« 明日私は | トップページ | そうだ伊豆に行こう(二日目) »

そうだ伊豆に行こう(一日目)

折角のお休みなので前から考えていた横浜の友達の所まで自転車で行こうと考える。

横浜まで行くなら更に西に足を伸ばそう!

さて何処が良いかな?箱根は流石に上るのが辛いか?三浦半島一周ならどうかな、気持ち良さそうだがどうせなら春とかに行きたいかも。伊豆半島一周・・・流石に距離があり過ぎる・・・

等々悩んだ挙句目的地を伊豆半島の先端石廊崎と決定!途中横浜と伊東で宿泊。

先ずは12月26日(金)の朝8時茨城出発!ネットで調べた前情報と自分が元々知っている状況から、出来るなら千葉県内の国道6号を通るのは避けたかったのだが、それをするとかなりの遠回りになり15時に横浜に着くと言う目標が厳しい。なので自転車向きではないのは承知の上で6号で行くことにした。

前日までの暖かさが打って変わって強力な冬型の気圧配置の元、強風と冷え込みに絶えながら走る。恐れていた千葉県内の6号も走り易くも無いが大きな問題もなく順調にクリアし11時前に浅草到着!
081226_1
年の瀬を迎えた浅草寺は一応平日でまだ午前中だと言うのに結構な人出でした。折角なのでお参りして行くかと仲見世を通って本堂に向かう。もう少しで本堂と言う所で目の前に飾ってあった巨大な松飾が強風に煽られメキメキ!と音を立てて倒れてしまいました!!
081226_2
見ると松飾の中心になって支えていた木がポッキリ折れているのが見えます。本当にもう後数歩前にいたらぶつかっていたかもと言う状況でびっくりでした。

そんな感じで無事(?)お参りを済ませた後、早めの昼食をとる為に浅草むぎとろへ移動。ここは平日の昼間だとむぎとろ食べ放題と言うプランがあるのでとろろ好きとしては是非行ってみたかったのです。
081226_3
入り口で千円札を脇においてあるツボ(本当にデカイただの壷です)に入れて中に入ると御飯ととろろ、それに少しの副菜(大根の煮物、卵焼き、漬物、味噌汁)が置いてありました。
081226_4
御飯はともかくこの大量のとろろは見た瞬間なんか笑ってしまいました。まだ昼前だったので巨大なすり鉢いっぱいのとろろが凄い迫力です。
081226_5
更にとろろのお菓子も付いてこんな感じになりました。あとはおかわりをしてひたすらとろろを食べる、ひたすらすする。

いやもうお腹いっぱい、こんなにとろろばかり食べたのは初めて(当たり前か)平日の昼限定なので中々チャンスは無いけどまた機会があったら食べに来たいです。

お腹いっぱいになった所で再出発!

・・・おっ、お腹が重いwww

明らかに食べすぎでした、強い前傾姿勢をとるドロップハンドルで食べすぎはきついですね(苦笑)少しヨタヨタしながら走り続けました。
081226_6
途中道路元標の日本橋を通過、そのまま銀座を抜けて横浜に向かったのだが、この日本橋辺りから銀座を抜ける頃が初日の走行ルートの中で一番最低でした。

まず道幅が広がった代わりに路駐がやたらに増え、さらにその合間を無駄に大量のタクシーがストップ&ゴーを繰り返す。各信号が各駅停車の様に赤信号になる等々

とにかく走り難い!疲れる、スピードが出ない!いや本当に最低な道路環境でした。

そんな感じで浅草までは非常に快適に走ってきて早ければ二時半前には到着するかな?と思ったのが結局ほぼ予定通りの3時着となりました。
081226_7
横浜に着いてからまずホテルにチェックインして自転車を輪行袋に入れて(ホテルに駐輪できる場所はなかった)部屋に収納してからお出かけ。

後は横浜の街をぶらついて御飯を食べて(時々意識を失っていました、すいません)ホテルに戻ってバタンキューです。

初日の走行距離およそ93kmで100kmもありませんでした。

|

« 明日私は | トップページ | そうだ伊豆に行こう(二日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/43560074

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ伊豆に行こう(一日目):

« 明日私は | トップページ | そうだ伊豆に行こう(二日目) »