« 春の8泊9日、旅行&出張(八日目) | トップページ | 春の8泊9日、旅行&出張(鉄分抽出編) »

春の8泊9日、旅行&出張(九日目)(最終日)

いよいよ大旅行も九日目最終日です。旅行の〆として何時も色々な引き出しから楽しい旅行プランを引き出しくれるしおりさんにまたまたプランニングをお願いしたところ、少し遅いけどせっかくの季節なので京都の梅を愛で伏見の酒蔵を歩くと言うコース設定となりました。

出発は阪急の松尾駅から、と言う事は昨年お参りした松尾大社からスタート?ではなく桂川を越えて東に少し歩いたところにある梅宮大社からスタートです。
100314_01
酒造の神様がこれだけ近くに存在しているのは不思議ですね!どちらも境内には各社の酒樽が奉納されていて何か楽しいです。

境内の梅は既に見ごろを越えていましたが、やたら大きな鳥が裏の林に沢山いたり、社務所周りに沢山の猫がいたりと非常にのどかな雰囲気で癒されます。

参拝を終え次は梅の名所の定番北野天満宮へバスで移動なのですが、途中でバスを乗り換えるために西院で途中下車、さらについで?で最近有名になったらしい開店直後の養老軒に立ち寄りみかん大福を購入!再びバスに乗り移動。
100314_02
やはり有名な観光地、人も多いです!

絵馬所で北野天満宮の今昔写真展が行われていたので思わずじっくり見学。明治の頃から昭和初期までの写真って色々面白いですよね、特に北野天満宮みたいに昔から人が多い場所だと特にその違いが顕著で楽しいです。
100314_03
境内の梅は見ごろを越えた感じではありますが、広い境内なのでまだまだ満開で綺麗な梅も沢山ありました
100314_04
写真を撮ろうとしていたら立派な花粉だんごを付けたミツバチがせっせと蜜を集めながら目の前の花に
100314_05
コンパクトデジカメで綺麗に花を撮ろうとするとどうしてもアップで誤魔化したくなりますね(苦笑)
100314_06
梅を観賞しながら境内をぐるっと一回りしたところで先程購入したみかん大福を頂きます。何となくいちご大福を想像してしまうみかん大福、実はいちご大福って苦手(一度しか食べたこと無いですが・・・)大福はやっぱりノーマルが一番だと思っているので
100314_07_2
一口食べると殆どみかん!!www
爽やかな甘みと求肥、それに白餡の組み合わせはとてもすっきりした上品な味で予想以上に美味しかった!ただみかん丸ごと入っているの袋の食感が少し口に残ります、みかんを丸ごと食べられない人にはちょっと嫌な感じかも

さてしっかり梅を堪能した後北野天満宮を後にし直ぐ近所にある絶品(?)らしいみたらし団子のお店、日栄堂を探すのだが見つからない、しおりさんの持っていた地図を見る限り既に通り過ぎている・・・携帯を使って確認をすると・・・
100314_08
あっありました!しかしお休み!!営業していれば看板と暖簾が出るようですがこれじゃ分かりません。残念でしたがまた次の機会の楽しみとしました。
100314_09
今出川通りを東に少し歩いたところでこれまた京都では有名らしいLe Petit Mecと言うパン屋さんに到着。しおりさんがお土産を買うと言うので一緒に中に入ると凄い良い雰囲気でした。パンも色々美味しそうで特にアップルパイ(タルト?)がとても気になったけど、この後昼食が控えていたのでこれまた次の機会の楽しみとする事に。

この後お昼の予約が12時と言うことで少し余裕があったので御所を散策しながら移動。散歩するのに御所は本当に素晴らしいですよね、穏やかな春の日差しの中ゆったり歩くのは非常に気持ちが良いです!!この旅行中はかなり悪天候率が高かったけど、最終日に素晴らしい天気になって良かった!!

御所を抜けたあたりで時間もそれなりに経ったので地下鉄に乗って四条まで移動、向かったのはびすとろ 希味
100314_10
こちらは営業中でも看板も何も出ていないお店、知らなければ絶対に辿り着けません!www
100314_11
非常に量が多いお店としおりさんに脅されていたのですが
100314_12
本当に次々とお皿が出て来ます!
100314_13
量も多いけど、味もとても美味しい!
100314_14
写真で紹介したのはこれでも半分くらいです。本当にお腹いっぱいになりました、非常にコストパフォーマンスに優れたお店でした。

この後は京阪電車に乗る為に移動の寄り道として六角堂へ
100314_15
毎年京都を訪れていますが何故か毎回のように六角通りを歩いている様な気がするのは気のせいじゃないな、なんでこんなに六角通りが好きなのだろうか?www
100314_16
毎回の様に歩く六角通りだけど、六角堂に入るのは久しぶりでした。でふと境内に見かけた案内板、和顔愛語と言えば!

ニコ厨的にはこの方、蝉丸Pしかありません!蝉丸Pの法話が脳内再生される中、本堂の方では巡礼の団体様が般若心経を唱えておりました。
100314_17
六角通りには凄い古い自転車を飾っている昔ながらの自転車屋があり、何時見てもこの自転車が落ちないのだろうかと不安になります。

しおりさんが文房具屋さんを見たり、私がシルベストサイクルをのぞいたりしながら三条駅に到着、京阪電車で一路伏見に向かいます。
100314_18
伏見桃山で降りて向かった先はキザクラカッパカンパニー

黄桜ギャラリーで過去のCMを思わずじっくり鑑賞してしまいましたwww特に河童のCMは色々懐かしかったり、エロかったり(爆)して楽しかった。そして隣にあった河童資料館、本気で河童の資料が展示されていて思わず吹いた。
100314_19
その後向かったのは寺田屋、元々有名な旅籠ですが今年はまた特に人気があるのでは?と思います。私達が到着したのは4時過ぎで既にしまった後でしたが(苦笑)
100314_20
さらに月桂冠大倉記念館に向かうもこちらも開館が4時半までで入れませんでした・・・残念

駅に戻る途中伏見の酒の利き酒ができる酒屋油長に寄り道

このお店では利き酒セットがあって好きな銘柄を3種類を選びお猪口で飲み比べが出来ます。このシステムならアルコールに弱い私でも色々なお酒にチャレンジ出来ます。
100314_21
しおりさんが頼んだのがこちら
100314_22
そして私が頼んだがこれ。

主が色々説明をしてくれ、うんうん頷きながら選んで飲み比べたのだが
・・・
う~ん細かい説明は忘れたwww

しおりさんのも一口づつ味見させてもらったが、しおりさんの選んだ「井筒屋伊兵衛三割五分磨き」、全国酒類コンクールでグランプリを取ったと言うこれが圧倒的に凄かった!非常にバランスが良い!

それを挟んで左右(?)に少しとがった感じがするのが、私が選んだ「古都千年 無濾過」と「都鶴 萬」

「英勲 純米吟醸にごり」はちょっと甘くて荒い感じ、「備前雄町ぷれみあむ」はとても飲みやすい、「花黄桜」は良い黄桜?他と比べるのが可哀想です

良い感じにほろ酔いになりました。ふわふわ~と歩いて近鉄の駅から京都駅へ移動

ここでしおりさんとはお別れ、何時も何時も素晴らしいプランニングに感謝、感謝です。また次の機会にも一緒に遊んで下さい。本当にありがとうございました!

さて京都駅について勢いで15分後の新幹線の指定を取ってしまったので、慌ててホームに向かう。途中お土産屋さんで阿闍梨餅を売っていないのか尋ねたけど残念ながら扱っていませんでした。ここで阿闍梨餅が買えたら三大好きなお土産菓子を一回の旅行で制覇出来たのですが・・・(苦笑)

結局再び赤福(爆)を買って帰りました!

とにかく長かった旅行&出張もこれでおしまい、そしてこの日記もようやく終了・・・ではなくあと一回鉄分抽出編がありますwww

まぁ本編は無事終了です。だらだらとした長文へのお付き合いありがとうございました。

|

« 春の8泊9日、旅行&出張(八日目) | トップページ | 春の8泊9日、旅行&出張(鉄分抽出編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/47927546

この記事へのトラックバック一覧です: 春の8泊9日、旅行&出張(九日目)(最終日):

» 再び京都に出張です [中年サラリーマンお父さんの日記]
本日京都に日帰り出張です。前回1月20日に行った話の続きです。前向きに検討しようということで、社内で色々検討し先方とやり取りした結果、取り敢えず秘密保持契約を締結した上で進めようということになりました。また、担当者としてO君に任せることにしたので、その紹介もかねての訪問です。前回と同じく京都から何駅か行ったところの駅前で待ち合わせをして、食事をしてから先方に向かいます。某大手下着メーカーの前を通り、横...... [続きを読む]

受信: 2010/04/13 22:20

« 春の8泊9日、旅行&出張(八日目) | トップページ | 春の8泊9日、旅行&出張(鉄分抽出編) »