« 初釜?? | トップページ | コスチュームカフェ24号店 »

BRM221宇都宮200km茨城発

日曜日は今年3回目の200kmブルベ、BRM221宇都宮に参加

前日のお茶会から帰宅したのが午前1時近く、そこから少し準備等していたので完全に寝不足です。ただ今回のブルベはAJ宇都宮主催ながらもスタート地点がひたち野うしくとかなり近場の為、初めて自走で参加出来気持ち的には楽でした。

さて今回もスタートが先週の千葉と同じくウェーブ方式(一定人数毎の時間差スタート)であり、更に7時組と8時組の二つに分かれていました。この方式は昨今のブルベ人気の対策として推奨されているのかな?

私は8時スタート組でかつ受付が遅くなった為に第5グループ、つまり最後尾スタートとなりました。しかも本当は1グループあたり10人なのにDNSの人などがいた結果、最終第5グループは3人でスタートする悲しい状況・・・

出発直後は比較的脚が揃っていたので20km位まで3人一緒でした。まぁ一緒と言ってもトレインになる程ではなく、つかず離れずと言った感じにゆるゆると走ります。

20km位からだんだん前の人に引き離され、前日埼玉200kmを走ってあまり脚が廻らないと言っていた方と更に20kmほどゆるゆると走行(私は元気いっぱいでもこの位のスピードしか出せません・・・orz)

途中で第4グループの人を2人位抜いた所でPC1到着、久しぶりに人がいっぱいいます!!www

まだそんなに休む気にもなれず、肉まんとマッカンでさっさと補給を済ませて出発。

ここからもマイペースな一人旅
時々追いついたり追い越されたりするも
御一緒する事もなくやっぱり一人旅

途中で一回だけ8人くらいの急行列車に追い抜かれ、がんばればついていけるかな?と少し考えたのだが、その急行列車は今一列の統制がとれておらず、車線側にはみ出したり、落ち着きがなかったりと後ろから見てかなり嫌な感じだったので、素直に元の一人旅を選択(単純に脚が無いだけとも言う)

80km位から原因不明の右脚の付け根の痛みと腰痛を感じる。この脚の痛み、原因も不明ながら痛みを感じている場所も自分の体なのに今一はっきりしない、一瞬DNFも考えたが既に80kmを超え半分近く走っているのにもったいないと思い、何とか続行。

そんな感じで痛みに耐えながら走り続け、90kmくらいでちょっとルートから外れて寄り道、本日のグルメポイント焼きそば★ばそき家に到着です。

今回のブルベコースは、地元やら準地元やら元地元を通るコースで、途中に観光地がある訳でもないので別目標が非常に作り難く、グルメにしてもコース沿いで自転車+一人で食べ易そうな店を探すのが難しい、と言うかピンとこない感じでした。

そんな中食べログで見つけたのがこのやきそば屋さん、12時10分に着いたのですが店の前には結構な人!中を覗くと4人掛けのテーブルが二つだけ、後はお持ち帰りで対応するお店の様です。たまたまその二つのテーブルが一斉に空いたので、相席ならと直ぐに座れましたが、その後はどんどんお客が来てとても待てる様な状況ではなくなりました。
100221_2
注文したのはミックスの大
100221_3
お持ち帰りのバックオーダーが大量にあったみたいでおよそ20分ほど待たされる・・・やきそば専門店でこの人気は凄いです!

太いモチモチ感のある麺で味付けはかなり濃い目かな?普通に美味しい焼ソバでしたが、ここまで人気があるとちょっと不思議、そんなにコストパフォーマンスが良い訳でもないし・・・

そんな感じで30分強の寄り道で再び走り始めたのですが、やっぱり最後尾グループになったらしく前後に誰も見かけないままPC2の宇都宮森林公園を目指します。

しっかり休憩すれば直るかと思った痛み、走り出すと殆ど変わらない感じでゲンナリ。

PC2に向かう最後の上りが今回のコースで一番かつ最初で最後の距離のある坂でした。地図を見たときから分かっていたけど、本当にAJ宇都宮主催とは思えない平坦なコースです。

それでもその坂を上る時、シッティングで力を入れると訳の分からない激痛に襲われたのでテレテレと走る(それが実力とも言う)

何とか上りきった先に有人チェックのPC2。このPC2は公園の管理棟にあるので補給も出来ないから誰も残っていないのでかなり侘しさを感じる。早々にトイレを済ませて出発。
100221_4
急なくだり坂は直ぐに終わり非常に緩やかな下り傾向の中、小さいアップダウンが時々現れる。この時点で腰痛は治まったのだが、謎の脚の付け根の痛みは先ほどよりはましと言った感じで最後まで私を悩ませる。

また3時頃から急に風が強くなり始め、しかもそれがまともに向かい風になり非常に辛い状況になって来た
。よたよたと走り続け20km/hを切りつつも何とかPC3到着。

体が冷えてかなりいやな感じになっていたのでカップラーメンとマッカンでエネルギーと熱を補給し、ペラペラなウィンドブレーカーを着てゴール目指して出発!

相変わらずの向かい風に体力と気力が削がれる。

日が暮れるころ風が左からに変わり少しだけ走りやすくなったが、その代わりにどんどん気温が下がり半端なく寒い!

寒さに震えつつ、脚の痛みと上がらない心拍数を気にしながら何とか走る。この感覚は去年の埼玉300kmの最後の方で味わったあの状況に近い気がした。

つくばに近づくと時々知っている道に出たりするのだが、半端ない裏道仕様のコースなので直ぐに何処にいるのか分からなくなり、非常に不安な気持ちで走り続けてヘロヘロ状態になりながら何とかゴール。

AJ宇都宮にあるまじき平坦なコース(多分一昨年にあったAJ埼玉主催のアタック霞ヶ浦に次ぐレベルだと思う)なのにこのへたれっぷりは一体どうしたものか・・・

何と言うか今後のブルベに課題ばかりを残す事になった気がします、一体あの脚の付け根の痛みは何だったのだろうか?・・・

100221_00_2

100221_01

詳細コース

|

« 初釜?? | トップページ | コスチュームカフェ24号店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/47638143

この記事へのトラックバック一覧です: BRM221宇都宮200km茨城発:

« 初釜?? | トップページ | コスチュームカフェ24号店 »