« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の3件の記事

野沢温泉スキー場

絶賛引き篭もり中な今日この頃ですが、先週末は久しぶりに外出、と言うか例年通りスキーに行ってきました。金曜に有休とって金土の一泊二日で目的地は野沢温泉。

今年の冬はニュースで散々報道されている様に記録的大雪になっており、野沢も積雪関連のニュースで名前を聞くくらいな状況だったので、不謹慎ながらもちょっとワクワクした気持ちで向かいました。

当日スキー場に向かう車中で何故か「まどマギ」DVD全話鑑賞会が始まる。この辺はまたネタに出来そうなので後日書こうww

さて順調に高速を走り続ける。高速道路の路面はほぼ問題なく、一部区間で積雪の為50km制限とか掛かっていたが明らかに何かの間違いか情報が適切でない感じでした。

豊田飯山ICを降りたらいよいよ雪道本番!と言っても昨今の除雪技術は素晴らしく、殆ど問題なく野沢温泉に到着。路面と比較して除雪によって生まれた道路脇の雪壁は凄かった!
120217_1
お天気は懸念していたほど悪くも無く、小雪がまっても太陽が見える感じで、雪質を考えるならば2月としては上等な部類の天候でした。たくさん雪が降り気温が低いので麓から山頂までどこもかしこもパウダースノーな環境です。
120217_2
平日な割には大学生と思われる団体様中心に結構良い感じの人出でした。気持ちよく滑っていたら、3時過ぎくらいから徐々に雪が降り始め、宿に戻ろうとした4時過ぎには本降りになって来ました。

宿に戻って内湯に使って楽しみの夕食。
120217_3
結構良い感じの内容で馬刺しが美味しい!
120217_4
夕食後は外湯巡り。一泊だし内湯も温泉だったから2箇所くらい回れば良いかなと思っていたら、何でか私以上に友達の方がテンション上がり、結局4箇所も巡って来ました!ww

途中温泉街で近郊農家のりんご販売店で一人一個のりんごの立ち食い!一個50円でその場で剥いてくれてその場で丸かじり。甘くて美味しかった!後はお酒やつまみ、自分的お土産用のりんごジュースとりんごジャムを買って帰宿。これで温泉街も満喫したのでお酒飲んで寝るだけです。


翌日起きたら外は昨日以上に真っ白な世界でした。
120218_2
夜の間に40cmくらい新たに積もったらしく車が完全に埋まってしまう感じ。
120218_1
朝食後、スキー場に向かう前に車の雪おろし。適当に降ろすだけでもかなり大変でした。

スキー場について取り合えず上を目指したら、其処は白一色の世界。一面銀世界ではなく、360度上下関係無く白一色!

余りにも視界が悪く、そして寒かったので真っ直ぐ山麓を目指すが途中でホワイトアウト・・・スキー場でのホワイトアウト体験って何年振りかな?三半規管の弱い私はもうとにかく気持ち悪くて仕方なかった。前日に全コース滑っていたので大体何と下りて来られたけど、初めてのコースだったら遭難していたね、冗談抜きで。

途中途中で吐きそうになりながら何とか下山してそのまま二日目終了。上って下りるだけで二時間近く掛かっていましたorz

ヘロヘロになった状態で宿に戻り、命の選択をすべく外湯に向かうと先客はおらず貸切状態!なのは良いのだがその分お湯が半端なく熱い!ゆもみしても全然下がらないので盛大に水投入!地元の爺さんがいたら怒られそうです(苦笑)
120218_3
じっくり温まって外に出たら雪が更に酷くなっていた・・・雪降る温泉街でおやき食べてお土産を買い足してから、野沢離脱。

これだけ雪が降っていても殆どの道は完全に路面が出ている状態は本当に凄いですよね。幹線道路で山間部がないから余計そうなんだろうけど。

IC前の道の駅で遅い昼食をとっている間にも車に雪が積もります。この先どうやるのかと思いきや高速に乗って長野市に入ると晴れてきました。日本海からの雪雲がちょうど飯山辺りまで掛かっていた様です。

そんな訳で後は全く問題なく「まどマギ」見ながら帰宅ww

今年も無事スキーに行けて良かったけど、ホワイトアウトだけは勘弁して欲しかった。でも野沢温泉はやっぱり良いね、蔵王と並んで好きな温泉街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【支援】第8回MMD杯 MikuMikuDanceCup 2012「MMDCUP VIII Infinity」

回を重ねる毎にどんどん規模が大きくなっていくMMD杯、第1回の58本から前回7回では458本、総再生時間では28時間21分59秒とはっきり言って全部見るのはちょっと無理になってきたこのイベント。

最近アイマス動画ばかり見ているのでMMDといってもアイマス関係の動画しか見ていませんが、それでもやっぱり本選前になるとワクワク感が止まりません!

第8回MMD杯 MikuMikuDanceCup 2012「MMDCUP VIII Infinity」は明日2月10日(金)の21:00より本選動画の投稿開始です!

そんな訳で直前ですが一応支援のつもりの記事を上げておきます。

さぁ眠れない夜が続くぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ続くアイマスネタ

アニメの感想を思うがままにつらつら書いていたら、改めてアイマスゲームの話やその他諸々書きたくなったのでまたまたちょっと語りたいと思います。どんだけ語るつもりだ>自分(苦笑)


*携帯ゲームについて

最初に書いた通り、私はニコマスにはまってからアイマス2を始める前にアイマスモバイルを始めていました。これは携帯のエリアゲームで無課金とは流石に行かないけど、月数百円の定額課金と+αでちまちまと遊んでいます。

このゲームで何が素晴らしいかというと、携帯の位置システムを利用したエリアゲーム(各地で営業を行うとエリア制覇となる)なのでニコマスで言うところの旅m@Sとして楽しめる部分があると言うこと。なのでランキング上位者達の移動距離は半端なく、課金だけではなく旅費などトータルで掛かっている金額はかなり凄いです。

ちなみに全エリア制覇の最難関は実は東京。なぜなら東洋のガラパゴス、小笠原諸島があるから!片道25時間半の小笠原丸しか交通手段がない都心から遥か1000km南にある亜熱帯の島に、一体どれだけのP達が自力全エリア制覇(ちなみに現地Pによる代行と言う手段もある)の為だけに向かったのだろうか?ww

色々な方が初小笠原体験をされた様で、その感動体験のブログとか見ていたら私もこれにかこつけてまた小笠原旅行がしたくなり、一時期本気でプランを検討していましたww

ただ流石に往復に時間が掛かるので現地滞在数時間と言う、本当に小笠原に行く事だけを目的にしていたP達もそれなりにいた様なのが、可哀想と言うか勿体ないと言うか・・・あの素晴らしい海で泳げないのは本当に勿体無い。

この様にエリアゲームで遊ぶ事はコンテンツ会社にお金を落とすのは勿論、範囲は狭いとは言え結構いろんな方面にお金を落とす効果があったと思うので、散在も少しは悪くないって考えも出来ます。ただ達成時のおまけ部分が名誉と言うか自己満足な部分が大きく、またゲーム性も殆どないのがちょっと・・・な感じですww

そんな中、昨年末から新しい携帯ゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」が今度はモバゲーで始まりました。こちらはTCGみたいなカードを使ったソーシャルゲームという位置づけの様です。売りは文句は100人以上のアイドル達!・・・

そのあおり文句に嘘偽りはありません、杏仁豆腐先生の絵は素晴らしく(一部変なキャラもいるけど)大量のアイドル達の存在は色々批判されながらもP達のコレクター魂を刺激しまくっています(苦笑)

私もなんとなく始めてみたのですが、システムが複雑で良く分からない。その上他人にバトルを吹っかけて衣装を奪わないと衣装コンプリート出来ないし、しかもバトルを吹っかけられた方には拒否権どころかバトルを申し込まれた事すら分からず、気が付くと衣装を奪われていくと言う自分には耐えられない仕様だったので早々に諦めました。

でもこの殺伐としているけどコレクター魂を刺激し、相手にバトルを仕掛けたり、カードを強化させるゲーム性がある為か、結構はまっているP達が増えて来た感じがします。

ニコ動でこんな動画がランキング上位に居続け、課金兵なんて言葉が生まれる位には良い感じで搾取されている様ですww

ランキング上位者が使うお金は、アイマスモバイルもシンデレラガールズも多分大きな違いは無いのだろうけど、何だろうこの違和感・・・搾取の仕方のえげつなさが鼻につくと言うか、他所にお金が全く回らないエゴイズムが露骨過ぎると言うか・・・

まぁアイマスの名を関している公式コンテンツなので、楽しく(?)納得させた上で搾取して欲しいですね。


*今後のゲーム本編に関して

今回アニメがとても素晴らしい出来だったから、そしてアニメで得られた新しい世界をゲームで感じたいと思う1ユーザーとして、アイドルマスター3が発売される筈と信じて夢を語ってみようと思う。

まず2での合言葉、団結はそのまま使いましょう!薄っぺらいと言うか全く意味を成さなかった2の様な使い方ではなく、正しく団結しアニメの様に事務所の皆でトップアイドルを目指すというのをゲームの本筋にして欲しい。

イメージとしては、Pが担当アイドル(やっぱり担当は一人に絞りたいけど、デュオまでならありかな)を選ぶのは同じ。しかし担当アイドルの管理だけではなく、事務所の経営方針(と言うか全体管理?)もPが一部決める事が出来るようにする。

そしてその方針によって、担当アイドルが事務所内でユニットを組むなり、ソロで活動するなりを自由に選択出来るようにして、アイドル達がお互いに影響しあいながら皆でトップアイドルを目指すと言う、正にアニメの14話や22~,24話の映像で流れた様な色々活動を色々な組み合わせで行わせたい。

担当アイドルだけがトップアイドルになっても周りのアイドル達と仲違いしていたり、すれ違っていたり、事務所全体がランクアップ出来なければバッドエンドとなる様な感じです。お話の世界なんだから甘い理想なんて言わずに皆で幸せになろうよ!

と希望を述べてみたけど、これって多分今のゲームのシステムと言うかゲーム性の部分で根本的に方向性が違う(どちらかと言うとシミュレーションゲームに近づくのかな?)だろうから、既存のファンには受け入れ難いかも。そして多分技術的にも、シナリオのボリューム的に大変、もしくは無理かも知れないけど、折角素晴らしいアニメが製作されたのだから、その世界観を上手にハイブリッドした理想に近いゲームが出来たら嬉しいと思わずにはいられない。


*おまけww

昨年末にはニコマスPとしても念願のデビュー出来ました!

今までヲタとして、ひたすら与えられたコンテンツを消費するだけと言うのがとてもコンプレックスでした。周りたくさんいた自己表現を絵やら小説やら、はたまた小物作成等出来る同人作家さん達が眩しくて眩しくて仕方なかった。

それが今回初めて、おっほいな素材を切り貼りしただけなので、何かを創造したとはとても言えないけど、それでも形になる物を作れて発表出来たと言うのは何にも変えられない喜びでした。

この様に新たな喜びも与えてくれたニコマスにはまだまだ頑張って欲しい!だからオリジナルとなるゲームそしてアニメの世界がまだまだ発展する事を切に願います。

ただ問題が全くない訳ではなく、アニメにはまり、動画作成に熱中すると今まで以上に引き篭もり傾向が強まる、と言うちょっと我ながら如何なものかと思う問題が発生する。何とかその辺の引き篭もり体質を上手く押さえて、なるべく健康的に末永くアイマスを楽しんでいきたいな~と結構本気で夢見ています(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »