« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の10件の記事

予防接種

インフルエンザの予防接種を受けました!

季節性ですがね~

会社で自由意志という名目の半強制で殆ど全員が接種

今までインフルエンザの予防接種で痛いなんて思った事は殆どなかったのだ、今回のはちょっと痛かった。そしてその後も腕に痛みが残り続けている・・・

医者が藪だったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶会

日曜日は今年もまた大学祭で行われるお茶会に参加して来ました。

天候も良くないし前日に霞ヶ浦を走ったので、今回は普通に車で移動(苦笑)

お昼過ぎに到着し駐車場に向かう時に前を走っていたのが痛車でしたwww最近は痛車も本当に普通に走っていますね。
091122
さてお茶会ですが、いきなり濃茶の席に正客として入れられてしまい右往左往・・・

しかも久しぶりの正座の所為か前日の走行の所為か太腿がえらく張っていて、正座するのがちょっと辛かった。結果あっという間に足が痺れて悲惨な結果に・・・

お点前の種類は濃茶に薄茶に煎茶と何でもあり状態で素晴らしかったのだが、部員の数が何時の間にやら5人しかいないという危機的状況になっていました。

部員も少ないがお客も何故か少なく何時もより早めに撤収完了し打ち上げまで時間が余ったので茶室でダラダラ過ごす、ちょっと寒くて危なかった。

何時もの如く打ち上げにも参加。そして昨年と同じように大学職員宅で二次会!www

OB3人、現役4人と去年よりもコンパクトながら趣味的会話から部活についての最近の問題や昔話まで、多岐にわたる話を延々7時間ほど話し続け朝5時に解散!!

いや本当にいい歳して現役の部員とこんなに話し込む事が出来る事がとても嬉しかったです!こんなOBの相手を全力でしてくれた現役生にとても感謝!色々大変だと思うけど、頑張って茶道を楽しんで欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霞ヶ浦一周としをみ食堂

金曜日の昼過ぎ、会社で明日霞ヶ浦を走るけどどう?とのお誘い

以前から何度が一緒に走ろうと言われていたのだが、タイミングが合わず未だに一度も一緒に走ったことはなかったのだが、今回はちょうど私も走りに行きたかったし、天気も良さそうだったので二つ返事で了承。

集合時間と言われた10時丁度に風車前に到着すると既に出発準備万端でみんな(4人)待っていました・・・ぎりぎりで申し訳なかったですorz

じゃぁ出発するかと言って右に出る・・・

って時計回りですか!?

日本は左側通行なので,海岸は右回り(時計回り)に、湖岸は左回り(反時計回り)が基本だと思っているので何時も反時計回りしかしていなかったので、この時計回りは非常に新鮮でした!

で、新鮮なのは良いのだがやっぱり色々不便でした。湖岸の自転車道が全部つながってそこだけ走ればいいのだったらあまり問題もないのだが、一般道に出る度に道路を渡る必要がある

必要があるのだが

交通量が多いと渡れない+移動距離が短い=右側通行で歩道を走る

と言うブルベを走る人間としては非常に受け入れがたい状態で先頭が進む・・・

今回だけだと言い聞かせ、歩行者に気をつけながら非常にゆっくり走っていく

ようやく湖岸の道路に戻り少し進んだところで、いきなり前を走る4人がスプリント

えっ?何それ?何時もそんな事しているの?

前もって何にも聞いていなかったので頭に?マークを多量に浮かべながらスピードアップ。しかし明らかに私の限界に近いスピードで進んでおり、ここで無理したら後々に脚が売り切れるのは必然と、少し早めで何時も通り淡々と走る。

その内一人が千切れて来たので追い越し、しばらくしてもう一人千切れてきたのでこれも追い越し、そのまま走り続けたのだが遂に前が見えなくなる、その上後ろも大分離れた様で確認出来ない。

一体何処まで先行したのだろうか?と走り続けるとそこは霞ヶ浦大橋、何も考えずに渡った所でもしかして道間違った?と思い一旦停止して追い越した二人が来ないか5分ほど待つが現れない・・・

間抜けなことに私は今回集まった誰の連絡先も知らないし、今日どんなコースを走るのかも聞いていなかったので、はぐれてしまうとどうにもならない状況に陥る。そんな状態になったので一緒に走るのは諦めて個人的な目標のしをみ食堂を目指す。

しをみ食堂は霞ヶ浦を走る自転車乗りに知られているボリュームと安さで有名な食堂で、ネットでの評判をみて一度行ってみたいと以前から考えていました。

11時半過ぎにお店に着くと自転車(ツーリングスタイルでした)乗りの先客が2名、それに何だか近所に住んでいる様な団体様とトラックの運ちゃんと土曜日という事と店の大きさを考えると良い人の入りです。ここで有名なのはカツカレー!しかし私では完食は難しいとと思ったのでカツ丼を頼む。

待っていると窓の外に前日に会社で誘ってくれた人が!

しかし他の人は見当たらない?なんだろうと思うと元々今日の予定は霞ヶ浦大橋までの往復だったらしい(苦笑)通りであほみたいなスプリントを行う訳だ。その方もしをみ食堂に行ってみたいと思っていたので追いかけて来てくれたらしい、ありがたい事です。

で、その方がカツカレーを注文!

091121_1
先ずは私のカツ丼が来ました。分かりに難いかもしれないけど、これもカツが二枚入っており結構なボリューム。これで700円は非常にCPが素晴らしい!
091121_2
そしてこれがカツカレー!

これでもご飯が最小盛です。女将さんがごはんをよそる際に必ずお客さん一人一人にこの位で良いですか?と確認していますので、もっと欲しいと言えば更にご飯が増えます。これで750円は本当に凄い!

カレーのルーの海がまるで霞ヶ浦と評されるのが良く分かりましたwww

お腹もいっぱいになったので、あとはひたすら走るのみです。

北利根橋を回り、砂利道を避ける為に国道を走り続けると段々風が向かい風に・・・

浮島に入る頃には完全に向かい風、しかも結構強い・・・結局この向かい風は最後まで吹き続けたので予定より遥かに強度の強いトレーニングとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄旅行 四日目

沖縄旅行から戻って来てから既に10日、ようやく四日目、最終日の記事です。

8時過ぎくらいからまったり行動開始。

取り合えずパッキングを終えた自転車を車に置いて身軽になります。しかし何でもかんでも輪行バッグの空きスペースに荷物を詰め込んだら半端ない重さになっていた・・・

そんな感じで色々準備が終わり、9時半過ぎにチェックアウト。

車はホテルの駐車場に置いたまま、那覇最大の繁華街の国際通りへ向かう。

10時ちょっと前の国際通りはまだ開いていない、開店準備中のお店も多かったけど、それなりに賑やかです。お客さんも修学旅行生を中心に平日の朝にしては結構居たのでは?
091109_01
途中にあったお店、良いのか?この名前?

取り合えず、色々ゆっくりお店を見ながら西から東へと進み、途中から牧志公設市場へ行く為に市場中央通に入る。

国際通りは殆どお土産物屋ばっかりでしたが、市場中央通りは入り口近くは観光客向けだったけど中に入るほどどんどん地元向けな感じのするお店が軒を連ねていてとても面白い!

気がつくと、とっくに公設市場は通り過ぎていた(苦笑)

更に裏通りを通って公設市場に入る。
091109_04
カラフルな魚や半端なく大きい海老が所狭しと売られています。どうやらここで魚を買うと上の食堂で調理してくれる様なのだが、ちょっとサイズが大きくて買う気にはなれなかった。

遅い朝食兼早い昼食を食べる為に二階へ上がるといきなり強力な客引き!取り合えず客引きは無視してぐるっと回ってから、客引きの居なかったお店に入る(天邪鬼)
091109_02
頼んだのはタコライスに刺身の盛り合わせ。刺身はとても美味しかったのだが、なんか味の傾向が似ていたのが残念だった。もう少し違う方向性で盛り合わせてもいいのでは?
091109_03
魚介類以外にも肉類のお店も沢山あり、豚は展示方法も少しおかしかったwww
091109_05
お土産を順調に買いつつ、市場中央通りの入り口付近でフレッシュジュースを購入。非常に濃厚で美味しい!

再び国際通りを戻りつつ、途中でチェックしたお店やお土産を買いつつ歩く。
091109_06
折角なので私の我が儘で県庁前駅から旭橋駅までの一駅間だけゆいレールに乗ってみた。

重くなった荷物を抱え車に戻り、改めてホテルを出発。

まだ時間にゆとりがあると言うことで首里城へ向かう。
091109_07
なんか非常に琉球って感じでしたwww

有料区域は何時かまた来る日のお楽しみ(?)として外をぐるっと周って終了、これだけでも十分観光した気分になりました。

車をレンタカー屋に戻すと、待ち時間0の素晴らしいタイミングで空港への送迎車に乗れました。運が悪いとここで30分以上ぼ~っと待たなければならないらしいので、本当に良いタイミング!

空港に着くとやっぱりあちこちに自転車を持った人が・・・手荷物も専用の受付が用意されています。

お土産まで入った輪行バッグは18.5kgと表示・・・

時間に余裕があり、更にお土産を買ったり、お茶していると外にまたポケモンジェット!

もしかして帰りもポケモンか?と思ったけど一便早い方でした。
091109_08
帰りの飛行機の中から非常に綺麗な雲海が見えました。

羽田に無事到着して、荷物を受け取り、ここでたつきさんとお別れ。割り込むような感じで旅行に参加させてもらい本当にありがとうございました。一人ではきっと沖縄には行けなかったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沖縄旅行 三日目

沖縄三日目、本島一周サイクリング二日目も前日と同じく5時起床で行動開始

夜が明けず未だに暗い外を眺めつつ、顔を洗って適当に着替えて5時半前に食事に向かう。朝食もやはりビュッフェスタイルな訳だが、驚くべきことに朝の4時からオープンしています!

帰ってから過去の記事とかを読んでいると、以前は5時からだったのが参加者の要望で4時からになったみたい・・・

出発は7時だし、みんな同じホテルに泊まってそのホテルの駐車場がスタート地点なのに、なんでそんな早起きしてご飯を食べる必要があるんだろうか?

食べ物の消化を考えてと言う書き込みも見つかったが、別にレースする訳でもないし・・・そもそも途中で休憩と補給を何度も行うロングライドでそんな事気にするの?

まぁそんな事を考えつつ、手と口をしっかり動かして栄養補給完了
091108_01_3
部屋に戻ってから、まったり準備をしていると段々夜が明け、眼下に素晴らしいリゾート風景が広がります
091108_02_3
海の色も素晴らしい!

そして予定通り7時に出発!

二日目のコースはアップダウンは少ないよ~と聞いていたが、前日の前半の様なまっ平らと言うわけではなく、せいぜい100mくらいだが非常に細かいアップダウンがちょくちょく繰り返される。

一つ目の休憩所がいきなり40kmほど先で、常に前後に列車が形成されている状況での走行となる。コースも前日と違いあまりリゾートを走っている感じではなく、気分はツーリングと言うより集団走行練習な感じ。
091108_03
一気にたどり着いた休憩所では前日に見なかった、ドラゴンフルーツやスターフルーツが用意されていました!お味はどちらも微妙?

この休憩所はトイレも見当たらなかったので補給がすんだらさっさと出発しようかと思うと出口で停められる、何で?

要領を得ない説明を聞いた限りでは、最低限のスタッフで運営しているので次の休憩所までの歩哨が準備できていないとか・・・何それ?

しばらくしてようやく再スタートな訳だが、たまっていた人数が一斉に動くもんだから車列が半端じゃない長さになる。これ良いのかなと考えながら走っていると今度はたった10kmちょっとで次の休憩所に到着・・・
091108_04
ここでは子供達がサーターアンダーギーを袋に入れて配ったり、色々お手伝いをしていて非常に癒される。

この休憩所の出発は比較的順調に出来たが、やっぱり車列は半端じゃない、そしてやっぱりたったの10kmくらいで次の昼食会場に到着。しかしたかが10kmとは言え街中に入り赤信号に捕まりまくったので結構な時間は掛かった。
091108_05
お昼ごはんはこんな感じ
091108_06
さてのんびりお昼も食べたし出発しようかと駐車場に向かうと、絶賛足止め中~

結局1時間以上の昼食休憩を取る事になり、殆ど全員が一緒に再スタートと言う状態になりました。しかも街中走行・・・

あまりに人が多くて二車線道路の一車線を完全にふさいでしまう酷い車列が形成され、非常に危険な状態で走行。

少し人がばらけて余裕が出てきた頃にはすっかり気の抜けたサイクリング状態、昼ごろから強まった日差しと暑さに負けそうになり、アイスを食べ(コンビニでガリガリ君)
091108_07
アイスを食べ(BLUE SHEALでマンゴタンゴ)
091108_09
アイスを食べ(道端のアイスクリン)

まったりゴールを目指す。
091108_08
大分後半になりようやく景色が良くなってきたので写真を撮る

気がつくと大分時間もたっており、慌てて少し気合を入れなおしてゴールに向かい、4時少し前位に名護市民会館に無事ゴール!
091108_10
ゴールでは太鼓と踊りで出迎えてくれました。

完走証を貰いに行くとその先の表彰式会場にメイドさんのGジャージを発見!奇跡的にレース参加の方や応援の方と会えて良かった。

この表彰式会場は飲み放題食べ放題という事で非常に盛り上がっていました。
091108_11
沖縄の痛自転車も見られてなんか不思議な感じ(笑)

表彰式が終わり、抽選会が始まる、景品は全部自転車・・・もし当たっても持って帰るのに難儀するのは確実(苦笑)適当な所で引き上げて薄明の中慌てて車に自転車を積み込む。

一旦車で那覇まで移動してホテルにチェックイン後、たつきさんの知人の方との飲みに混ぜて貰う。
091108_12
お通しがご飯と言う不思議
091108_13
チャンプル二品(左がそうめん、右がマーミナー(もやし))
091108_14
ぐるくんのから揚げ
091108_15
そしてサービスのぜんざい???

色々美味しく、楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

部屋に戻って、何とか自転車の再パッキングを済ませてからバタンキュウー


二日目の走行ルート
091108_00_1
コース詳細(Google maps)
二日目の標高データ
091108_00_2

二日目の走行記録
走行距離 142.16 km
平均速度 23.9 km/h
平均心拍数 139 bpm
平均ケイデンス 82 rpm
獲得標高 744 m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄旅行 二日目

沖縄二日目は朝5時起床で活動開始。

名護市民会館スタート予定が7時、ホテルから現地まで車で20分くらいで、ホテルの朝食が6時からと言う事で非常にギリギリだったのですが、折角の素晴らしいホテルの朝食を棒に振るのは勿体無いと私が我が儘を言い、6時に出発準備を完了させた状態で朝食会場に向かう。

ビュッフェスタイルの朝食なので、大急ぎでお皿に乗せて一気に食べる。ふわふわのオムレツがとても美味しかったです!出来ればもう少し落ち着いて食べたかったな~まぁ食べられただけでもラッキーなのですがね。
091107_01
大急ぎで朝食をとり慌ててつつホテルを後にしてスタート地点に移動する。スタート直前のギリギリで間に合い既に沢山並んでいる列の後ろに付く。

沖縄と言う土地柄でしょうが、沢山の外人さんがいて彼方此方から英語が聞こえます。それに応援の方にも沢山の外人さんがいました。
091107_02
ちょうど朝日が昇るタイミングでスタート!7日土曜日は本島一周とやんばるセンチュリーライド 189km合わせて700名近くが走るので、先頭がスタートしても後ろにいる私達は中々出発できない。結局道路に出れたのは先頭から10分以上遅れてからでした。
091107_03
出発直後は前日に水族館に行く時に通った道を走ります。ほぼフラットな海岸線を朝日の中走るのはとても気持ちが良い!

スタートは一緒だったたつきさんは特急列車に乗っかりあっという間に見えなくなり(苦笑)、私は何時も通りのペースで走ることになる。そして更に何時もの如く信号で切れると私が先頭になる事がしばしば・・・みんな意地でも列車に乗ろうとしますね~
091107_04
途中休憩ポイントでは沖縄ならではのシークヮーサーやサーターアンダーギーがありました。更にシークヮーサーのジュースもあったので、ボトルに入れてもらいました。
091107_05
前半の80km位はひたすら平らな海岸線沿いを走り、懸念されていた風もそれ程強くはなかったので非常に気持ち良く走れました。走りながら見える海も元々凄い綺麗だと思っていたのだが、北に向かうほど透明度が、青さが益々美しくなっていきます。日差しは強いし気温も上がり、まだまだ泳げそうな天候だったので、白い砂浜が見える度にそのまま海に飛び込みたくなる。

地図を見るとそろそろ沖縄本島の最北端になるのだが、国道58号を走っているとちょうど海岸線から少し外れてしまうので全く景色がよろしくない。少し国道からそれれば辺戸岬がある。

折角ここまで来た訳だし余裕もあったので寄り道決定!
091107_06
この写真だと分かり難いけど、本当に美しい海でした!波しぶきが純白でその上に碧い水の色が重なり、語彙が足らずに何と表現したら良いのか分からない、とにかく美しい色合いを為していました。

後で地元の人の話を聞いた所、この日は普段は見え難い22km先の与論島が見えていたみたいです。私は確実に見ているはずなんだけど、その時に島が見える事がそんなに良い事だとは知らなかったので、見たはずの島の記憶が残っていないと言う体たらくorz
091107_07
岬を後にして58号に戻ろうとすると前方に雰囲気のある山が見え、それに向かってまっすぐ道が続く。

この後はいよいよ後半の山岳(丘陵?)地帯
091107_08
の前に昼食休憩(食べかけの写真で御免なさい)

用意されていた昼食はカレー、白飯、豚汁

カレーはまぁ普通のカレーでしたが、豚汁が素晴らしい!バラ肉がごろごろ入っていて非常に食べ応えがあり、流石は沖縄!と感動します。

お腹いっぱいになった所で再び走行開始。

標高データと見てもらえば一目瞭然だが、高さ自体は一番高いところでも300mを越えないけど細かいアップダウンが数十キロにわたり続きます。
091107_09
途中でよく見かけた標識

飛び出し注意と言われても難しいだろうな~なんて思いながら進む

途中少し標高が上がった所では眼下に見事なやんばるの深い森が広がり、先程までの海岸線とは全く異なる素晴らしい景色が堪能出来ます。良い写真が撮れなかったのが残念(。´・ω・)

また途中で沢山のパイナップル畑が広がっていて、走りながら頭の中に浮かんだのは

「pineapple hill」 by さだまさし

ただタイトルがあっているだけなんですが、脳内リピート再生状態でした(笑)

091107_10
再び海岸線に出て最後の上りに向けて細かいアップダウンを繰り返します。

最後の休憩所には足切り時間が設定されているし、それをクリア出来ても日没後では山越えが厳しいと色々脅かされていて少し不安だったのだが、何とか5時前位には出発!

一気に150m程上り、そのまま一気に海岸まで下ります。

091107_11
後はラスト数kmの海岸線を沈みゆく太陽と競うように加速していきます。疲れていたけど鮮やかなオレンジ色に染まった海岸線を走るのはとても気持ちが良い。

そして5時半過ぎ、何とか日没直前に無事本日のホテル喜瀬ビーチパレスに到着!

予想以上に立派なホテルでビックリでした!(事前に全くチェックしていなかった)先ずはシャワーを浴びて汗だくになった体をリフレッシュしてから夕食。

ここでも食事はビュッフェスタイル。朝と違い時間もたっぷり、お腹はペコペコという事でがっつり食べました!ちょっと残念だったのはデザート系が果物しかなかった事。出来れば何か甘いものが欲しかった~

食後は荷物整理と翌日の準備をしてから、9時ごろに就寝。


初日の走行ルート
091107_00_1_2
コース詳細(Google maps)
初日の標高データ
091107_00_2

一日目の走行記録

走行距離 185.2 km
平均速度 22.3 km/h
平均心拍数 152 bpm
平均ケイデンス 76 rpm
獲得標高 1869 m

予想よりも獲得標高が伸びていてちょっとビックリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄旅行 一日目

この週末はツール・ド・おきなわ2009のサイクリング部門、沖縄本島一周サイクリング(1泊2日) 313kmに参加する為に沖縄に行って来ました!

初沖縄&初飛行機輪行!

と言うわけで輪行用にOS-500を準備し、前日2時近くまであーでもない、こーでもないと準備に時間を取られ、毎度毎度の3時間弱睡眠と言う寝不足状態で家を出る。

朝の出勤ラッシュを少しでも避ける為に始発で羽田を目指したのだが、拍でいきなり高校生と思われる団体が沢山乗って来て満員・・・
そしてこの団体様、上野で乗り換えても見かける・・・
浜松町で乗り換えても一緒・・・
羽田で飛行機に乗っても一緒・・・
まさかの沖縄への修学旅行生の一団でした(苦笑)

この団体様、私服OKで荷物はみんな先に宅配便で送っているらしくとても軽装。その上に殆ど茶髪でみんな判で押した様な異常に濃い化粧をしているので、若いのは分かるのだが、かなり年齢不肖な集団に見えます。はっきり言って気持ち悪い・・・

閑話休題
091106_01
無事羽田に到着し、自転車を手荷物として預けた後に朝食
091106_03
選んだのは評判の良かった、空弁工房 築地寿司岩 やわらか煮穴子重特選
ふわふわの穴子がとても美味しかったです。

食事をしていると、今回の旅の同行者(と言うか企画立案者で私はただの便乗者)のたつきさんと合流。
091106_04
今回の旅のお供はポケモンジェット!

って飛行機に乗るのは7年前にcaramel*cafeに参加する為に北海道に行った時以来なのだが、確かあの時もポケモンジェットに乗った記憶がある・・・なんか縁があるのだろうか?

ほぼ定刻通りに出発し、沖縄に昼前に到着。

荷物を受け取り空港を出て開口一番、暑い!!

日差しが強いしどう見ても夏の空が広がっています!

長袖Tシャツを着ていることを後悔しつつレンタカー屋さんの送迎を待つ。今回の沖縄旅行は荷物も多いし、公共交通機関があまりよろしくないという事でレンタカーを利用。

レンタカーを借りいざ出発の前にお昼の腹ごしらえ。
091106_05
お店は毎度の食べログで見つけたすーまぬめぇ、狭い路地にあるお店の外見は古民家そのもので非常に味があります。
091106_06
頼んだのは豚足(てびち)、あばら肉(ソーキ)、三枚肉入りのスペシャル。

食べた瞬間はかなり薄味の様に感じたが、お肉と一緒に食べるとどんどん味が深くなっていく感じで非常に美味しかった!これで650円は非常にコストパフォーマンスが素晴らしい!

お腹がいっぱいになったところで本日のお宿に向かって出発。

途中で沖縄黒糖で早速お土産を買ったりしつつ、オキナワ マリオット リゾート & スパに到着。
091106_07
野郎二人で泊まるには豪華すぎる部屋で窓の外には正にリゾートと言う風景が広がります。

一通り部屋を眺めた所で再び出発。
091106_08
目的地は沖縄美ら海水族館

現地到着が4時半、ちょうど4時からチケットと言うのがあったのでそれを購入。時間が無いので駆け足気味に周る。
091106_09
091106_10
「黒潮の海」大水槽に着いたら、もう直ぐ一日に二回しかない給餌タイムとの案内、素晴らしいタイミングでした!
091106_11
三匹いるジンベエザメが優雅に泳ぐ姿も餌を食べるのもどちらの光景も圧巻!それにマンタの泳ぐ姿も素晴らしいです。

時間は短かったけど非常に密度の濃い時間が過ごせました。あとからWEBで確認したら水族館以外にも色々な施設があってどれも楽しそうだったので、是非次の機会にはゆったりと周りたいですね。

一時間ほどで水族館を後にし、向かった先は翌日のサイクリングの前日受付会場。前日受付を済ませ説明会に参加。

その後は軽く夕食を済ませ、ホテルに戻って駐車場で自転車を組み立て1日目終了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ沖縄!

ツール・ド・おきなわ2009のサイクリング部門、沖縄本島一周サイクリングに参加する為に沖縄に行ってきます!

初沖縄に初飛行機輪行!

さてどうなるやら?
取り合えず寝不足はデフォルトです・・・orz

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コスカ

3日はコスチュームカフェ23号店に行って来ました!

今回は知り合いサークルさんが全くいらっしゃらないので寂しいイベントと参加となりました。

会場に1時近くと言うのんびり具合
091103_1
会場について初めて1フロア開催になっている事を知る・・・最盛期には3フロアまで使っていたのに最近の凋落ぶりは参加する立場として非常に寂しいものがありますね。

ただ1フロア開催になったので、19号店から始まった成人向け規制のあおりで人の移動が断絶された感じだったのが、すこしフロア全体の活気は良くなった様にも感じました。

パンフレットを買うとそこには梓さんや如月さんのイラストが載っているのに御本人様方は会場にいらっしゃらない・・・寂しい・・・

成人エリアとの境に居たスタッフさん、燕尾服なのにブラックタイ・・・なんか凄い気になる!これはあれだ、タ○シード仮面と言う有名な変態紳士が、タキシードなのにホワイトタイをしているのと逆バージョンなのか?まぁあれはタキシードでも燕尾服でもない何かなのだが(苦笑)

気を取り直して会場をうろついた後にさくらさんと合流。王立アフィリア魔法学院の制服と言うコスカにしてはちょっと何時もと違うさくらさんを撮影し、後ろに並ばれると譲り、その撮影技術に感心し、また撮影と言う妙なループを何度か繰り返すwww少しは良い写真が撮れていたでしょうか?

その後最近定番化している品川のアンミラで4時間以上居座る。一体どれだけ珈琲を飲んだだろうか?この4時間以上の間、珈琲カップが空く事は一寸たりとも無かったwww

そういえば次回の24号店は都産貿は都産貿でも台東館で行われるらしい・・・更に人が減ってしまうのではと言う不安にかられる・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

OB会と東京うろうろ

土曜日は高校時代の放送委員会(と言う名の限りなく部活に近い何か)のOB会でした。

でOB会は夜からだったし、夜遅く帰ったたらきっと日曜は自転車に乗ることは無いと自分の愚かな行動を予想(苦笑)

しかし来週末はツール・ドおきなわのサイクリング部門に参加すると言うのに、この二週間ほど全く自転車に乗っていない。それなのにこの週末にも自転車に乗らないと言うのは不味かろう、と言うことで自転車で行ってきました。

折角だから東京に寄り道、御徒町に行って自転車屋を幾つか回って買い物。その後秋葉原に移動して少しうろうろした後に再び移動。
091031_1
途中で皇居前を通過するとランナーがいっぱい!

平日なら分かるが休日だから皇居を走る為にみんな態々集まっているんだよな・・・う~ん皇居は確かに昼休みや会社帰りに走るには最高の場所だろうと思うが・・・

そんな事考えながら、なるしまフレンドに到着。なんか外装工事をしているし、11月4日から臨時休業なので改装かと思ったのだが違ったみたい、立川店の移動は関係あるみたいだが、立川じゃ私には関係ないな・・・

その後、新宿経由で埼玉へ。

7時OB会開始予定で6時過ぎに現着したので、取り合えず近所の銭湯へ
091031_2
これぞ銭湯!と呼びたくなるノスタルジックな外観。そして暖簾をくぐり下足箱、脱衣所、富士山のペンキ絵と全てパーフェクトな昭和の銭湯でした。

軽く汗を流した後、会場の居酒屋に移動

参加者は全部で12+1人と人数はそこそこでしたが、本当に久しぶりの方にも会え、近況報告だけで二時間以上(苦笑)かかると言う盛り上がり方で、非常に楽しい時間が過ごせました!

宴会は4時間以上続いたのだが、本当にあっという間に時間過ぎた様に感じました。最後に皆でこんな時間を過ごせた事を幹事に感謝しつつ、またよろしく!と暖かい(?)拍手をもってお開き!

後は家に帰るだけ。

埼玉を脱出する位までは順調だったのだが、江戸川を越える頃から冷え込み強まり、結果霧が濃くなりどんどん体温を奪っていく。そしてこの頃から大腿四頭筋が急に疲れてきて、脚が回らなくなり利根川を越え鬼怒川、小貝川を越える頃にはちょっとヤバイ感じもしたけど、何とか無事帰宅できました。

走行距離150kmとまぁ良い練習と言うかリハビリになりました。これで来週末は何とかなるだろうか?ちょっと不安が残る・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »