« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の20件の記事

チャチャチャ

先週はツーリングに行っていてサークルに行けなかった。

今日は第五週なのでサークルは無いけど教室はあいているから、既に一ヶ月を切った団体戦に向けて練習しに行ってきました。

で何故か、いなかった先週のうちに初っ端のフィガーにバリエーションがしっかり組み込まれてしまった様です・・・orz

エンドカウントばりばりのステップは苦手だ~~~

先ずはゆっくりのリズムでシャドウを繰り返し、その動きをひたすら体に叩き込むしかない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茨城→大阪 ツーリング日記 四日目 (最終日)

四日目の朝、起床時間は6時半。

前日と違いとても気持ちよく目が覚めました!どうやら体調は回復した!と思っていたら右の鼻から鼻血がじわり・・・まぁたいした問題ではないので気を取り直し、ホテルの無料サービスの軽食を食べて7時過ぎに出発です。

余裕があれば彦根城に行ってひこにゃんを見たり、湖岸道路で琵琶湖を眺めながら走りたかったのだが、昼前に京都に着きたかったのでまっすぐ国道8号を進む。
090922_1
途中で変形してロボットになりそうなサイドカーが追い抜いていく。
090922_2
少し先の信号で追いついたので思わず「写真撮っていいですか?」と聞いて許可を得て写真を撮りました。いや本当に滅茶苦茶目立っていましたよ。ネットで調べると日本に三台しかないアウディのコルタと言うサイドカーらしく、2500ccディーゼルターボ、3WDとスペックもとても凄い代物でした。

その後も快調に走り久しぶりに国道1号と合流しようとした所で、変な人が草むらに隠れている・・・ネズミ捕りでした・・・

相変わらず警察はこの手のノルマ稼ぎを行う厭らしい組織ですね。思わず光電管を蹴飛ばしてやろうかと思いましたよ。本当にこんな市民苛めしている暇があったらもっとやるべき事が幾らでもあるだろうに・・・

欝になった気持ちをリセットし、再び東海道を走り続ける。瀬田川大橋を越える瞬間初めて琵琶湖が見えました。琵琶湖を見たのは後にも先にもこれっきりでちょっと寂しかった。

大津を越え山科で国道1号と再び別れ三条通に入り、10時半くらいに三条大橋に到着!
090922_3
一応これで日本橋を出て途中で色々それたりもしたけど、東海道を走りきりました!

とは言え今回の目的地は大阪なので、あともう少し行程が続きます。

京都の街中を自転車で走るのはこれで三回目ですが、やっぱりロードバイクで走るとスピードが違いますね。たいした距離ではなかったのであっという間にお墓に着きました。
090922_4
そう今回のツーリングを考えた時、名古屋から大阪までのルートを京都まわりにするのか、奈良まわりにしばし悩んでいました。京都まわりにするにしても市内に入らず伏見から宇治に抜けようかと・・・

で良く考えてみると今回の連休は秋分の日と敬老の日がある為に出来たもの、つまりお彼岸。お彼岸に京都近郊を走ると言うのに、祖母のお墓参りをしないとは何たる祖母不幸!

そんな訳で自転車をお墓の入り口に置いてレーパン、ジャージ姿は気にせず。お墓を清めて樒と線香を供えてきました。

このお寺(墓地)の周りはお茶にとても縁があるので少し散歩するととても楽しいです。
090922_5
何件も立派な千さんの家があるし、有名な表千家不審庵や
090922_6
裏千家今日庵等見所が沢山!まぁ一般人には門しか見られませんがね(苦笑)

お墓参りも済ませ、友達と会う為に堀川今出川に移動と言っても5分もかからず到着。二日前の突然の連絡にも関わらず会う約束が出来ました。

ここで友達を待っていると突然左の鼻から鼻血・・・え~何で左?朝と違う方から出ていますよ、しかも何かした訳でもなくぼ~っと立ち止まって友達を待っていただけなのに。そんな慌てふためいている最中に友達登場!

いきなりお見苦しいところをみせて申し訳ありませんでした。

久しぶりにお話できて楽しかった、お元気そうで何よりです!!京都に越して来てからおよそ一年半、自然に京言葉になっているのがとても微笑ましい。良いですよね京言葉、とても雰囲気が柔らかいです。

名残惜しいけどまだ大阪まで行かなければならないので、13時を過ぎた頃に京都を離れました。

京都から、枚方を通過し寝屋川を越え大阪市に入る。ちょうど市内に入った頃にこのツーリングで初めて雨がぱらついて来ました。周りで慌てて傘や雨具を出す人達がいたけど、きっと直ぐやむ筈!と先を急ぎます。

幸いにその予想通り雨は止み、一気にラストスパートです。
090922_7
16時前に目的地天満橋に到着!

何故に天満橋かと言えば、これ

090922_8

私もマイミクさんの日記で知ったのですが、何でアヒルか良く分からない(お台場ガンダムに対抗したと言う説もあるが・・・)がとにかく期間限定のこのオブジェを見るのが今回の目的にはふさわしいと思ったのでwww

090922_9_2

観光客もいっぱいいたので写真を撮ってもらいました。その方とこんな会話をしていました

「どちらから来たんですか?」
「茨城"県"から来ました」
「いばらき・・・"県"ですか?」
「はい、茨木市ではなくて茨城県です」

大阪の人に単純にいばらきから来たと言ったから確実に茨木市と勘違いされそうですからね、しっかり強調しましたwww

これで全てのミッションコンプリート!後は新大阪に移動して輪行で帰宅です。

帰りの新幹線、指定席はこの後全ての便で満席でしたので自由席に並ぶ事に。ホーム出ると丁度並ぼうかと思っていた列車が入線してきました。慌てて重い荷物を持って2号車に向かい列車に乗ると、幸いにも三列シート側の最後尾が確保出来ました!
090922_10

これで最大の懸念事項をクリア出来たので後は、お弁当食べてゆっくり休みながら帰宅です。

途中、特に三日目は何度旅行を取り止めようかと思いましたが、無事最後まで走りきれて本当に嬉しかったです。いきなり連絡して惑わしたりして一部の方には迷惑もお掛けしました、申し訳ありませんでした。

また次の機会にも何処かへ、自転車でロングツーリングを楽しみたいです!

四日目の走行記録

走行距離 125.96 km
平均速度 21.6 km/h
平均心拍数 127 bpm
平均ケイデンス 77 rpm
獲得標高 448 m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

茨城→大阪 ツーリング日記 三日目

朝方お腹が痛くて目が覚める、トイレに行ってもう一眠りしたかったのだが寝付けない・・・疲れているはずなのに・・・

もぞもぞしている内に起きる時間になる。三日目の朝食はホテルではなく、有名な豊橋のモーニングを食べに喫茶店に行く為5時半時起床です。

お腹は落ち着いたが今度は頭が痛い、そしてだるい・・・疲れの所為だろうか?

今日の予定は名古屋を通過して、関が原を越え彦根まで。

全く走り切れる気がしない、と言うかホテルを出たくない・・・

30分位ぐだぐだしていたが、再びブルベ超人Abさんの御言葉を思い出す「風邪が(ry

そんな感じでのろのろ支度をして出発。
090921_1
豊橋には路面電車が走っていたんですね、知りませんでした。しかし路面電車の走る道路と交差している所を走ると路面が荒れていてとても走り難い。

少し迷いながら目的地、キッチン&カフェ MOK MOKに到着。
090921_4
このお店は何と6時開店!なので6時半にお店に到着した時には既に席が8割方埋まっていてびっくりです。
090921_2
頼んだのはアイスカフェオレ。たっぷりの生クリームにたっぷりのシロップが付いていてこれだけでも良い感じなのですが、ここは豊橋。ドリンクを注文したらこれが付いてきます。
090921_3
ホットサンドは豊橋でも珍しいらしいです。このホットサンド結構味が濃くてこれだけで十分な朝食になりました。

お店の中も中々カオスな雰囲気で良い感じです。京都もそうですが、こんな風に喫茶店文化が根付いている地域って羨ましいですね。

7時にお店を出発して名古屋を目指す。

お店を出た直後は少し体調が戻っていた感じだったのだが、太陽が高くなり気温が上がり始めるとどんどん気持ち悪くなり、全く脚が回りません。

脱水症状かと思い水分を取るも全然改善せず。お腹もちゃんと動いていない感じがしたので、この後15分おきに干し梅一粒と水分を取ると言う行為をひたすら繰り返す。幸いにも追い風だったので何とか走り続けることが出来たが、それでも20km/hを超える事も殆ど無くひたすら惰性で淡々とこぎ続ける。

そんな事を3時間近く続けた結果、少しだけお腹が回復したような気がしてきた。

名古屋ではあつた蓬莱軒でひつまぶしか、矢場とんで味噌カツを食べようかと思ったのだが、この状況ではどちらもとても食べられる訳がない。そもそもあまりの体調の悪さに名古屋で旅行を中止しようかとも何度も自問自答を繰り返していたが、京都で友達に会う約束を前日したばかりだし、なによりこの機会を諦めたくなかった。

そんな事を延々と考えて黙々と走っているとある時突然脳内でこれが流れた。

そうだ!名古屋名物にはきしめんもあるじゃないか!?きしめんならお腹にも優しいし、エネルギーになる筈だ!

と急に浮かれ出して「きしめん!」「きしめん!」と意味不明な掛け声をかけながら名古屋へのラストスパートを始めました。ただ携帯で検索かけてもあまりお店が見つからず、結局熱田神宮の休憩所にある宮きしめんへ行く事に。

熱田神宮に到着し先ず参拝。

参道の細かい砂利がクリートにあたって非常に喧しく歩き難い・・・

参拝を終え休憩所に向かうとお昼前なのに結構な混雑。もう少し遅くてお昼を過ぎていたら洒落にならない混雑だったかもしれない。
090921_5
少しでも体力を付けようと、頼んだのはとろろきしめん。休憩所の簡易店舗ですが出汁もしっかり出ていて、とても美味しくて良かったです。

これで少しは元気になったかと思いきや、あまり状況は好転せず。むしろ脚が痛くなり始め色々悪化してきた。脚の痛みは何処か傷めたと言うより疲労により筋肉が痛くなったと言う感じ。

気が付くと名古屋城がちらっと見えたのだが、もう寄り道する気力もなくあっさりスルー。一宮を過ぎて木曽川を超え岐阜へ。

この頃段々内股が痛み始め、気が付くと痛みがハムストリングに移動。久しぶりにバンテリンの登場!コンビニ休憩で塗ると即痛みが和らぎます、ロングライドには必携ですねバンテリン。

気が付くと幾ら漕いでも心拍数が120を超えないかなりやばい状況になっていたが、相変わらずの追い風に助けられ県道18号を関が原に向け走り続ける。

日が暮れ始める頃何とか垂井に到着しいよいよ関が原越え!

と気合を入れていたのだが、随分ゆるい坂が続きます。ただ疲れが酷かったのとお尻がひたすら痛かったので、前日にも多用した休む為の重いギアを使用した低ケイデンス立ち漕ぎをおりまぜてゆったり上り続けます。

一番高いところでも200mに満たず非常に快適に上れました。そして驚いたのだが、その頃には一日中悩まされた気持ち悪さが無くなっていました。そして脚もかなり回るようになって来た。

これは、坂を上る為の低ケイデンス立ち漕ぎが良かったのか?日が暮れてきて気温が下がり始めたのが良かったのか?麓で飲んだリポビタンDスーパーが効いたのか?www単純に体調不良の峠を超えて回復してきたのか?

多分すべての複合だと思うけど、今日一日の不調が嘘の様に体が動き、下り基調の道を気持ち良く駆け抜けました。米原を越える頃には、みたびのナイトランに突入!渋滞する国道8号を走り続け彦根到着。
090921_7
彦根ではなんでか知らないがちゃんぽんが有名との事だったので前もって調べておいた三平であんかけチャンポンを頂く。

本調子ではないお腹にやさしく、野菜もたっぷりで栄養もとれ美味しかった!

そんな感じで本当に何とか三日目のホテルにやっとたどり着けました。一体何回途中で走るのを止めようかと思ったことか・・・何より無事にたどり着けて良かった!!

三日目の走行記録

走行距離 161.34 km
平均速度 19.3 km/h
平均心拍数 129 bpm
平均ケイデンス 67 rpm
獲得標高 699 m

もう心拍数とケイデンスが前日までと違いすぎです。本当にこの値を見てもよく走りきれたなと思いますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

茨城→大阪 ツーリング日記 二日目

二日目は7時前に起床、ホテルの朝食サービスが7時からという事でそれに合わせて行動開始。

前日ブラケットが壊れ吹っ飛んだEDGE705だが、充電も終わり無事起動した。しかしこのまま持ち歩くのでは役に立たない、そこで以前埼玉ブルベの際にコマ図ホルダーをハンドルに固定する際に使用したシリコンバンドの出番!
090920_1
右上にあるのがぶっ壊れたブラケットの土台部分。左下にあるmodeボタンが押し難いがとりあえず何とかなりまいた。このシリコンバンド、前日にブラケットがグラグラしているのに気がついて持ってきたのだが、大正解でしたね!

そんな感じで8時20分位にようやく出発。先ずは40km弱先の由比を目指します。

途中から沼津400kmのスタート直後のコースに合流、富士川を越える所までブルベコースを走ります。その富士川を超える橋からはとても綺麗な富士山が見えます!
090920_2
ただ雪のない富士山は今一メリハリに欠けると思うのは私だけだろうか?

この辺は比較的順調にクリアして由比に到着。目的地は食堂さくら屋!だったのですが、どうやっても旧道からの行き方が分からない。地図で見た時は道がある様に見えたのだがどうにも見つからない。しばらく行ったり来たりを繰り返したのだが、どうにもならずに結局断念・・・

意地でも桜えびが食べたかったのでうろうろしていたら、由比駅前の食堂に桜えび定食ありますの張り紙。
090920_3
かき揚げ、釜あげ(塩ゆで)、佃煮とご飯に味噌汁で1100円。まぁそんなにCPが良い訳でもないがとりあえず目的の桜えびが食べられたし、てんぷらもふんわり柔らかくて美味しかったのでよしとする。

この後旧道がバイパスと合流しバイパス脇の歩行者自転車専用の側道を走る事になるのだが、特に由比側の区間がとりあえず走られるギリギリのスペースを用意しましたって感じで最低な状況でした。
090920_4
高速と分かれる辺りから急に道幅が広がり、目前に前日とは大きく表情の違う綺麗な海が見えます。海は凪いでいるけど海岸はそこそこの風、しかも向かい風・・・

漕いでも漕いでも中々進まない向かい風の中を、清水、静岡、焼津、島田と1号をひた走ります。由比を出てから凡そ三時間、ようやく東海道の難所の一つ大井川に到着!
090920_5

大井川を越えると坂に突入!と言っても2kmで120m程上るくらいなのでそんなに辛くは無い、と言うかずっと平地を走り続けて疲れも溜まっていたし、お尻も大分痛くなってきた所だったので、この上りが結構ありがたかったです。久しぶりの山間で木陰を走るのも気持ち良く、休む為の立ち漕ぎなど混ぜながら峠を越える。

この後下りを非常に快適に下りながらその勢いで、掛川、磐田と通過
090920_6
この連休は秋祭りのピークでもあった様で、旧道を走っていると近所の町内会のパチモン祭りとは違うとても雰囲気のある村の鎮守お祭りがあちこちで見かけました。時間に余裕があれば一箇所くらい祭り見学がしたかった・・・(残念)

前日の運動会といい、お社の秋祭りといい、とても季節を感じる素晴らしい光景でした。ただ秋にしては少し気温が高かったですが・・・

夕日の中浜松に到着。なんか凄い発展していますよ!浜松ってこんなに都会だったんだ!って政令指定都市だから当たり前なのか(苦笑)

さて浜松と言えば浜名湖、浜名湖と言えばウナギ!と言う訳で本日の夕食は勿論ウナギ!お店はかねりん鰻店です。人気店らしく5時開店で5時20分に着いたら既に満員。しかしお客の回転が随分良いみたいで直ぐに席に座れました。
090920_7
注文したのがうな重(中)に一品料理のきも焼きを付けてみた。左の小鉢がきも焼きですが、これは酒のあてですね。残念ながら自転車なのでお酒を飲むと飲酒運転で捕まってしまいます。

うな重はとても美味しかった!身の食感がしっかりあり、味もしっかりついているけど決してくどくない感じです。関東風らしいですが私的には大満足なお店となりました。

お腹もいっぱいになりお店を出ると真っ暗・・・はい本日もナイトラン。

最初二日目の宿を浜名湖岸に取ろうと思っていたのだが、予約を入れようとした時には既にいっぱいとなっており、仕方なくビジネスホテルが多数ある豊橋に予約。

そんな訳で全く何も見えない夜の浜名湖を渡り豊橋までラストスパート。結局前日と殆ど同じ8時過ぎにようやくホテルに到着。

二日目の走行記録

走行距離 184.09 km
平均速度 21.7 km/h
平均心拍数 143 bpm
平均ケイデンス 78 rpm
獲得標高 777 m

う~ん何でこんなに距離が伸びたのだろか?やっぱり静岡県が長すぎるからか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

茨城→大阪 ツーリング日記 一日目

睡眠時間2時間で6時起床・・・頭が痛い

一瞬出発を取り止めようかとも思ったが、ブルベ超人Abさんの御言葉「風邪がヤバヤバだったが、まあ走れば治るんじゃねーか」を思い出し、ごそごそと準備を終え6時45分に出発!

家を出ると直ぐに体操着の小学生達を見掛ける、そうか運動会のシーズンなんですね。その後も何度も体操着の集団を見掛けたけど、運動会ってそんなに一斉に行われるものでしたっけ?

順調に走り続けて二時間半程で日本橋到着!
090919_1

自転車の後ろにあるのが日本国道路元標の複製。今回は目的地が大阪でその大半が国道一号を走ることになるので、ある意味ここが今回のツーリングの基点ともいえる場所です(まぁ既に60km程走っていますがね)

横浜までは国道1号ではなく15号を利用。まだ人の動きが無い時間なので銀座なども順調に走り10時半頃に鶴見到着。ここで肉そばを食べようと思っていたのですが、開店時間を勘違いしていてまだ準備中でした・・・orz

流石に先も長いのに一時間もまっている訳にいかずなくなく諦めました。で適当に携帯で近所の店を探した結果
090919_2

いきなりスイーツ!(笑)

我ながら行動がおかしい気もしますが、まぁ気にせずお洒落なPATISSERIE Laplaceの店内でジャージ姿でミルフィーユとスフレを頂きました。

エネルギー補給し再び走り始める。この辺から段々風が出てきましたが基本追い風基調だったので非常に快適。

横浜を過ぎて国道1号に入り保土ヶ谷辺りで坂を上っていると後ろからクラクション。見ると爺さんが追い抜きかけるところでした。それだけなら問題ないのだが、ちょうど渋滞していたので直ぐに私が抜き返して、また車が動くと追い抜くというのを4回ほど繰り返した。そしてその都度クラクションを鳴らしていく・・・

やかましい!

さっきから渋滞している道路を走っているのだから、車が追い抜くことくらい良く分かっている。それともそのクラクションはイラつかせる為に鳴らしているのか?それならその目的は見事に達成したよ、思わず4回目に鳴らされた時はタイミングを合わせて車の前に飛び出そうかとも思った。本当に意味を考えない行動は止めて欲しい。

その後再び食事休憩、鎌倉峰元の東戸塚店です。ちょうどお昼時で入った時には満員だったのだが、今更他のお店を探すのも嫌だったのでそのまま待つ事にする。結局待ち時間は15分くらいだったかな?
090919_3
食べたのはお勧めの親子丼、半熟とろとろで汁だくな親子丼はとても美味しかった!

この後GoogleMapトラップが発動。戸塚で国道1号は一旦分岐するのだが、GoogleMapではどうしても戸塚駅を越える方のルート設定が出来ない。どうやら経路としての情報が線路で途切れているみたい、仕方ないので横浜新道と合流する方をルート設定してたのだが、このルート途中でいきなり軽車両通行禁止になった上に側道がない・・・

非常に見難いUUDの地図を頼りにえらい迂回をして何とかルートに復帰。

一旦国道1号を離れ国道134号線で海岸沿いを走る。
090919_4
台風がそれたとは言えやはりまだ海は荒れ気味でした
090919_5
それでも烏帽子岩の辺りでは、その荒れた波を求めてわらわらサーファーが浮いていました。

海岸線を気持ちよく走り続けて大磯から再び1号線に戻り西進し、国府津から北上して松田経由で御殿場を目指す。

本当は東海道を進むのなら素直に箱根越えをしたかったのだが、初日に走る予定で180kmになりそうな状況で箱根を越せる自身が無かったので、情報を集めた結果御殿場越えの方が無難であろうと判断。

途中なんかお腹が痛くなってきたのだが、そのタイミングで牧場のジェラート屋さんを発見!
090919_6
勿論食べましたよ!ミルク味を!
さらにお腹が痛くなりましたが(馬鹿)

日没直前の富士山を見つつ先を急ぎます
090919_7

御殿場市内に入る辺りからナイトラン突入、目的地は少しルートから外れるけど口コミが中々凄かった魚啓です。
090919_11
ここもちょうど夕食時で満員だったのですが、タイミング良く席が空いたので直ぐに席につけました。席について周りを見渡すと怪しい物体発見。
090919_8
思わず写真を撮らせてもらったその物体は、なんとかき揚げでした!しかもこれが普通に一人前らしい。その後も次々この座布団の様なかき揚げがあっちこっちのテーブルに乗せられていました。
090919_9
私はおまかせ丼とイカ刺しを注文。先にイカ刺しが来ましたが、これって一杯をそのまま刺身にしていない?
090919_10
そして届いたおまかせ丼、これもでかいです、種類も多いです、味噌汁のサイズがおかしいです(笑)

すべて美味しく頂きました!食べ過ぎで前傾姿勢を作るのが辛かったwww

ここからは下るだけなので一気にホテル、沼津の直ぐ手前スーパーホテル長泉を目指します。

ホテルが見えた~って所でハプニング発生。段差を越えた瞬間EDGE705のブラケットが壊れて吹っ飛んでいきました!グラグラしていて危ないと思っていたのですが、まさか最後の最後で吹っ飛ぶとは予想外の出来事。幸いにも本体に傷らしい傷は見当たらず正常に動いていたので助かりましたが・・・

結局20時10分位にホテル到着し何とか無事に一日目終了。かろうじて神奈川を脱出したばかり、まだまだ大阪は遠いです。

初日の走行記録

走行距離 203.92 km
平均速度 22.7 km/h
平均心拍数 151 bpm
平均ケイデンス 78 rpm
獲得標高 1351 m

???予定では走行距離は180kmくらいだったのに、気がついたら200km超えていますよ!しかも6時45分出発の20時10分到着なら13時間25分でBRM200kmの制限時間13時間30分をぎりぎりクリアしていますwww

Audax Japan認定してくれないかな(苦笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

茨城→大阪 ツーリング日記 準備編

思い立ったのは何時だったか、多分ブルベで600km完走出来た時からだろう。

千葉600kmは何て言うか600km走った割にはそのコースのスケールが分かり難い気がした。普通に考えたら自転車で600km走ったと言われれば何かおかしいのでは?と呆れられる距離。その呆れられる距離を分かり易く説明出来るのは何だろうか?と考えパッと頭に浮かぶのが、東京⇔大阪!ではないだろうか?

そこで今回の連休、カレンダーは5連休になっているが会社は4連休。それでも4日あれば大阪まで行ける筈!季節的に運が悪ければ4日とも雨、と言う悲惨な状況が考えられ、ブルベならともかくツーリングで雨の中をひたすら走る気にはなれないので、実際に走るのかどうかの判断は直前にする事にした。

そんな事を考えていたら案の定台風発生!台風の進路次第ではツーリングが冒険になってしまうかもしれないので、ギリギリまで判断を保留していたが、二日前に台風はそれるとの予報が出たので大阪行きを脳内決定!

ちなみに同じタイミングでオダックス埼玉主催の1000kmブルベのアタック秋田が行われる。流石にまだ1000kmチャレンジは敷居が高すぎたので今回は不参加としましたが、来年以降チャンスがあれば挑戦はしたいですね。

閑話休題
一応それまでのちまちまとネットで経路情報を集めていたので、それを自分なりにまとめてルートを作成。今まではALPSLAB routeを使ってEDGE705へルートを転送していたのだが、タイミング悪くメンテナンス中でルート作成出来なかったので始めてGoogle マップを利用したのだが、これが後に幾つかのトラップを発動させる事になるとは、全く気がついていませんでした。

ちなみに普通 東京→大阪 で考えた場合始点は勿論日本橋の道路原標が分かり易いと思うが、茨城から輪行して行くこと考え、結局自宅から自走することにした。

そして服装は走行時は日焼け止め効果を期待して長袖インナーと2XUのコンプレッションタイツ、半袖ジャージとレーパンの組み合わせに決定。これを毎日宿で洗う事にして着た切り雀作戦を敢行。後は帰り及び何かの折用に半袖Tシャツに下着とバイカーズパンツ。

その他は一応のレインジャケットにウィンドブレイカー後はハンドタオル等、それに輪行袋と普段持ち歩いている携帯工具や代えのチューブx2、あとタイヤがかなり不安だったので邪魔だったがタイヤを一本もって行くことにした。

そんな準備をしていたら時間は4時・・・orz

5時半起床、6時出発の予定が結局6時起床、6時45分の出発となりました。

あまりに準備だけで長文になったので、一日目は次記事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事帰宅!!

三泊四日のツーリングを終えて無事帰宅しました。
四日間の総走行距離

675km!!

090922_z

過去最長を更新♪

詳細レポートは明日以降。
明日から仕事だが会社に行けるかな・・・


。。。( ̄。 ̄ )ボソ
前記事のゴーウェストには誰も反応してくれなくて寂しい

| | コメント (3) | トラックバック (0)

西へ!!

台風も逸れた!
4連休です!(カレンダーより一日少ない?)
さぁ旅立とう!!

激しく何か間違っているwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

33333

愛車の走行距離が33333kmを越えた。

33333

この手の数字って30000とかよりぞろ目の方がなんとなく嬉しいのは私だけだろうか?www

大体二年二ヶ月での走行距離だから月平均でおよそ1300kmくらい。以前より少し減ったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホイールから異音

日曜日はどろどろになった自転車を洗車し、ジャージ等も洗濯。

自転車はさかさまにして乾燥させて、今日ワックスを塗ってホイールを付け注油していると、ゴポッっと変な音が聞こえる。

何処で鳴っているのかと耳を澄ますと、後輪がゆっくり回ると音がする・・・

後輪と言えば、土曜に初パンクしてチューブ交換・・・

もしや!と思い空気を抜いてタイヤを外したら案の定出て来ました、水が!

あ~雨の中チューブ交換したからしっかり水が入ってしまったようです。多分一週間もすれば蒸発はしたのだろうと思うが、やっぱりホイールに水が入ったまま放置するのって良くないのかな?

たった37km、二時間強の走行の結果、その後のメンテナンスの手間はとても大変でした(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM912千葉300km DNF & 初パンク体験

千葉600kmから早三ヶ月、久しぶりのブルベです。

ずっと良い天気が続いていたので全く天候の心配をしていなかったのだが、前日になって天気予報を見ると土曜日は雨・・・なんで?

西の方がより雨の確率が高く、千葉の方は少しは低めだったので祈っていたのだが・・・

家を出ようとすると雨が降り始め、途中の高速で土砂降り、都内に入る頃落ち着いたと思ったら、葛西辺りで再び土砂降り、アクアラインに入る頃には雨は上がり、木更津に渡っても雨は降っておらず無事袖ヶ浦に到着。

受付しようとすると雨が降った所為か場所が少し変わっていた。ブリーフィングでは次回からスタッフの人数を抑える為にゴールを無人化するとの話。スタッフの人たちの労力を減らす為には仕方ないですが、ゴール後のカレーが食べられなくなるのは寂しいですね~

その後車検を受け二組目でスタート。

雨は降っていないが、直前までかなりの降水量があった様で前車の水はねが凄いです。池のようになっている水たまりもあって酷かった。

そこそこ良いペースの集団だったので頑張ってついていくが、やっぱり17km位から始まるアップダウンでちぎれて独り旅。

この辺から雨がぽつぽつと降り始め、少し進むと段々雨脚が強くなったので道端でレインジャケットを着て再スタート。この時の道端で止まったのが悪かったのか、直ぐに後輪がすべる様な変な挙動を感じる。何だが良く分からないけどそのまま走るがやはりおかしい、と思ったらパンクでした。

実はこれが自転車に乗り始めて1年と5月にして、初めてのパンク。

まぁ何時かはするだろうと思っていたけど、スタート直後、雨の夜、街灯も無い真っ暗な林道ってシチュエーションで起こらなくても良いじゃないかと思う・・・orz

タイヤを外すのに手間取り、更にタイヤに張り付いたチューブを外すのに手間取り、空気を入れたたら上手くはまっていなかったようでCO2を入れた瞬間脱腸。一旦空気を抜いてタイヤが外れた辺りを改めて入れなおして再びCO2を入れる
・・・
再び脱腸
・・・
orz

なんでだろ?空気を少し入れて確認した時は問題なかったのに・・・

手持ちの予備ボンベは2本、と言うことで次に失敗したらひたすらミニポンプでポンピングをしなければならなくなる。再び空気を抜いてしっかり確認してから再注入。

何とか無事パンク修理完了。しかし始めての経験と場所が場所だけに手間がかかりこれだけで20~30分消費です。しかもその後も今一脚が回らずに速度が出ず、日付が変わってからようやくPC1に到着。

この後天候が回復するのは分かっていたし、アクシデントさえ起こらなければ、普通に頑張れば完走は出来たと思うが、完全にモチベーション低下。そんな訳でここであっさりDNF決定。単独走で目的がないと一旦下がったモチベーションを上げるのは難しいですね。

そして予想外の事として、PC1で念の為の有人チェックをしていたスタッフさんがスタート地点まで送ってくれました!お蔭様でブルベなのにお手軽にスタート地点まで帰って来られました。お忙しい中わざわざの対応ありがとうございました。

とりあえず直近の課題としてはパンク修理の技をもう少し身に着けておく必要がありますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

またとれた・・・R

またガムを噛んでいたらインレーがとれた・・・

この4ヶ月の間に3本もインレーが取れましたよ、一体どうなっているのだろうか?

前回同様今回も虫歯起因ではなく、セメントの劣化によるものらしく、インレーはそのまま再利用出来たので治療が一回ですみました。

それにしてもこの連続っぷりは一体何なのだろうか?ガムの噛み方が悪いのか?とりあえずタイトルにSとSSとか付かない事を祈ろう(さっきANIMAXで無印が放映されていたのでつい・・・www)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予想以上の参加者?

来週末に行われるオダックス埼玉主催のBRM920埼玉1000km アタック秋田

今年唯一の1000kmブルベ、流石に600kmで限界に達した身では、まだまだチャレンジ出来ませんが、気になるイベントなのでちょくちょくオダックス埼玉のWEBを見に行っていました。そのサイトに「予想以上の参加者数の為スタート地点を変更します」と告知が行われたのが先週中ごろ。

週が明けて募集が締め切られたので再びサイトを見に行くと「参加者多数の為、時差スタートにすます」との告知。

1000kmブルベで時差スタートって一体どれだけ!?

スタートリストが上がっていたので数えると、その数156人!!

1000km、制限時間75時間の長丁場。参加される皆さんは十分に気をつけてブルベを楽しんできて下さい!そしてこれだけ沢山の方は走るのだから、折角なので日記やブログを書いてくれると嬉しいですwww

来年は参加出来る脚を身につけていたいな~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

種目交代?

先週、来月の団体戦のタンゴ要員に決まった、と書いたのですが今日サークルに行ったら、他のメンバーの都合によりチャチャチャ要員へと変更されていました。

・・・

チャチャチャ

・・・

思いっきりラテン、リズム感が無くてとても苦労するラテンですよ!

先生とデモしか踊った事のない新人さんと無事踊りきれるのでしょうか?と言うかフィガーどうしよう。彼女が先生とパーティーのデモで踊ったステップを覚えるのはちょっと現実味がないし・・・

今回の団体戦、とてもプレッシャーが増しましたorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルベとセンチュリーライドの違い

昨日書いた通り、無事に笠間のセンチュリーラン完走出来たのですが、実は走る前に完走出来るか不安でした。

ブルベで散々長距離を走っているのに160kmのセンチュリーライドに何故不安を感じるのか?それは制限時間が短いから!

ブルベは走行距離600kmまでは15km/hを基準とするけど、センチュリーライドは20km/h。実際に今年走ったブルベで最初の160km地点の通過時間で8時間以内だったのはたったの一回、千葉600kmの時の8時間ぴったりのみです。それ以外の5回は全て8時間オーバーでした。

埼玉300kmでご一緒にゴールされた方もその時間が問題と言ってセンチュリーライドは走らないって言っていた。なので私も本当にセンチュリーライド完走出来るのかを危ぶんでいた訳です。

でも無事完走。

改めてブルベとセンチュリライドの違いを考える。大きな違いは休憩と獲得標高でしょうか?

先ず休憩が圧倒的に短い!今回は各PCで5分、10分、5分、それにコンビニで食事をした10分の計30分でしが、ブルベだとまぁ休憩回数はCPの数と同じ3回とすると、それぞれ一回につき短くて15分、長いと30分も休んでいます(苦笑)

まぁ早い人はもっと休憩時間が短いのですが、トイレに入ってレシートチェックの為に何か買ってついでに食事もしたりしていると時間があっという間に過ぎます。また200kmはともかくその先の事も考えるとある程度しっかり休みたいなんて考えると、計一時間程のの休憩でしょうか?これだけでプラス30分ですね。

また獲得標高ですが、今年参加のブルベで一番少なくて100kmあたり744mでした(信頼のおけないEDGE705データから)、今回のセンチュリーでは100kmあたり701mです。この差は小さい様で結構大きな差に感じます。
(ちなみにきつかったのは100kmあたり1105m獲得した埼玉200と、1146m獲得した神奈川400)

さてセンチュリーライドは笠間しか参加した事が無いのですが、他のセンチュリーイベントではどんな塩梅なのでしょうか?大体同じ位の獲得標高になるのかな?それによって受ける感覚は違うと思います。

距離的にはあまり差の無い200kmブルベと比べた場合どちらの方がより大変になるのか、脚質によって結構変わりそうですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

センチュリーラン笠間2009

ICA(茨城県サイクリング協会)の申し込み時のごたごたでどうなるかと思っていたセンチュリーラン笠間ですが、昨年と殆ど同じ位の人数を集め、昨年と違い雨の心配も全く無い素晴らしい天気の中開催されました。

7時に現着して、自転車を組み立て受付に向かう。受付を済まして車検を受けるのだが、事前にショップによる点検を義務付けている割にはしっかり現地でもチェックする。ならショップでの事前点検なんて必要ないと思うのだが・・・
090906_2
今年は100番台の出発と言うことで比較的前の方でスタート!

10km位から早くも列車から外れ独り旅・・・前にも後ろにも沢山人はいる筈なのに何でこんなに早く独り旅になるんだろうか?

この後も今日一日、独り旅か気が付くと後ろに列車形成されて、どんなに鈍行になっても後ろに付いたまま走り、早い列車が来たら抜き去られるを繰り返すことになる。

ぐるっと一周回る筈なのに常に向かい風を受けている気がしたのは気のせいだろうか?それと後ろにつくのは良いのだが、二回ほどちょっと際どいタイミングで信号を通過した時、どっちも後ろの3,4台がついてきたのは如何なものか?切れるのは嫌だろうけど素直に諦めようよ・・・

閑話休題

第一CPまでは非常に順調!ってこれは去年と同じか。チェックを受けて給水とバナナを貰って5分で出発!ここから向かい風がきつくなり、細かいアップダウンが続いてちっともスピードが上がらない。

それでも何とか出発からちょうど4時間で第二CPに到着。去年は4時間30分かかっていたから30分も早くなっている~と言う訳ではなく、去年は雨宿りもしていたし、カッパでの走行もあり、そもそもCX900とRFX8では戦闘力も全く違うので、殆ど同じ時間と考えるべきだろう・・・一年経っても進化なしか・・・

第二CPにバナナは無く、トイレに行って、水を補給し、補給食を食べて10分で出発。

走っていると非常にお腹が減ってきた。ブルベ慣れ(?)した所為か休憩の度に何か食べたくなり、補給食ではやっぱり足りない。途中でコンビニに立ち寄って冷やし中華とコーラドーピング。およそ10分位の休憩で出発。

後は第三CPを5分休憩で出発して淡々とこのコースで一番の上りを二回こなしてゴールに向かう。

ゴール直前の上り坂で少し余裕があったから、全力のダンシングをしたら大腿四頭筋がぐりぐりと怪しげな動きをしたので慌てて中止、やっぱり慣れない事をするもんじゃないですね。
090906_3
そんな感じで今年は7時間11分で完走出来ました!

って後半で比較しても昨年3時間16分、今年3時間11分・・・殆ど変わらない・・・

これはあれだ、分かっていたけど私の基本的な脚力はちっとも向上していないって事だ・・・orz

変わったとすればたすら走ったおかげで持久力はついたかもしれない。去年死にそうになった後半の坂も今年は淡々と上れた(単純に嫌って程ブルベで酷い目に沢山あったので慣れただけとも言う)

来年はもう少し余裕が増やせたら良いな~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

削られたブレーキアーチ!?

栃木グルメツーリングに参加した時、リア(左)ブレーキの引きが異様に重い事気がついた。多分600kmブルベの最後の最後で、半端じゃない土砂降りに祟られた所為でワイヤーが錆びたのだと思い、センチュリーラン笠間の点検ついでにメンテナンスをショップに依頼。

そして今日会社帰りに自転車を取りに行ったら、メンテナンスをしてくれた店員さんから「前のブレーキアーチが削られていましたが、気づいていましたか?」と聞かれた。

えっ??ブレーキアーチが削れている?全く気がついていませんでした。でも多少の傷なら別に気にしませんが、と言うと店員さんが微妙な表情???

???

とにかく実際に見てみる

・・・

なっ、なんだこれは!!?

090904_1

分かりますか?拡大するとこんな感じ

090904_2

ちょっと削れている所ではなく、もう少し削れたらブレーキアーチが折れるレベルです!一体何がどうしたらこんなに盛大にアルミが削られるのかちょっと想像がつかなくて、ただただ驚いていました。

あほみたいに驚いた後(苦笑)店員さんと話をすると、ブレーキアーチを削ったのはシフトワイヤーだと言う事でした。シフトアウターケーシングの皮膜がはがれ中の鋼線が剥き出しになっていたそうです。

でもどうして皮膜が剥がれたのでしょうか?

どうやらブルベやツーリング時に付けていたフロントバッグが悪さをしていたみたい。

090904_3

090904_4

通常だと上の写真の様にブレーキアーチと右のシフトワイヤーは接触しないのですが、下の写真の様にフロントバッグを付けると、バッグによってシフトワイヤーが下に押し下げられ、ブレーキアーチと接触することが分かります。

多分このような状態でブルベで長時間走り続けた結果、まず最初に樹脂の皮膜が剥がれ中の鋼線が剥き出しになる。鋼線とアルミでは明らかにアルミの方が柔らかいので今度は鋼線でアルミが削れらた。と想像されます。

しかし点検で見つかって良かった。何も知らないでこのまま削り続けていたら、ブルベの途中夜の峠の下りなんかで、ボキッ!っていきなりブレーキアーチが折れて其の侭崖に落ちる様な大事故になっても不思議じゃない状態でしたからね。

店員さんも驚いていたので滅多にある事ではないと思うけど、一応こんなトラブルがありますよ!と注意喚起の意味も込めて記事にしました。


幸いにも最悪の事態は避けられましたが、近い内にブレーキアーチ交換の必要がありますね。しかも削られたアームはスモールパーツではないらしく全とっかえしかないみたい・・・ふぅ~一年も経たずにパーツ交換か・・・

シフトワイヤ邪魔だし、いっそNewアルテにしようかな・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ショックです

会社での出来事。

グループの後輩(中途採用)は単独での作業時に何度か大きなミスを繰り返した為、リーダーが彼の作業認定を取り消し、作業時は常にリーダーのチェックが必要になったのが先月。

そろそろ大丈夫かと思った矢先、全く予想外の所でポカミスをやらかした。

リーダーから叱られた後に、私と直近の対応を話し合っている最中に彼が何度か呟いた言葉

「ショックです」

・・・

いやそれは私達が言いたい言葉であって君が言う言葉じゃないでしょ?

確かにあまりに単純なポカミスをしたのはショックだろう。しかしそんな他人事みたいに聞こえる台詞を口に出したら不味いって思わないのかな?

どうも「ショックです」は彼の口癖みたいな感じなのだが、その余計な一言が周りの人をイラっとさせる。普段から中途半端に体育会系な喋りで、慇懃無礼な感じのする物言いが多いから余計にね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅れ馳せながら「MMDCUP III TRILOGY」

予選開始時に支援の記事を上げていた第3回MMD杯 MikuMikuDanceCup 2009 Summerが終わり、運営優勝と言われる閉会式までしっかり堪能させて頂きました!

回を追う毎にどんどん凄くなるMMD杯。参加作品も133と半端じゃない数になり、素晴らしい作品だけど賞にはならない作品が数多くあります。今回予選からMMD杯を応援していたし、折角なので私的お勧め作品を並べてみようと思います。

まず私的優勝作品!

予選時に大本命と書きましたが、もう大当たり!!夜中に大爆笑していました。懐かしの音MADの再現も素晴らしいし、ネタも最高、プールアクセサリも凄いし水の質感は本物そっくり、そしてそれを動かす技術も素晴らしい!流石は前回優勝者でした。


総合優勝作品、これは本当にアイディアの勝利でしょう!マイリスト2万越え、再生40万越えと半端じゃない数字になっています。


予選動画の期待を裏切らない、本当に素晴らしいスケート動画でした。衣装や髪型も可愛いし、表情や動きの滑らかさは他の追随を許さない存在感。


予選にはいなかったけど期待していた「ニトリの人」こと「くつしたP」の新作。大分方向性が変わったけど、相変わらずオリジナルの振り付けと表情が犯罪的に可愛いです。統制の取れていない弾幕ってのも非常に笑えたwww


公式エンディング曲製作者「ストリークP」の本気!残念ながら野球選手は詳しくないですが、それでも十分に楽しめる素晴らしい動画。野球好きな人ならそれ以上に楽しめる事請け合いですね!


凄い丁寧に作られた動画。「日常のひとコマ賞」受賞は伊達ではありません!夜明けのシーンは本当に感動です!!


「くつしたP」も使っていましたが、このモデルの可愛さは半端ない!あと深刻な米不足に大笑いでしたwww


予想通り最高の癒しを与えてくれました。本当に「べビタスP」のUTAUへの愛が溢れています。テト可愛いよ!テト!


ネタ満載で色々動きが素晴らしい!そしてレンの扱いが・・・www


これも期待していた作品。もう本当に格好良い!ただ惜しむらくは時間が少なかった所為か戦闘シーンの動きが単調になっていたことです。まぁそれ差し引いてもこのバルキリーモデルが最高である事には全く異論がありません。


ほっとする正統派、オリジナルソングにPVです。テンポが良くとてもリンが可愛い!!


これ以外にも本当に素晴らしい作品の数々、気になった方で未だ作品を見ていない方はぜひ公式マイリストを利用してニコニコして下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のパーティー

台風が過ぎ、九月になり会社に行く道に学生達が戻って来ましたね。

週末の八月最後の日曜日は、毎年恒例のダンス教室主催の夏のパーティーに参加して来ました。最近さぼり気味だったので今年はデモ関連への参加はなく、単純にパーティーにお客として参加し楽しんで来ました。
090830_1
夏のパーティーはホテルを使用し、各生徒さんのミニデモや本デモ、プロのダンスを楽しむのがメインなので、ダンスタイムはあまり無いのですが、途中途中すこしは時間が用意されていたので久しぶりに、自由に踊ったのだが・・・沢山作った引き出しのことごとくに鍵が掛かっていますorz

何かステップがあったはずなのに出てこない、まるで若年性健忘症に掛かった如くに・・・

ちょっと流石にショック大

今日サークルに行ったらまた来月に団体戦に参加する事になり、私は再びタンゴ要員と御指名を承りました・・・少しまじめに練習しないとヤバイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »