« BRM613千葉600km完走 & SR達成!! | トップページ | BRM613 千葉600km 走行記 後編 »

BRM613 千葉600km 走行記 前編

前週にリタイヤした600kmへの再挑戦です。2週連続でのブルベ参加は準備の余裕もなく、また昨日の今日で脚が強くなる訳でもないので完走する自信も無く、直前までスタートするかどうか悩んでいました。

しかしこれを逃すと600kmチャレンジは9月の神奈川でラストチャンスになってしまうし、何より千葉の600kmは最高標高でも300mを僅かに超える程度の比較的平地が多いコース設定なので埼玉600kmよりは行けるだろう(これは実際に走行して間違いに気がつく・・・)とスタートする事にしました。

前週同様に日々変わる天気予報・・・

結局予報は全く当てになりませんでしたが、幸いにも前週とは逆で良い方に外れたので助かりました。基本的に二日間を通して雨装備の必要はなく非常に快適な走行条件に恵まれたと思います(最後の最後でとんでもないオチが用意されていましたが・・・)

さて当日、4時半起床で6時20分くらいに現着、スタート時間は7時なので慌てて受付に行くとブルベカードがまだ届いていないので、確認のサインとブリーフィングと車検を先に済ませることに・・・大丈夫か?

時間ギリギリな感じで無事ブルベカードが到着、およそ10人位ずつまとめてスタート!
090613_0
17km位までは平地走行なので何とか頑張って列車に乗っかってみる。細かいアップダウンが始まるとあっと言う間に列車に離され、何時もの如く一人旅。それでもPC1が40km地点とかなり近いのであっと言う間にPC1到着。

PC1でリンレンの痛ディスクを見かけたのでお声掛け。以前にヤン部長やたつきさんから数々の伝説を聞いていたチームセパレイトブルーが誇るブルベ超人、Abさんでした。当たり前ですが、お話出来たのはPC1が最初で最後、この後560kmの間に再びリンレンを見ることはありませんでした・・・orz

この後PC2、PC3とほぼ平地巡航。細かいアップダウンはあるけどまだまだ元気なので、速度を落とさずに走れ、良い感じに貯金を作れた。

PC2までの区間では随分沢山のローディーとすれ違いました、単独走の人、チーム走行の人、TTバーで走る人と本当にいっぱいです。時間的にもコース的にもちょうど練習時間にあたったのかな?

茨城に入ってからはやたら見覚えのあるコースを走ります。何時もの練習コースを横切ったり、通勤路を走ったり、再び練習コースを走ったりと非常に落ち着きますwww

ブルベ中に知っているコースを走るって良いですね。そのまま不動峠突入したので思わずタイムを測定・・・26分強・・・普段より6分も遅い(苦笑)センチュリー(160km)走った後だとやっぱり大分疲れているんですね、予想以上にタイムロスしていました。
090613_1
この不動峠は翌日にツールドつくばが開催される為道の至る所に交通規制の看板が立っていました。

不動峠の後は二つ目の峠、道祖神峠越えです。

実はこの峠の存在全く知りませんでした(苦笑)ALPSLAB routeで確認した際に標高も距離も不動峠と同じ位だろうと勝手に思っていましたが、それが大間違い!距離は半分位でほぼ同じ高さまで上る急な斜度、それに大っ嫌いな真っ直ぐな上り道、しかも交通量も多い・・・
090613_2
ヘロヘロになりながらも何とか道祖神峠を越え、後は仏ノ山を超えて茂木のPC4に到着。この時点で18時25分、ここでスタッフ試走の記事で書いてあった道の駅のジェラートを買いに行ってみた・・・ギリギリセーフ!!18時30分までの営業でした。
090613_3
今回のブルベで唯一のゆとり行動です(苦笑)残念ながら季節限定フルーツは売り切れだったので、ミルクとイチゴのダブルにしてみました。

ここからナイトランのスタート、ツインリンクス周辺は何か雰囲気あって恐いです。ツインリンクスを下った後は基本平地で良い感じに走れると思っていたのだが、それが大間違い。240km位から360km位までPC6を挟んで続く非常に細かいアップダウン。下ったと思えば上り、上ったと思えば下る・・・まるでノコギリの歯のようにアップ、ダウンと繰り返す・・・既に長距離を走ってきた身にはこの波状攻撃がとにかく堪えるorz

「こんな波状道路さっさとまっ平らにしやがれ!」「国土交通省にクレーム入れてやる!」なんてネガティブ思考を全開にして非常に後ろ向きにイヤイヤながらに走っていました。

PC6を通過した頃、有線サイコンが挙動不審になっている事に気がつく。何せ最初の1時間で走行距離が13kmとか表示されていました、が疲れきって朦朧とした頭では始めおかしいとは思わず「うわぁ、疲れているんだな、もうPC7の仮眠施設を諦めようかと考え始める。

何度かそんな思考を繰り返した後に情報自体が間違っている事に気がつく。その頃から本当の意味での平地に突入したので、後は仮眠するだけだ!と無理やりケイデンスを上げスピードを上げた。

お陰でPC7までの後半部分は深夜(殆ど早朝とも言う)とは思えない程順調にペダルを漕いで辿り着いた。あまりに頑張りすぎたのでPC7に辿り着いた時には息が切れ切れでスタッフさんにそんな勢いで漕いで来たの?驚かれた!(苦笑)

ようやく400km、まだ24時間経っていません!つまり一日を24時間と定義した場合の一日の連続走行距離を更新!EDGE705表示で407km、これが私の一日連続で走った最長距離です。

後は仮眠、ここから後半へ

|

« BRM613千葉600km完走 & SR達成!! | トップページ | BRM613 千葉600km 走行記 後編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/45362713

この記事へのトラックバック一覧です: BRM613 千葉600km 走行記 前編:

« BRM613千葉600km完走 & SR達成!! | トップページ | BRM613 千葉600km 走行記 後編 »