« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の6件の記事

春の8泊9日、旅行&出張(九日目)(最終日)

いよいよ大旅行も九日目最終日です。旅行の〆として何時も色々な引き出しから楽しい旅行プランを引き出しくれるしおりさんにまたまたプランニングをお願いしたところ、少し遅いけどせっかくの季節なので京都の梅を愛で伏見の酒蔵を歩くと言うコース設定となりました。

出発は阪急の松尾駅から、と言う事は昨年お参りした松尾大社からスタート?ではなく桂川を越えて東に少し歩いたところにある梅宮大社からスタートです。
100314_01
酒造の神様がこれだけ近くに存在しているのは不思議ですね!どちらも境内には各社の酒樽が奉納されていて何か楽しいです。

境内の梅は既に見ごろを越えていましたが、やたら大きな鳥が裏の林に沢山いたり、社務所周りに沢山の猫がいたりと非常にのどかな雰囲気で癒されます。

参拝を終え次は梅の名所の定番北野天満宮へバスで移動なのですが、途中でバスを乗り換えるために西院で途中下車、さらについで?で最近有名になったらしい開店直後の養老軒に立ち寄りみかん大福を購入!再びバスに乗り移動。
100314_02
やはり有名な観光地、人も多いです!

絵馬所で北野天満宮の今昔写真展が行われていたので思わずじっくり見学。明治の頃から昭和初期までの写真って色々面白いですよね、特に北野天満宮みたいに昔から人が多い場所だと特にその違いが顕著で楽しいです。
100314_03
境内の梅は見ごろを越えた感じではありますが、広い境内なのでまだまだ満開で綺麗な梅も沢山ありました
100314_04
写真を撮ろうとしていたら立派な花粉だんごを付けたミツバチがせっせと蜜を集めながら目の前の花に
100314_05
コンパクトデジカメで綺麗に花を撮ろうとするとどうしてもアップで誤魔化したくなりますね(苦笑)
100314_06
梅を観賞しながら境内をぐるっと一回りしたところで先程購入したみかん大福を頂きます。何となくいちご大福を想像してしまうみかん大福、実はいちご大福って苦手(一度しか食べたこと無いですが・・・)大福はやっぱりノーマルが一番だと思っているので
100314_07_2
一口食べると殆どみかん!!www
爽やかな甘みと求肥、それに白餡の組み合わせはとてもすっきりした上品な味で予想以上に美味しかった!ただみかん丸ごと入っているの袋の食感が少し口に残ります、みかんを丸ごと食べられない人にはちょっと嫌な感じかも

さてしっかり梅を堪能した後北野天満宮を後にし直ぐ近所にある絶品(?)らしいみたらし団子のお店、日栄堂を探すのだが見つからない、しおりさんの持っていた地図を見る限り既に通り過ぎている・・・携帯を使って確認をすると・・・
100314_08
あっありました!しかしお休み!!営業していれば看板と暖簾が出るようですがこれじゃ分かりません。残念でしたがまた次の機会の楽しみとしました。
100314_09
今出川通りを東に少し歩いたところでこれまた京都では有名らしいLe Petit Mecと言うパン屋さんに到着。しおりさんがお土産を買うと言うので一緒に中に入ると凄い良い雰囲気でした。パンも色々美味しそうで特にアップルパイ(タルト?)がとても気になったけど、この後昼食が控えていたのでこれまた次の機会の楽しみとする事に。

この後お昼の予約が12時と言うことで少し余裕があったので御所を散策しながら移動。散歩するのに御所は本当に素晴らしいですよね、穏やかな春の日差しの中ゆったり歩くのは非常に気持ちが良いです!!この旅行中はかなり悪天候率が高かったけど、最終日に素晴らしい天気になって良かった!!

御所を抜けたあたりで時間もそれなりに経ったので地下鉄に乗って四条まで移動、向かったのはびすとろ 希味
100314_10
こちらは営業中でも看板も何も出ていないお店、知らなければ絶対に辿り着けません!www
100314_11
非常に量が多いお店としおりさんに脅されていたのですが
100314_12
本当に次々とお皿が出て来ます!
100314_13
量も多いけど、味もとても美味しい!
100314_14
写真で紹介したのはこれでも半分くらいです。本当にお腹いっぱいになりました、非常にコストパフォーマンスに優れたお店でした。

この後は京阪電車に乗る為に移動の寄り道として六角堂へ
100314_15
毎年京都を訪れていますが何故か毎回のように六角通りを歩いている様な気がするのは気のせいじゃないな、なんでこんなに六角通りが好きなのだろうか?www
100314_16
毎回の様に歩く六角通りだけど、六角堂に入るのは久しぶりでした。でふと境内に見かけた案内板、和顔愛語と言えば!

ニコ厨的にはこの方、蝉丸Pしかありません!蝉丸Pの法話が脳内再生される中、本堂の方では巡礼の団体様が般若心経を唱えておりました。
100314_17
六角通りには凄い古い自転車を飾っている昔ながらの自転車屋があり、何時見てもこの自転車が落ちないのだろうかと不安になります。

しおりさんが文房具屋さんを見たり、私がシルベストサイクルをのぞいたりしながら三条駅に到着、京阪電車で一路伏見に向かいます。
100314_18
伏見桃山で降りて向かった先はキザクラカッパカンパニー

黄桜ギャラリーで過去のCMを思わずじっくり鑑賞してしまいましたwww特に河童のCMは色々懐かしかったり、エロかったり(爆)して楽しかった。そして隣にあった河童資料館、本気で河童の資料が展示されていて思わず吹いた。
100314_19
その後向かったのは寺田屋、元々有名な旅籠ですが今年はまた特に人気があるのでは?と思います。私達が到着したのは4時過ぎで既にしまった後でしたが(苦笑)
100314_20
さらに月桂冠大倉記念館に向かうもこちらも開館が4時半までで入れませんでした・・・残念

駅に戻る途中伏見の酒の利き酒ができる酒屋油長に寄り道

このお店では利き酒セットがあって好きな銘柄を3種類を選びお猪口で飲み比べが出来ます。このシステムならアルコールに弱い私でも色々なお酒にチャレンジ出来ます。
100314_21
しおりさんが頼んだのがこちら
100314_22
そして私が頼んだがこれ。

主が色々説明をしてくれ、うんうん頷きながら選んで飲み比べたのだが
・・・
う~ん細かい説明は忘れたwww

しおりさんのも一口づつ味見させてもらったが、しおりさんの選んだ「井筒屋伊兵衛三割五分磨き」、全国酒類コンクールでグランプリを取ったと言うこれが圧倒的に凄かった!非常にバランスが良い!

それを挟んで左右(?)に少しとがった感じがするのが、私が選んだ「古都千年 無濾過」と「都鶴 萬」

「英勲 純米吟醸にごり」はちょっと甘くて荒い感じ、「備前雄町ぷれみあむ」はとても飲みやすい、「花黄桜」は良い黄桜?他と比べるのが可哀想です

良い感じにほろ酔いになりました。ふわふわ~と歩いて近鉄の駅から京都駅へ移動

ここでしおりさんとはお別れ、何時も何時も素晴らしいプランニングに感謝、感謝です。また次の機会にも一緒に遊んで下さい。本当にありがとうございました!

さて京都駅について勢いで15分後の新幹線の指定を取ってしまったので、慌ててホームに向かう。途中お土産屋さんで阿闍梨餅を売っていないのか尋ねたけど残念ながら扱っていませんでした。ここで阿闍梨餅が買えたら三大好きなお土産菓子を一回の旅行で制覇出来たのですが・・・(苦笑)

結局再び赤福(爆)を買って帰りました!

とにかく長かった旅行&出張もこれでおしまい、そしてこの日記もようやく終了・・・ではなくあと一回鉄分抽出編がありますwww

まぁ本編は無事終了です。だらだらとした長文へのお付き合いありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

春の8泊9日、旅行&出張(八日目)

7時からレンタルサイクルの受付が開くということで6時半前くらいに起床、そとは見事な曇天・・・TVの天気予報がこれから回復すると言う事と信じ支度を済ませて出発。

しまなみ海道ではそれなりにレンタルサイクルが整備されていて、尾道だと駅前港湾駐車場がサイクリングターミナルになります。駐車場に到着すると先客が貸し出し手続き中でしたので、ぐるっと駐輪している自転車を眺めて回る。
100313_01
予想してた通り殆どが所謂ママチャリ、それにえらいごついブロックタイヤを履いたMTBとクロスバイク系がちらほら。しまなみ海道では島内を走るのは一般道、そして島を渡るのは専用自動車道と同じ高さの橋、と言う訳でその度に結構なアップダウンを繰り返すのだがそれをママチャリで走るのはかなり辛いと思うのだが?

本当は自分の自転車を輪行したい所だが流石に無理があるので適当にクロスバイクみたいなのを選択、これで今治まで行き乗り捨てる予定でした。手続きを済ませてさて出発!と外を見たら雨が降り始めていた・・・orz

小降りならそのまま走り出したい所なのだが、降り始めたばかりにしては結構な降りだったので諦めて雨宿り。駐車場の管理人さん曰く、海の向こうを指差して「あの島の向こうが明るいだろ?そんな時は必ず晴れるから!」と言う言葉を信じて待つ。

20分位で小降りになったのでようやく出発。

尾道と向島の間には橋が二本掛かっているのですが、それとは別に渡船が市民の交通手段として広く愛されている様です。
100313_02
管理人さん曰く少しでも安いところが良いよな!wwwと言うお勧めに従い福本渡船で対岸に渡ることにした。

本当に生活に溶け込んでいる様で、次々に車やバイク、それに自転車、通学客などが乗り込みます。本の数分で対岸に着いたのだが、ここでまた雨脚が強まり再び雨宿り・・・

15分程でようやく出発!

雨が小降りになっても路面が盛大に濡れているので泥除けのないスポーツバイクでは泥跳ねが酷いことに(T_T)
100313_03
向島から因島に向かう因島大橋
100313_04
この橋は車の走行車線の下が歩行者自転車道になっている二階建て構造なので、外の風景はあまり良く見えないけど、安心感と言うか安全性は非常に高かいです。
100313_05
さて因島と言えば一般的には村上水軍縁の島と言ったところが有名だと思うけど、ヲタとしてはやっぱりこっち本因坊秀策でしょう!!まぁ時間がないのでどちらもスキップ
100313_06
次に生口島に向かうための生口橋を走る
100313_08
橋を渡っていると再び雨脚が強まる・・・何とか渡りきったところで雨宿り
100313_09
どんどん雨脚が強まり結局ここでも20分くらいのロス

既に予定より1時間以上も時間をロスしています、空を見上げてもまだ雨が降りそうな位にどんよりしているし、泥跳ねは容赦なく襲ってくるし、寒いしで完全に走る気力を無くしました。

ここからはもうどうやって自転車を降りて今治に向かうかを考えていて、途中のサイクリングターミナルで確認したと所、道の駅多々羅しまなみ公園から今治行きのバスがあると言うことで其処までは走ることに。
100313_10
多々羅大橋を越えると直ぐに道の駅到着!

公園の事務所に向かうと10分後に直ぐ先のバス停からバスが出るというので、慌てて自転車を返却してバス停に向かう。

定刻通りにバスが到着し乗り込んでようやく心が落ち着く。結局予定のほぼ半分、およそ40kmの走行となりました。天気の良い日に時間的余裕があれば気持ちの良いサイクリングが出来たのだろうと思うのだが、今のところは二度と行くかと言う気持ちの方が強い・・・
100313_11
折角ここまで橋の写真を撮っていたのでこの後はバスからの写真を上げておくwww

次の島は伯方、伯方と言えばニコ厨的にはこれしかないでしょう!走れなかったのは残念ですが・・・
100313_12
伯方・大島大橋を越えて大島に入り
100313_13
来島海峡大橋を越え今治に到着です。ここからはJRで松山まで移動
100313_14
JR松山駅からは市電に乗り換えて向かった先は道後温泉!

昔高知に一時期住んでいてその時に家族で訪れたのが最初で最後、実に四半世紀ぶりに訪れたことになる。確かその時に入ったのは椿の湯だったので本館は初体験。

違いは良く分からないのだが取り合えず折角来たのだからとちょっと贅沢のつもりで、霊の湯(2階席)を選択。
100313_15
席(?)には浴衣とタオルが置いてありましたが、何と言うかあまり落ち着く場所ではありませんね(苦笑)荷物を置いてそそくさと先ずは霊の湯に向かう。

霊の湯、雰囲気は良いけどあまり大きくないし、上にある窓には外を歩く人のシルエットが見える・・・

次に神の湯に向かうと何故か入り口が二つ?先ず右に入る、そして嫌な予感しかしないけど左にも入ってみるがやっぱり違いは全くなし。

程ほどに温まったところで2階に戻りお茶とお菓子を頂いて、さて出るかと立ち上がると何も言われずに無条件に又新殿に案内された(苦笑)まぁ面白かったので良かったですけど。

さて非常に今一感が強かったので、椿の湯にも入ってみる事にした。
100313_16
風呂の広さや開放感は圧倒的にこちらの方が上でした。お湯は当たり前だけどどちらもあまり変わらない感じで、温泉としてはまぁ及第点と言った感じでしょうか?むしろ公衆浴場としての歴史が素晴らしいのでしょう。
100313_17
湯上りにみかんソフトを食べながらお土産物屋巡り

松山土産と言えば一六タルト!!

前週に食べた伊勢の赤福と並んで私が大好きなお菓子の筆頭格!これに京都満月の阿闍梨餅を合わせて三大好きお土産お菓子です!!
100313_18
なので彼方此方でタルトぬいぐるみ(笑)を見かけて欲しくなったのだが、それをどうするんだ?と言う声に従い自重www

色々お土産を買ってから再び市電でJR松山駅に向かい、翌日の移動に備えて新大阪まで移動。

新大阪では翌日お世話になるしおりさんとFinal氏にラーメン屋に連れて行ってもらって夕食。お仕事で疲れている中ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の8泊9日、旅行&出張(三日目~七日目)

お仕事です

今回の目的は別子会社のみで作っていた製品をうちの会社でも作る事になり、その導入の為の情報収集及びコネクション作り。

1月からプロセス担当のエンジニアが先行で長期出張している所に、設備担当やらQC担当やら生産管理担当が交代で一週間くらい訪れるスタイル。

だったのですが、何故か私が行く前週に5人が一気に現地に向かい私の行く時は同行者なし、しかも長期出張していた3人の内2人が入れ替わりで帰社・・・なんでしょうこの環境の差???まぁ余計な付き合いが無くて気軽でもありましたが。

肝心の情報収集は難儀しました(苦笑)

私に説明してくれた向こうの責任者はプロセスエンジニアの課長さんで非常に”出来る!”と思われる方でした。ただうちと向こうでは組織の形態がかなり違っていて、こちらが聞こうとする事に対して「それエンジニアがする事?」と非常に突き刺さる言葉を投げかけます。

確かに仰るとおり、うちではエンジニアが余計な事をよくしているかもしれませんが、とにかく現状短期間で新しい製品を作るには先ず物を作る事が最優先な訳で、理解してもらうのに苦労しました、と言うか多分あまり理解はしてくれなかった様です。

そんな感じでかなり紆余曲折を経て何とか必要な情報を集められたかな?

さてそんな一週間の間、夜になると次の週末の予定をあれこれ考えていましたwww

折角岡山まで来たのだから、茨城からでは行き難い所が良いなとか、でも日曜日は毎度の如くしおりさんに関西ツアーのプランをお願いしているので一日で戻れる場所にしないと、等々考えた挙句浮かんだのがレンタルサイクルを利用してしまなみ海道を渡り松山道後温泉に行くプラン。

しまなみ海道はやたら自転車雑誌等で紹介されており、ぜひ一度走ってみたいと思っていた道なのでいい機会でした。ただ問題は天候!

週間予報では土曜の予想は本当になんとも言いにくい微妙な感じ。朝方だけ雨がぱらつく可能性が高いが直ぐに止むという予報を信じる事にしたので、金曜の夜は尾道宿泊に決定!

金曜の夕方尾道に移動、ホテルにチェックインしスーツから着替え、必要の無くなった荷物をまめてバッグに放り込み郵便局に向かう。郵便局から局留めで送り、でっかく重い荷物から解放!気分的に仕事からも解放!www

夕食はやっぱり食べログで調べた串かつ 一口、ちょっと荷造りに時間がかかり微妙な時間になった所為か小さな店内はぎゅうぎゅうの満員、そんなに時間かからずに空きますよとの言葉を信じて寒空の下待つ、待つ、まつ、マツ・・・
100312_1
結局40分近く待たされた!!そんなになると分かっていたら適当に他のお店に行ったのに・・・もう少しで風邪をひくところでした・・・

ようやく入れた店内、とりあえずお任せで適当にどんどん揚げてもらう。

これはソースで、これは塩、これは好きな方でと細かく食べ方を教えてくれるのは、ちょっと細か過ぎると思う人もいるだろうが、一見としてはとてもありがたい事です。

記憶に残っているのでは、とても大きくてジューシーだった貝柱とかふわふわのキスなど、ついつい食べ過ぎてしまいました。

お腹いっぱいになってホテルに戻り、翌日に備えて早めに就寝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の8泊9日、旅行&出張(二日目)

大旅行の二日目、10時間くらい寝たけど今一体調がよろしくない感じ、窓の外もポツポツ雨が降る曇天でテンションだだ下がり・・・

取り合えずプランに朝食が付いていたので一旦下に降り、前日明らかに食べすぎなのでお腹に優しそうな朝粥を頂く。その後部屋に戻るもやはりテンションが上がらず部屋でグダグダ過ごす。

それでも折角来たのだからと活を入れ、予定より一時間ほど遅れて行動開始!

先ずはホテルから歩いて直ぐの外宮へ向かう
100307_1
前回お伊勢参りをした時は時間の都合と自分の無知の為、内宮のみお参りする片参りとなっていたので、今回はちゃんと外宮と内宮の両方をお参りする事に。

外宮は幾つかの末社があるもののゆっくり歩いて回っても結構あっと言う間に一周してしまった。まだ時間が早い所為か参拝客はあまりいない感じでした。

30分ほどで外宮を後にして、バスで内宮に移動

内宮に着いたらまずは



100307_2

赤福です!!www

伊勢に来たら赤福!
これだけは絶対に譲れません!

気温が低い所為か赤福ぜんざいを食べている人が結構いて、それを見ていたらぜんざいも欲しくなりましたwww

取り合えずぜんざいは我慢して、内宮に向かいます。
100307_3
先程行った外宮とは違いかなりの観光客の数です!

これを見る限り片参りの人達が非常に多いみたい・・・

さて五十鈴川にかかる宇治橋ですが、平成25年の神宮式年遷宮に先立ち昨年架替されたので、橋を渡ると新しいヒノキの良い香りが漂い、非常に清清しい気持ちになります。

本当に沢山の参拝者の方々と一緒に参道をあるくと、何か初詣に来た気分にもなります。

小一時間で参拝を終えた後はおはらい町を散策、11時を過ぎたところで早くも昼食
www
100307_4
そして前日から引きずった牡蠣も諦められなかったので、向かったのは二軒茶屋 内宮前店、食べたのは牡蠣の土手鍋定食!

やっぱり焼牡蠣は美味しいですね!
土手鍋はこのサイズでやるのは少し無理がある感じ・・・


お腹いっぱいになった所でおかげ横丁に入り、うろうろしているとおかげ座に到着。ここもまわりゃんせで(ry

期待していなかったのだが結構面白かった!これなら定価の300円払っても良いかな?と言う感じの施設でした。出口を出ると入り口とは違うお店だったので、現在地が分からなくなりちょっと戸惑いました(苦笑)

出口にあったお店は伊勢の伝統工芸品等を扱っていて、繊細な細工をされた根付などがあり、見ていて楽しいし欲しいな~とも思ったのだが、普段用途ではあの繊細な細工は直ぐに壊れてしまいそうで中々手が出せません。
100307_5
のんびりおかげ横丁を回っておはらい通りに戻るとそこは赤福本店!やっぱり食べ損なったぜんざいが食べたくなりお向かいの別店舗へ(明らかに食べすぎです・・・)
100307_6
初めて食べた赤福ぜんざいですが非常に上品な甘さでした。これはこれで美味しいとは思うのですが、私的にぜんざいはがっつり甘い方が好きなのでちょっと物足りない、がっつり甘いのに上品に感じる様なぜんざいになると嬉しいな~

塩昆布と梅干で口直しをした所で改めてお向かいの本店でお土産用の購入列に並ぶ

本当に赤福の人気は凄いですね、えらい大量購入のお客さんがいっぱいて持ち歩くのが非常に重そうです。私は完全に自分用(翌日以降のおやつwww)なので8個いりを一つ購入。

そしてこの後向かう友達へのお土産を購入して今回の伊勢参りは終了、バスで宇治山田駅に向かい近鉄で奈良へと移動。

5時くらいに奈良に到着、何時もの如く友達が液まで迎えに来てくれました(ありがたい事です)

この後は友人宅でのだらだらと宅飲み。去年より大きくなり全く人見知りをしない元気なちびっ子二人と優しい奥さんがとにかく幸せそうな雰囲気を醸し出しいました。

ふと気が付くとキッチンで色々用意している奥様のお腹がとても大きい様な気が・・・人の特徴を掴むのが非常に苦手なチキンとしては直接聞く事が出来ずに、奥さんが席を外した際に友人に聞いたらやっぱりおめでたでした!

何とま~3人目ですか!?この状況は高校同期の男6人、全員分の幸せを吸収しているのでは?と思う程の格差です・・・orz

いや勿論心からお祝い申し上げますよ!

そんな話題もあり、結局10時近くまでお邪魔してしまいました。相変わらず酔った友人から説教をうけたりして何だかな~と言う感じもありましたが楽しい時間を過ごせました。この御時世色々大変だろうけど頑張れお父さん!!

ほろ酔い加減で翌日の移動の為に新大阪のホテルへ向かい旅の二日目も終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の8泊9日、旅行&出張(一日目)

この会社に転職してから始めの宿泊出張、しかも月曜から金曜日までのまるまる5日間で行き先は岡山!

もうこれは前後の土日を利用して旅行するしかない!と思い直前に旅行プランを立てる。ただ出張予定が確定したのが数日前と言う事で、あまり綿密に予定を立てる事も出来ずに出発直前と言うか旅行中までワタワタとしていました(苦笑)

取り合えず先ず前半の土日はお伊勢参りをメインとして日曜日に何時もの如く奈良に居る友達をたずねる事にし、後半の土日の予定は出張中に考える事にwww

8泊9日と言う長期、しかも出張+旅行と言う組み合わせでは一体何を準備したら良いのか途方に暮れながら、結局3時頃までああでもないこうでもないと悩み、2時間睡眠での出発!

始発の常磐線で東京に向かい新幹線に乗る、なお今回の旅行は非常に鉄分が豊富なのでその辺は最後にまとめて書くつもり(爆)

名古屋で近鉄に乗り換え向かった先は鳥羽、今回は近鉄の伊勢・鳥羽・志摩スーパーパスポート”まわりゃんせ”を利用した。

11時少し前に鳥羽駅に到着、先ずは腹ごしらえと言うことで何時もの如く食べログで見つけた大家族へ向かう。本当はこの時機の伊勢ならやっぱり牡蠣でしょうという事で以前行ったいかだ荘山上中山牡蠣養殖所に行きたいと思ったのだが、電車&独り旅ではどちらも非常に行き難いので断念した。

そんな訳で大家族に行くと、既にテーブル席が満席状態!?どうやら団体様が開店と同時に入店されたようで、いい年のおっさんばかりだったので社員旅行かと思われる。

そしてこのおっさん達が半端なくビールを頼むので途中でグラスが足りなくなったとかお店の人が言っていたwww
100306_01
頼んだのは貝三種と刺身定食、先ず刺身が到着
100306_02
しばらくして、貝とエビフライが到着。貝はどれも美味しかった、そしてこのエビフライ、はっきり言って見た目かなりもっさりしているのだが、食べてそのプリプリ感にビックリでした。

お腹がいっぱいになり、取り合えずまわりゃんせで乗れる遊覧船に乗ってみる
100306_03
いい感じに雨が降り続いていますorz
100306_04
島々の風景も殆ど見えずに、一体何を遊覧したのか全く不明(爆)

その後本日の本命、鳥羽水族館に向かいます。

始めて行く鳥羽水族館、この水族館の存在は私の中では非常に特別なのです!

子供の頃大好きだったクイズ番組「わくわく動物ランド」、この放送の中で事ある毎に出て来たのが鳥羽水族館で、それ以来何時かは行きたいと思い続けていたのですが、放送終了から18年を経てようやく願いがかないました。100306_05
入り口を入って直ぐに広がる美しい熱帯の海
100306_07
実際に触れられる蛸www
100306_08
水の回廊に向かうとちょうどセイウチのショーが始まるところ!でっかいセイウチが二頭出てきて、お兄さん達のハイテンションな喋りが少しうるさい位だったけど、とても楽しいショーでした!
100306_10
次に行ったのは日本の川エリア、地味だけど日本の渓流を再現した水槽が一番気に入りました!!非常に心が落ち着き癒される空間です。清流に住むアマゴや岩魚などが美しいです。
100306_11
そうこうしている内に今度はアシカのショーの時間になったので、先ほどとは反対のエリアに移動。流石にアシカはセイウチより俊敏で芸達者でした!ただこちらは司会のお姉さん達の演技が今ひとつだったので、トータルでの面白さはセイウチの方に軍配!
100306_12
最後に鳥羽水族館の目玉の一つであるジュゴンをじっくり観察・・・ひたすら海草を食べ続けています、そりゃもう延々と・・・www

最近開館した水族館に比べると、インパクトは少し劣るかもしれないけど、非常に雰囲気が良く、気持ちよく楽しめる水族館でした。今回訪れることが出来て本当に良かったです!

十分に水族館を堪能して駅に戻る途中、と言うか直ぐ隣にミキモト真珠島がありこれもまわりゃんせで入れるので入ってみた。

中に入ると直ぐに海女さんの実演があると言うので海岸へ向かう。

で海女の実演だが・・・まぁあんなものでしょうね~そんなに見てて面白いものでもありません

その後真珠博物館に向かい養殖真珠の技術をじっくり見て廻り、今まで大きな勘違いをしていた事が判明!良い感じに知的好奇心を満たせました。

しかしこの島の入場料1500円はぼったくりだな~まわりゃんせで入れたから知的好奇心を満たせたなんて言えるけど、正規の料金を払っていたら二度と来るかこんな所!と言う評価になりますね。

鳥羽駅に戻って今度は夕食を食べる為に松阪に移動wwwまわりゃんせのフリー区間なので気軽に移動出来ます

松阪と言えば松阪牛!
いつもの如く食べログで(ry

向かった先は一升びんと言うチェーン店の宮町店、何でこの店舗かと言うと
100306_13
ここには回転焼肉があるのでした!www
100306_14
見ての通り回転寿司のシステムです。違いとしては、お肉が痛まない様にコンベア上をしっかり覆いがあり冷蔵庫の様になっています。下にあるボタンを押すと6秒間だけ扉が開く仕組み。

一人でも気軽に松阪牛の焼肉が食べられますが、コストパフォーマンス的には決して良いものではない、と言うかむしろ勢いで食べてしまうと結構いいお値段に・・・

皿の種類が多くて値段がえらく細かく分かれていてどうやって数えるのかと思っていたら、どうやらICタグ内蔵の様です!!リーダーを重ねた皿にかざしたらあっと言う間に集計完了。

ちょっと食べ過ぎなくらいにお腹いっぱいになった所で、再び近鉄でホテルのある伊勢に移動。まわりゃんせなので(ry

洒落にならない寝不足だったから、9時頃には沈没。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コスチュームカフェ24号店

日曜日はコスカに参加して来ました。

場所は何時もの都産貿の浜松町館ではなく台東館・・・
なんで東京マラソンの日に浅草を会場に選んだのかと小一時間(ry

家を出る前に丁度テレビの中継で雪混じりのみぞれになってきたとアナウンサーが言っていたが、玄関を開けたら完璧な雪が降っていた・・・orz

昼過ぎには止むと言うことなど取り合えず出発

上野駅で思わず何時も通り京浜東北へ乗り換えしそうになる(苦笑)

12時半頃現着!
エレベーターで会場へ
・・・

なんか大分寂れて来た感じがします↓
ワンフロア開催は仕方ないにしても本当に参加サークルが減りました。相変わらずスタッフさんや一般のレイヤーさんそれにサークル参加のレイヤーさん達は非常に目の保養になる人達が沢山いるのですが・・・

何時もの如くしおりさんのスペースでマッタリさせて頂き、如月さんに挨拶をしたり、お隣の素敵な新規の制服サークルさんをお話をしながら閉会を迎える。

アフターイベントは取り合えず、津波の影響で開場中には間に合わなかったさくらさんと浅草寺で合流予定
100228_1
浅草寺にはえらく立派な白犬二匹を散歩させていた人が観光客に囲まれていましたwww話を聞いていると奥にいるのがホワイトシェパードで体重50kgもあるらしい、そして手前が巻き尾が可愛い秋田犬!

犬分をたっぷり補給したところでさくらさんと合流、蕎麦が食べたいとなり定番の並木藪蕎麦へ移動
100228_2_2
途中雷門の前からは建築中の東京スカイツリーが良く見えました!

さて観光客でお店が混んでいるのでは?と言う懸念があったのだがタイミングが良かったらしく全く問題なく、定番のざるを頂く。

美味しい蕎麦(量は少ない)を頂いた後は電気ブランで有名な神谷バーへ行くも満員、じゃぁ甘味だと言うことで梅むらを目指すも日曜定休・・・結局浅草寺をぐるっと一周した挙句に定番の品川アンミラへwww
100228_3
完全に夕食の時間になっていたので、アンミラで初めて肉々しいメニューを選択

ひたすら珈琲のお代わりをいだきながら色々なお話が出来てよかった、相変わらず沢山のWRさんがいて目の保養にもなります。


イベント自体は先行きが怪しい感じでしたが、色々サークルさんとお話できるのは本当に楽しい!逆に言うとサークルさんに知り合いがいないと行こうか迷ってしまうのが悲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »