« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の12件の記事

まだ懲りないのか!?

こんなニュース(世論調査)がパッと目に入ってきた。

【産経FNN世論調査】首相にふさわしい…トップは小泉元首相

数々の改悪を行い現在の悲惨な国民生活の礎を築いたペテン師を未だに信じているのか!?たとえ11.1%とは言えトップとなるのが信じられない・・・

派遣労働を筆頭に数々の労働環境の悪化、散々話題になった後期高齢者医療制度の問題、ブッシュの犬として日本をメリケンに売り渡した事、全く意味不明かつ無駄に完遂させた郵政民営化等々、ぱっと思いつくだけでもこんなに悪行の数々が思い浮かぶのに一体あの口先だけ男の何にそんなに期待しているのだろうか?

確かに今、総理にこの人!と言う明確な人材は存在しないかもしれない、だからと言って明確に失政が結果として表れている戦犯小泉を、未だに名相扱いしている人達がこれだけいると言うのは・・・日本の将来は暗い・・・

まぁ民主になると売り渡す相手がメリケンから半島になってより一層悪化するだけの様な気もしますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM320埼玉300 装備編

かるく一週間が過ぎてしまったが、走行編と書いたからには別編を書かねばならぬと、今更ながらにBRM320で新規投入した装備について書いてみる。
090320_s_1

ハンドル周りが大分賑やかになっています(笑)

先ずはサイコン。EDGE705を信じられない&フリーズ対応の為に新たに導入。距離がわかれば良い(と言うかそれが非常に重要)ので有線式のCC-RD100N STRADAを選択!トリップ機能があって非常に便利、欠点はバックライトがないこと。何せ夜も走り続ける訳で夜になると全く見えないのはどうしようもないです・・・

で距離だけ分ってもコマ図orキューシートが読めなければ仕方ないのですが、これの設置が難しい。皆さん色々試行錯誤されているのですが、ひかりんさんが紹介してくれた方法が琴線に触れたので自分なりに作ってみました。
090320_s_2
出来たのがこれ。見ての通り巻き取り式で、同時に2コマから3コマのコマ図が確認出来随時巻き取るので見間違いが少ない優れもの!非常に便利だったのですが欠点も沢山あります。先ず容器の厚さがあまりなかった為100コマとなった今回のコマ図は入りきりませんでした。また簡単に巻き取り棒が廻るので途中から巻いても巻いてもバネの様に戻ってしまう事が多々ありストレスがたまりました。

また先のサイコンと同じ理由で夜間は全く見えません。今回はヘルメットにAKOray K-102を取り付けて対応したけど長時間付けっぱなしに出来るライトじゃないのでこの辺も含めて要改善です。

それにちらっと見えるEDGE705の外部電源。公称15時間の電池寿命となっていますが300kmを走ると私の脚力では確実に時間オーバー。そんな訳でKBC-L2Sを接続した訳ですが、ここで問題発生!

まぁ買う前から懸念していた点なんですが、付属のUSBケーブルで接続するとEDGE705が起動中でも強制的にマスストレージモードに移行してしまい、サイコンとして役に立たなくなってしまう!ネットで情報を集めるとUSBminiコネクタの規格の問題らしい。

http://blog.project92.com/2006/08/wzero3_esusb_hub_1.html
http://www.nazo-fjt.com/ptcep/w-zero3/es_usb.html

上記サイトの話はEDGE705の話ではないが基本的には同じっぽい。つまりEDGE705側のminiUSBのコネクタの4pinと5pinがショートしていればマススレージモードにならずに外部電源として機能するみたいです。

仕方ないので自作でもしようかと思ったのだが近所でUSBminiコネクタだけなんて売っていないし、ケーブルから転用しようにも4pinと5pinを加工出来るのかも分らない・・・さてどうしようかと悩んでいると手持ちのケーブルで何に付属したのか全く覚えていないケーブルが転がっていて、物は試しと繋いで見ると見事に外部電源として認識されました!www

これだけ前振りをして申し訳ないのですが、結局このケーブルがあったので何の工作もせずに其の侭外部電源として使えてしまえました。情報を探しに来られた方には申し訳ありませんが、結局上記情報の実証は出来ていません。

とりあえず今回の変更点はこんな感じですが、まだまだ試行錯誤中です。少しでも安全かつ快適に使える様に改良していきたいですね、走り以外の要因で振り回されるのは勘弁して欲しいから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM320埼玉300 走行編

先月の初ブルベチャレンジに引き続き、オダックス埼玉主催のBRM320 埼玉 300km アタック日光東照宮に参加してきました!

ブルベ二回目にして初の300kmチャレンジ!

翌日に行われるオダックス神奈川BRM321神奈川200km富士山一周も気になったのだが、現地までの行き易さや富士山一周の言葉の裏に坂いっぱいの影が見えた(笑)ので、日光は少し標高があるけど途中までは殆どまっ平らなので楽な筈と考え選択!新たなチャレンジにもなりますしね。

さてそんな300km初チャレンジの日、睡眠時間は1時間・・・

いや準備に色々とまどい本当は寝ないで行こうかとも思ったのだが、流石にそれはあまりに無謀だろうと考え無理やり一時間だけ寝て出発です。6時スタート組で5時半に川口に到着、ちょうどブリーフィングが始まったばかりだったので、受付もせずに慌ててブリーフィングに参加。

自転車を車から出して準備している内に車検が始まって順次スタートしていきます。

慌てて準備を終わらせて移動すると、メイドさん学科のたつきさんとひかりんさんを発見。残念ながらひかりんさんは体調不良でDNS(なのにしっかり走るスタイルでいたのは、部員たるものジャージを披露せねばならないと言う、部員の鑑のような行動だったようですwww)、たつきさんは別の知り合いの方が先行したとかで慌てて出発していきました。

そんな感じでほぼ6時ちょうどに埼玉の川口から世界遺産の日光に向けて出発です!
090320_0

* スタート~PC1
最初は家に帰るひかりんさんが先を走ってくれたので安心して走行出来ました。なにせ出発直後にEDGEトラップが発動して少しパニックになったので・・・本当にどうしてくれようこの腐れEDGE705・・・

途中でひかりんさんとは別れて(お付き合い本当にありがとうございました)後は一人旅、前回のBRM222でもそうだったが私はどうも集団走行が苦手の様だ。距離を走る時はある程度集団で走った方が楽だろうとは思うのだがどうにも・・・

川口から越谷を抜けて千葉県の野田市に入り利根川の土手を走り途中で川を渡って茨城県の坂東市に入る。ここまでは昨年の埼玉200kmBRMのアタック霞ヶ浦と同じコースでした。天候も曇り空で時々ポツポツと雨粒が何処からか飛んでくる様にあたったけど特に問題なし。土手の上では少し風が強かった。

8時頃から段々雨が強くなる、ちょうど50km位(の所だったので雨具装着のついでにコンビニでトイレ休憩。

微妙な降り具合だったけど、進行方向がもやに包まれていたし寒冷前線が通過するのは分かっていたので諦めて上下とシューズまでのフル雨具装備。

出発直後一旦やんだ雨が直ぐに本降りになり、この先1時間半程ずっと本降りの雨の中ひたすら漕ぎ続ける事になる。

既に記憶が怪しくてどの辺で雨が止んだか覚えていないが、多分小山市くらいだろう。雨具を脱ぐのもめんどくさいからPC1までそのまま走ることにする。

PC1は108.6km地点。いきなりの100kmオーバーで少し疲れました(途中でコンビニ休憩したけど)。ここでしっかりと昼食とり雨具を脱ぐ。睡眠不足ではあったけど体調そのものは結構良かったみたいで、途中途中でちゃんと補給食を食べながら走って来たのに、ここでかなりお腹が減っていました。この日は一日ずっとこんな感じで1時間おきに何かしら食べて栄養補給。つくづくブルベの様な長距離を走るにはエネルギーが必要なんだと、食欲がでないと多分長距離は走れませんね。

* PC1~PC2
いよいよ日光へのヒルクライムの開始です。PC1でしっかり30分以上も休憩をした後にまったりと出発。

序盤は大芦川沿いをゆったりと上ります。ここはお日様も出てきて穏やかな春の日差しの中、とても気持ちの良い川沿いの風景を眺めながら走れる素晴らしいコースでした。

気持ちの良いゆったりした上り道だったのだが、どうも足元からキシキシとストレスのたまる音が聞こえてくる、心なしかペダルが重い・・・どうやらチェーンのオイルがなくなったみたい。そう言えばPC1でオイルをつけている人がいたな~と思い出した。

どうにもストレスがたまるしこれから本格的に峠に向かうので、道端に自転車をとめてオイルをつける事にする。ぱっと見綺麗さっぱりオイルがなくなっている。その代わりに汚れがベッタリ・・・
090320_3
再出発!
・・・
走行感が全然違う!1時間半の雨の中の走行でチェーンオイルってなくなってしまうんですね。でもこれで気持ちよくヒルクライム出来ます!(本人の能力は無視でwww)

15km程川沿いを走行した後に川から離れていよいよ峠越えです。私はてっきり日光まではひたすら上り調子だと勘違いしていたので、BRM222に比べれば大したこともないアップダウンの存在にへこたれてましたwww

何とか峠を走り抜けるとそこに日光の街並み。凄い懐かしい風景です、少し進むと日光駅!
090320_1
(写真は駅名が白とびして自転車はつぶれていますね、所詮携帯ではこんなもんか)

日光には散々遊びに来たことがありますが自転車で来る日が来るとは思いもしませんでしたね!ってこの台詞いったい何回使っただろうか?これからも度々使うことになるかな?(苦笑)

人気が少ないJR日光駅で写真を撮り、観光客が溢れ帰る東武日光駅を通過して一旦大谷川を超えてから再び上り。

再び川を越えてさぁいよいよ東照宮!三連休初日で観光客が沢山いる参道を自転車で走る風景は何とも言えません。
090320_2
そんな感じで無事PC2に到着。

このPC1からPC2の間は腰が非常に痛かった!まだ折り返し地点、こんな状態で完走できるのだろうか?と言う不安を抱える程に腰が痛かった。それでも帰りは基本下り基調だから何とかなる筈と言い聞かせる。

* PC2~PC3
今回は完全な往復コースなので、今さっき通った道を戻ります。やっぱり東照宮の参道での観光客の視線が痛いですwww

先ずは前半の急坂の下り。行きに通過しているので道路のコンディション等が大体分かり、不安なく気持ち良く走り抜けます。道理で往路ですれ違った先行者の方々が凄いスピードで下っていった訳ですね。

行きに苦労した坂もあっと言う間に走りきり、再び川沿いの気持ちの良い緩やかな道に入ります。

ところがこの辺からどうにも脚が回らなくなります。いい感じの下り道なので脚を回さなくても適当なスピードで走れるのですが・・・疲れがたまったのか、いきなり廻らなくなった感じで、その理由も良く分かりません。

惰性で走りつつ何とかPC3(PC1と同じ)に到着。

日も大分傾き気温が下がり始めてきた所に、自力で走った訳ではないので体が冷えてしょうがない。これからはまっ平らな道を走るので、上りほどエネルギーを使う訳ではないけど自力で走るしかない(当たり前)

とりあえずカプサイシンでもとって体に渇を入れようと、キムチラーメンを食べ更に栄養ドリンクを飲む。

* PC3からPC4
ウィンドブレーカーを着込んでナイトランスタート。

カプサイシンと栄養ドリンク(カフェイン?)の効果があったのか、ただの気持ちの問題か、それとも単に脚が回復したのか、とにかく比較的順調に進めた。

夜になり景色も見えず、特に問題もなく淡々と走る。

PC4(往路は100kmPCなしだが、帰りは50kmに追加)に近づく頃から少しずつ冷たい風が吹き始める。

PC4に到着してコンビニで買い物して外に出ると一気に体が冷える。

寒い、寒い~

もう言葉はそれだけです。休憩していると体が冷えるだけですので再び栄養ドリンクを飲み早々に再スタート。

* PC4~ゴール
冷え切った体を暖める為に無理やりケイデンスを上げて心拍数を上げようとするのですが中々上がらない・・・普段ならちょっと気合入れれば、あっと言う間に150を超え160位まで上がるのに140程度にしかならない。何時もの練習ならちょうど良いLSDだ~なんて言えるのだが、この冷え込みでは洒落にならない。

そしてこの頃からお尻が痛くなる、お尻といっても大殿筋の方ではなくて臀裂の方・・・

このお尻の痛みを和らげる為に、そして無理やりでも心拍数を上げて体の代謝を上げる為、まっ平らな街中でちょくちょくダンシングを入れ全力で走行!(と言っても30km/hも出ませんがね)

そんな感じで走ると、今まで殆ど他の人に抜かれるばかりだったのが時々私が抜く様な状況になった(皆疲れているでしょうしね)。利根川の土手で真っ暗闇の中抜いた方に直ぐ後ろに付かれました。

無駄にダンシングし不恰好に走っていたのであまり嬉しくないな~と思っていましたが、信号待ちで女性の方だと分かって、これは引くしかないのかな?と頑張る事にした(いやそんな事なくても全開でしか走れない状況でしたがwww)

しばらく走ると何か後ろから聞こえてくる音が増えた気がし振り返ると更に3人増えて、しっかり列車になっていました・・・

なんでこんなヘタレが先頭引いているのだろうか?と自問自答しつつも全力で走るしかないので走り続けたのですが、後ろから聞こえる走行音に混じり盛大にラチェット音が聞こえる。しかも大体半分半分くらいの間隔で・・・

(下記内容は理由が判明したのと、私の思い込みと技術不足が明確になったので取り消させていただきます)
ちょっと待てや~!!こちらは無い脚を無理やり廻しっぱなしでこのスピードなのに、なんで半分漕いで半分お休みな状態で後ろに付いているんだよ!

そんなに余裕あるなら前を引けとは言わない、さっさと追い抜いて行ってくれ!!後ろからラチェット音が響くと煽られている様で非常に気分が悪いしストレスがたまる。しばらく走り続けるも抜く気配ゼロ・・・

そんな走行を続けると心が疲れてしまった。どうにもその3人組と別れたくて信号待ちの際に休憩する振りをして其の侭先行させました。本当は直接言うなり(もしかしたら私の勘違い的要素があるかもと言う不安があって言えなかった)スマートな先頭交代の仕方があるのだろうけど、私の直ぐ後ろは前述の女性だったし、集団走行になれていないのでその手段をしりません。

後ろに付いて一緒に走りたくも無かったのでしっかり前に行ったのを確認してから再スタート。後もう少しで300km達成だと言うのに非常に気持ちが凹む。それとも私が気にし過ぎだったのかな?集団走行に慣れている方いたら教えてください。

閑話休題

川口に入る頃から急に風が強くなり走るのが辛くなる。まぁそれでもやっぱり全力でひたすら走り続けて何とか日付が変わる前にゴール!!

無事300km完走です~

ゴール地点は凄い風でした、あまりの寒さに震えが止まりません!前回のブルベではゴール後にまったりを休みのんびりする余裕があったのですが、とにかく寒くて耐えられず早々に車に移動です。

そんな感じで初300kmチャレンジとなったBRM320、完走と言う目的を無事達成!

まぁ色々問題も分かってきたし、今後の予定をどうするかはじっくり考えてみようと思います。ダラダラとした長文へのお付き合いありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コスチュームカフェ22号店

タイトルの通り本日、何時もの都産貿にてコスチュームカフェ22号店が開店しまして、そこにしおりさんの代理参加と言う事で久しぶりにサークル参加して来ました!

一応過去にも経験があるのでそれなりに準備して行ったので問題なくスペースの設定は完了。とりあえず一人店番なので開店してしまうと自由に動ける時間が取れないので、その前に3Fに移動してぱんだうさぎさんに御挨拶。

無事挨拶を済ませて4Fに戻って開店を待つ。ここで自分の準備不足に気がつく・・・小銭がない!!

売り物自体少ないし値段構成もあまり小銭を必要としない状態だったが、上京する途中の買い物で態々小銭を減らしてしまって、財布の中に全く小銭がなかったorz

そんな感じで初っ端から小銭が不足していますトーク(笑)をする羽目になる・・・

まぁ少し問題もあったけどまったりイベントは進行する。

それにしてもコスカの規模の縮小、参加者の高齢化等々色々嫌な面があからさまになるイベントでもありました。マッタリと遊べるのはとても楽しいのだが、どうにも将来性がない気がしてしまうのは気のせいだろうか?無理すれば1フロア開催が出来そうな状況は、3フロア開催を知っている身としてはどうにも寂しいですね。

さて、お隣が非常に紳士な方でスケブで忙しい中、暇して話しかける私の話し相手になってくれました。

なにせ今回のイベントはしおりさんの不参加も含めもしかすると誰にも会えない非常に寂しいイベントになる可能性があったので、話をしてくれるお隣さんはとても嬉しい存在でした。

色々不安な所もあったけど、サークル参加されていないけど会場にいた如月さんとか、来る事を全く知らなかったクミさん、予告桜美林(笑)のさくらさん等、スペースに張り付いていたわりに予想以上に色々な方とお話出来て楽しい時間を過ごせました!色々相手をしていただいた皆さん、ありがとうございました。

イベント自体は1時半も過ぎると完全に新規のお客さんがこない、何処もかしこも身内モードでとにかく待ったりした状況になっていました。出来るなら2時過ぎくらいまではある程度の人の流れがあると良いのですがね・・・

3時半で無事イベント終了!

後は片付けて帰るだけですが、さくらさん達からお食事にお誘いを受け喜んでほいほいついていきましたwww

行った先は品川のアンミラ。

アンミラも久しぶりですね~気がつくと横浜と品川の2店舗まで縮小されてしまったとか・・・

でも生き残っている品川のアンミラはとにかく人が沢山入っていましたね、かなり変な時間に行ったと思うのに常に満席状態でした。そんな中WRさんが店内に常時6~7人いる状態で色々堪能させていただきました(苦笑)

WRさんはオレンジとピンクが一人づつで後はみんな赤(エンジ?)、それに実際には初めてみたリーダーブラウスな方も!

素晴らしい環境の中、えらく濃い会話をグダグダと続けて、私の中での過去のコーヒーお代わり記録を更新したところでお開き。色々お話出来てとても楽しかったです。

不安も多かったけど、まぁ結果はそこそこ良かったと言えるイベント参戦となりました。これからもこの様な楽しい時間を過ごせると良いですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆半島一周 (二日目)

二日目の起床は7時過ぎ、およそ10時間半の睡眠・・・寝すぎですね(苦笑)

朝風呂に入り、出発の準備を整えてから朝食。朝食はバイキングスタイル・・・何か最近縁があるなぁ~

そんな感じで9時前に出発!

先ずは伊豆半島最南端の石廊崎を目指す・・・と言っても8km強なのであっと言う間に到着。折角なので灯台まで行ってみたかったが港から結構歩かねばならない様だったので断念。

その後は海岸沿いの国道136号線をひたすら北上する。木曜日は前日とは打って変わって素晴らしい青空が広がった一日でした。
090312_1
そして途中から岬を越える度に富士山がとても綺麗に見えました。
090312_2
素晴らしい景色を眺めつつ、私は南伊豆から西伊豆の海岸線をなめていた事を思い知らされました。

ある程度のアップダウンは前情報から分かっているつもりだったのだが、ちゃんと理解していなかったみたい。当たり前だが海岸線を沿う様に走る道路は岬を超える時に標高の高い所を通過し、湾の奥では港町がある為低い位置まで下る。それを延々と繰り返す訳だが、東伊豆では100m以下の高低差が殆どだったがそれが酷いところで250mにもなる。
090312_0
(グラフ内の90km位までが東伊豆、100kmから先が大体南伊豆、西伊豆)

とにかく平地が無い!(当たり前)

必死の思いで上り稼いだ標高をあっと言う間に下りで使い切る。しかも九十九折の道が続くのでスピードは出せず、ブレーキを掛け折角の位置エネルギーを無駄に熱エネルギーにして消費・・・あ~もっとなだらかに坂が続けばどれだけエネルギーが有効に使われるのに~・・・等と延々と泣き言を言いつつひたすら走る。

しかもどうも昼食の場所の目標設定を誤った様で何時まで経っても目的地(戸田港)に着かない(苦笑)途中までのペースで考えると2時は確実に過ぎそう、下手をすると3時になるかもと言う状況。

しょうがないので10km程手前の街まで行ってその時点での時間を見て考えようと、再びひたすら走ることにする。とにかくどんなに上っても必ずほぼ標高0まで下るのがえらく疲れる。

土肥港に何とか1時半頃到着、この時点で2時半くらいまでに到着出来そうと判断。目的のお店は3時までの営業だから何とかなるはず!と当初の予定通り戸田港を目指す事にする。

この最後の決断は直ぐに後悔の元になる。なにせこの最後の岬が今回の中で一番辛い250m越えの試練だった。もうとにかく全ての力を出し切る感じで無理やり乗り切る。

無理を通して何とか2時半前に戸田港に到着!目的地は深海魚料理の魚重食堂!!

目的の深海魚刺身定食は既に売り切れとの事、でも地魚刺身定食でも深海魚は入っていると言う事なのでそちらを注文。
090312_3
これが今回の旅の中で一番当たりの食事でした!刺身は真ん中上が普通の鯵でそれ以外は皆深海魚、左からげほう、ごそ、めぎすとの事。はっきり言って何処が地魚なんだと思わず突っ込みを入れたくなる深海魚尽くしです。

味の方は普通に(笑)美味しかった!それにボリュームがたっぷりで非常に満足度が高い食事となりました。無理して走ってきた甲斐があると言うものです。

お腹を満たした所で後は帰宅の為に沼津を目指すのみ!だったのですが、ここまでかなり無理をしていたので完全に脚が売り切れ状態、最後に残っていた200m越えでは完全に死人の様な走り。ケイデンスが40を切り、速度も6km/hとまさしく歩くよりはマシといったレベルでした。

もう本当に意地だけでヨロヨロと上りきりました!これを下れば後は久しぶりに走る平らな道!スピードはもう出せないけど本当に平地が嬉しかった!

そんなこんなでボロボロになりながらも5時半ごろ沼津駅に到着!
090312_4
沼津はJR東海なんですよね!そんな所で感慨にふけってしまったwww

とにかく二日目はひたすら辛い苦行のようなコースでした。伊豆半島一周を少し甘く見すぎたようです。それでも何とか無事目的を果たせたのは大きな喜びです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆半島一周 (一日目)

昨今の厳しい経済情勢の下(ry

行ってきました伊豆半島一周!

目的は年末に行き損ねた下田まで行く事。

そんな感じで行動予定を色々検討したのだが、天候やら走行距離の兼ね合い等あり、結局小田原発で沼津着となる両輪行での伊豆半島一周を選択!!

平日の朝の移動なので通勤ラッシュを避ける為6時前の電車で小田原を目指す。何だかんだで9時半頃に小田原出発!

天気予報ではまぁまぁ良い天気だった筈だと思うのだが、実際は見事な曇天、結局一日中曇天でした。それでもそんなに寒い訳でもないし、雨が降らなかったので問題なしですね。

小田原を出て一時間ほどで熱海到着、そしてもう一時間弱で順調に伊東まで到着。

今回の昼食は海女の小屋 海上亭で海女っ子寿司と魚の団子汁。
090311_1
味の方はごく普通の海鮮丼ですね、お値段を考えるとそんなに良いものではない、地魚丼にしておけば良かったな・・・団子汁はとっても美味しかったです。

このお店、東伊豆一番の人気店らしくて平日だと言うのに私が出る頃には満席になって、席待ちの列が出来ていました!!平日でこれなら休日は一体どんな状況になるのでしょうか?

お腹いっぱいになった後はひたすら南下します。
090311_2
途中で伊豆諸島が良く見える展望公園がありました。
090311_3
そして伊豆急下田に到着!
090311_4
本日のお宿は下田から更に10km程先に行った南伊豆町のホテル山海
宿に着いたら先ず温泉!

少し期待していたのだが残念ながら加水、加温、循環で塩素臭のする温泉でした・・・加水、循環はともかく源泉の温度が98度と書いてあって加温はなぁ・・・

風呂から上がると夕食です。この食事の時間が一人旅の悲しさ、端っこのテーブルで中央に背を向ける様に配膳されていました・・・味と量はまぁまぁでしたが、何故か見栄えが今一。オプションで舟盛とか頼んでいる他のテーブルは結構豪勢でしたね。

食事が終わればもうすることがないし寝不足も酷かったので8時半(はやっwww)に就寝、翌日に備えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一時帰休と卒茶

昨今の厳しい経済情勢の下、年末年始に行われた一時帰休が再び行われました。

と言う訳で今週はお休みです(苦笑)

それが幸いしてと言うの変な話だが、月曜日に卒業生茶会が行われると言うので遊びに行ってきました。

平日なので勿論OBでの参加は私一人www

現役生の参加も少し悪かったのですが、その分参加の全員がお点前をすると言う状況になり、私も初釜に続いて何故かお点前して来ました!かなり間違えながら・・・

たっぷりお点前を堪能(?)した後はそのまま茶室で鍋で打ち上げです。

何か懐かし過ぎてとても嬉しかった!!

茶室で宴会するなんて一体何時以来だろうか?まさかこの年になってこんな大学生らしいイベントに混ざって遊べるなんて思いませんでした。

しかも何だか宴会はダラダラと続き結局朝まで会になりましたよ!!

途中で卒業する一人から9月に結婚しますと言う衝撃的発表などあり、自分はこんな所で遊んでいて良いのだろうかとふと自問自答してしまったけど、まぁそれはそれと言う事で気持ちを切り替えて(苦笑)楽しく喋り続けました。

卒茶&鍋とにかく楽しかった!何時も声を掛けてくれる現役生には本当に感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家にて

実家に戻るとそこは赤ん坊中心の世界!!

先月生まれた甥っ子と妹が客間とリビングを占拠しており、3時間毎にミルクを要求する赤ん坊に皆振り回されております(苦笑)

期間限定とは言え中々不思議な気分ですね~

取り合えず赤ちゃんは思った程おさるさんではなかったですwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味覚異常?破壊?

会社の後輩で何を食べるにも七味唐辛子をたっぷりかける人がいる。

社員食堂ではドレッシング置き場に常時七味唐辛子が小さいタッパーに移し変えて置いてあり、彼はこのタッパーから小皿に山盛りいっぱい唐辛子を取ってから席に着く。

そしておもむろにこの山盛り唐辛子を蕎麦やうどん、それにラーメンに入れる(彼は殆ど麺類しか頼まない)

辛いのが好きな人もいると思うが無条件に山盛りの唐辛子をいれるのは何とも・・・本人曰くちゃんと味も分かりますよ!とのことだが、ラーメンにも同じ様に唐辛子を入れている姿を見るとその言葉は非常に疑わしい。

先日、その日の麺類はクリームパスタ。流石に今日はタバスコでも山盛り掛けるのかな?と思いきや、やっぱり小皿に唐辛子の山・・・それをパスタに混ぜて真っ赤になったパスタを食べていました。

そして本日、餡かけチャーハン(かなり味は濃い)にもたっぷり七味をかけ真っ赤にしていました・・・

"絶対"味なんて分かっていない!!

味の好みは人それぞれとは言え、あまり一緒に食事をしたいとは思えないですね~あの光景を見たら料理を作った人はきっと泣くだろうな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は啓蟄

と言う訳(?)で久しぶりの夜練。

BRM222で200km走ってから自転車に乗っていなかったし、夜練も三週間ぶりくらいで少しリハビリ気分(苦笑)

そんな感じで何時ものショートコース(32km程)ほど走ってきました。

流石は啓蟄、寒いは寒いけどついこの前までの厳冬期の寒さとは別物でした(それでも足の指先だけはどうにもならないのが辛い・・・)

これからどんどん暖かくなってくると、もっともっと自転車で出かけたくなりますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初すべり、そしてすべり納め・・・多分 (二日目)

日曜日は7時前に起床、直ぐに朝食。

朝食はバイキング形式・・・
まさかの二日続けての食べ過ぎですwww
パンに御飯と納豆、それにカレーとあるもの全部食べた?

朝からたっぷり食べたからにはしっかり運動しないといけません。そんな訳で早々に準備を済ませて8時過ぎに宿を出発!

行き先は昨日の八方のお隣HAKUBA47。
47は北斜面なので八方よりもコンディションが良いだろうと予想。

この日も朝からとても良い天気!お陰で駐車場には雪がないと言うレベルではなく完全に乾いていました・・・orz

それでも予想通り、47の雪質は八方のそれに比べれば別物でした。それに気持ちの良い中斜面が沢山あり明らかに滑っていて八方より楽しです!!

ただ五竜の下の方はやっぱりがっかりなグサグサ雪でした。途中にあった上級コースなんてブッシュが出まくりでコースが殆ど一直線しかありません・・・上越で春スキーをしている気分になります。

朝のうち上の方はガスって(もしかしたら雲の中だったかも)いたので景色はあまり見れなかったけど、昼前から良く晴れて素晴らしい風景が広がっていました。
090301_1
さてリフトで到達できる最高点から少し上に地蔵ケルンがあり、昼過ぎ五竜から戻ってくると上っている人達が見えました。
090301_2
この写真では分かり難いですが、このリフト降り場から地蔵ケルンまでの上りは結構な斜度があり、皆這い蹲りながら上っています。でその風景を見てしまったら私達も上りたくなります(苦笑)
090301_3
で、上りました!!www
いや本当に半端ない斜度でスキーブーツで上るのはちょっと危険を感じました。
090301_4
でも上った甲斐はありました!ちょっと上っただけなのに下とは全く違う素晴らしい風景が360度広がっています。
090301_5
たっぷり山を堪能しました!!

時間は既に1時を過ぎていたので後は真っ直ぐ下山しスキー二日目も無事終了です。

後は遅い昼ご飯を食べ、温泉につかって帰宅です。
090301_6
横川SAで行きに食べられたなかった、念願(笑)の峠の釜飯をゲット!!

久しぶりに食べた釜飯は美味しかった!

そんな感じで今年も何とか一回はスキーに行けて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初すべり、そしてすべり納め・・・多分 (一日目)

この週末一泊二日で白馬へスキーに行ってきました!先ず初日の土曜は八方尾根スキー場へ。

早朝埼玉経由で友達を拾ってから関越に乗って北上開始!とりあえず先週の悔しさも含めて横川のSAで峠の釜飯を朝ごはんにしようかと思っていた(以前は下り線のSAでは販売していなかったが、最近販売出来るようになったらしい)のだが、まだ販売開始していなかった。

ふとレストランを見ると朝食バイキングがあったので、そっちに変更。

バイキングってついつい食べ過ぎますよね?そんな感じで朝も早くからかなりの食べ過ぎになりました(笑)まぁこの後運動すると言う事で許して貰いましょう。

渋滞等もあって八方尾根に到着したのは9時半頃、なんだかんだで滑り出しは大体10時。

ゴンドラとリフトを乗り継いで一番上を目指します。

この日は最高に素晴らしい青空が広がりました。あまりにも日差しが暖かいので、まるで春スキーの様な雰囲気になっています。まぁそれに伴い雪質はこの時期の八方としては信じられないほどグズグズになっていました。イメージとしては三月中旬頃の上越エリアくらい。
090228_1
一番上まで上ると、そこには北アルプスの山々に囲まれた素晴らしい景色が広がっていました!
090228_2
そしてリフトで登れるのは、第一ケルンのある八方池山荘までですが、そこから尾根筋を上って八方山(石神井)ケルン、第二(息)ケルンを目指して上る人達が見えます。
090228_3
とにかく雄大な風景が広がり、これを見れただけでも来て良かったな~と思える素晴らしさでした。

ただ暖冬により雪の質は最低です。八方の斜面に特徴があるのかも知れないが、どのコースもコブだらけ。グズグズ雪に急斜面とコブ。何かこのイメージしか残っていないゲレンデ状況・・・orz

あまり気持ちよく滑れる中斜面が無い、そして緩斜面はもっとなく、初級者は一体何処を滑れば良いのだろうか?と疑問に思うコース設定。とにかく急斜面でグザグザの雪をエッサ、ホッサと掻き分けて滑っている感じ。

同行の友達の体調もあまり良い感じではなかったので、三時過ぎには初日終了!車に戻って宿に向かいます。

宿はネットで適当に調べて三日前(苦笑)に決めた白馬シーダーハウス 。4時前に到着して早々に温泉につかり、夕食まで一眠り。そして夕食後友達は8時半に撃沈、私は時間も早いのでちょっと散歩・・・のつもりが結構中心部まで距離あって、更に道に迷ったりして一時間ほど出かけていました。

そんな感じで私も10時前には就寝、一日目終了です。

ところで白馬って最近外人さんに有名なスキーリゾート地になっているのでしょうか?ゲレンデでも街中でも宿でもとにかく至るところに外人さん(欧米系白人)が沢山いました。外国から見たら日本のスキー事情ってそんなに良いものに見えると思えないんですがね~特に朝一で見かけた人達はカナダから来たとか話していたので尚更。カナダって日本人にとって憧れのスキーリゾートが沢山あるよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »