« コスチュームカフェ22号店 | トップページ | BRM320埼玉300 装備編 »

BRM320埼玉300 走行編

先月の初ブルベチャレンジに引き続き、オダックス埼玉主催のBRM320 埼玉 300km アタック日光東照宮に参加してきました!

ブルベ二回目にして初の300kmチャレンジ!

翌日に行われるオダックス神奈川BRM321神奈川200km富士山一周も気になったのだが、現地までの行き易さや富士山一周の言葉の裏に坂いっぱいの影が見えた(笑)ので、日光は少し標高があるけど途中までは殆どまっ平らなので楽な筈と考え選択!新たなチャレンジにもなりますしね。

さてそんな300km初チャレンジの日、睡眠時間は1時間・・・

いや準備に色々とまどい本当は寝ないで行こうかとも思ったのだが、流石にそれはあまりに無謀だろうと考え無理やり一時間だけ寝て出発です。6時スタート組で5時半に川口に到着、ちょうどブリーフィングが始まったばかりだったので、受付もせずに慌ててブリーフィングに参加。

自転車を車から出して準備している内に車検が始まって順次スタートしていきます。

慌てて準備を終わらせて移動すると、メイドさん学科のたつきさんとひかりんさんを発見。残念ながらひかりんさんは体調不良でDNS(なのにしっかり走るスタイルでいたのは、部員たるものジャージを披露せねばならないと言う、部員の鑑のような行動だったようですwww)、たつきさんは別の知り合いの方が先行したとかで慌てて出発していきました。

そんな感じでほぼ6時ちょうどに埼玉の川口から世界遺産の日光に向けて出発です!
090320_0

* スタート~PC1
最初は家に帰るひかりんさんが先を走ってくれたので安心して走行出来ました。なにせ出発直後にEDGEトラップが発動して少しパニックになったので・・・本当にどうしてくれようこの腐れEDGE705・・・

途中でひかりんさんとは別れて(お付き合い本当にありがとうございました)後は一人旅、前回のBRM222でもそうだったが私はどうも集団走行が苦手の様だ。距離を走る時はある程度集団で走った方が楽だろうとは思うのだがどうにも・・・

川口から越谷を抜けて千葉県の野田市に入り利根川の土手を走り途中で川を渡って茨城県の坂東市に入る。ここまでは昨年の埼玉200kmBRMのアタック霞ヶ浦と同じコースでした。天候も曇り空で時々ポツポツと雨粒が何処からか飛んでくる様にあたったけど特に問題なし。土手の上では少し風が強かった。

8時頃から段々雨が強くなる、ちょうど50km位(の所だったので雨具装着のついでにコンビニでトイレ休憩。

微妙な降り具合だったけど、進行方向がもやに包まれていたし寒冷前線が通過するのは分かっていたので諦めて上下とシューズまでのフル雨具装備。

出発直後一旦やんだ雨が直ぐに本降りになり、この先1時間半程ずっと本降りの雨の中ひたすら漕ぎ続ける事になる。

既に記憶が怪しくてどの辺で雨が止んだか覚えていないが、多分小山市くらいだろう。雨具を脱ぐのもめんどくさいからPC1までそのまま走ることにする。

PC1は108.6km地点。いきなりの100kmオーバーで少し疲れました(途中でコンビニ休憩したけど)。ここでしっかりと昼食とり雨具を脱ぐ。睡眠不足ではあったけど体調そのものは結構良かったみたいで、途中途中でちゃんと補給食を食べながら走って来たのに、ここでかなりお腹が減っていました。この日は一日ずっとこんな感じで1時間おきに何かしら食べて栄養補給。つくづくブルベの様な長距離を走るにはエネルギーが必要なんだと、食欲がでないと多分長距離は走れませんね。

* PC1~PC2
いよいよ日光へのヒルクライムの開始です。PC1でしっかり30分以上も休憩をした後にまったりと出発。

序盤は大芦川沿いをゆったりと上ります。ここはお日様も出てきて穏やかな春の日差しの中、とても気持ちの良い川沿いの風景を眺めながら走れる素晴らしいコースでした。

気持ちの良いゆったりした上り道だったのだが、どうも足元からキシキシとストレスのたまる音が聞こえてくる、心なしかペダルが重い・・・どうやらチェーンのオイルがなくなったみたい。そう言えばPC1でオイルをつけている人がいたな~と思い出した。

どうにもストレスがたまるしこれから本格的に峠に向かうので、道端に自転車をとめてオイルをつける事にする。ぱっと見綺麗さっぱりオイルがなくなっている。その代わりに汚れがベッタリ・・・
090320_3
再出発!
・・・
走行感が全然違う!1時間半の雨の中の走行でチェーンオイルってなくなってしまうんですね。でもこれで気持ちよくヒルクライム出来ます!(本人の能力は無視でwww)

15km程川沿いを走行した後に川から離れていよいよ峠越えです。私はてっきり日光まではひたすら上り調子だと勘違いしていたので、BRM222に比べれば大したこともないアップダウンの存在にへこたれてましたwww

何とか峠を走り抜けるとそこに日光の街並み。凄い懐かしい風景です、少し進むと日光駅!
090320_1
(写真は駅名が白とびして自転車はつぶれていますね、所詮携帯ではこんなもんか)

日光には散々遊びに来たことがありますが自転車で来る日が来るとは思いもしませんでしたね!ってこの台詞いったい何回使っただろうか?これからも度々使うことになるかな?(苦笑)

人気が少ないJR日光駅で写真を撮り、観光客が溢れ帰る東武日光駅を通過して一旦大谷川を超えてから再び上り。

再び川を越えてさぁいよいよ東照宮!三連休初日で観光客が沢山いる参道を自転車で走る風景は何とも言えません。
090320_2
そんな感じで無事PC2に到着。

このPC1からPC2の間は腰が非常に痛かった!まだ折り返し地点、こんな状態で完走できるのだろうか?と言う不安を抱える程に腰が痛かった。それでも帰りは基本下り基調だから何とかなる筈と言い聞かせる。

* PC2~PC3
今回は完全な往復コースなので、今さっき通った道を戻ります。やっぱり東照宮の参道での観光客の視線が痛いですwww

先ずは前半の急坂の下り。行きに通過しているので道路のコンディション等が大体分かり、不安なく気持ち良く走り抜けます。道理で往路ですれ違った先行者の方々が凄いスピードで下っていった訳ですね。

行きに苦労した坂もあっと言う間に走りきり、再び川沿いの気持ちの良い緩やかな道に入ります。

ところがこの辺からどうにも脚が回らなくなります。いい感じの下り道なので脚を回さなくても適当なスピードで走れるのですが・・・疲れがたまったのか、いきなり廻らなくなった感じで、その理由も良く分かりません。

惰性で走りつつ何とかPC3(PC1と同じ)に到着。

日も大分傾き気温が下がり始めてきた所に、自力で走った訳ではないので体が冷えてしょうがない。これからはまっ平らな道を走るので、上りほどエネルギーを使う訳ではないけど自力で走るしかない(当たり前)

とりあえずカプサイシンでもとって体に渇を入れようと、キムチラーメンを食べ更に栄養ドリンクを飲む。

* PC3からPC4
ウィンドブレーカーを着込んでナイトランスタート。

カプサイシンと栄養ドリンク(カフェイン?)の効果があったのか、ただの気持ちの問題か、それとも単に脚が回復したのか、とにかく比較的順調に進めた。

夜になり景色も見えず、特に問題もなく淡々と走る。

PC4(往路は100kmPCなしだが、帰りは50kmに追加)に近づく頃から少しずつ冷たい風が吹き始める。

PC4に到着してコンビニで買い物して外に出ると一気に体が冷える。

寒い、寒い~

もう言葉はそれだけです。休憩していると体が冷えるだけですので再び栄養ドリンクを飲み早々に再スタート。

* PC4~ゴール
冷え切った体を暖める為に無理やりケイデンスを上げて心拍数を上げようとするのですが中々上がらない・・・普段ならちょっと気合入れれば、あっと言う間に150を超え160位まで上がるのに140程度にしかならない。何時もの練習ならちょうど良いLSDだ~なんて言えるのだが、この冷え込みでは洒落にならない。

そしてこの頃からお尻が痛くなる、お尻といっても大殿筋の方ではなくて臀裂の方・・・

このお尻の痛みを和らげる為に、そして無理やりでも心拍数を上げて体の代謝を上げる為、まっ平らな街中でちょくちょくダンシングを入れ全力で走行!(と言っても30km/hも出ませんがね)

そんな感じで走ると、今まで殆ど他の人に抜かれるばかりだったのが時々私が抜く様な状況になった(皆疲れているでしょうしね)。利根川の土手で真っ暗闇の中抜いた方に直ぐ後ろに付かれました。

無駄にダンシングし不恰好に走っていたのであまり嬉しくないな~と思っていましたが、信号待ちで女性の方だと分かって、これは引くしかないのかな?と頑張る事にした(いやそんな事なくても全開でしか走れない状況でしたがwww)

しばらく走ると何か後ろから聞こえてくる音が増えた気がし振り返ると更に3人増えて、しっかり列車になっていました・・・

なんでこんなヘタレが先頭引いているのだろうか?と自問自答しつつも全力で走るしかないので走り続けたのですが、後ろから聞こえる走行音に混じり盛大にラチェット音が聞こえる。しかも大体半分半分くらいの間隔で・・・

(下記内容は理由が判明したのと、私の思い込みと技術不足が明確になったので取り消させていただきます)
ちょっと待てや~!!こちらは無い脚を無理やり廻しっぱなしでこのスピードなのに、なんで半分漕いで半分お休みな状態で後ろに付いているんだよ!

そんなに余裕あるなら前を引けとは言わない、さっさと追い抜いて行ってくれ!!後ろからラチェット音が響くと煽られている様で非常に気分が悪いしストレスがたまる。しばらく走り続けるも抜く気配ゼロ・・・

そんな走行を続けると心が疲れてしまった。どうにもその3人組と別れたくて信号待ちの際に休憩する振りをして其の侭先行させました。本当は直接言うなり(もしかしたら私の勘違い的要素があるかもと言う不安があって言えなかった)スマートな先頭交代の仕方があるのだろうけど、私の直ぐ後ろは前述の女性だったし、集団走行になれていないのでその手段をしりません。

後ろに付いて一緒に走りたくも無かったのでしっかり前に行ったのを確認してから再スタート。後もう少しで300km達成だと言うのに非常に気持ちが凹む。それとも私が気にし過ぎだったのかな?集団走行に慣れている方いたら教えてください。

閑話休題

川口に入る頃から急に風が強くなり走るのが辛くなる。まぁそれでもやっぱり全力でひたすら走り続けて何とか日付が変わる前にゴール!!

無事300km完走です~

ゴール地点は凄い風でした、あまりの寒さに震えが止まりません!前回のブルベではゴール後にまったりを休みのんびりする余裕があったのですが、とにかく寒くて耐えられず早々に車に移動です。

そんな感じで初300kmチャレンジとなったBRM320、完走と言う目的を無事達成!

まぁ色々問題も分かってきたし、今後の予定をどうするかはじっくり考えてみようと思います。ダラダラとした長文へのお付き合いありがとうございました。

|

« コスチュームカフェ22号店 | トップページ | BRM320埼玉300 装備編 »

コメント

300Km走破おめでとうございます!
たぶん理由と問題は睡眠不足だと思う・・・

投稿: owa | 2009/03/23 22:32

こんばんは。
足跡辿ってきました。
たぶん不快な思いをさせたのは私だと思います。
普段はほとんど牽くばっかりで後ろに付くことはしないんですけど、ちょっと抜けない事情がありまして。

メーター不良で距離が判らず仕方なく仲間に前を走ってもらってたんですが、その仲間がハンガーノック状態で抜きたくても抜けない状態に陥ってました。
私も抜きたくてウズウズしてたんですけど、迷子になってしまうんでどうしようもありませんでした。
あともうひとり若干遅れていたのも飛ばして行けなかった理由のひとつです。

どちらにしろ不快な思いをさせたのは間違いありませんのでお詫びさせていただきます。
後ろに付きたくもないなんて言わずに今度お会いした時はずっと前牽かせていただきますのでぜひうしろ付いてください。

蛇足ですが、うしろに付かれて嫌なときや疲れた時等集団走行で前を変わる時は手信号で前に誘導すれば大丈夫です。

またどこかのブルベでお会いすると思いますのでその時はよろしくお願いします。

投稿: きゅーち | 2009/03/24 01:12

> OWA
いや確かに睡眠不足で帰りは辛かったが・・・(苦笑)


> きゅーちさん
こんな僻地ブログまでお越し頂いて申し訳ありませんでした。

やっぱり理由があっての行動だったんですね、
どうにも私はまだ集団走行に慣れていないので
どう対処したらよいのか分らなくて、無駄に溜め込んでしまいました。

あと後ろにつくのも非常に苦手でして、早い人の後ろだとあっと言う間に千切られ、
自分より少しでも遅いと地力もないのに前に出てしまいます・・・

この辺は今後もブルベを続けていくからには
ちゃんと練習して習得しないと拙いですよね。

ところで先頭交代のハンドサインですが、
あの時直ぐ後ろは結構いっぱいいっぱいになっていた女性でしたが
それでも私がサインを出せば更にその後ろに通じたのでしょうか?

こちらこそ変な愚痴で気分を害させてしまいまして申し訳ありませんでした。

また何処かのブルベ等でご一緒出来た時には改めてよろしくお願い致します。

投稿: だっくす | 2009/03/24 01:29

>それでも私がサインを出せば更にその後ろに通じたのでしょうか?

最終的にはコミュニケーションですね。
ブルベはレースじゃなくてサイクリングですからみんな仲間ですから。
辛い時や付かれて嫌な時は遠慮なく後ろに言っていいと思います。
今回は私がちゃんとコミュニケーション取らずに嫌な思いさせちゃったんですけど。。。
お前が言うなって言われそうですね(笑)

投稿: きゅーち | 2009/03/25 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/44424788

この記事へのトラックバック一覧です: BRM320埼玉300 走行編:

« コスチュームカフェ22号店 | トップページ | BRM320埼玉300 装備編 »