« ヤングサンデー休刊 | トップページ | 実走行距離と自転車に乗る為の小物達 その3 »

戸田橋花火大会と自転車

昨日は毎年恒例の戸田橋花火大会でした。

例年なら車か電車で茨城から参加していたのだが、今年は違う!そう私はCX900と言う足を手に入れた、一応何とかと言うレベルだが100kmも走った!これなら行ける筈と言う事でペダルを漕いできました。

まずはルート検討。茨城から埼玉へは今一良い道がないのは以前から知っている、但し車の場合だが。自転車の場合交通量の多い国道は基本的に避けたい道である。交通量は程々だが道幅にゆとりがあるのが最適、なのだがそんなのは地図を見ているだけでは良く分からない。

色々ネット上で検索しているとオダックス埼玉イベントで今年の1/20に行われたアタック霞ヶ浦と言う200kmのブルベ (BRM)で使われたコース図が見つかった。

ブルベで使用したコースなら多少距離を稼ぐための回り道とか道路の混雑を避ける為に回り道とかするだろうけど、基本的には自転車で走り易いコースを選んでいるだろうと勝手に理解して、茨城から埼玉(特に水海道から川口までの区間)へのルートを参考にコース決定!

集合は17:30に戸田公園駅、一応時間にゆとりを持って12時出発しようと考えていたのだが気が付いたら13時・・・orz

まぁ初っ端からグダグダになってしまったが何とか出発!

茨城を出て千葉に入る(野田市は千葉県の盲腸のように飛びだしている)位までは問題なく順調に進む。利根川を渡り野田に入った頃で大体走行時間で1時間くらい。ここでコースが大きく迂回して利根川の堤防上のサイクリングコースになるのだが、いきなり此処でペースダウン。暑さのためか最初に調子に乗って走った所為なのか、堤防の上で急に風を受けた所為なのか、とにかく足が回らない気持ちものならないと悲惨な状況。

それでも何とかケイデンスを維持できる様に頑張りつつ堤防を後にして野田市の中心部に移動。
080802_1
さて野田と言えば醤油で有名なキッコーマンのお膝元です。地図で見ても彼方此方に本社やら倉庫やら工場が散在しています。街を走っていると醤油の香りがするようなしないような・・・

江戸川を超えていよいよ埼玉です。ちょうどこの辺で走行時間が2時間になったのでコンビニに立ち寄って休憩。このお店にはイートイン様のスペースが用意してあったのでエアコンの効いた涼しい店内で食事が出来て嬉しかった。

しっかり休めたので再び走り出す。越谷に入って越谷市立総合体育館前を走るとちょうどインターハイの剣道会場だったみたいで沢山の学生がいて道もちょっと混雑していました。そして何故かここの信号で痛車と並ぶ、しかも三台。

何かのオフ会だったのかな?ちょうど信号の並びと言うか人の流れが多くて、進んでは止まり進んでは止まりを繰り返し結構な時間併走。いや立派な葉鍵系な痛車でした(苦笑)

越谷を抜ければ川口、大分馴染みのある地名が目に付く様になりアタック霞ヶ浦のルートが終了。後は記憶を頼りに適当に戸田橋方面に向かう。

なつかしの蕨を通過、まさか蕨を自転車で走る日が再び来るとは思いませんでした。蕨までくればもう目的地は直そこ。

そして待ち合わせ場所に到着!時間は17時半!

出発が遅れたことが良かったのかまさに時間通りの到着でビックリでした。
080802_2
もう会場までの道は人でいっぱい
080802_3
そしてお約束の人が佃煮の様だ・・・(何か微妙に間違っている気も・・・)

何時も場所取りをしてくれる友人。年々有料席が拡大されて見られる場所が減少している中、終に今年は危険区域ギリギリの所になりました。1m先は此処から先立ち入り禁止のロープです。

そんな素晴らしい場所で見る花火、8号玉、10号(尺)玉になるとほぼ真上で花が開きます、もう首が痛い痛い(苦笑)

花火が終わっても其処は会場最前線、皆直には帰ろうとしません・・・いや帰れません。なにせ奥の奥なので手前にいる人達が帰らないと道がない。という訳で何時も以上に終了後ものんびりとお話。

結局23時近くなってから撤収。駅に戻る頃、電車の終電がギリギリと言う人が現われる。私も電車で来ていたら既に危ない時間、でも今日は自転車、危ないのは終電じゃなくて自分の体力。

駅で解散後、友達と外環浦和近辺まで一緒に移動。さてここからどうするかと地図を確認すると直近くの道から行きに通った道に繋がっている事が分かったのでそのルートで決定。

帰り道は回り道と思われる道は全て最短距離で行くことに。時間は0時を過ぎ車通りは殆どなくなっているのでどの道を走っても凄く快適、日焼けも気にしないで済むのも嬉しい(日焼け止めを塗ると何か皮膚呼吸が妨げられている気がする)やっぱりこの季節は明るいライトさえあるなら夜走るのが気持ち良い。

茨城に入り残り30kmくらいでコンビニ休憩。此処まで快調だったのだがやはり疲れが溜まっていた様でこの休憩の後めっきり足が回らなくなる。お尻も大分痛くなって来て段々走るのが辛くなってくる、それでも走らないと帰れないのでひたすらペダルを漕ぐ。

そんなこんなで苦しみながらも午前3時過ぎに無事帰宅!走行データは以下の通り

走行距離 走行時間 平均速度 平均心拍数 平均ケイデンス 消費カロリー
行き 76.9km 3時間48分 20.2km/h 149 79 1768kcal
帰り 65.5km 2時間55分 22.5km/h 138 76 1136kcal
---- -------- -------- -------- ---------- ---------- ---------
合計 142.4km 6時間43分 21.2km/h 2904kcal

トータルで142.4km走ったとは言え、殆ど勾配のない平らなコースで、行きと帰りの間には6時間近くの休憩を挟んでいる事を考えるとまだまだな結果ですね。スピードもケイデンスもかなり今一、心拍数はやはり日中の暑い日差しの中を走るとどうにもならないですね。

200kmのブルベチャレンジは当分無理かな・・・

|

« ヤングサンデー休刊 | トップページ | 実走行距離と自転車に乗る為の小物達 その3 »

コメント

おーつかれさまでした。
帰りは10キロも短縮できたんですね・・・
よかったよかった。

投稿: 主夫 | 2008/08/05 00:17

行きのコースは結構大きく迂回していたので
それを真っ直ぐ行ったらこうなりました。

あと+10kmがなくて助かりました(苦笑)

投稿: だっくす | 2008/08/07 01:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/42055209

この記事へのトラックバック一覧です: 戸田橋花火大会と自転車:

« ヤングサンデー休刊 | トップページ | 実走行距離と自転車に乗る為の小物達 その3 »