« 灼熱の東海道 二日目 | トップページ | 灼熱の東海道 四日目 »

灼熱の東海道 三日目

三日目は起きると前日より更に強い日差しが・・・前日の浅はかな選択により腕が真っ赤になったので再び長袖インナーを着て出発。

そしてこの日は何故かひたすら食事の神様に見放された一日にでした・・・

まずホテルの朝食が無かったので、名古屋の有名な喫茶店のコンパルに行こうかと思ったのですが、情報収集が甘かった所為で金山店の場所が分からなくなり、時間も遅くなったので諦めて出発。結局途中にあったマックに入って朝食。

刺すような日差しの中淡々と走る・・・本当に日差しが刺さります、昨日焼けた腕や脚が痛い!
100718_01
その手は桑名の焼き蛤で有名な桑名市に突入。
100718_02
鈴鹿市に入ると道脇に何か凄い看板が!携帯番号を書いた彫師の広告がでかでかと国道沿いに看板出すってどうなんだろか?
100718_03
とにかく暑くて辛いけど風景は素晴らしい

さてこの日の昼食は食べログで見つけたB級グルメのお店亀八食堂を目指したのだが、お店に近付くと駐車場にパトカーがいる。近付くと理由が判明、真昼間だと言うのに珍走団の馬鹿共がこの食堂に集結していました。ぱっと見で30台前後はいただろうか?何で昼間からこんな連中がうろうろしているのか甚だ疑問だったが、とにかく駐車場に溢れる腐った単車とDQNの群れの中に自転車を止める勇気も出ず、残念ながらお店はそのままスルー。

二日連続になるがその先に三重で有名らしいうなぎの初音があったのでそちらを目指し・・・たのだが、到着してみるとお店の外に並ぶ沢山の人。完全に満員御礼状態でしたorz

この行列を待つ時間も無いのでここも諦めて先に進む、のだがもうこの辺から鈴鹿の峠に入るのでお店なんてもう無い、かと言って何も食べずに峠に突っ込めばかなり危ない事は確実なので、補給食として持ち歩いていたSOY JOYを食べて峠に突入。

山道に入って直ぐに前方を猿が横切っていきました!ちょうど車が来たので直ぐに逃げてしまいましたが何か癒されます。まぁ奴等が襲ってきたら癒されるどころではないけどね(苦笑)

低いギアをフル活用し淡々と上る、とにかく日差しが強いから木漏れ日があると本当にほっとします。
100718_04
たぶんここが最高地点だと思うけど何もない。ブルベの時も何時も感じてていたのだが、せめて小さな標識で良いから最高地点の表示してくれないかなと。

ここからの下りは非常になだらかな斜度の緩い斜面が続くので蓄えた位置エネルギーを無駄にせず、気持ちよく下っていけました。

大分下った辺りでやっぱりSOYJOY一本じゃお腹が減ってしまったのでコンビニに立ち寄って冷やしとろろ蕎麦をお店の前で食べる・・・なんか凄いブルベ臭を感じたのは気のせいではないだろう。

もう直ぐ栗東という所で前方に怪しい黒い雲が・・・
100718_05
と思っている内にあっという間に雨が降り出しました。タイミング良く名神高速の高架下をくぐる所だったので其のまま20分程雨宿り。

雨も上がり路面も乾き始めた所で再び走り出すと5kmも走らない内に路面が全く濡れていなくなる。本当に局所的でギリギリの端っこだったみたい(苦笑)
100718_06
草津に入ったところで名物うばがもちを頂く為に立ち寄り
100718_07
この時間になって本日始めて、ちゃんとしたお店で椅子に座っての休憩となった。
100718_08
大津を越えて山科に入る、もうすぐ6時だが日差しが弱くなっても気温がは全く下がらない。
100718_09
6時過ぎに無事三条大橋に到着!

そして本日の宿へ向かうのだが、今回は楽天で宿を探している時に珍しい宿泊先を見つけたので何となくそちらを選択。さてその珍しい宿はこちら

100718_10

宿坊 智積院会館

いや何と言うか本当に勢いで予約してしまいました(苦笑)

一旦部屋に荷物を置いて夕飯を食べに外出。シルベストサイクル京都店に立ち寄って今更ながらにパールイズミ のメッシュUVアームカバーを買ってみたので翌日試してみることに。

そして向かった先は天下一品総本店!www

で到着したら何か外に列が出来ていましたorz

ここまで来たのだからと一旦自転車を止めて列に並んだのですが、宿の門限の時間を考えるとあまり時間の余裕がないし、何より一人でラーメンを食べるのに態々並んでまでしなければいけないのか?と言う自分的ポリシーに引っ掛かったので並ぶことを止めて戻る事にした。

途中ですき家を見つけたので、どうせここまで一日ろくな食事にありつけなかったので、最後まで旅行とはかけ離れた食事にしたれと半分自棄でお店に入る。

そうしたらそんな気持ちを見透かされたのか、店員の対応が非常にレベルが低いお店に当たってしまいました。とにかく手際が悪くて注文取りに来るのも遅ければ、頼んだ牛丼が出てくるのに軽く5分以上かかると言う信じられなさ。

何か色々悲しい気持ちになって三日目の行程を終了。

京都市内をうろついたお陰で結局この日の走行距離もおよそ160kmのセンチュリー(苦笑)

|

« 灼熱の東海道 二日目 | トップページ | 灼熱の東海道 四日目 »

コメント

初めまして。
Anchor CX 900を検索してたどり着きました。
2009年にドイツでブルベを始めました。
今夏休みで帰国中で、Anchor CX 900を買いました。

これで8月初めに神戸まで自転車で往復したいと思っています。
色々と教えていただけるとうれしいです。

投稿: 野田一郎 | 2010/07/27 00:03

失礼しました。
東京・神戸間です。

投稿: 野田一郎 | 2010/07/27 00:04

返事が大変おそくなりました。

8月の初めということは既に終わってしまったかな。
とにかく暑さ対策だけは十分に気をつけてロングツーリングを楽しんで下さい。
まぁブルベ経験者なら何の心配もないとは思いますが。

投稿: だっくす | 2010/08/09 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/48966408

この記事へのトラックバック一覧です: 灼熱の東海道 三日目:

« 灼熱の東海道 二日目 | トップページ | 灼熱の東海道 四日目 »