に遅れが生じて、この終電に乗り遅れた人がいるから後追いで到着する取手までしかこない常磐線快速電車を待つとの事・・・

なんか去年の出張帰りの常磐線6時間半の悪夢が頭にちらつく・・・

めったに電車に乗らないのにこの引きの強さは一体何なのだろうか?まぁ何とか今回は20分遅れで発車したので良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ANCHOR CX900

さて昨日に続いて、今回は愛車紹介(ただし基本スペックのみ)です。

メーカーはANCHOR、ブリヂストンサイクルのスポーツバイクブランドで、その中のROADではないANCHOR SPORTと言う主に初心者向けのシリーズで、クロモリフレーム、ドロップハンドル仕様のCX900!メーカーの謳い文句は「伝統のクロモリのしなやかさと、フロントトリプルギアは快適ライドに欠かせない。ロングライドでこそ真価を発揮するツーリングモデル」

私の購入したのはフレームサイズが520mm、色はP.クールグレー、一応スローピングフレームであるがかなりホリゾンタルに近くクロモリの細いフレームと相まって気に入っています!

コンポーネントは基本的にSORA、SHIMANOが言う所の「ロードレーサーをもっと身近に感じてもらうためのロードコンポ」、簡単に言えば入門用セット。

まぁ私は全くの初心者であり他を知らないので勝手な感想になりますが、性能は多分十分だと思います。2008年モデルからは9sになっているのでその辺の不満も無いでしょう。ただ明確に不満なのがデュアルコントロールレバー(ST-3400)、他のグレードと違いこのSORAだけシフトアップレバーの形状が異なるのである。一応コンフォート系のポジションで扱いやすい様にとの配慮らしいのだが、下ハンドルを持ったときにシフトアップが出来なくてかなり不便(まぁ確かに下ハンドルを持つのはめったにしないから目的にあっていると言えばあっているのだが・・・)でもやっぱり上位機種と明らかに違うってのは気持ち良くない・・・

さて基本SORAと書きましたがクランクセットが違います、SORA純正だと50-39-30Tもしくはコンパクトクランクで50-34T。しかし実際に付いているのはSUGINO RD2T 48-38-28Tと初心者向けヘタレ仕様となっています。まぁ実際にヘタレなのでこの選択は結構ありがたいのかも知れません(苦笑)

タイヤは700X32Cのスリック、ここが2007年モデルの700X35Cブロックからの大きな変更点。シクロクロスとはいえ実際は街乗り仕様なのでこの選択は非常に良いです。実際に走ってみて更にもう少し細い28Cの方が更に良いかな?とも思います。

ブレーキはカンチブレーキ。実はずっとVブレーキとカンチブレーキの違いが良く分からなかったのです(いや今でもかなり良く分かっていないですけど・・・)そして効きが悪いのは前評判どおりですが、どうも片効きになり易く調整が難しい感じ・・・

そして重量が490mmサイズで11.6kg、520mmサイズでは12kg近くでしょうか?これはやっぱり重いですね。実は初めて手にした時は軽い!って思ったんですが、ロードバイクならアルミの入門用でも10kgを切る位、レース用だと8kg台が普通って状況では・・・まぁ今まで乗った事あるママチャリなんかに比べれば雲泥の差な訳ですが、上を知ってしまってので少し贅沢になりました(苦笑)

ダボ穴は前後にそれぞれ二つずつ付いています、これを上手く使えればキャリアや泥除けは簡単に付く可能性が高いですね!

大体こんな感じでしょうか?まぁ既に色々粗が見えてきていますが、それはそれとして結構気に入っています。まずはガンガン乗ってドロップハンドルの自転車に、スポーツバイクと言う乗り物に慣れていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車

最近買った大きな買い物その二です。

きっかけは何だったか覚えていないのですが、4月の中頃に急に自転車通勤をしたいと言う情熱が湧き上がってきました(笑)いや本当にどうしてそんな事を考え始めたのか自分でも全く分からないのだが、兎に角その無駄に熱い情熱にうなされる様に情報収集を開始。

ちなみに家から会社までは現在の通勤路で21km強、車でドアtoデスクでおよそ45分の通勤時間。距離が20kmを超えているのでロードバイクが選択肢として有力。そもそも大昔ママチャリ(シティサイクル)に付けられて一世を風靡し現在では主流になっている一文字ハンドル(古っ!!)が大嫌い(待ち乗り使用では人間工学的に構造がおかしいと思う)だったのとドロップハンドルへの憧れもあったので。

そうして右も左も分からないが主にネット上で色々情報収集をすると、今のロード系のバイクにも幾つか種類があることが分かった。先ずは圧倒的多数を誇るロードレーサー

23mm前後の細いタイヤに走る為以外の機能を極限まで削って軽量化を計った車体等が主な特徴でしょう。その中でも完全にレース特化したモデルやコンフォート系と呼ばれるツーリング向けモデルなど味付けは結構色々みたいです。素材はクロムモリブデン鋼(クロモリ)、アルミニウム合金、カーボン等があり、クロモリは重量の所為であまり使われなくなっていて、~20万位までのモデルではアルミが、それ以上ではカーボンが主流みたい。

次にシクロクロス

もともとはロードレースの選手の冬季トレーニングの一環で始まったとの事で見た目は殆どロードレーサーです。大きな違いは悪路も走れるように太いタイヤを履いていること。ロードレーサーが23mm前後に対して28mm~35mm位とほぼママチャリと同程度まで太くなっています。

次はスポルティーフ

ツーリング車であり、ロードレーサーにツーリングの為の泥除けやキャリア等を付けたのをそう呼ぶらしい。ただしこのジャンルは次にかくランドナーと合わせて現在では絶滅危惧種らしい。

最後にランドナー

まさしくツーリング車!非常にクラシカルな外見が日本一周とかにピッタリです。重い荷物を載せるための太いタイヤにキャリア、天候を問わず走る為の泥除け等長距離をじっくり走る為の条件が整っています。ただし既に書いた通り現在では絶滅危惧種。

とまぁ色々書きましたが結局コンフォート系ロードバイクかシクロクロスが選択肢となりました。ただ昨今の自転車事情を全く知らず、自転車そのものの機能についても今一理解出来ていない身では、あまり高い自転車を買うわ訳にはいかない(わざと高い物を買って後戻り出来なくすると言う考えもある)と思い10万前後の入門車と呼ばれる価格帯で情報収集を行う。

最初に書いた通り出来るかどうかは別にして目的は自転車通勤をする事、それに出来るならツーリングにも行きたいがレースには全く無関心と言う中で、通勤仕様だと待ち乗りメインとなり場合によっては歩道などを走る可能性(簡単に言うと段差越えがあるから細いタイヤだとパンクが恐い)や、雨上がりに走る場合を考え後付で良いから泥除けを付けたい(ダボ穴が欲しい)、ツーリングに行くならキャリアも付けたい(やっぱりダボ穴が欲しい)等々考えていると自然とシクロクロスが選択肢となりました。

しかもシクロクロス自体もかなり種類は少なく、お店に行く前には4車種程度に選択肢は減っていました。

LOUIS GARNEAU LGS-CT
GIOS PURE DROP
Bianchi Lupo
ANCHOR CX900

フレーム素材はLGS-CTとPURE DROPはアルミ、LupoとCX900はクロモリ
コンポーネントはLupoのみTiagraで他3車のSORAよりワンランク上の装備

やっぱり細身のクロモリフレームが格好良いと感じていたのでLupoかCX900が良いかなと思ってショップを見て廻ったが、時期が悪く(どうやら自転車業界は年末から春先までが買いシーズンらしい)どうもLupoは見つからない。CX900なら一週間で入荷しますよ!との言葉に乗って結局CX900を購入!

そしてGWが明けた翌週に納車と相成りました。そんな訳で遂に自転車を購入した事を書いたので、これから当分は自転車ネタが話題を席巻すると思いますが、軽く聞き流す感じでお付き合いくださいませ。

これが我が愛車CX900!!
Cx900_normal_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷蔵庫

京都旅行記をテレテレ書いていたので、日記という名のブログの更新がすっかりおろそかになった今日この頃、リハビリを兼ねてなるべく連続で更新できるようにしよう。

さてこの数ヶ月で大きな買い物を幾つかした、その一つが冷蔵庫。

今回買い換えた冷蔵庫は我が家の骨董家電三種の神器の一つであり、その稼動年数は四半世紀を超えていた(ちなみに残り二種は洗濯機と電子レンジ)しかしよる年波には勝てず、自動半解凍機能を装備した冷凍庫、(室温-数度)しか冷やせない冷蔵室とかなりな駄目っぷり。冬の間はそれでも何とかなったけど初夏の声を聞く頃には冷蔵庫では殆ど冷えない、と言う悲しい状況になりました。

だましだまし使用してきたけど流石にもう駄目だと覚悟を決めて、昨今メーカーサポートのただ働きで悪名が知れ渡っているヤマダ電機で購入。

大きいのを買うべきかどうか悩んだ訳(と言うか本当は大きいのが必要になった時に買うつもりだったのが、そんな状況にはならなかったのでここまでひっぱることになってしまった・・・)ですが結局255lと小さいのを購入。

改めて新しい冷蔵庫に物を入れるとこんなに良く冷えるんだ!と感動しましたね(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の大阪、奈良、京都旅行 三日目

ようやく三日目、最終日です。これだけの事を書くのに一体どれだけ時間をかければ良いのやら・・・反省

さて大阪で迎えた三日目の朝、この時点では三日目の予定はまだ未定、起きてから考えようって感じでまったりまったりです(苦笑)

あまり遅く帰るのも嫌だったので、軽く大阪の街を歩くか、それとも京都まで戻ってから少しぶらつくか等々考えた挙句、しおりさんからアドバイスを参考に中之島界隈の散策をする事にしました。

仕事に出かけるしおりさんFinal氏と共に出発、本当に何時もお世話になっております。

さて最初の目的地は北浜レトロ
080519_1
レンガ造りの非常に情緒溢れるビルにある本格的英国風喫茶室です。開店直後に入ったはずなのに店内には既に優雅な平日を過ごすマダム御一行様や近所のOLと思われる制服の二人組、本を優雅に読みながらティータイムを楽しむ人など結構な人出です。

さて私が頼んだのはお昼前だけど迷うことなくアフタヌーンティーセット!
080519_2
しおりさんにかなり量があるよ~と脅されていたのでちょっとビクつきながらも注文。確かにケーキがかなり大きかったけどそれ以外は結構食べられる量でした。まぁ女性には確実に多そうでしたが・・・それより気になったのが他のテーブルで頼んでいたサンドイッチ!こちらは遠目で見ても量が明らかに凄かった!!

店員さんのユニフォームもとてもシンプルで可愛かったし、お店の雰囲気も良く、紅茶もスコーンもとっても美味しくて大満足です。お昼前には店内満員、私以外に男性客がいないってのが何とも言い難いですが、結構そんな場所に慣れている自分が不思議(苦笑)

そんな訳でお腹いっぱいになった後は中之島界隈を散策、ちょうどお昼過ぎになったので近隣のビルで働く人達が一斉に食事に出てくる風景は普段田舎工場で働いている身には結構新鮮でした。あの中に入りたいとはあまり思いませんがね・・・

中之島界隈には北浜レトロビルヂング以外にも沢山の歴史的建造物が散在しており、ゆったりと散策するには非常に良い所でした。まぁ一人で歩いていると良い気持ちと侘しさが一緒に味わえます。

そんな感じでゆったりとした後は特に目的地も無かったので帰りの新幹線に乗る為に新大阪に移動。新大阪でお土産屋を漁っていて赤福発見!!!

おぉすっかり忘れていたけど赤福復活していたんですよね!もう見つけた瞬間嬉しくて即お買い上げ!自分用に良い土産が出来ました(笑)

そして新幹線、平日だし3時頃と変な時間だから大丈夫だろうと自由席で買ったのですが結構沢山乗っていてビックリ、京都ではもう座れなくなっていました。

そんなこんなで無事に茨城に戻ってきました。本当に盛り沢山な予定と、新たな体験が出来て楽しかった。既に書いていますけど祖母の最後の元気な姿を見る事が出来て本当に良かった。

また京都大阪に遊びに行く時には是非お付き合い宜しくお願いします。茨城に来る機会があれば全力でおもてなし致します!(ってそんな機会は無いだろうなぁ・・・)本当に今回は色々ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の大阪、奈良、京都旅行 二日目(後編)

何と言うか、間に祖母の話が挟んだとは言えずるずると七月に突入です。

鶏頭なのでもうかなり記憶がおかしくなってきていますので、なるべく簡単にまとめたいと思います。それでも何かおかしかったら、あぁ頭が不自由なんだなぁと哀れんでやって下さいませ。

祇園を後にして向ったのは西陣方面

しおりさんのお友達が奇しくも当日独立して営業を始めるという事で、お祝い用のお花を注文し、その後あまり歩かない今出川から千本通りを上がったり下ったりうろつく。

凄かったのが引接寺(千本ゑんま堂)

入り口でやたら迫力のあるレプリカの閻魔像が出迎え、その奥には本堂。そして裏手には沢山の石仏と卒塔婆供養に使われている小さい流れるプール(?)他に観光客もおらず、3時を過ぎて日が傾き始めた頃合、その澱んだ水には幾つかの卒塔婆が浮いている・・・

恐いですよ!供養したならちゃんと卒塔婆引き上げましょうよ!いや冗談抜き雰囲気が出過ぎ・・・

気分を切り替えてマカロン好きのしおりさんが行った先はMAGASIN DES FRAISESお店はとても小さかったですが、非常に可愛い感じのお店でした。

その後は関東人になじみの深いとげ抜き地蔵ならぬ釘抜地蔵
080518_24


境内には奉納された釘抜きと八寸釘(でかい!)が所狭しと貼り付けられています。物は仰々しいですが、先程の千本ゑんま堂とは違い穏やかな空気が流れています。何故か此処で先程しおりさんが購入したマカロンを頂く。美味しゅうございました。

どの移動中だったか忘れたが良い感じのお香のお店があったのでちょっと寄り道。中村商店大体私がお香を買うと白檀になるのですが、今回は香伝(白檀合わせ)を買ってみた。焚いてみた所白檀それだけより、柔らかく爽やかな感じがします。

そんなこんなで移動しながらしおりさんは目的のお友達にご挨拶!

全く前もって連絡していなかった様で、お友達の驚き様が素晴らしかった(笑)流石はしおりさんです。

その後堀川通に移動したのだが、堀川通にでる直前、凄く見覚えがある風景が目に入る。えっと何だっけ、何でこんなに見覚えがあるんだっけ?と頭に?マークを三つも四つも浮かべたまま移動するとそこには裏千家の茶道資料館・・・

あぁ家のお墓が直ぐそこだ!(苦笑)

父方は日蓮宗大本山妙顕寺の塔頭久本院の檀家。

そんな訳で不思議な縁でお墓に来てしまいました。此処まで来てお参りしないと言う選択肢はありえなかったので、しおりさんに無理言ってお墓参りに付き合っていただきました。

幸いにも過去何度か来た事もあるし、直近で去年にも来ていたので細かい場所や用具の借り方等大体分かっていたので、問題なくお参り終了。本当に狙った訳でもないのに不思議な縁でした。

今月末には祖母の納骨の為に再び訪れる予定です。本当にお見舞いのタイミングといい、お墓参りのタイミングといい、何かの導きでもあったのでしょうか?

さて予定外のお墓参りを済ませたら結構な時間でした。慌てて本日大阪方面でイベントに参戦されていたFinal氏達と合流すべく本日の出発地点直ぐ近くのんまいへ移動。

え~っと、もう何食べたか忘れました(苦笑)美味しかったのと楽しかったのは覚えています。

さてしっかり飲み食いした後は大阪に移動です。今夜はFinal氏としおりさんの好意に甘えて泊まらしてもらいました。大阪についてから水春

たしかこれで水春に来るのは三度目だったと思う・・・何で大阪の温浴施設に三度も来ているのだろうか?(笑)

沢山歩いて疲れた体をしっかりほぐし疲れを取って長い一日が終了。色々案内してくれたしおりさんには本当に大感謝、何時もとは違う京都を堪能できました。是非またお付き合い下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »