« 灼熱の東海道 三日目 | トップページ | 戸田橋花火大会 »

灼熱の東海道 四日目

間が大分空いたけど四日目のブログです。


最終日、お寺の朝は早かった・・・

5時半起床で5時45分集合、6時より朝のお勤めに参加。金堂での勤行の後に明王殿に移動して護摩供法要と続きます。勤行は僧侶と修行僧達の読経の声が堂内に響き渡り、護摩供法要はいかにも密教といった雰囲気を醸します。

お勤めの後に名勝庭園・国宝障壁画の拝観を行ってようやく朝ごはん。なんだかんだで部屋に戻ったのが8時過ぎ、朝からえらく充実していますがツーリング中に行うのはやっぱりちょっと無理があったかも・・・(苦笑)

そんな充実した朝をすごした後、半袖ジャージと前日買ったメッシュUVアームカバー組み合わせで出発!
100719_01
朝一の目的地は去年と同じ祖母の墓参り、写真も去年と殆ど同じwww

無事このツーリングの二大目標の一つを達成した後は、三月にしおりさんより教わったLe Petit Mecへ行ってみた。前回は出来なかったイートインでアップルパイをアイスカフェオレで頂く。
100719_03
アップルパイはとても美味しかったけど、レンジでの暖め直しがちょっと残念、出来るなら焼き立てが食べられると良いな。カフェオレはなんかとてもリッチな感じでした。

もう少し京都にいてお土産でも買いたかったのだが、時間的余裕がなくなったので奈良に向けて市中から南下開始
100719_05
この日も朝から強い日差しが容赦なく降り注ぎ、10時過ぎには35度と言う表示が・・・
それでも更に翌日以降の猛暑日が続いた事を考えればギリギリ許容できる範囲だったのかもしれない。
100719_06_3
そんな猛暑の宇治川では暑さを除けば非常に気持ちの良い風景が広がっています。

しばらく京阪国道を南下し続け、木津川を越えたところで京都八幡木津自転車道へ入る。この自転車道、道自体は幅が狭い感じだったけど非常に雰囲気のある気持ち良いサイクリング道でした。
100719_07
途中で上津屋橋と言う流れ橋があり、これまた良い雰囲気を醸し出しています。

さてこの日と言うかこのツーリングの第二目的は奈良に住む友達の第三子誕生祝いを渡す事。

前日までの連絡でこの日午後からお宮参りに向かうとの事だったので、何とか12時半位までに友達の住む西大寺へ行き手早くお祝いを渡そうと考えていたのだが、12時前にその友達から既に奈良駅にいてこれからお昼を食べて春日大社に向かうとの電話が・・・

急遽目的地を奈良公園に変更したのは良いのだが、何故か進んだ道が途中でパトカーによる道路閉鎖・・・一体あの道路封鎖は一体なんだったのだろうか?
100719_09
そんな感じでちょっと遠回りなどをしつつ何とか奈良公園に到着!

到着したのはいいのだがまだ友達達は食事中という事で、私も先に食事をすることにした
100719_08
春日大社の参道から近鉄奈良駅のアーケードまで移動して彼方此方うろうろしながら入ったのがよばれや
おでんが美味しい店だった様ですが、頼んだのはランチメニューの親子丼

適当に選んで入った割には当たりのお店でした。ふわふわとろとろの親子丼は非常に美味しかった!

ただここまで汗だくで走ってきた身にはお店の冷房が今一だった(おでんを扱っているから仕方ないと思うが)のとこの熱々のご飯がちょっと辛かった(苦笑)

その後も中々タイミングが合わずすれ違いそうになりながら何とか春日大社の本殿脇でようやく友達と会えました。

無事お祝いも渡す事が出来、本殿を参拝しつつ少し話した所でお別れ。当初予定から遠回りした挙句に色々すれ違いで時間がかかってしまったのでかなり時間が押し気味になりました。

100719_10
奈良公園を後にして平城京の朱雀門を通過して西大寺へ

西大寺からあやめ池へ
100719_11
子供の頃何度も遊びに来たあやめ池遊園地は2004年に閉園、当時の面影も見当たりませんでした。
100719_12
学園前から富雄を越えて生まれ故郷&小学二年まで過ごした生駒市へ

入った途端に前輪に違和感・・・パンクです。何で500km以上走って来てあと少しで終りと言うタイミングでパンクするかな~なんか故郷に拒否された感じがしてちょっと悲しくなりました。

パンク修理は大分慣れてきたようで、時間は20分掛かったけど特に問題もなくスムーズにチューブ交換完了。非常に小さい穴が空いていたけど原因となったものは見つからないのでちょっと不安。
100719_13
懐かしの我が家を見て、懐かしの小学校、幼稚園をまわって東生駒から生駒へ
100719_14
スイミングスクールがあったジャスコも去年なくなり更地に
100719_15
子供の頃階段の脇を滑り台にして遊んでいたお寺は重要文化財だったり(苦笑)
両親が結婚して初めて住んでいた二件つながりの平屋がまだしっかり残っていてびっくりでした。

色々懐かしい風景を記憶を手繰り寄せながら堪能した後、最終目的地新大阪へ163号の清滝峠を越えて進む。
100719_16
本当は都合が合えば何時もお世話になっているFinal氏やしおりさんに挨拶だけでもしようかと考えていたのだがそんな余裕は全くなく新大阪に19時到着。輪行の準備も20分は掛かったけどパンク修理同様大分慣れたので落ち着いて出来ました。

お土産を買ったりして20時過ぎの新幹線で東京へ、ギリギリ終電一本前の常磐線で帰宅。

4日目の走行距離大体110kmくらい

4日間の総走行距離は予定より大分伸びて560kmを越えました。

|

« 灼熱の東海道 三日目 | トップページ | 戸田橋花火大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49618/48985431

この記事へのトラックバック一覧です: 灼熱の東海道 四日目:

« 灼熱の東海道 三日目 | トップページ | 戸田橋花火大会 »