« 茨城→大阪 ツーリング日記 二日目 | トップページ | 茨城→大阪 ツーリング日記 四日目 (最終日) »

茨城→大阪 ツーリング日記 三日目

朝方お腹が痛くて目が覚める、トイレに行ってもう一眠りしたかったのだが寝付けない・・・疲れているはずなのに・・・

もぞもぞしている内に起きる時間になる。三日目の朝食はホテルではなく、有名な豊橋のモーニングを食べに喫茶店に行く為5時半時起床です。

お腹は落ち着いたが今度は頭が痛い、そしてだるい・・・疲れの所為だろうか?

今日の予定は名古屋を通過して、関が原を越え彦根まで。

全く走り切れる気がしない、と言うかホテルを出たくない・・・

30分位ぐだぐだしていたが、再びブルベ超人Abさんの御言葉を思い出す「風邪が(ry

そんな感じでのろのろ支度をして出発。
090921_1
豊橋には路面電車が走っていたんですね、知りませんでした。しかし路面電車の走る道路と交差している所を走ると路面が荒れていてとても走り難い。

少し迷いながら目的地、キッチン&カフェ MOK MOKに到着。
090921_4
このお店は何と6時開店!なので6時半にお店に到着した時には既に席が8割方埋まっていてびっくりです。
090921_2
頼んだのはアイスカフェオレ。たっぷりの生クリームにたっぷりのシロップが付いていてこれだけでも良い感じなのですが、ここは豊橋。ドリンクを注文したらこれが付いてきます。
090921_3
ホットサンドは豊橋でも珍しいらしいです。このホットサンド結構味が濃くてこれだけで十分な朝食になりました。

お店の中も中々カオスな雰囲気で良い感じです。京都もそうですが、こんな風に喫茶店文化が根付いている地域って羨ましいですね。

7時にお店を出発して名古屋を目指す。

お店を出た直後は少し体調が戻っていた感じだったのだが、太陽が高くなり気温が上がり始めるとどんどん気持ち悪くなり、全く脚が回りません。

脱水症状かと思い水分を取るも全然改善せず。お腹もちゃんと動いていない感じがしたので、この後15分おきに干し梅一粒と水分を取ると言う行為をひたすら繰り返す。幸いにも追い風だったので何とか走り続けることが出来たが、それでも20km/hを超える事も殆ど無くひたすら惰性で淡々とこぎ続ける。

そんな事を3時間近く続けた結果、少しだけお腹が回復したような気がしてきた。

名古屋ではあつた蓬莱軒でひつまぶしか、矢場とんで味噌カツを食べようかと思ったのだが、この状況ではどちらもとても食べられる訳がない。そもそもあまりの体調の悪さに名古屋で旅行を中止しようかとも何度も自問自答を繰り返していたが、京都で友達に会う約束を前日したばかりだし、なによりこの機会を諦めたくなかった。

そんな事を延々と考えて黙々と走っているとある時突然脳内でこれが流れた。

そうだ!名古屋名物にはきしめんもあるじゃないか!?きしめんならお腹にも優しいし、エネルギーになる筈だ!

と急に浮かれ出して「きしめん!」「きしめん!」と意味不明な掛け声をかけながら名古屋へのラストスパートを始めました。ただ携帯で検索かけてもあまりお店が見つからず、結局熱田神宮の休憩所にある宮きしめんへ行く事に。

熱田神宮に到着し先ず参拝。

参道の細かい砂利がクリートにあたって非常に喧しく歩き難い・・・

参拝を終え休憩所に向かうとお昼前なのに結構な混雑。もう少し遅くてお昼を過ぎていたら洒落にならない混雑だったかもしれない。
090921_5
少しでも体力を付けようと、頼んだのはとろろきしめん。休憩所の簡易店舗ですが出汁もしっかり出ていて、とても美味しくて良かったです。

これで少しは元気になったかと思いきや、あまり状況は好転せず。むしろ脚が痛くなり始め色々悪化してきた。脚の痛みは何処か傷めたと言うより疲労により筋肉が痛くなったと言う感じ。

気が付くと名古屋城がちらっと見えたのだが、もう寄り道する気力もなくあっさりスルー。一宮を過ぎて木曽川を超え岐阜へ。

この頃段々内股が痛み始め、気が付くと痛みがハムストリングに移動。久しぶりにバンテリンの登場!コンビニ休憩で塗ると即痛みが和らぎます、ロングライドには必携ですねバンテリン。

気が付くと幾ら漕いでも心拍数が120を超えないかなりやばい状況になっていたが、相変わらずの追い風に助けられ県道18号を関が原に向け走り続ける。

日が暮れ始める頃何とか垂井に到着しいよいよ関が原越え!

と気合を入れていたのだが、随分ゆるい坂が続きます。ただ疲れが酷かったのとお尻がひたすら痛かったので、前日にも多用した休む為の重いギアを使用した低ケイデンス立ち漕ぎをおりまぜてゆったり上り続けます。

一番高いところでも200mに満たず非常に快適に上れました。そして驚いたのだが、その頃には一日中悩まされた気持ち悪さが無くなっていました。そして脚もかなり回るようになって来た。

これは、坂を上る為の低ケイデンス立ち漕ぎが良かったのか?日が暮れてきて気温が下がり始めたのが良かったのか?麓で飲んだリポビタンDスーパーが効いたのか?www単純に体調不良の峠を超えて回復してきたのか?

多分すべての複合だと思うけど、今日一日の不調が嘘の様に体が動き、下り基調の道を気持ち良く駆け抜けました。米原を越える頃には、みたびのナイトランに突入!渋滞する国道8号を走り続け彦根到着。
090921_7
彦根ではなんでか知らないがちゃんぽんが有名との事だったので前もって調べておいた三平であんかけチャンポンを頂く。

本調子ではないお腹にやさしく、野菜もたっぷりで栄養もとれ美味しかった!

そんな感じで本当に何とか三日目のホテルにやっとたどり着けました。一体何回途中で走るのを止めようかと思ったことか・・・何より無事にたどり着けて良かった!!

三日目の走行記録

走行距離 161.34 km
平均速度 19.3 km/h
平均心拍数 129 bpm
平均ケイデンス 67 rpm
獲得標高 699 m

もう心拍数とケイデンスが前日までと違いすぎです。本当にこの値を見てもよく走りきれたなと思いますね。

|

« 茨城→大阪 ツーリング日記 二日目 | トップページ | 茨城→大阪 ツーリング日記 四日目 (最終日) »

コメント

夜になると走りやすくなりますよね。しかしかなり本格的に体調悪かったんじゃないですか?
完走すればOK!!

投稿: Ab | 2009/09/28 00:23

今思えば完璧に風邪でした。
普段なら確実に寝込んでいましたね(苦笑)

でも始めの内は疲労か脱水症状かと思っていたんですよねwww

完走出来たので笑い話ですが・・・

投稿: だっくす | 2009/09/30 01:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/46319061

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城→大阪 ツーリング日記 三日目:

« 茨城→大阪 ツーリング日記 二日目 | トップページ | 茨城→大阪 ツーリング日記 四日目 (最終日) »