« 筑波8時間耐久レース | トップページ | 三連続DNF・・・ »

貧脚の新兵器

貧者の核兵器と言えば化学兵器のこと
貧脚の最終兵器と言えばコンパクトクランク



ふと思いついたので書いてみたが意味不明な書き出しだな(苦笑)

とりあえず意味の無い書き出しは置いておいて、自転車のギア比の話である。

私もたかだか二年ほど自転車に乗っただけな上に、主に情報源がネットによるものなので偏っているかも知れないが、世間一般的にコンパクトクランクは貧脚の味方で、これがあれば初心者でも峠越えが大丈夫!と紹介されている。

しかし私はコンパクトクランクどころではないトリプル!インナーはコンパクトの34Tに対して30Tを現在使用しているが、はっきり言ってまだ足らない、全然たらない!ブルべ最中の峠越えでは、コース作成者に対して呪詛の言葉を吐きながら上る事が多々ある。

そんな私ですので、今度はスプロケをノーマルで付けていた12-25Tから12-27Tへ変更しようかと思い、何時ものショップに向いショーケースの中に眺めていたら「ショップオリジナル13-29T」と言う何とも惹かれるPOPを発見。

これは一体何?と店長に尋ねるとイタリアのどっかのメーカーが作ったスプロケットを組み合わせてトップをジュニア用のアルテグラ13Tで組んだオリジナルとの事。一応店長や店員さんの自転車で検証はしていて、スラムは駄目だけどシマノの10速なら大丈夫な筈、ただどうしても多少の擦れなどは出てしまうよ!と言う人柱要素を含んだ商品でした。ちょうど出来たばっかりでこれから告知を出そうとしていたらしく、何かに導かれた様に素晴らしいタイミングだったみたいwww
29t_1
ちょっと不安なところもあるけど、シマノにはない29Tは非常に魅力的だし、私の為に作られたとしか思えなかった商品だったので少し悩んだがあっさり購入!
29t_2
ばらすこんな感じで、シマノと違い10枚全部ばらけます。
歯数は13-15-16-17-19-21-23-25-27-29とちょっと変則的
29t_3
取り外したノーマルと比較するとこんな感じ。

で新しいスプロケを取り付けようとしたのですが、最後のロックリングがどうにも締まらない!再度ばらして根元のスペーサーを取り去ってみると今度はロックリングは締まるがスプロケが斜めになっている・・・

一度ばらしてあらてめてじっくりスプロケットを眺めていると、アルテグラのジュニア用のトップのうらに妙な凹凸があり、どう見てもその突起が邪魔をして歯と歯のスペースがTOPと2枚目とそれ以外で違うように見える。

これはお手上げだなと思い、翌日改めてショップに持っていくと「この突起は明らかに変ですね、削りましょう!」との言葉を残して店の奥に行きグラインダーでごっそり突起を削り落としてしまいましたwww

この状態でホイールに組むとあっさり付きました!流石は人柱商品、ちゃんと意味のある筈の突起(爪)をグラインダーで削らないと取り付けられないなんて凄いです(苦笑)
29t_4
自転車に取り付けた見た目はこんな感じ

で早速効果を確認!といきたかったのですが、直後に走ったのがフレッシュの途中に立ちはだかった和田峠!前30T後29Tと言うほぼ1と言うギア比ならどんなにヘタレても、どんなに遅くても上れる筈!と言う楽観的な予想は見事に外れ、途中でどうにもならずに押し歩き・・・

そんな訳でその実力は未だよく判っていません(苦笑)何とか近いうちに走りなれたコースで確認してみたいです。

懸念されていた擦れですがやっぱり出ました。フロントインナーだと25Tが、フロントミドルだと27Tを選ぶと擦れてトルクを掛けると挙動が怪しい・・・まぁ全く使えないと言う訳ではないので取り合えず良い所は無いのか調整しながら使っていこうと思います。


さて此処からは愚痴と言うか魂の叫びと言うか・・・

最初に書いた通り現在のロードバイクを中心とした自転車業界では、コンパクトクランクは貧脚の友でこれさえあれば大丈夫!的な風潮があります。確かにロードバイクをレースのみに利用する様な層に対しての説明だと間違いないと思います。

しかし私みたいな本当の意味での貧脚な人間や、年配者、女性などコンパクトクランクではまだ低いギア比が足らないと言う層が確実にいると思うのですが、シマノを筆頭に大多数の自転車関係者はその存在を無視しています。

スプロケットに28Tと言う歯数のもありますがTOP側が11T・・・一体シマノは何を考えているのでしょうか?

確かにロードバイクはレースから発展していた自転車だと思いますが、ツーリング車と言われたランドナーやスポルティーフが衰退しMTBとロードバイクにその層が吸収された事を考慮すれば、また昨今自転車ブームなどで新しく自転車に乗り始めた初心者層など増えている今、もう少し裾野を広げる努力をしても良いのでは?と思います。

取り合えず私の理想を書くと、フロントは
44-28T(ダブル) or 48-38-28T(トリプル)

リアは
13-14-15-16-18-20-22-24-26-28(10速)

のギア比1からの組み合わせが欲しい。

多数の自転車関係者にあるノーマルクランクが当たり前、コンパクトは貧脚と言う異常なまでの健脚、剛脚を基準とした思考がもう少し柔らかくならないものかと思います。

ブルべ超人の間で交わされる会話でもよくあるのだが、超人界の話は超人界だけでして欲しいと思う。そして超人達には理解出来ないかも知れないけど確実にその下の世界があって、超人界における貧脚は下の世界での剛脚だと言うことを少しは理解して、自分がどちらに所属しているのかを主観ではなく、なるべく客観的に把握して貰いたいですね。

まぁ色々人によって希望もあるだろうけど、とにかくもう少しツーリングやロングライド、ポタリング等に対する貧脚向けの快適性を考慮した商品や、業界としての思考を持って欲しいと思う。ショップによってはギア比を下げる事を異様に嫌ったり、そんな希望をする客を貶したりすると言う酷い話も聞いた時があるので、本気で自転車愛好家を増やしたいのか疑問に思うことが多々あるし・・・

とりあえず坂を押し歩きした貧脚の1人の愚痴でした

|

« 筑波8時間耐久レース | トップページ | 三連続DNF・・・ »

コメント

MTB用ならリア34Tのカセットもあるよ~
そのままアウター入れるとRD吹っ飛びますが(^^;

投稿: カナサイ | 2010/05/05 20:39

貧脚の私が言いますが、やはりブルベの峠越えはきついですね。
試走での「今回は比較的楽な・・・」とかかれていても信じてはいけないと去年思い知らされましたよw
日頃から鍛えなきゃいけないなと思い知らされたのですが、いろいろあって自分はいまだに貧脚のままです(泣)

投稿: ひかりん | 2010/05/05 20:51

カナサイさん>

何処かで聞いたことありますね~RD吹っ飛びww
色々組み換えとかで対応している人の情報を見かけるけど、
やっぱり何かを犠牲にしているんですよね~
なので出来れば純正、もしくは互換で出て欲しいところです!


ひかりんさん>
ブルベのコース製作者の言葉は大体信用なりませんね(苦笑)
特に具体的な数値のない情報は!
ある程度は鍛える部分でもあるのでしょうけど、
結構人により基礎能力が大きく違うと思うんですよね、
だからそれに合わせた選択が出来ればと・・・

投稿: だっくす | 2010/05/07 02:31

はじめまして、以前よりROMしていました。

最近発売(本国で)された
SRAM-Apex
http://www.sram.com/taxonomy/term/254/brand/sram-road/src/series

コンパクト(50/34)
×
スプロケット(11-32T)

があります。

カンパでは、 ケンタウル
スプロケット
13-29
ただし、クランク自体はトリプルはない。
http://www.dinosaur-gr.com/campagnolo/070_071_campa/index.html

またシマノ新105では
トリプル
×
11-28
の組み合わせも可能ですね。

投稿: うまそう | 2010/05/11 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/48080471

この記事へのトラックバック一覧です: 貧脚の新兵器:

« 筑波8時間耐久レース | トップページ | 三連続DNF・・・ »