« サイクリングキャンプ 二日目 | トップページ | MEGAドン・キホーテ »

サイクリングキャンプ 三日目

黒姫サイクリングキャンプも三日目最終日です。

この日は黒姫から野尻湖、タングラムスキーサーカス経由で斑尾高原までと言うスキー場めぐりの様なコース。斑尾で昼食後タングラムまで来た道を戻りそこから妙高温泉へ抜けて終了。

距離で言えば40km弱の短めなんですが、野尻湖から斑尾まではひたすら上り、激坂は無いがそこそこの斜度が延々と続きます。雪の無い季節にこんなスキー場に向う坂を自転車で走るとは思いもしなかったですね、走りながら傍目には馬鹿に見えるんだろうな~なんて疲れた脳で考えていました(苦笑)
080915_1
昼食時は相変わらず自転車が凄い事になっています。

まったりとした後は先程上ってきた道を一気に下る。

あっと言う間に分岐点まで戻りました、あの苦労は一体何だったのだろうか?と分かっていても自問自答したくなるほど、(感覚的な)予想以上に距離は短かったみたいです。

後は温泉まで再びヒルクライム!・・・

坂を上りきった先に目的の温泉、妙高・山里の湯宿 香風館に到着です。

ここで一部の方はそのまま自走で黒姫に戻って帰宅すると言う事でお別れ。

私は勿論温泉につかって行きます。お湯は掛け流しの単純泉、まぁそんなに特徴のあるお湯でないですが露天風呂がとっても気持ち良い。

温泉から宿まではサポートカーではなくて宿のバスでした!!至れり尽くせりで恐縮してしまいます。先にサポートカーで一部の自転車は宿に送っていたので、残りはバスの後部座席に乗せてあって何か笑える。

宿までの道はやっぱりひたすら上り・・・う~ん自走組は此処を嬉々として上って行ったのだろうか?坂を見ると直前まで走っている側の人間だったのに車に乗った途端その気持ちが切り替わっていて何か変・・・

宿に戻ってバスから自転車を降ろすのを手伝った祭、自分の自転車の重さを再確認、比較してみて改めて良く分かりました。本当に洒落にならないほど重く感じた。

皆さんの高級バイクはとにかく軽かった、特に女性のオーダーフレームなんて軽すぎて思わず笑ってしまう程軽い。改めてロードレーサーを購入しようと心に誓った黒姫最終イベントでした!

後は自転車を車に積んで帰宅、途中三連休最終日の夕方と言う事で関越の渋滞に巻き込まれましたが、完全に止まる様な事は無かったの9時半頃帰宅。

勢いで申し込んだサイクリングキャンプでしたが本当に良い経験でした!また次の機会があったら積極的に参加してみたいですね。

|

« サイクリングキャンプ 二日目 | トップページ | MEGAドン・キホーテ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/42529399

この記事へのトラックバック一覧です: サイクリングキャンプ 三日目:

« サイクリングキャンプ 二日目 | トップページ | MEGAドン・キホーテ »