« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の4件の記事

2010ジャパンカップサイクルロードレース観戦

この週末は宇都宮で2010ジャパンカップサイクルロードレースが開催されていました。

今まで自転車レースを見たことがないし、折角のアジアで唯一、最上位カテゴリーのオークラス(超クラス)のレース(WEBより)が比較的近場で行われるのだから一度は見に行こうと、前々から考えてはいたのに実際に行くぞ、と決めたのは前日夜・・・

そんな感じで起きてからも眠い~と二度寝したくなる自堕落な自分を何とか押さえ出発、宇都宮に8時半くらいに到着。ちょっとは走りたかったし会場近くは混雑するのではと思い、駅の方に車を停めてから10kmほど走って森林公園に向かう。

途中走っていると普通に今日走る選手の集団に追い越されて行きます!選手ってホテルから会場まで自走していくんだ!?何も知らなかったので凄いビックリしました(苦笑)

スタート地点近くに行くとヤン部長達の痛自転車撮影会が行われている最中!ww

101024_1

ここは何処のコスプレ広場?って状況で、何時スタッフのカウントが始まるのかな?と思ったりww

無事撮影会が落ち着いた所で、皆さんと合流させて頂き痛自転車じゃないけど、ジャパンカップ初観戦なのでご一緒させて貰う事。

ダム脇を越えて古賀志林道の本格的上りが始まる少し手前まで移動し自転車を止めてスタート待ち。

101024_2

ずらりと綺麗に並ぶ痛自転車が壮観でした!通り過ぎる人達が次々に写真を撮って行きます。

101024_3

スタート直後の先頭集団の選手がチラ見しています!ww

ここで二週ほど観戦して折角なので頂上を目指してみる

101024_4

九十九折に入ると道脇には人が溢れていて、頂上はもう人大杉でどうにもなりません。とりあえず頂上を見たということで再び下に戻ります。

101024_5

九十九折を上から見るとこんな感じ。

101024_6

全力で上る選手達。

のんびり下っていると途中で色々食べ物を売っている場所があってそこで小休止。

101024_7

そしてここでも晒される自転車達ww

最終的にゴール地点より少し進んだところに陣取ってゴールを待ちます。
上りと違って平地は凄いスピードで駆け抜ける為、迫力は凄いのですがあっという間に通過していきます、コンデジじゃ撮影は無理なので応援に専念することに。

レースは残り三周で飛び出したマーティン選手がそのまま逃げ切り、そして集団は途中でバラバラって感じで今一その場で見ている分には残念な感じでしたが、それでも始めてみるレースの迫力は素晴らしかったです!

そんな感じで無事初観戦も終了、色々遊んでいただいた皆様ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波秋の8時間耐久レース

土曜日は春に続いて秋の筑波8時間耐久レースに会社の人達と参戦して来ました。

101016_1

朝のうちは市街地よりひんやりした空気と鱗雲が秋らしい風情を醸しだしていましたが、日が高くなるにつれどんどん気温があがり、今年らしい?秋と言うには少し暑い天気になりました。

秋の8耐は今回は第一回らしく、その所為か募集300に対して実際の参加チームが165と約半分でした。なので確保できるスペースもコース上も余裕がかなりありました。

101016_2

スタート直後人数が少ない所為なのか思ったほどは先頭集団のスピードも上がらず、また途中で切れる事もなかった為、うちのチームの唯一のガチな第一走行者が何時までも先頭集団から脱落せず、気がつけば16周もしてからようやくピットイン、いやもう走り過ぎです。

でも自分は相変わらずなゆっくりまったりペース・・・いや自分なりにかなり無理目なスピードなんだけど誰にもついて行けずに単独走になるだけです。やっぱりリハビリだけじゃ駄目ですね(苦笑)

そんな訳でかっちり5週ずつ走っては交代を繰り返す。

そして三回目の走行時に悲劇は起きた!

今まで通りラスト一周でテントとピットに残り1周と伝えて5周走り終えてピットに戻ると誰もいない・・・見事なくらい誰もいない!

ふざけるな~と魂の叫びを心に押し込んで、仕方がないので再びピットロードを走り出す。

一周し戻ってきてようやく交代。

そして4回目が終りぼ~っとしていたら再び悲劇が訪れた!

筑波8耐ではラスト30分間はピットが閉鎖される為ライダー交代出来ないので必然的にアンカーは30分以上の走行が必要となる。そんな訳で普通のチームは実力者にアンカーをま任せる訳だがうちは唯の順番、そしてどうも私らしい・・・orz

しぶしぶ5回目、アンカーとして走り出す。

先に書いた通り他のチームは実力者揃い!新幹線やら特急列車が何本も走る代わりに、急行や単独走が圧倒的に少なくなりました。私が特急に乗れる筈もなくひたすら淡々と疲れた体に鞭打ちながら、かろうじて5分を超えずに走ります。 

唯一のラッキーは後もう少しコントロールラインと言うところでチェッカーフラグが降られたので余計に走らずに済んだという事www

そんな感じで無事完走!

即効で撤収し、混雑する前に会場を脱出。

楽しかったけど、とにかく疲れました。やっぱり地道に走っていないと色々辛いですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボウリング

今日は会社の常勤オペレータとの交流会としてボウリング&飲み会でした。

そんな感じで二年ぶりくらいのボウリングは予想より良いスコアで、1ゲーム目が130、2ゲーム目が159と過去のアベレージより遥かに高いスコアとなりました。

ただ2ゲームの途中から左足のハムストリングがかなり筋肉疲労状態・・・orz

明日は8耐だと言うのにこんな事して良かったのだろうか?

飲み会は翌日を考えてスキップです、スキップしたのだからさっさと寝るべきなんだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車リハビリ第二段

イベントに参戦に向けた自転車リハビリ、一週間を空けての第二段です。

今回は霞ヶ浦を大きくぐるっと周る感じで美穂から鹿島、鉾田、石岡に抜けるコース。

先ずは以前から行ってみたかった美浦のトレセンに行ってみました。
101002_01

分かっていたことですが外から眺めただけでは今一。
うろうろしていたら何処からともなくファンファーレっぽい曲が聞こえてきました。流石はトレセンと思ったけど良く考えたらおかしいですよね(苦笑)、一体何だろうか?と思っていたらトレセンの入り口近くにあった保育園が運動会でしたwww

トレセンの近くに道路で良く見かける日本馬匹輸送の車庫がありました。
101002_02
一台一台に書かれている馬名が何なのか、以前から疑問なんですよね。

そんな寄り道をしながら相変わらずな低速でヨタヨタ走り鹿島を目指します。
途中本屋があったので、先週会社帰りに売り切れで購入できなかったテルマエ・ロマエの二巻が無いかと思い立ち寄ったら、しっかり平積みされていたので即効ゲット!

鹿島神宮を超え向かった先は食べログで見つけたやきはまぐり  かねよし

11時丁度に到着したのだが、店先には11時半開店の文字・・・食べログには11時って書いてあったのに・・・つくづく食べログのこの辺の情報はいい加減。

30分もその場でぼけっとしているのは何だったし、店頭には好評につきはまぐり売り切れの文字があったので。次点としチェックしていた浜茶屋 やましょうへ向かう。
101002_03
お店に入ると気の良さそうなおばちゃん(お婆ちゃん?)達がお出迎え。こちらでは売り切れ表示は無かったので、焼きはまぐりと焼き牡蠣にライスをつけて注文。直ぐ傍にあった水槽からボールに貝をとって持って来ました。
101002_04
はまぐりは一人前で4個(大きいものが揃っている時は3個らしい)、牡蠣が5個です。先程のおばちゃん達が直ぐにコンロの上に乗せてくれ、焼き方を丁寧に教えてくれました。

先ずははまぐりが焼き上がります。余りにも熱いので猫舌な私にはちょっと大変でしたが、熱々を口に入れると非常にジューシーでプリプリな感触が楽しめます。これは美味しい!牡蠣はまぁ普通な感じでした(時期も時期だしね)

結構お腹いっぱいになったところで出発!

鹿島灘の海岸線を北上しますが大体鹿島くらいからずっと向かい風。たださえ無い脚ががしがし削られていきます。
101002_05
北上を続けるとバウムクーヘンの文字発見!

ふらふら~と吸い寄せられて寄り道。後で確認したら食べログにもFarmkuchen Fukasakuで記事がありました。思わずお店に入ってしまい勢いでSサイズを購入!

で買って直ぐにちょっと後悔。ここのバウムクーヘンはふわふわで外周大きめなケーキスタイル(?)なのでリュックに入れると縦になる・・・orz

結局どうにもならず縦に入れた状態でリュックを背負って再び北上、鉾田市街を目指します。

次に目指したのは、大堀パン店
101002_06
何とも赤い目立つお店に到着!
事前情報で分かっていたけど本当にお店が狭い!その所為か普通のパン屋のように自分でトレイに取るのではなくて、ケーキ屋さんの様な感じになっています。
101002_07
取り合えずその場で食べる様にオランジュとチョコ入りクロワッサンを、そして翌日の朝食・・・昼食用に持ち帰りで三つほど購入。

とても美味しいパンを食べ、帰りのエネルギー的には取り過ぎた感じで再び走り出します。

次に向かったのはファントム無頼(ふっ、古い~)で有名(?)な百里基地!!
101002_08
ここも以前から行ってみたいと思っていのだけど中々行く機会が無くて今回初訪問となりました。ただ通過する予定だったのだけど、入り口で写真を撮って良いですか?と質問したら、受付したら入り口脇にある公園部分に入れますよ、とわざわざ教えてくれました。
それならばと受付をして中に入りますと、沢山の古い飛行機が展示されています。
101002_09
ブルーインパルスカラーのT-2高等練習機、
101002_10
F-1支援戦闘機
101002_11
そして百里の顔(?)F-4ファントムII
101002_12
このアレスティングフックが使われる事はあったのだろうか?

その他にもF-86D,F-86F,T-33A,F-104等があり思わぬ時間を費やしました。今度は是非一度基地祭にも行ってみたいですね~

101002_13
そして今年から百里基地は茨城空港として共用を開始したので、ついでに茨城空港も見てきました。
阿見町の老人会のバスやら個人客でそれなりに賑わっていましたが、全て空港の観光客で飛行機は飛びません(苦笑)

101002_14
それでも折角なので展望デッキに上がりますとちょっと不思議な光景が広がります。
写真で分かるでしょうか?左側が曇りガラスの様に見えますが、正面に行けば透明に見えます!!多分百里基地を見えなくする為なんでしょうね~

そして何故か飛ばない筈なのに周りにジェット音が響き渡ります。
101002_15
何だろうかと思うと遠くに煙が見えます、そして良く見るとその手前にF-4っぽいシルエットが・・・燃焼実験?

寄り道しすぎたので後を急ぎます。

結局走行距離146kmのリハビリとなりました。

101002_16
そして本日の獲物・・・あれっ、何しに行ったんだっけ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »