« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の2件の記事

新愛車雑感

月一更新が基本となりつつあるこのブログ、先月はアイマスライブ更新で少し更新しましたが、それ以外では相変わらずリアルタイムな話題で更新出来ていない・・・という訳で今更ながら車のお話(苦笑)

竜巻により全損扱いでドナドナされていった愛車ラフェスタに代わり新たな愛車が納車されたのが6月初旬、あっという間に一月以上経ったので週末に一ヶ月点検を行ってきました。

一ヶ月強、約1500km程走った所での感想を少し書いてみようと思う。

120603_1

先ずは新愛車の紹介。新しく愛車となったのはホンダのフリードスパイク。グレードはハイブリッドなんて無駄な高級車は要らないから普通の1500ccVTECエンジンを積むGジャストセレクション。これにHIDが欲しかったので余計な装備まで抱き合わせ(右側電動スライドドアにクルーズコントロールなんてものまで・・・)になっているLパッケージを装備。そうしたら車両価格が2000ccのラフェスタと殆ど変わらないと言う、ホンダらしいお値段になりました。ラフェスタがお値打ち過ぎるとも言うが(苦笑)

この車の良い点は、何より本当にフラットになる荷室!

120603_4

奥行き2mの完全に平面になるスペースは広大です。更に車高の高さと底面の低さから得られる空間は圧倒的。個人的にはこの車格で3列シートが設定されているフリード(無印)はちょっと無理があると思う。ラフェスタよりも30cmも車長が短いのに!エンジンが1500ccしかないのに!(除くハイブリッド車)ってね。言い換えれば5人乗りのスパイクは丁度良いサイズだと言える。1500ccのVTECエンジンは片道20kmの通勤メインとした場合かなり燃費も良いし音も静かです。通勤+遊びに使うには良い車でしょう!

あとタイヤサイズが185/70R14と小さいのも良い!これならスタッドレスも安いはず、多分、きっと・・・大概の車(スポーツ志向じゃないもの)に15インチホイールは無駄だと私は思っているのでこの点は非常に嬉しい。購入後にちょっと良いかな?なんて気がついたスバルのTREZIAなんて1000Kgちょっとしかない1300ccミニバンに16インチを標準装備!なんてことしていてゲンナリ・・・

悪い点は結構あって、筆頭は既に書いたけど何より値段の高さ!ホンダとしては1500cc車格のコンパクトカーと言うのポジションを変えたく無いらしいのだけど、値段は明らかに1ランク上。この値段なら1800ccが基本で良いと思う。いや値段だけじゃなくて車重だって決して軽い訳ではなく、良い点で遊び車として良いと書いたけど、実際に遊びに行く時にフル乗車で長距離高速走行したらかなりストレスを感じると思う。最小回転半径だってカタログに於いて5.2mで素晴らしいって自賛しているけど、30cmも車長が長いラフェスタの5.1mに負けていて、コンパクトカーと言い張るなら自慢出来る数値じゃない。そしてコンパクトカーだからガソリンタンク容量が42Lしかないので、遠出にはちょっと不安が残る(エンジンが小さいから街乗りの燃費がそこそこ良くても、高速走行だと燃費が落ちる)

1120603_7

そのエンジンだがエンジンルームを開けると半分隠れてしまっている事に驚かされる。これエンジニア泣かせだよな~それにバッテリーの小ささにもびっくり!カタログを見ると34B17Lらしいけど、B17??何このサイズ!?そんな小さいの売っているのか?4WD仕様だと38B19Lと少し大きくなるけどそれでもまだ小さい。抱き合わせLパッケージのオプションで無条件に両方の後部スライドドアが電動になってしまうのにこんなバッテリーで大丈夫なんだろうか?

120603_6

車両値段の高さの割にはコストダウンの影響を受けて色々安普請な箇所がある。特にインパネ周りは、簡易アナログバー風デジタル表示(と言う表現で良いか分からないが)になって回転数を実感し難いタコメーター、警告インジケーターだけに省略されてしまった水温計、常時表示されないオドメーターや切り替える度に時間設定変更モードに入る必要な情報が手に入れ難いマルチモニター等々。正にこの辺はコンパクトカーらしいショボさを誇っている(繰り返して言うが実際の値段は決してコンパクトカーのそれではない)

そしてドアミラーだが、車高の高いミニミニバン形状なのに妙にスタイリッシュな形状をしていて、縦方向のサイズが小さい。この手の車には不恰好でも良いから安全第一、実用第一の大きなミラーを付けて欲しいものだ。

運転席からの視界は比較的良く及第点だけどボディの前角の見切りは良くない。リアの視界はやっぱり今時のデザインの影響で絞り気味なので今一。どうして視界の確保第一にならないんだろう?これはメーカーの所為ばかりじゃなくてユーザーの意識の方が多分に問題なんだが、外見のデザインなんてものは先ず機能が確実に確保されている上で語るべきものだと思うのだが・・・機能性のないデザインなんて捨ててしまえ!特にミニバン系みたいに人や荷物を安全に運ぶのが主目的になる様な車なら・・・比較的四角いボディで視界が良好で、取り回しも良いラフェスタは本当に不人気車種だったな~お陰で値引きはすこぶる良かったけどね(苦笑)

閑話休題

まぁ問題点もいっぱいあるけど、ショートボディで5人乗り、1ランク上の車格と張り合える広い室内とフラットな荷室というコンセプトは他に選択肢がなく。何より突発的事態で事前情報を全く集めていないのに2~3日で購入を決めると言う慌しさにより、勢いでフリードスパイクを購入する事に決定。ちなみに突貫で情報収集をするまで、このフリードって車の存在は全く知らなかった(苦笑)、最初は冗談抜きで同じラフェスタを買おうかと考えていた。だって自分が基準と考えるクラスの車(2000ccクラスのミニミニバン系)はラインナップが基本的に5年前と変わっていなくて、ラフェスタ以外はみんなスタイリッシュさを優先し実用性を犠牲にしている。ただラフェスタは5年経ってもモデルチェンジもしてなく、また私の使用状況ではサードシートは完全に無用の長物となっていたのでフリードスパイクを選んだ。

120603_3

ナビを移植するのでオーディオレス仕様で買ったのですが、納車直後のセンターコンソールはこんな感じ・・・なにこれ?穴開いています、本当に何もないです。ラフェスタは一応プラスチックのふたと小物入れが付いていたのに・・・

120603_5

そしてネットで情報を集めていてびっくりしたのが、オーディオレス仕様にはフロントスピーカーしか付いていない事が判明した時。これもラフェスタならオーディオレスでも普通にフロントとリアの4スピーカーが付いていたから、その安普請さ、ホンダのコストの削り方のせこさにがっくり。重ね重ね言うけど、お値段的にねラフェスタと差がないんだよ、車格が違うのに・・・しかも嫌がらせの如くリアスピーカーを付けるところを塞いであるし・・・

120603_2

かなり独特な形状をしたフロント周りですが、収納スペースの数、広さ共に少ないです。グローボックスは車検証を入れたら殆どいっぱいいっぱいだし、中央部にあるトレーは一見便利そうなんだけど、直ぐ上にあるオーディオスペースと高さの差が少なすぎて実際に物を入れるにはちょっと不便。センターコンソール下のスペースも今一使い勝手がよくない。

そんな感じでだらだら感想を述べてみた訳ですが、これ殆ど文句ばかりですね(苦笑)実際はかなり気に入っていますよ。気に入ってるだけに気になる点や残念な部分が目に付きやすい。コンセプトは素晴らしいんだから、もっとちゃんと作りこめばもっともっといい車になる筈!って感じです。

そろそろ一度遠出をしてみようかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE IDOLM@STER 7th ANNIVERSARY 765PRO ALLSTARS みんなといっしょに!(諸々)

怒涛の4時間が過ぎ、アンコールも終わり、一本締めから会場でのアイマス最高!の掛け声でライブも無事終了。4時間って聞くと凄い長時間に感じるけどが本当に短かった!途中の新情報説明以外立ちっぱなしのライブでしたが全く気にならなかった。

興奮冷めやらぬままオフ会と言う名の二次会に向かいます。今回参加したのはニコマスが誇る(?)元広告廃で現生廃のturn-K氏主宰、参加人数180人の大規模オフ。この日はこの他にも私が知っているだけで200人前後の大規模オフか少なくとも3つは実施されていました。何でしょうかこの団結力WW

オフ会はもうただひたすらカオス!11時頃から始まり日付が変わって2時まで訳の分からない大騒ぎが続きました。

そういえばオフ会に向かう途中にあった彼方此方の居酒屋でアイマス曲が流れていたり、もやしパーティー開催!と客引きをしているお店があったりと、横浜アリーナ周辺のお店の情報収集力は半端ないなと感じさせられた。

そんな感じで長い一日が終わり、とにかく色々濃い一日でした。

翌日はゆっくり起きてチェックアウト時間ギリギリまでだらだらとして出発。開場まで少し時間があったので前日買えなかったグッズが買えないかと思ってアニメイト物販列に並ぶもやっぱり前日で殆ど売り切っていた様で、CD以外は殆ど瞬殺だったみたい。

ライブのセットリストは前日と全く同じで、演出に関しても一部コメントが違ったり寒い冗談が増えたくらいで概ね同じだったので、感想は前日の通り。

一応気をつけてたのは、初日はライブ初めてと言う事でコールしたりサイリウムをふる事にどうしても意識が集中しがちで、折角のステージを色々見損ねてる部分があったので、なるべくステージに集中する様に気をつけて見ました。

ステージ全体を良く見ようとした場合、多々お世話になるのが会場内に設置してる大画面モニター群。今回の映像は彼方此方で絶賛されていましたね。特にニコマスP達はカメラ割りだのスイッチャーの仕事が素晴らしいだのかなりべた褒めでした。でしたけど、実は私的にはちょっと不満なものでした。

皆が褒めているのに何で?と聞かれると、確かにそのままDVDになってもおかしくない様な格好よさはありました。でも私が開場でモニターを見る時って、ガールズが遠い時、見難い時、細かい表情が見たい時だったりする訳ですが、DVD的格好いいカメラ回しだと見たい時に見たい物が見られない不満が溜まりました。誰かが今回の映像は正面特等席からの映像だけではないのが良かったと、評価していたのと全く反対な意見な訳です。会場にいる訳だから臨場感や迫力なんて物は無条件に感じられるのだから、なるべくシンプルに見やすい映像が良かったと思っていたのだけど、こんな風に考えるのって少数意見なのかな・・・

そんな事考えながら見ていた訳ですが、後から皆の呟きとか見ていたらやっぱり大分見落としている所があるようで、まだまだだな~って思ったり。なので今回のライブDVD(BD?)は絶対買います!高くても買います!!お布施払います!是非その勢いで次へ繋いで欲しい!!!

色々聞く限り今回のライブの完成度は素晴らしいものだった様で、初ライブ参戦でそんな贅沢してしまって良いのだろうか?とも思わなくもないが、最高に楽しい時間を過ごす事が出来て幸せでした。是非次の機会にも参加したいです。本当に素晴らしい時間を与えてくれありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »