« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の16件の記事

七味唐辛子とふりかけ

会社の社食では常時ふりかけが二、三種類タッパーに入ってソースやドレッシングと一緒に置いてある。それを適当にご飯の上に振り掛ける。

何時も通りふりかけを取る時、何気に何時も(普段は大体のり玉)と違う鰹節メインの様な物を何も考えずにスプーン一杯ふりかけて席に付く。

で席に着いた瞬間刺激臭が鼻につく
・・・
ん?何処からだ?
・・・
目の前のご飯からだ・・・

タイトルでバレていると思うが鰹節のふりかけだと思ったそれは七味唐辛子だった・・・orz

何とかならないかと考えたが、かなり粉末になっていてしっかりご飯に付いていたのでどうにもならない、覚悟を決めて食べる事にした。

かっ辛い!喉が痛い!汗が止まらない!

何とかおかずと味噌汁で誤魔化しながら食べきりました!残したら勿体無いお化けが出てくるからね~アオバのもったいないダンスだったら楽しいのですがwww

その後お腹が痛いです・・・いや本当になんでこんなあほな事したんだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三度目の正直!

土曜日は秋の空気が流れ込んできてとても涼しいサイクリング日和でした。

そんな天気に誘われてサイクリング、行き先は過去二度の挑戦を退けられた(苦笑)不動峠!

不動峠に向う途中のサイクリングロード脇には秋桜がとても綺麗に咲いていました
080927_1
また曼珠沙華も凄く鮮やかに咲いていました
080927_2
そして稲の刈り取りが終わって少し寂しい田圃の向こうに挑戦を待ち受ける(違う)筑波山と秋の空
080927_3
さて今回のチャレンジにあたって過去二回の失敗の教訓を生かし一応作戦を立てた。その内容は淡々と上る事www

いや過去の失敗の大きな要因は初めの頃に無駄に頑張ってあっと言う間に疲れてしまい途中で回復も出来ずに止まってしまうパターンだったので・・・

そんな訳で上り始めたら直ぐにどんどんギアを落として行き後はケイデンスを60~80程度で維持し、ひたすら無理をせずにくるくる回す。途中でスピードが10km/hを切ってきても気にせずなるべく楽にペダルを回す。

作戦の効果が大きいのか?黒姫でポジションを治したのが良いのか?気温が涼しくて助かったのか?それとも大分坂に慣れてきたのか?

多分全ての複合効果だろうが、あれだけ苦労した坂がかなり楽!まぁ前より楽とは言えいっぱいいっぱいなのは変わらないけど、三度目のチャレンジにして何とか上まで休まずに上れた!時間は22分掛かっていますがねwww
080927_4
不動峠からは風返し峠に抜けてから筑波山口へ下るルートでまわって来ました。

本当に気持ちの良い秋晴れの一日、無事不動峠チャレンジも出来て良い感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな一日

今日はさっさと仕事を終わらせて7時くらいに帰ろうと考えていた筈なのに、会社を出たのは10時過ぎ・・・

帰り道スタンドに寄りガソリンを入れる、レギュラー1リットル155円か少し安くなったね。

何時も通り全てのガラスをしっかりふいて道路に出るとフロントシールドに雨粒・・・さっきまで全く降っていなかったのに・・・まぁ直ぐやみましたがなんか悔しい

家に着いたら玄関前に蜘蛛の巣・・・畜生なんで今日に限って何時もよりも広範囲に巣を張るんだ!

まぁそんな感じでようやく週末です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはぎと言えば

今日は秋分の日と言う事で何時も通り出勤日orz

でも親会社はカレンダー通りの祝日・・・

何度も言っているが子会社だけ出勤日にするなよと(ry

そんな悲しい今日この頃、帰りのスーパーでおはぎを購入、お彼岸ですしね。

そしておはぎと言えば
4592132882
ソコツネ・ポルカ

紀名さんのおはぎ美味しそうなんですよね~
やっぱりおはぎは手作りが良いね!

でもちょっと無理だったのでスーパーのもので我慢です
あんこ少し水っぽいけどね(笑)

おはぎのお供は焙じ茶♪
少し幸せ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬことクモ

家に帰る途中と言うか目の前の角を曲がろうとしたら道のど真ん中にぬこが一匹・・・

まったくどく気配がありません

ギリギリ近づけば逃げるかと思い慎重に前に進めるも全く逃げない・・・

勘弁して下さい、もう少し野生を取り戻して~

家に帰るとこの時期の何時もの様に蜘蛛の巣が凄い事になっている、まぁ歩く場所には掛かっていないからそのままにして置く。

しかし二重三重にはられている巣は凄いね、ただこれでちゃんと獲物が採れるのか不思議?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MEGAドン・キホーテ

この週末は実家に顔出していました。

祖母の葬式などあったので毎月の様に顔は会わせていたけど、実家に行くのは少し久しぶり。

その実家、近所の長崎屋がMEGAドン・キホーテになっていてビックリでした。何処かニュースで聞いてはいたけど実際に長崎屋がドンキになっている姿は何かシュール(笑)

ちょっと中見てきましたが食品売り場はまだスーパーの名残があったがそれ以外はカオス?・・・まぁ本家のドンキのカオスに比べれば全然ですが・・・

これからどんどん全国に展開していくんですよね~この試みは成功するのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイクリングキャンプ 三日目

黒姫サイクリングキャンプも三日目最終日です。

この日は黒姫から野尻湖、タングラムスキーサーカス経由で斑尾高原までと言うスキー場めぐりの様なコース。斑尾で昼食後タングラムまで来た道を戻りそこから妙高温泉へ抜けて終了。

距離で言えば40km弱の短めなんですが、野尻湖から斑尾まではひたすら上り、激坂は無いがそこそこの斜度が延々と続きます。雪の無い季節にこんなスキー場に向う坂を自転車で走るとは思いもしなかったですね、走りながら傍目には馬鹿に見えるんだろうな~なんて疲れた脳で考えていました(苦笑)
080915_1
昼食時は相変わらず自転車が凄い事になっています。

まったりとした後は先程上ってきた道を一気に下る。

あっと言う間に分岐点まで戻りました、あの苦労は一体何だったのだろうか?と分かっていても自問自答したくなるほど、(感覚的な)予想以上に距離は短かったみたいです。

後は温泉まで再びヒルクライム!・・・

坂を上りきった先に目的の温泉、妙高・山里の湯宿 香風館に到着です。

ここで一部の方はそのまま自走で黒姫に戻って帰宅すると言う事でお別れ。

私は勿論温泉につかって行きます。お湯は掛け流しの単純泉、まぁそんなに特徴のあるお湯でないですが露天風呂がとっても気持ち良い。

温泉から宿まではサポートカーではなくて宿のバスでした!!至れり尽くせりで恐縮してしまいます。先にサポートカーで一部の自転車は宿に送っていたので、残りはバスの後部座席に乗せてあって何か笑える。

宿までの道はやっぱりひたすら上り・・・う~ん自走組は此処を嬉々として上って行ったのだろうか?坂を見ると直前まで走っている側の人間だったのに車に乗った途端その気持ちが切り替わっていて何か変・・・

宿に戻ってバスから自転車を降ろすのを手伝った祭、自分の自転車の重さを再確認、比較してみて改めて良く分かりました。本当に洒落にならないほど重く感じた。

皆さんの高級バイクはとにかく軽かった、特に女性のオーダーフレームなんて軽すぎて思わず笑ってしまう程軽い。改めてロードレーサーを購入しようと心に誓った黒姫最終イベントでした!

後は自転車を車に積んで帰宅、途中三連休最終日の夕方と言う事で関越の渋滞に巻き込まれましたが、完全に止まる様な事は無かったの9時半頃帰宅。

勢いで申し込んだサイクリングキャンプでしたが本当に良い経験でした!また次の機会があったら積極的に参加してみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイクリングキャンプ 二日目

キャンプ二日目は一日をしっかり利用したロングライドです。目的地は新潟県上越市、直江津駅近くのお食事処 魚勢鱚やwww

出発地の黒姫高原で高度800m、目的地は日本海目の前の高度数m、高度差およそ800mを行きはひたすら下り続ける、帰りは延々上り続ける凄いコースです。

実走行距離 : 44.2km
実走行時間 : 1時間43分10秒
平均時速 : 25.7km/h
平均心拍数 : 111
平均ケイデンス : 72
消費カロリー : 472kcal

これが行きの走行データ、速度は隊列組んでかなり抑え気味に走っているのでたいしたことない。注目する点は心拍数、平均で111しかない!途中で見たときでは85なんて数値もありました。心拍数が85なんて安静時の値です!本当に楽でしたがその分帰りは上るのかと先の不安も感じていました。
080914_1
さて目的地は満員御礼、10分待ちと言われてジャージレーパン姿の二十数名が店の前でたむろう
080914_2
置いたバイクが放置自転車の様でちょっと悲しい。
10分と言われた待ち時間、結局30分くらい待ってようやく入店。店の中を見るとかなり席は空いている・・・これは客捌きが間に合わなくなってわざと入店を遅らせたのですね。
080914_3
単品メニューが美味しそうだったので、烏賊のお造りと赤魚の煮付けで定食にしました。烏賊好きなので烏賊は外せません、それに中々作れない煮魚、特にメバルや赤魚は最高ですよね!

お腹がいっぱいになった所でいよいよ帰ります。勾配がきつくなり始める途中の道の駅新井までは全員で走行。そこで一部の人はサポートカーに退避して残りは山登り開始です。

幸いにも上る高さは結構あるけど、距離も十分ある為斜度的には厳しくない、ただひたすら漕ぐのみです。

お店で待たされたのと、料理を食べるのに結構時間をとられた所為か気がつくともう夕方もいい時間。空を眺めると十五夜の月がちょうど昇り始めていました。思わず休憩で立ち寄ったコンビニで補給食として月見団子を購入、その場でお月見。

妙高高原ICを過ぎる頃には完全に日は暮れあたりは闇に包まれました。私は普段の夜練仕様のライトを装備していたので全く問題なしでしたが普段夜走らない人達はかなり困っていましたね。

そんな暗闇を走っていると道の脇に凄く良い雰囲気の神社発見!ちょうどお社のお祭りだった様で真っ暗闇の斜面に続く参道が提灯の明かりで浮かび上がるとても幻想的な雰囲気を醸しだしています。一人でサイクリングしていたなら即自転車を停めてお祭りに吸い込まれたと思われる程本当に素晴らしい光景でした。

その後は宿までのやや急な上り坂を一生懸命上る。気温がそこそこ良い感じに下がっていたので疲れの割には心拍数も上がらずに上っていけました。相変わらず目いっぱいに下のギアを使用していますが・・・

実走行距離 : 52.7km
実走行時間 : 3時間6分12秒
平均時速 : 17.0km/h
平均心拍数 : 130
平均ケイデンス : 70
消費カロリー : 1173kcal

帰りの走行データは以上の通り。スピードもケイデンスも遅いですね~心拍数は涼しいお陰でそこまで上がっていません。

それでも無事完走でしたのでよかった!これで少しは坂への苦手意識が薄らいだかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイクリングキャンプ 一日目

ネットで自転車情報を集めていたらとあるショップでサイクリングキャンプなるイベントを行っているのを発見。内容を確認すると黒姫高原で二泊三日、専門家によるポジション出しに実際の走行と結構楽しそう。

とりあえず気になったのでそのショップで自転車を購入していないのですが、参加できるのでしょうか?と問い合わせてみると、問題なし!との返答

そんな訳でこの三連休、雪のない黒姫高原に行って来ました!

オプションの前泊を選択したので金曜日、仕事が終わった後10時過ぎに出発、宿には2時過ぎに到着。こんな時間なのにわざわざショップの方が玄関でお出迎えしてくれました。挨拶をして指定された部屋に移動してそのまま就寝。

朝起きて同室の方と挨拶するとその方が窓を見てよと言う。何があるのかと思いきや
080913_1
むちゃくちゃ大きいスズメバチの巣が目の前に!!!

まさに巣作り中らしく色の違う部分がはっきり分かる状態です。宿泊施設としてこんなにでかい巣を放置して良いのだろうか?

閑話休題

初日は朝から参加者全員のライディングフォームチェックとポジション出し。一人一人凄く丁寧にチェックしてくれます。長い人では30分近く作業しています。その間次の順番の人はローラー台で体を温めている訳ですが30分もやっていると凄い汗、とっくに暖めると言うレベルではなくなっています(苦笑)

私の場合買った時からどうもポジションが良いのか悪いのかよく分からず、ショップの人に聞いても大丈夫ですよ、としか言ってくれないのでどうにも落ち着かない感じでした。

それがローラー台で走る姿をじっくり確認していただいた結果、サドルを目いっぱい後ろに引きその分サドルを少し下げると言う自分じゃ絶対に出来ないポジションに大きく変更。確かにこうすると今までより楽にペダルが踏めます!本当に目から鱗の驚き。でも本当は更に後1㎝くらい後ろにしたいらしいのだが現在のシートポストとサドルではこれで限界、今度縦長のサドルを購入してみましょう。とにかくこのポジションチェックだけでもこのキャンプに参加した意味があります。

ポジションチェックの後は変更したポジションの効果を確認する為にお出掛け、なんですがこの日は朝から雨、それでも3時頃には上がって来たので、遅くなったけど近場の野尻湖まで参加者全員でサイクリング。ここでこのキャンプの大きな特徴第二弾!なんとサポートカーが伴走!なので何か問題があったり調子が悪くなる事を全く気にせずに走りに行けます。
080913_2
さてそのサイクリングですが、まぁ最初から分かっていたことですが宿はスキー場脇、何処に行くにも一気に下り道、そして宿に戻る道は全て上り坂・・・距離は短くても延々と続く上り坂は結構つらいですね。

そんなこんなで一日目無事終了。夜は同室の人と色々お話して情報収集できました。食堂では飲みふけっているいる方々もいましたが私は翌日の為にそこそこの時間で就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走行記録と感想課題等

笠間の走行記録を載せ忘れていたのであらためて

公式距離 : 156.5km(茨城サイクリング協会 行事報告参照
実走行距離 : 154.0km(サイコン表示・・・少しずれるな)
走行時間 : 7時間48分(公式記録?)
実走行時間 : 6時間30分51秒
平均時速 : 23.6km/h
平均心拍数 : 159
平均ケイデンス : 80
消費カロリー : 3322kcal

あと初めての60km/hオーバーの61.9km/hを出して最高速度記録を更新しました!


さて走行時間ですが本当に時間いっぱい使っていますね、全く余裕がありません・・・

センチュリーライドはレースではなくサイクリングイベントであり、自分のスピードで気持ちよく、景色が良い所では風景を楽しめる余裕をもって走れるのが理想ですよね、はっきり言って程遠いな~

前から分かっていた事だが、今回沢山の人の走りを見て改めて私は脚力が足らない事を痛感させられた。特に坂でそれは顕著になる。

ロードバイクの標準のクランクは52-39Tですよね、コンパクトクランクでも50-34T、それに対してCX900は48-38-28Tとかなり小さいギアが用意されています。

で私はちょっとした坂でもあっと言う間にこの一番下のギアまで使い切る。そうなったら後はひたすら淡々と漕ぐだけ。後ろから高いギアをグイグイ踏んでいく方にあっと言うぶち抜かれる。

とにかくスピードが出ない、あっと言う間に疲れる、そして回復出来ない・・・

また平地でも隊列を組んでいるときに前の人がちょっと加速するとあっと言う間に千切られる・・・どうも漕ぎ出しの加速も悪いみたい(これは車重が重い所為もあるかも)

結局簡単に言えば脚が出来ていないんですね。まだ自転車に乗り始めて4ヶ月弱なのでこんなものなのでしょうか?これから乗り続ければ少しずつ脚も強くなるのかな?

それにしても初めからロードレーサー買っていたら多分52-39Tなんてクランクが標準装備だったのだろう、そしたら坂なんか全く上れなかったかもしれないな、そう言う点では初めにシクロクロスのCX900を買ったのは正解だったかもと思う。

さて今後の課題ですが先ずはこのセンチュリーライドだと実走行時間を6時間を切れるようにしたいですね。その為には何をするのが良いのだろうか?定期的なロングライド?それともインターバルトレーニング?まぁどれも大事なんだろうな。

出来れば来年の佐渡ロングライド210に参加したいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センチュリーラン笠間2008 (走行記)

朝5時に起きてもそもそ準備をし6時前に出発、駐車場誘導のトラップに引っかかったりしながら現地到着は6時45分位、受付&車検は6時半から7時半だったのでまぁいい時間です(実際は何か出発直前まで受付も車検もしていましたが)

新兵器を導入した結果車に自転車を立てた状態で乗せる事が出来ます!
080907_1
但しサドルがかなりギリギリですが(笑)
080907_2
本日のセンチュリーライド仕様の愛車CX900
080907_3
自転車の準備も終わり、受付と車検も無事終了。後は開会式まで暇しつつ事前にネットで知った、メイドさん学科自転車部のメイドジャージを着た方を探すが中々見つからない、きょろきょろしていると目の前をミク痛車が通過、この自転車何処かで見たことがある様な・・・ネットニュース上だったか、秋葉原だったか?

そうこうしているとメイドさんジャージの団体様発見!生ジャージ姿を拝見できました。自転車用のジャージって基本派手なので、あの会場ではぱっと見そんなに目立ちません。でも見る人が見れば分かる、メイドさんがしっかり自己主張しているデザインは素晴らしかった!

さて開会式の後は8時から順次スタート。ゼッケン番号(受付番号)順に10人ずつが1分おきにスタートしますので、私は8時43分スタート・・・とても暇・・・
080907_s
ようやくスタート順番になって待機列で呼び出しを受けると、10人いるはずなのに何故か6人しかいない少し寂しいスタートです!!

前半は非常に順調でした。途中自然に出来た大列車にくっついたり、信号で切れて気が付くと後ろに列車が出来て私が引いている状況に驚いたりしつつ、特に問題もなく第一チェックポイント到着。この時点では非常に元気でこれなら少し余裕を持っていけるのでは?と浮かれていたのだが、そうは問屋が卸さない。

10分程休憩して出発しようとすると雨粒がポツポツあたる。さっきまで晴れていたのにここで雨が来るか!?と思いつつ走り始める。少し走ると路面も濡れて来て水が跳ねお尻が冷たくなる・・・これは不味いと2週間前に学習し用意しておいた雨具を取り出す。先ずレインパンツを履いて出発、直ぐに足元も怪しくなって再び止まってレインシューズカバーをして出発、そしてまたまた直ぐに雨足が酷くなってレインジャケットと二度手間三度手間をかけてフル装備になって再々出発、その後あっと言う間に土砂降りになりました。

昨今話題のゲリラ降雨?と思うほどの雨の酷さに一応ほぼフル装備だった私も堪らず雨宿り、少し収まったかな?と思って出発するも再び激しくなり直ぐ雨宿り・・・ピークほどではないがまだまだ降り続いているが何の為の雨具だ?と自分に言い聞かせて再度出発。

徐々に雨も収まり再び太陽が出てくると途端に「あっ暑い!!」まだ雨が降っているのに太陽が出ると言うのは最低!雨具の下では太陽に熱せられて洒落にならない蒸し暑さなのに、外はまだ雨が降っている・・・

半端じゃない不快指数の中走り続けているとようやく雨が止み雨具を脱ぐ事が出来る。上着とズボンを脱いだ時の気持ちは最高、風って素晴らしい!

さてその雨具ですが、シューズカバーとパンツの効果は立派でした!お陰で湿ってはいるが以前の様に絞れるほど濡れた靴で走るのとはその後の走りへの影響は雲泥の差があります。上着はどうにも蒸れとペトペト感で微妙、それでも用意して良かったです。

さてこの辺から周りには殆ど人がいない独り旅が始まります。雨ですっかり気力が萎えている中何とか第二チェックポイントを目指して走る。後からスタートしているショートコースの参加者にも抜かれ始めます。

第二チェックポイントはショートコースのゴール地点とほぼ同じで朝の出発地点です。そしてこの笠間のイベントは最初の登録がフルセンチュリーでもここでチェックポイントに寄らずゴールすれば、ショートコースの完走認定が貰える。しかしチェックポイントでチェックを受けてしまうとフルの完走かリタイヤしか選択出来ません。

私はこの第二チェックポイントの足切り時間を自分で勝手に13時15分と決めていました。で実際に着いたのだ13時15分ちょうど・・・

どうしようかと本気で迷う。疲れてはいるが特に痛みや問題は発生していない、まだギリギリ間に合うかもしれない、でも疲れた、雨で気力も削がれた、でも走らないと後悔しそう・・・(1分程チェックポイントの係員の前で悩む)

行こう!

後半は前半より沢山のアップダウンがあるがとにかく行こう!

と覚悟を決めた筈なのに出発直後の坂を上っている途中、早速盛大に後悔する(苦笑)

そんな後悔をしながら坂を上っていると30分は先に出発しずっと前を走っていると思っていたメイドさんジャージに次々抜かれる??

不思議に思いつつ予想外のメイドさん臨時列車が走ったので頑張って乗ってみる・・・が、10分で千切られた・・・orz

完全に足が無くなって、平地で20~25km、坂道では10~15kmしか出せません。メリハリのある走りなんて出来ません、ただひたすらで淡々と再び一人旅。

第三チェックポイントが近づいて来た頃、何故か再び後ろからメイドさん列車が追い抜いていく(苦笑)しかし今度は列車に乗る事すら叶わず、あっと言う間に置いて行かれる。

14時52分頃、第三チェックポイントに到着。遠くで雷が鳴っているのが聞こえてきて嫌な感じ。ここで初めて休憩時にメイドジャージの方々とお話出来る。どうも色々人待ちをしたりしながらまったりと走っていたようです。私はその走り方ではどうやっても完走出来そうにないので、再びお別れで皆様先に出発です。

私も時間の余裕がないので15時には出発。

ここからは本当に周りで参加者を見かけなくなりました。たまに追いついても直ぐに抜いて離脱、逆に後ろから追いつかれるとえらい勢いであっと言う間に見えなくなる。あまりにも参加者を見かけないから時々コースがあっているのか不安になりました。

そして残り20km地点くらいで現れたコース内で一番長い(と思う)坂!本気でここで諦めようかと思った、永遠に坂が続くのではと思った。でも何とか足をつかずに上った、ケイデンス60、速度8km/hだったが、それでも止まらないで上った!ここの頑張りが最終的に完走に繋がったと思う。

この坂を越えた事で完走の目処がつく、決して楽観できるほどの余裕は無いが無理でもないと分かった。と少し楽観視していたら残り10kmくらいでまた坂に当たってめげそうになるorz

坂を下って平地に入ると少しテンションが上がってきて良い感じに走れる、すると何故か三度後ろからメイドさんジャージに抜かれる(笑)今度は信号待ちしているときに追いつかれたので最後の最後で再び列車に乗せてもらう。

で最後までそのまま行けるかと思っていたらそれは浅はかな思考だった。ゴール直前にかなりの坂が控えているの忘れていました・・・何か皆様は楽しそうにアタックしていきます、私はもうと言うか元々そんな足はないので一気にギアを落としてひたすら止まらない様に上る、そう淡々と上る。

後はゴールするだけ。先程思い思いにアタックされていた皆様が待っていて、しっかり服装を正して(掟らしいです)からゴール!!!

時間は昨日乗せた通り7時間48分でした!

本当にギリギリな感じですが無事完走です。諦めないで良かった!また少しの間ですが一緒に走って頂けた皆様もありがとうございました!大変でしたが楽しい時間を過ごせました。

反省点や思う所も多々ありますが、それはまた後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センチュリーラン笠間2008 結果速報

土砂降りの雨が降ったり色々ありましたが、ぎりぎりですが何とか完走出来ました♪
080907_f

洗濯やらメンテンスでもうこんな時間、明日動けるのか心配しつつとっとと寝よう
詳細は後日書きます、とにかく疲れた~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笠間前夜

いよいよ明日はセンチュリーラン笠間2008です!

この手のイベントは初参加なので色々準備でいっぱいいっぱい・・・
車に自転車を積んで出かけるのも初めて
何か忘れそうで恐いです(汗)

それと明日の天気予報、曇り後雨!雨の確率50%・・・
今朝より悪くなっているよ~(ノ><)ノ ヒィ

どうやら雨は避けられないようですが、
せめてぱらつく程度で収まって欲しいです、
そうでないと悲惨な事に・・・

取り敢えず目指せ完走!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマト使えね~

昼間の留守中に通販で購入したものが宅配便で届けられて、何時もの如く配送センターに持ち帰られました。

でここからが何時もと違う。以前は宅配便=宅急便と言う事でヤマト運輸を利用するお店が多かったのですが、ここ数年は企業努力の所為か佐川急便で送られてくる事が殆どだったのです。

佐川の場合、配送センターは少し遠いけど24時間稼動していて、電話を入れて何時でも取りにいけるので会社から帰ってきてからその日の内に荷物を引き取る事が出来ます。

で確かヤマトも以前はそうだった様な記憶があるのだが、今日届いた荷物の不在連絡表を見てビックリ!受付時間も営業時間も21時半までって・・・使えね~( `д´) ケッ!

しかも明日は出かける予定があり、再配達を家で待つのが嫌だからセンターに受け取りに行くのを選択したら、明日の14時以降にお願いしますと来たもんだ・・・使えね~(-_-メ)!

なんで同じセンターに取りに行くってのに14時以降じゃないといけないんだ?朝一で取りに行こうかと思ったのに・・・

昔はヤマト凄い!佐川最低!ってイメージだったのだが、これで一気に逆転です。まぁ私の利用方法が世間一般とはちょっと違う様な気もしますがね・・・頑張れ佐川!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイヤ変更

センチュリーランに向けて新兵器投入!
32c_26c
今一写真が良くないが、左がCX900標準の32C、右が今回交換したパナレーサーTourerの26C、そしてチューブは同じくパナレーサーのRAIRを奢ってみました。流石に32Cから26Cへ6mm細くなると見た目も大分変わります。

標準ホイールのリム幅は17mm、このページの下の表を参照すると25Cまでは使用出来ることが分かるが、まぁ流石に25Cはギリギリっぽいのでほんの少しだけ余裕をとって26Cにしました。

期待された効果はころがり抵抗低減によるスピードアップ、予想されるデメリットは乗り心地の悪化とパンク耐性の劣化。

で実際はスピードアップ・・・したかな~?今一ハッキリしません、ビンディングペダルに変更した時もそうだったが、どうも私は世間一般で効果があると言われているパーツを交換しても今一恩恵にあずかれていない様な気がするorz

逆にデメリットになる筈だった乗り心地なんだが、こちらは明らかに地面からの反応が柔らかくなり非常に乗り心地良くなりました?(・・?)ナゼ?

これがタイヤとチューブの持つ高い振動吸収性の効果なのだろうか?スピードの恩恵は未だに良く分からないが、この乗り心地の改善は予想外の素晴らしい効果でした!これでセンチュリーランの長丁場での疲れを少しでも低減できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のダンスパーティー

昨日は毎年恒例、何時もサークルを行っている教室の夏のダンスパティーでした。

今年はサークルの仲間では、ミニデモに5人、本デモに2人とまぁまぁ立派な人数が踊っていました。私は既に書いた通りお声が掛からなかったのでただの応援!

珍しく進行が押し気味でちょっと落ち着かないパーティーでしたが、開始15時で終了21時15分の長丁場を楽しく過ごせました。ちなみに会場はホテルで雰囲気はこんな感じ
080831
狙ってスローシャッターを切っているのでフロアで踊っているのが幽霊の様になっています(笑)

最近サークルにいけない事が多くてサボり気味でしたので久しぶりにダンスタイムで踊るのはとっても楽しかった!でもかなり体が鈍っているようで、頭が意図した行動と体が別なことをします・・・と言うか頭で考えられなくなって体に任せて動いたら余計におかしくなった?

やはり真面目に練習しないと駄目ですね、とりあえず当分自転車に嵌っているとは思うけど、11月にはサークル対抗の団体戦に出る予定なので少しは平行して真面目に練習しないと恥をさらす事になってしまう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »