« 伊豆半島一周 (一日目) | トップページ | コスチュームカフェ22号店 »

伊豆半島一周 (二日目)

二日目の起床は7時過ぎ、およそ10時間半の睡眠・・・寝すぎですね(苦笑)

朝風呂に入り、出発の準備を整えてから朝食。朝食はバイキングスタイル・・・何か最近縁があるなぁ~

そんな感じで9時前に出発!

先ずは伊豆半島最南端の石廊崎を目指す・・・と言っても8km強なのであっと言う間に到着。折角なので灯台まで行ってみたかったが港から結構歩かねばならない様だったので断念。

その後は海岸沿いの国道136号線をひたすら北上する。木曜日は前日とは打って変わって素晴らしい青空が広がった一日でした。
090312_1
そして途中から岬を越える度に富士山がとても綺麗に見えました。
090312_2
素晴らしい景色を眺めつつ、私は南伊豆から西伊豆の海岸線をなめていた事を思い知らされました。

ある程度のアップダウンは前情報から分かっているつもりだったのだが、ちゃんと理解していなかったみたい。当たり前だが海岸線を沿う様に走る道路は岬を超える時に標高の高い所を通過し、湾の奥では港町がある為低い位置まで下る。それを延々と繰り返す訳だが、東伊豆では100m以下の高低差が殆どだったがそれが酷いところで250mにもなる。
090312_0
(グラフ内の90km位までが東伊豆、100kmから先が大体南伊豆、西伊豆)

とにかく平地が無い!(当たり前)

必死の思いで上り稼いだ標高をあっと言う間に下りで使い切る。しかも九十九折の道が続くのでスピードは出せず、ブレーキを掛け折角の位置エネルギーを無駄に熱エネルギーにして消費・・・あ~もっとなだらかに坂が続けばどれだけエネルギーが有効に使われるのに~・・・等と延々と泣き言を言いつつひたすら走る。

しかもどうも昼食の場所の目標設定を誤った様で何時まで経っても目的地(戸田港)に着かない(苦笑)途中までのペースで考えると2時は確実に過ぎそう、下手をすると3時になるかもと言う状況。

しょうがないので10km程手前の街まで行ってその時点での時間を見て考えようと、再びひたすら走ることにする。とにかくどんなに上っても必ずほぼ標高0まで下るのがえらく疲れる。

土肥港に何とか1時半頃到着、この時点で2時半くらいまでに到着出来そうと判断。目的のお店は3時までの営業だから何とかなるはず!と当初の予定通り戸田港を目指す事にする。

この最後の決断は直ぐに後悔の元になる。なにせこの最後の岬が今回の中で一番辛い250m越えの試練だった。もうとにかく全ての力を出し切る感じで無理やり乗り切る。

無理を通して何とか2時半前に戸田港に到着!目的地は深海魚料理の魚重食堂!!

目的の深海魚刺身定食は既に売り切れとの事、でも地魚刺身定食でも深海魚は入っていると言う事なのでそちらを注文。
090312_3
これが今回の旅の中で一番当たりの食事でした!刺身は真ん中上が普通の鯵でそれ以外は皆深海魚、左からげほう、ごそ、めぎすとの事。はっきり言って何処が地魚なんだと思わず突っ込みを入れたくなる深海魚尽くしです。

味の方は普通に(笑)美味しかった!それにボリュームがたっぷりで非常に満足度が高い食事となりました。無理して走ってきた甲斐があると言うものです。

お腹を満たした所で後は帰宅の為に沼津を目指すのみ!だったのですが、ここまでかなり無理をしていたので完全に脚が売り切れ状態、最後に残っていた200m越えでは完全に死人の様な走り。ケイデンスが40を切り、速度も6km/hとまさしく歩くよりはマシといったレベルでした。

もう本当に意地だけでヨロヨロと上りきりました!これを下れば後は久しぶりに走る平らな道!スピードはもう出せないけど本当に平地が嬉しかった!

そんなこんなでボロボロになりながらも5時半ごろ沼津駅に到着!
090312_4
沼津はJR東海なんですよね!そんな所で感慨にふけってしまったwww

とにかく二日目はひたすら辛い苦行のようなコースでした。伊豆半島一周を少し甘く見すぎたようです。それでも何とか無事目的を果たせたのは大きな喜びです!

|

« 伊豆半島一周 (一日目) | トップページ | コスチュームカフェ22号店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/44349811

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆半島一周 (二日目):

« 伊豆半島一周 (一日目) | トップページ | コスチュームカフェ22号店 »