« そうだ伊豆に行こう(一日目) | トップページ | そうだ伊豆に行こう(三日目) »

そうだ伊豆に行こう(二日目)

二日目は7時前に起床、朝食をホテルで食べ前日と同じく8時出発。

横浜から真っ直ぐ伊豆を目指すなら国道1号を走れば良いけど、折角なので鎌倉まわりで行く事にした。漕ぎ始めて直に膝に結構痛みを感じる、しかも両膝とも・・・坂道でやはり立ち漕ぎが出来ない、信号で止まった後の発進でも結構痛い・・・
081227_1
そんな痛みに絶えつつ、淡々とペダルを漕ぐとそれなりにあっという間に北鎌倉に到着。北鎌倉の駅に自転車で来たと言うのが我ながら非常に違和感を感じる(苦笑)

その後鶴岡八幡宮に行き参拝しようかと思ったが自転車を停める場所が見当たらず断念。その代わりに銭洗い弁天に向かうwww銭洗い弁天は過去に鎌倉に来た際必ず訪れていて、えらい坂の上にあるのを分かっていながら自転車で突っ込む。
081227_2
膝の痛みを抑えつつ何とか無事入り口に到着。中に入って3年前に買ったお守りを奉納してまた新しいのを買ってきた。次に行くのは何時だろうか?

駅前で補給食として(笑)鳩サブレーを買っていざ由比ガ浜へ!

由比ガ浜はさすがサーファーのメッカでして、このくそ寒い中海にはサーファー達がゴミの様(比喩表現)に大量に浮かんでいました。
081227_4
そして海岸を走る自転車の殆どに写真の様なボードを載せるオプションが装着、そしてビーチクルーザーが沢山走っていて中々見慣れない風景でした。更に海岸線と言うことで古い自転車たちは信じられない位錆びていて良くこれで走るなぁ~って状態の自転車も沢山見かけました。

そんな海岸を気持ちよく走っていると前方に素晴らしい富士山!!
081227_3
この日は一日素晴らしい天気で何処からでも綺麗に雪化粧された富士山が良く見えました。本当に美しかった!

この湘南の海岸線を走る道路は景色と言い走りやすさと言い最高でした。その所為か他にも沢山のローディー達を見かけました。皆気持ち良さそうに走っています。
081227_5
大磯からは小田原まで一号線の旅となる。途中一箇所だけ箱根駅伝ののぼりが立っていた。えらく気が早いような気もするが、正月にここをランナー達が走るんだ!と不思議な気持ちになりました。

小田原に1時過ぎ到着で昼食、ちょっと期待はずれ。
081227_6
ここからは135号で進むが、途中熱海で怪しい看板を発見!温泉地に秘宝館はある意味定番だが夢の熱海城って一体・・・(笑)この看板の右上に秘宝館が写っています。で熱海城はと言うと
081227_7
その向こう側の崖の上に経っていました!とにかく眺めだけは素晴らしそうな立地です。
081227_8
そんな怪しい風景を見つつえっちらおっちら漕ぎ続けると目の前にハトヤホテルが見えてきた。電話は4126(良い風呂)で有名なあのハトヤホテルだ!(関東以外でも流れていたのだろうか、あのCM?)もうまもなく伊東市の中心部です。
081227_9
膝の痛みに耐えつつ何とか4時半くらいに到着、もし伊東に宿を予約していなかったらきっと熱海、もしくは小田原でツーリングを切り上げていたと思う。なにせ当日キャンセルは100%だから勿体無いって気持ちもかなり強かったから(苦笑)

そんな二日目の走行距離はおよそ110kmでした。

|

« そうだ伊豆に行こう(一日目) | トップページ | そうだ伊豆に行こう(三日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/43561128

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ伊豆に行こう(二日目):

« そうだ伊豆に行こう(一日目) | トップページ | そうだ伊豆に行こう(三日目) »