« 春の8泊9日、旅行&出張(三日目~七日目) | トップページ | 春の8泊9日、旅行&出張(九日目)(最終日) »

春の8泊9日、旅行&出張(八日目)

7時からレンタルサイクルの受付が開くということで6時半前くらいに起床、そとは見事な曇天・・・TVの天気予報がこれから回復すると言う事と信じ支度を済ませて出発。

しまなみ海道ではそれなりにレンタルサイクルが整備されていて、尾道だと駅前港湾駐車場がサイクリングターミナルになります。駐車場に到着すると先客が貸し出し手続き中でしたので、ぐるっと駐輪している自転車を眺めて回る。
100313_01
予想してた通り殆どが所謂ママチャリ、それにえらいごついブロックタイヤを履いたMTBとクロスバイク系がちらほら。しまなみ海道では島内を走るのは一般道、そして島を渡るのは専用自動車道と同じ高さの橋、と言う訳でその度に結構なアップダウンを繰り返すのだがそれをママチャリで走るのはかなり辛いと思うのだが?

本当は自分の自転車を輪行したい所だが流石に無理があるので適当にクロスバイクみたいなのを選択、これで今治まで行き乗り捨てる予定でした。手続きを済ませてさて出発!と外を見たら雨が降り始めていた・・・orz

小降りならそのまま走り出したい所なのだが、降り始めたばかりにしては結構な降りだったので諦めて雨宿り。駐車場の管理人さん曰く、海の向こうを指差して「あの島の向こうが明るいだろ?そんな時は必ず晴れるから!」と言う言葉を信じて待つ。

20分位で小降りになったのでようやく出発。

尾道と向島の間には橋が二本掛かっているのですが、それとは別に渡船が市民の交通手段として広く愛されている様です。
100313_02
管理人さん曰く少しでも安いところが良いよな!wwwと言うお勧めに従い福本渡船で対岸に渡ることにした。

本当に生活に溶け込んでいる様で、次々に車やバイク、それに自転車、通学客などが乗り込みます。本の数分で対岸に着いたのだが、ここでまた雨脚が強まり再び雨宿り・・・

15分程でようやく出発!

雨が小降りになっても路面が盛大に濡れているので泥除けのないスポーツバイクでは泥跳ねが酷いことに(T_T)
100313_03
向島から因島に向かう因島大橋
100313_04
この橋は車の走行車線の下が歩行者自転車道になっている二階建て構造なので、外の風景はあまり良く見えないけど、安心感と言うか安全性は非常に高かいです。
100313_05
さて因島と言えば一般的には村上水軍縁の島と言ったところが有名だと思うけど、ヲタとしてはやっぱりこっち本因坊秀策でしょう!!まぁ時間がないのでどちらもスキップ
100313_06
次に生口島に向かうための生口橋を走る
100313_08
橋を渡っていると再び雨脚が強まる・・・何とか渡りきったところで雨宿り
100313_09
どんどん雨脚が強まり結局ここでも20分くらいのロス

既に予定より1時間以上も時間をロスしています、空を見上げてもまだ雨が降りそうな位にどんよりしているし、泥跳ねは容赦なく襲ってくるし、寒いしで完全に走る気力を無くしました。

ここからはもうどうやって自転車を降りて今治に向かうかを考えていて、途中のサイクリングターミナルで確認したと所、道の駅多々羅しまなみ公園から今治行きのバスがあると言うことで其処までは走ることに。
100313_10
多々羅大橋を越えると直ぐに道の駅到着!

公園の事務所に向かうと10分後に直ぐ先のバス停からバスが出るというので、慌てて自転車を返却してバス停に向かう。

定刻通りにバスが到着し乗り込んでようやく心が落ち着く。結局予定のほぼ半分、およそ40kmの走行となりました。天気の良い日に時間的余裕があれば気持ちの良いサイクリングが出来たのだろうと思うのだが、今のところは二度と行くかと言う気持ちの方が強い・・・
100313_11
折角ここまで橋の写真を撮っていたのでこの後はバスからの写真を上げておくwww

次の島は伯方、伯方と言えばニコ厨的にはこれしかないでしょう!走れなかったのは残念ですが・・・
100313_12
伯方・大島大橋を越えて大島に入り
100313_13
来島海峡大橋を越え今治に到着です。ここからはJRで松山まで移動
100313_14
JR松山駅からは市電に乗り換えて向かった先は道後温泉!

昔高知に一時期住んでいてその時に家族で訪れたのが最初で最後、実に四半世紀ぶりに訪れたことになる。確かその時に入ったのは椿の湯だったので本館は初体験。

違いは良く分からないのだが取り合えず折角来たのだからとちょっと贅沢のつもりで、霊の湯(2階席)を選択。
100313_15
席(?)には浴衣とタオルが置いてありましたが、何と言うかあまり落ち着く場所ではありませんね(苦笑)荷物を置いてそそくさと先ずは霊の湯に向かう。

霊の湯、雰囲気は良いけどあまり大きくないし、上にある窓には外を歩く人のシルエットが見える・・・

次に神の湯に向かうと何故か入り口が二つ?先ず右に入る、そして嫌な予感しかしないけど左にも入ってみるがやっぱり違いは全くなし。

程ほどに温まったところで2階に戻りお茶とお菓子を頂いて、さて出るかと立ち上がると何も言われずに無条件に又新殿に案内された(苦笑)まぁ面白かったので良かったですけど。

さて非常に今一感が強かったので、椿の湯にも入ってみる事にした。
100313_16
風呂の広さや開放感は圧倒的にこちらの方が上でした。お湯は当たり前だけどどちらもあまり変わらない感じで、温泉としてはまぁ及第点と言った感じでしょうか?むしろ公衆浴場としての歴史が素晴らしいのでしょう。
100313_17
湯上りにみかんソフトを食べながらお土産物屋巡り

松山土産と言えば一六タルト!!

前週に食べた伊勢の赤福と並んで私が大好きなお菓子の筆頭格!これに京都満月の阿闍梨餅を合わせて三大好きお土産お菓子です!!
100313_18
なので彼方此方でタルトぬいぐるみ(笑)を見かけて欲しくなったのだが、それをどうするんだ?と言う声に従い自重www

色々お土産を買ってから再び市電でJR松山駅に向かい、翌日の移動に備えて新大阪まで移動。

新大阪では翌日お世話になるしおりさんとFinal氏にラーメン屋に連れて行ってもらって夕食。お仕事で疲れている中ありがとうございました。

|

« 春の8泊9日、旅行&出張(三日目~七日目) | トップページ | 春の8泊9日、旅行&出張(九日目)(最終日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/47909756

この記事へのトラックバック一覧です: 春の8泊9日、旅行&出張(八日目):

« 春の8泊9日、旅行&出張(三日目~七日目) | トップページ | 春の8泊9日、旅行&出張(九日目)(最終日) »